貴真 さん プロフィール

  •  
貴真さん: BLOG / KISHIN
ハンドル名貴真 さん
ブログタイトルBLOG / KISHIN
ブログURLhttp://voidism.net/blog/
サイト紹介文捨象主義作家/デザイナー 貴真による、アートやデザインを中心として美しいものなどを書き留めるブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/09/19 09:02

貴真 さんのブログ記事

  • 可変式NDフィルターを試す
  • 撮影現場での環境光の量を調節することのできるNDフィルターは便利だ。特に長時間露光撮影では必須アイテムとなるのだが、NDフィルターは目的とする調節量によってND2〜ND100000の範囲で数種類が存在しているので、全種を確保したり撮影時に持ち歩いたりするのは少々大変でもある。そこで気になっていたのが《可変式NDフィルター》の存在。2枚のフィルターが重なった状態になっており、回転させて2枚が重なりあう回転角を変化させ [続きを読む]
  • 世界を抱えて落ちてゆく
  • 初雪。早朝、路に降り積もった軽く厚く重なった層に足を踏み入れると、ぎしぃぎしぃと音を立てて一歩一歩を受け止めてくれる。この感覚に道産子の血が騒ぎ、雪降る日特有の寒さも相俟って心地よい。雪が舞う中を歩く時、周囲の空間全てに白い粒子が配置され、その粒子の位置が刻一刻と変化する。そうした中に身を置くことで、普段は意識することもない、空間が “空間である” という事実がとても明瞭に感じられ不思議と、未知なる [続きを読む]
  • シンプルな名刺に官能性を
  • 引越しをして住所が変更になったり、運用しているドメインを整理してメインで使用するメールアドレスを変えたりしたため、名刺も全く違うものに作り替えた。おもて面には名前とメールアドレス。うら面にはURL。過去、様々な構成要素/デザインの名刺を作って使用してきたが、今回のものが最もシンプルな構成要素となっている。もう、屋号のロゴも入れず、電話番号や住所も入れない。そうした情報は、メールでコンタクトをとり、必 [続きを読む]
  • 見つめるMask 銅版画
  • スカッと天気が良いこんな日にはふらりと出かけたくなる。近場のいくつかのギャラリーで個展が催されているので見に行くことにする。はじめに gallery718 の個展を観てから、久しぶりに平和記念公園を横切って Lapis Gallery へ。市街地からは少々外れた場所に建つどうということもないビルの3階に隠れるように存在しているこのギャラリーでは、開催の頻度は多くないものの、雰囲気のある作品を紹介する個展が度々催されている。今 [続きを読む]
  • おこないの正解と兆し
  • 先日、引越をした。引越当日の天気予報は台風で、終日、降水確率が100%の日であった。私はかなり強力な晴れ男という自負があり、重要な日は無理やりにでも晴れさせていたのだが、さすがに台風の真っ只中ではその能力も使えないだろうと諦めて当日を迎えた。当日の午前中、引越の前にちょっと外出したのだが、当然どしゃ振りで大変だった。外出先から戻り、午後一番の予約をしてある引越業者を待っていると空模様に変化が現れる。ピ [続きを読む]
  • 押し花絵の妙
  • 横川に、展示替えの度に覗きに行っているギャラリーカフェ『カモメのばぁばぁ』がある。ここは、毎月を前半後半に分けて作家などに貸し出しているレンタルギャラリーで、広いスペースとは云えないものの、毎回、多様なジャンルの作家が個展開催を行っていて相当に興味深い。8月後半は、巻本ヒロ子さんが“押し花絵”の作品を展示していた。“押し花”というと、散歩の途中で道端に咲いていた花をそっと持ち帰って、読みかけの本に [続きを読む]
  • Beoplay H5 印象 II
  • この数日間『Beoplay H5』を使ってみての感想を追記しておこう。まず、音質に関してだが、曲によっては高音部にチリチリとしたノイズが乗ったり、低音部が潰れているような違和感を感じるものがあったのだが、色々と試してみた結果として、iPhoneの設定を適切にすることで、ノイズの無い極めてクリアで良質なサウンドを得られることが分かった。その設定とは、『Settings>Music>Sound Check』。ココをOFFにすること。私は、各楽 [続きを読む]
  • Beoplay H5 印象
  • amazonで早めに予約しておいたBang&Olufsenの新作イヤフォン『Beoplay H5』が発売日の翌日に到着した。発表されてから待ちに待った商品が手元に届くのは幾つになってもワクワクする。パッケージはB&Oらしく素敵で、蓋を開けるとまず静かにH5本体がお目見えする。そのトレイを上げて内部を覗くと、チャージングキューブ、小さなキャリングポーチ、7サイズのイヤーピース、コードクリップ3個、説明書が収められている。説明書は各国 [続きを読む]
  • 恋するまんじゅう
  • 品のある小振りな佇まいで、透明感のある薄皮に包まれた繊細の極地に達している漉し餡。自分の中での唯一無二の饅頭として『山田屋まんじゅう』は、その地位を確固たるものとしている。山田屋まんじゅうに出会ったのは2年前に道後温泉を訪れた時。山田屋まんじゅうの直営店『道後温泉店』内に併設されている茶房『茶楽』にふらっと立ち寄り、濃厚で旨味豊かな玉露をいただきながら旅の疲れを癒していた時、一緒にいただいた小さく [続きを読む]
  • 魅力的なBeoPlay H5
  • 愛用しているヘッドフォンはB&OのBeoPlay H6。外出時のヘッドフォンは、秋冬などの季節には耳が暖かくて良いのだが、さすがに蒸し暑い今の季節には持ち出す気には到底ならない。そしてまた、iPhoneからはイヤフォンジャックが無くなる(?)という時流から考えてもそろそろ軽快なBluetooth接続のイヤフォンに興味が出てきている。そんな中、Bang&OlufsenのBeoPlayラインから、待望のBluetoothイヤフォンが登場した。BeoPlay H5。以前 [続きを読む]
  • さよなら Evernote
  • 簡単な記録のために使用していたEvernoteの仕様が変更となった。私の使い方はシンプルで、基本的にテキストだけを書き留め、時々画像やPDFを添付する程度なので、無料プランの『ベーシック』で事足りていた。これで、Mac、iPhone、iPad間でデータの編集・閲覧を問題なく行っていた。しかし、本日発表されたEvernoteの仕様変更によって、ベーシックプランで使用できる端末数は “2台まで” に制限されてしまったため、今後の使い方 [続きを読む]
  • 弥山の光・奥の院の空気感
  • 久しぶりに、宮島・弥山に登った。過去に何度か登っているが、今までは全て大聖院コースを利用していた。弥山登山には主に3コースが用意されていて、初心者向けの『紅葉谷コース』、石段が多く景色の良い『大聖院コース』、そして弥山原始林を抜けて行く『大元コース』があるが、今までは別段理由もなく大聖院コースを利用していたので、今回は他の2コースを使ってみることに決めていた。往路は紅葉谷コースでサクッと登頂して休憩 [続きを読む]
  • mi Drag&Dropで半分サイズ
  • HTML、Javascript、Sass/CSSの編集には、『mi』というテキストエディタを長年使い続けている。シンプルなインターフェースなのだが、搭載されている機能は意外と豊富なこのテキストエディタ、元々の名称が「ミミカキエディット」であったことからも分かるように「痒い所に手が届く」的な実用上の使いやすさが気に入っている。機能は豊富なのだが、多分私はそんなに多くの機能を活用してはいない方だと思う。シンプルなツールをシン [続きを読む]
  • 作家の創りだす世界
  • 広島に棲みついてから2年足らずだがその間に、この周辺には小さなギャラリーが点在していて年中いろいろなところで規模の大きくない展示会や個展に触れることができると分かり、ワクワクの日々を送っている。歴史に名を刻んでいる巨匠たちの作品を大きな美術館で鑑賞するのも良いのだが、一方で、まさに今この時代に作品を産み出している作家たちの作品に触れることも興味深いものである。産み出されたその時代の色や匂いが必ず内 [続きを読む]
  • 光彩陸離たるヴェネツィア
  • ひろしま美術館で開催されている『ヴェネツィア展 魅惑の都市の500年』を観てきた。港や運河のある風景画は空気や光の流れがひときわ軽やかで観ていても心地よい。それら多くの作品に使われているブルーグリーン系の色も、そうした雰囲気に色彩的な意味での機能を後押しする形で貢献している。グリーンは不動性の強い色で動きはない色彩だが、そこに求心的な動きを持つブルーが程よく加わることで、激しさのない穏やかで明朗な空気 [続きを読む]
  • いいかげんな情報
  • 『宣伝会議』が運営しているAdverTimesの中に『アドバタ会議』というものがある。どういうものなのか見てみると、広告界で活躍する人々(素人)のブログ画面に『AdverTimes』のヘッダーを表示させて、あたかも『AdverTimes』自身が様々な情報を発信しているかのように見せかけるものらしい。誰でも情報を発信できる時代になり、こういった手法は既に目新しいものではないが、けれどそこには常に重大な問題点が解決されないままに横た [続きを読む]
  • そろそろremでいいだろう
  • 先の連休でちょっと時間が取れたので、rem用のフォントシステムを作った。“rem”とは、CSSでフォントサイズを指定する際に使用できる相対単位のこと。これは、親ノードに対して相対サイズとなる % や em の利点と、絶対サイズとなる px の利点、その双方のイイトコ取りな単位で、ノード階層がどれだけ深くなっても常にルートに対しての相対サイズを指定することができる仕様なので、相対指定でありながら絶対指定のように扱える非 [続きを読む]
  • KEY クリスタルドリッパー
  • 先日、不意の荷物が届いた。自分で注文したものは当然把握しているので、心当たりのないお届け物には少し警戒してしまうのだが、アーモンド臭がしないことを確認してC-4爆弾ではないことを祈りながら開けてみると、KEY COFFEEからの色々なアイテムが入っていた。そういえば、少し前にWEB上で見かけたキャンペーンに応募したような記憶が薄っすらと蘇ってきた。どうやらそれに当選したらしい。当たる時は当たるものだなぁと思う。以 [続きを読む]
  • 技法と体質顔料
  • 少し前から今までとは異なる技法を試している。ペインティングナイフのみを使った特殊な技法のため、筆で描く時と同じ絵具の練り具合では都合が悪く、そのため、絵具に粉末状の体質顔料を加えることでかなり硬めの練り具合に調整する必要がある。体質顔料 … 炭酸カルシウム、硫酸カルシウム、水酸化アルミニウム、珪酸アルミニウムといった名称を見ると、なにやら科学実験のような雰囲気が漂い、理系だった自分としては無性にワク [続きを読む]
  • ながせの恵方巻
  • ここ数年で『恵方巻』という文字を見かけることが多くなった。実は今年まで『恵方巻』が何なのか、全く興味も持たず由来も知らず食べることもなく、その存在自体を全方位的にスルーしてきた。ハロウィンもそうだが、子供の頃に育った地域に存在していなかった文化や風習を突然突きつけられても受け入れ方が分からずにモジモジしてしまうのだ。先日、『ながせ』に行った。『ながせ』とは、広島の本川町にある季節料理のお店で、美味 [続きを読む]
  • iPhone7 イヤフォンジャック廃止
  • iPhone7ではイヤフォンジャックが廃止されるかもしれないという噂が流れている。パソコンから様々な接続端子やレガシーな装置をいち早く排除してきたAppleであるから、この噂にも特に驚きはしないし、むしろ「遅かったな」という印象さえある。iMacでフロッピードライブを排除し非難轟々だったが、今ではそれが正しいことだったことは周知の通りであるし、周辺機器の接続はSCSIが主流だった頃に、あっさりUSBに移行したこともまた [続きを読む]
  • GPSオンリーでNike+を活用
  • 新年早々、iPhoneをSIMフリーに移行した。iPhone5sのSIMフリー版を購入し、IIJmioのSIMへと移行したのだが、MNPの転入もスムースで設定も簡単に終わり、開通後の使用感に問題は感じていない。機能には全く関係ないことだが、アンテナ表示が「docomo」になってしまうのが唯一イヤな点で、「IIJ」であったならよかったのにと思う。そして、移行後に残されたのは、今まで使用してきたiPhone5。このiPhone5、STRIDAの旅で同行していた [続きを読む]
  • 初詣と公的ヴァンパイア
  • ちょうど日の出の刻に家を出る。空を見上げるとどっしりとした霧が立ち篭めていた。普段からふらりと立ち寄ってはお参りをしている近所の広瀬神社に参拝。漂いながら身を隠す場所を探しているような薄暗く冷たい空気の中、提灯の柔らかい光が映えていた。早い時刻で、人影はまだまばらだったが、それでも数人がすでに参拝に訪れていた。この季節の手水舎のお清めは身体に染み入って、本当に清められている実感がある。ジャラリと賽 [続きを読む]
  • 大晦日にSIMフリー
  • 偶然見たIIJmioのバナー広告を見て、SIMフリーについて調べてみた。色々なサイトを見てみると、想像していたよりもずっと評判は上々で、サービス料も安く品質にも問題はなさそうだったので、切り替えてみることにした。私の場合、Softbankを使用していて更新月が10月なので、それまで待たないと、MNP転出手数料と合わせて13,500円位の“嫌がらせ料”を請求されることになるのだが、毎月契約しているデータ量の半分程しか使用してい [続きを読む]
  • 闇夜のカラス
  • 財布に入っている様々なカードを見てみるとイイ感じのものがない。銀行のキャッシュカード、クレジットカード、ショップのポイントカード、交通系のICカード…当然のことではあるのだが、それぞれが企業やサービスの個性を主張しているもので占められている。しかし、それらのグラフィックはどれをとっても“私自身の個性やセンスを反映したもの”ではない。この点が、財布の中がイイ感じにならない理由である。ふと思いついた。そ [続きを読む]