kikan さん プロフィール

  •  
kikanさん: ナンバ歩き
ハンドル名kikan さん
ブログタイトルナンバ歩き
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kikanmurakami
サイト紹介文ナンバ歩きで台湾へ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/09/19 08:53

kikan さんのブログ記事

  • 取り寄せ可能の名泉
  • 取り寄せ可能の名泉岩手県岩泉町http://todik.goemonburo.com/iwa-omoto.htm小本温泉       ミネラルが最高濃度の療養泉黄金八大龍王の湯   0194-28-2121 源泉水持ち帰り 1リットル 50円秋田県鹿角市玉川温泉       医者が見放す難病患者が集まる玉川温泉        0187-58-3000  源泉水持ち帰り 1リットル 300円宮城県鳴子町中山平温泉     血液がさらさらになる源泉水あす [続きを読む]
  • ナンバ歩き訓練法
  • 小指側に重心があると足首が曲がりがっせきした時に親指が離れてしまう。つま先歩きをすると足底靭帯が発達する。私は年中鼻緒付きのサンダルで過ごしています。洪老師-1https://www.youtube.com/watch?v=YHB7fgZj7SQ&feature=youtu.be洪老師-2https://www.youtube.com/watch?v=Urkhg7SVBjw&feature=youtu.be [続きを読む]
  • ナンバ歩き訓練法
  • 立ち上がる時は重心は膝がしらあたりで第三者に前から胸あたりを押さえてもらい立ち上がれる間合いが丁度良い姿勢となります。四つん這いになり坐骨・両足の親指の根元・肩甲骨左右動かしてみる。肩関節を利用して手を大きく振って大腰筋を使用して股関節を使って大きく足を振り出す西洋式の歩き方からナンバ歩きに変更するための訓練法です。沖正弘導師講話集-6https://www.youtube.com/watch?v=6T5IFT3gpNw&feature=youtu.be [続きを読む]
  • ナンバ歩き訓練法
  • ヒフミ流ナンバ歩き訓練法正座① 踵に坐骨を乗せて足先は重ねない。② お尻は突き出して坐骨に力を入れて上半身を持ち上げることで腰椎4番に力が入る。③ 肩甲骨は中央に寄せて下げる。④ 力を加える順番Ⅰ坐骨2両足の親指の根元3肩甲骨。⑤ 最初はⅠ(ヒ)、2(フ)、3(ミ)と力を入れて、Ⅰ2と3と二度にして、Ⅰで123か所に一度で力を入れる。あくまでも出発点は坐骨である。正座からつま先立ちになり右坐骨に力を入れて左半 [続きを読む]
  • 歩く
  • 腎臓病でも塩分の取りすぎは腎臓細胞が固まってしまい糖分の取りすぎでは腎臓細胞が溶けてしまいます。同じ腎臓病でもその人によって治し方がまるで反対なのです。しかも糖分が少なければ少ないほど身体は異常事態と感知してインシュリンを多く出すようになりますが絶えず糖分を取りすぎていると身体は怠けてしまってインイュリンは出さなくなります。つまり身体は常にエコに働くように設計されているからです。糖尿病は戦時中のよ [続きを読む]
  • 歩く
  • 一つは命を大切にする。全ての生命を指します。もちろん病気になる・気分が悪い・消極的になる・他の人の心を傷つける言葉を吐く等も含まれます。二つ目は正しい遺伝子情報を伝達する。つまり子孫を残すことなのです。子孫が出来なければ他の人に伝達することです。三つ目は絶えず進化し続けること。やり易いことの繰り返しは止めて新しいこと難しいことを選択してその刺激を絶えず受けることなのです。つまり生活全般に常に新 [続きを読む]
  • 歩く
  • 山を登るときなども登るより下るほうがやりにくく足の前面の筋肉が緊張しています。身体は常に要求しています。それは積極的に生きよ前進しなさい後ろを振り向くなと言うメッセージなのです。積極的に楽しく元気で協調協力して命をまっとうするよう全力で生きるように設定されているのです。遺伝子情報には三つの大切なことが書かれています。一つは命を大切にすることで全ての生命を指します。もちろん病気になる・気分が悪い [続きを読む]
  • 歩く
  • 何事も楽しい気分で先行させることと身体からのメッセージに耳を傾けるアンテナを張り巡らすことはどの場面でも応用が効きます。あらゆる情報を入れるだけ入れて心を発振させないと便秘になります。入れたら出す、出したら入れるは自然の法則です。自分の心が自分の身体が喜ぶことをすると心を発振させたことになり便秘は消滅いたします。それほど心のウエートは高く影響が大なのです。立つ・座るのところでも申し上げましたが重 [続きを読む]
  • 歩く
  • 仙骨を起こして肋骨を上げた状態から肩甲骨を前後・左右・上下に動かすとかして固まっている筋肉をほぐしながら肩甲骨を前に出してから腕を出して歩きます。静止した立ち姿で肩甲骨を前に動かすと少し腕が前に出ます。筋肉が固まっているということは肋骨と肩甲骨と肩関節の連動が旨くいかなくなっています。これらを連動させながら肩関節を後ろへもっていき歩く練習をしますと肩こり・背痛は治るのではなくて消滅します。それは [続きを読む]
  • 歩く
  • 何事も楽しい気分で先行させることと身体からのメッセージに耳を傾けるアンテナを張り巡らすことはどの場面でも応用が効きます。あらゆる情報を入れるだけ入れて心を発振させないと便秘になります。入れたら出す、出したら入れるは自然の法則です。自分の心が自分の身体が喜ぶことをすると心を発振させたことになり便秘は消滅いたします。それほど心のウエートは高く影響が大なのです。立つ・座るのところでも申し上げましたが重 [続きを読む]
  • 歩く
  • 仙骨を起こして肋骨を上げた状態から肩甲骨を前後・左右・上下に動かすとかして固まっている筋肉をほぐしながら肩甲骨を前に出してから腕を出して歩きます。静止した立ち姿で肩甲骨を前に動かすと少し腕が前に出ます。筋肉が固まっているということは肋骨と肩甲骨と肩関節の連動が旨くいかなくなっています。これらを連動させながら肩関節を後ろへもっていき歩く練習をしますと肩こり・背痛は治るのではなくて消滅します。それは [続きを読む]
  • 歩く
  • 決して西洋が悪いとか東洋が良いとか言っているのではありません。相反するものが同居して協力し前後しながら前進しながら進化するという混濁なる自然法則を申し上げているのです。一人の人間そのものが小宇宙と考えると心を安定させて身体の全身の協力を得て歩くということは全宇宙に反映させることになるのではないかということです。楽しくて気分の良い心が先行して心は安定し身体の重心も自然に収まりそして下丹田の起動ボ [続きを読む]
  • 歩く
  • 歩く別の角度から筋肉群の違いを見てみますと西洋人はハイヒールを履いても足はスラリと伸びているのはアキレス腱ほか背筋が発達しています。しかしながら縮む筋肉つまり前面の筋肉の発達が不得意なために心に身体に影響を受けてストップのかけにくい身体となっている為に感情が爆発しやすくすぐに暴動などを起こすのです。自己主張をしないと多民族国家では言葉で伝達するほかないのです。しかも悪い意味での個人主義発達してしま [続きを読む]
  • 四国八十八か所野宿旅
  • 自然界の中でも他力本願で生活しているのは人間だけです。占い・奇跡・神仏頼みなどの他力本願はすべてカットするべきだと思います。自力で問題を解決しようするには自分の能力を高めるほかありません。なんば歩きは余分なエネルギーは使わないエコ歩行なのでしかも関節・筋肉は意識しないで骨を意識して行動するという特殊な歩き方になっています。立つ・座る・歩くを骨を動かして行動するというまったく現在の動きとは違いますの [続きを読む]
  • 八十八か所野宿旅
  • 私たちは日常習慣に左右されています。立つ座る歩くにしても無意識で行動しています。なぜ無意識で動けるのだろうかと考えたことがあるだろうか。赤ちゃん誕生から環境に応じて自動的にコンピューターである脳に記憶され瞬時に動けるようになっているのだ。初めて自転車に乗る稽古した時を思い出せばお分かりのように一旦乗れる経験を積むとあれこれ考えなくても何十年乗っていなくても自転車が乗れるようになっている。この機能は [続きを読む]
  • 四国八十八か所野宿旅
  • 元々リュックサックは西洋人用に作られていて、西洋人は上半身が発達しているので肩甲骨を外側へ向け胸のベルトで挟んで担いでいます。西洋人には肩凝りなどなくて病院には肩凝りのカルテがありません。その反面下半身が弱いのです。人間の身体は上半身に力を入れると下半身の力が抜けるようになっているのです。肩凝りの人は上半身(肩)に力が入って下半身の力が抜けているのです。だから下半身に力を入れると上半身の力が抜ける方 [続きを読む]
  • 四国八十八か所野宿旅
  • 四国八十八か所を野宿しながら20Kgのリュックを背負っての旅でしたが、一週間も歩くとだんだんと歩くのに慣れてきました。初めて行く四国巡礼なので疲れてもどこでも休むには野宿して時間を気にしないで歩くことを選びました。しかも呼吸は普段の呼吸で呼吸が乱れそうになるとすぐ休憩をとるという歩き方でした。階段を10段上ると休憩するという風でしたがどうもそれが私にとっては正解でありました。いくら歩いても疲れないのです [続きを読む]
  • 台湾観光(修行)募集
  • 台湾観光(修行)募集2016/01/29 AM7:00台北駅前 五鉄秋葉原看板前で待ち合わせてバスで嘉義駅まで移動して15:10最終バス奮起湖行で中寮下車。南天聖宮まで徒歩で約30分。天朝南天聖宮で一泊(無料)雲海と夕日が見所です。天朝南天聖宮は一般人でも一泊でしたらどなたでも宿泊できます。修行の申告すれば連泊できますので修行内容を種類提出してください。観世音菩薩を祭っていますので般若心経ぐらいは唱えれるよう暗記しておく [続きを読む]
  • 長距離を歩くコツ
  • 長距離を歩くコツ長距離を歩くコツは靴を履くのであれば2センチほど大きい靴を選びマメを作らない工夫をすること。ぴったりの靴を履くとマメが出来て歩けなくなります。普段からマメを二三回作っておいてマメが出来ない状態にして置くことです。同じ個所の皮膚をこするので身体は皮膚組織を守るために冷やそうとして水分を集めるのでマメが出来るのですから靴よりかサンダルのように体温が逃げてくれる履物を選ぶことです。マメが [続きを読む]
  • 四国八十八か所歩き遍路旅
  • 2004ヨーロッパ旅行の反省から歩き方の研究に四国八十八か所巡りを計画。半年かけて20Kgのリュックを背負ってトレーニングしました。まず、足豆を作らないで歩くには靴を履いて歩かないことに気が付いたのでミズノのサンダルを利用することにしました。つまり足に豆を作ったり、足首・膝関節に異常が起きると1,400Kmは踏破できないからです。初めての四国遍路なのでどこでも休憩できるようにテントで野宿を選びました。宿を予約す [続きを読む]
  • ナンバ歩き
  • ナンバ歩きとはナンバ歩きは難場、つまり歩きづらい場所の歩き方と解釈しています。田植えするときの沼地、深雪を歩くときに使用するカンジキなど足を踏ん張って歩くと歩きづらいのです。踏んばらないで省エネで歩く方法を先人たちは発明した。記録では飛脚が一日200Km走ったという記録が残っているそうです。江戸時代の健脚たちの中でも和歌山から福井まで記録では三日で歩いています。明治維新の兵隊の行軍を指導した西洋人に [続きを読む]
  • ヨーロッパ2004 無謀の旅 3/28日
  • 3/28日 7:00起床。いよいよ帰国するときが来た。YHを7:30分出発してメトロに向かいパリ北駅に預けている荷物を取りに行く。3号線に乗りRepubllqueで5号線のBobigny-Pablo Picasso行きに乗り換えてGare du Nordで降りる。手荷物預かり所のロッカーの暗証番号を忘れないようにと財布に入れているレシートを取り出して入力するとカチッと扉が開いたので荷物を取り出して小さいリュックを開けて大きいほうへ詰め直た。13:35分発なので [続きを読む]
  • ヨーロッパ2004 無謀の旅 3/27土
  • 3/27土BELGIUMへ向かう。 パリからアントワープのチケットパリからブリュッセルまで特急で行き、乗り換えてAntwerpenの列車の旅です。パリのYHからは電話連絡が出来てAntwerpen駅まで迎えるのに40分程かかるのでパリ北駅から電話を入れることで調整することになったが、テレホンカードを新聞売り場買い求め何度カードを入れても繋がらないのだ。後で聞いた話ではこのテレホンカードは指定の番号をまわして暗証番号を入れてかける [続きを読む]
  • ヨヘロッパ2004無謀の旅3/26
  • フランス パリBERCY駅8:23分到着駅からは少し歩いてメトロを目指す。パリ北駅からベルギーに行くので北駅に荷物を預けて、オペラ座の近くにあるHISパリ支店に行って3/28日関空行きのチケットの手配をしてからYHへ行くことにした。とりあえず自販機でメトロチケット一枚(1ユーロ)買い、メトロに乗り込もうとしていると例のアメリカ人の奥さんにばったりと会い、旦那には挨拶したが奥さんは居なかったので挨拶がまだでしたので握手 [続きを読む]
  • ヨーロッパ2004 無謀の旅 3/25
  • サンマルコ広場水上バスNO.1でサン・マルコ寺院Bassilica San Marcoまで行く。360度見渡せる景色は大変素晴らしいものでいつまでも見ていたい気分にさせてくれる。鐘楼Campanile展望台チケット 6ユーロ白塗りの道化師サンマルコ広場から東に少し行くと水上バス乗り場があり、41番でムラーノ島Muranoへ足を伸ばす。ムラーノ島ガラス細工の工場が数軒あり実演も無料で見物できるし、製造発売元なので現金であれば安く買える。私はガ [続きを読む]