菟道りんたろう さん プロフィール

  •  
菟道りんたろうさん: The Arts and Investment Studies
ハンドル名菟道りんたろう さん
ブログタイトルThe Arts and Investment Studies
ブログURLhttps://arts-investment.blogspot.jp/
サイト紹介文教養としての投資をテーマに国際分散投資やインデックス投資、個別株投資について考えたこと。
自由文インデックス投資による国際分散投資で資産防衛を目指す研究と実践。そのほか、日々の読書や出来事、ニュースに関する解説。文学・思想から経済まで、教養としての投資がテーマ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供310回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2015/09/19 06:18

菟道りんたろう さんのブログ記事

  • これまでPVの多かったエントリー5選
  • 先日、このブログのページビュー累計が100万PVを達成しました。そこでちょっとした備忘録として、これまでPVが多かったエントリー5選を現在の感想も交えて紹介したいと思います。今から考えると、ちょっと的はずれなことを書いているケースもあるのですが、個人ブログならではの恥のかき捨てだと思ってご容赦ください。続きを読む ? [続きを読む]
  • "iDeCoハラスメント"をするような昭和脳はさっさと引退しろよ
  • 今年1月から個人型確定拠出年金(iDeCo)の加入資格者が大幅に拡大されたことで、新たにiDeCoに加入したり、あるいは加入しようとしている人も多いことでしょう。ところがiDeCoの加入手続きは意外と面倒なもので、書類不備で出し直しとなった人も多いようです。そこで運営管理機関である金融機関もいろいろと知恵を絞っているという記事がありました。面倒な個人型DCの加入 スマホやロボアドがお手伝い(NIKKEI STYLE)日経新聞の [続きを読む]
  • 【御礼】累計100万PVを達成しました―極私的コンテンツ作成術を公開
  • ページ右下のカウンターをご覧の方はお気づきかもしれませんが、このほど弊ブログの累計ページビューが100万に到達しました。私がブログを開始したのは2015年1月1日でした。その後、15年9月にGoogleBloggerに引っ越して現在に至ります。PVカウンターはGoogleBloggerに移ってからの数字ですから、正味1年6カ月で100万PVを達成したことになります。こんな好き勝手なことを書き散らかしているだけの個人ブログが、これだけのPVを重ね [続きを読む]
  • 今年も春闘をがんばった―労働運動と投資は車の両輪
  • 春闘の季節です。今期も会社で労働組合の執行委員をやっているので労使交渉、頑張りました。おかげさまで4月から定昇に加えてベースアップを勝ち取ることに成功。その金額は月550円です。大企業に比べればチンケな額ですが、私の勤務先のような中小零細企業にとっては、ここ数年で最大の上げ幅。やはり人手不足から中小企業にも賃上げの動きが出ていることを実感しました。そしてブログでも何度も書いていますが、労働者にとって春 [続きを読む]
  • SBI証券と楽天証券の対照的なiDeCo加入者獲得戦略
  • 今年1月から新たに加入対象者が拡大された個人型確定拠出年金(iDeCo)。twitterなどを見ていると、ようやく加入手続きが完了し、拠出と積立がスタートする人が多いようです。やはり運営管理手数料が安く、低コストなインデックスファンドをそろえるSBI証券と楽天証券のiDeCoプランが人気なのですが、ここにきて両社は異なる動きを見せ始めました。楽天証券、iDeCoの運営管理手数料を誰でも1年間0円に 残高10万円以上であれば、1 [続きを読む]
  • 「eMAXIS Slim」の広告画像がリア充過ぎてつらい…
  • 常に"業界最低水準"の信託報酬を目指すインデックスファンドシリーズとして設定された三菱UFJ国際投信の「eMAXIS Slim」。設定から2週間が経って、少しずつですが純資産残高も増えてきようです。コストを抑えるために余計な経費をかけない方針らしく派手なプロモーションはないのですが、数少ない宣伝広告がtwitterのタイムラインに上がってくるようになりました。その画像がまぶし過ぎます。私のような40歳・独身・婚活中の身には [続きを読む]
  • ATM手数料を支払うと精神的打撃が大きい
  • 現在は歴史的な低金利時代ですから、金融機関に余計な手数料を支払うことはできるだけ避けないといけません。なかでも最も無駄な手数料と言えばATM手数料に止めを刺します。だって、自分のお金を引き出すのに、なんで手数料を支払わんといかんの? そこでFPの山崎俊輔さんのアドバイスです。手数料ゼロ 生活資金の口座はネットバンクに(NIKKEI STYLE)これは私も実践していることです。こういった生活の知恵というのはとても大 [続きを読む]
  • 投信ブロガーは監視されている
  • 私はSBI証券のiDeCo(個人型確定拠出年金)プランでSBIアセットマネジメントの低コストパッシブファンド「EXE-i新興国株式ファンド」「EXE-iグローバル中小型株式ファンド」「EXE-iグローバルREITファンド」を積立投資しているのですが、そのEXE-iシリーズについてSBIアセットマネジメントのインタビューが金融コンサル会社の運営するサイトに載っていました。eファンドインタビュー SBIアセットマネジメント株式会社「EXE-i」(e [続きを読む]
  • セゾン投信の“強さ”の秘密
  • コツコツ投資家の間で根強い人気があるセゾン投資。今年で運用開始10周年らしいですね。10年で口座数12万口座、2ファンドによる運用資産総額が1700億円に達するというのは独立系投信会社としては凄いことです。セゾン投信の顧客口座数が12万口座を突破しました!(セゾン投信)文字通り「長期投資」を受益者とともに歩んできたわけですが、なぜこれほどまでにセゾン投信が支持されているのでしょうか。私は受益者ではないので、あ [続きを読む]
  • 素晴らしい運用成果に驚く―ひふみ投信の2017年2月の運用成績
  • 「カンブリア宮殿」登場ですっかり有名になった「ひふみ投信」ですが、以前からファンドを購入している立場からすると、なんとも不思議な気分です。注目を集めるのは喜ばしいことだけど、どこかで知る人のみぞ知るファンドであって欲しかったという思いもあるのですから皮肉なものです。さて、2017年2月次運用報告が出たので定例ウオッチです。「ひふみ投信」の2017年2月の騰落率は+3.4%、参考指数であるTOPIX(配当込み)の騰落 [続きを読む]
  • ご長寿ファンドは長期投資のひとつの成果を見せてくれる
  • 投資信託という金融商品は売買に機動力がない(いつ売買注文を出しても約定日の終値で基準価額が決定されるから)ので、本質的に長期保有・長期投資を前提に設計された金融商品です。だから本来なら長く運用が続いているファンドがいくつも存在しているべきなのですが、日本の場合はなかなかそうはなっていません。この点に関してカン・チュンドさんが残念がる記事を書いていました。人の寿命を超える投資信託、早く見てみたいです [続きを読む]
  • 日経記者の“コツコツ投資批判”が個人投資家をイラつかせる理由
  • 日経ビジネスの記者が「日経BP」に書いた“コツコツ投資批判”がちょっとした話題です。コツコツ投資が報われるって誰が言った(日経BPオンライン)ある意味でコツコツ投資を批判するときの定型ともいえる文章なので早速、コツコツ投資を実践しているブロガーさん何人かが批評してくれました。コツコツ投資は報われない?(NightWalker's Investment Blog)【「コツコツ投資が報われる」って誰が言った】って……(吊られた男の投 [続きを読む]