たみおと さん プロフィール

  •  
たみおとさん: 36歳中小ベンダーSEが社内SEに転職しました!
ハンドル名たみおと さん
ブログタイトル36歳中小ベンダーSEが社内SEに転職しました!
ブログURLhttp://syanaise2tensyoku.blog.fc2.com/
サイト紹介文中小ITベンダーのSEだった私が、憧れの社内SEに転職するまでの体験記です。
自由文36歳にして社内SEに転職しました。
ベンダーSE・社内SEどちらの方が記事を読んでも、ご参考になる体験談をUPしていきたいと思っていますので、宜しくお願い致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2015/09/19 15:52

たみおと さんのブログ記事

  • 「体育会系のノリ」は確かにウザい
  • Vorkersとかで転職者のコメントなんかを見ていると、よく「この会社の体育会系のノリについていけない」という類のコメントを目にします。かく言う私も、体育会系のノリは大っっっっ嫌いです。何なんでしょうね、アレ。頭の悪そうな男どもが集まって勝手に盛り上がって。で、それを他の人にも当然のことのように求めてくるという。。。と言いつつ、実は私もスポーツにどっぷり浸かって来た人間だったりします。小学校のときは野球 [続きを読む]
  • 課長に昇進することになってしまった・・・○| ̄|_
  • まさかこんなことになろうとは・・・(泣)今の上司である課長が退職することになり、エレベーターで私が課長に昇進することになりました。普通は昇進したら喜ぶところですよ。でもね。今のように自由気ままに好きな仕事をやっていたい私にとっては、管理職なんて苦痛なわけですよ。前の会社では課長になろうとしてもなれなかったのに、今の会社で課長になろうとしていないのになってしまう・・・人間の運命とは因果なものです。( [続きを読む]
  • 最低賃金だけ上がっても何も解決しないんだが・・・
  • 見た人も多いかもしれませんが、昨日こんなニュースがありました。「最低賃金、時給1500円なら夢ある」若者らデモhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170415-00000066-asahi-soci今生活が苦しい。⇒ 最低時給が低いことが原因だ。⇒ 最低時給が高くなればいい。⇒ そうだ、デモして国になんとかしてもらおっと。(´ー+`)キラッ未来ある若者にあんまりこんなことは言いたくないんだけど・・・バカすぎるわ!!(呆)時給を高 [続きを読む]
  • 歳を取ると感性が変わるもんだなぁ・・・
  • 今回の内容はゲームの話題オンリーなので、興味の無い方はシカトして下さい。(笑)さて、相変わらず毎日ゲームばっかりやってるんですが、最近は若い頃に食わず嫌いしてきたゲームに手を出しています。何と言うか、それらのゲームが発売された時点、つまり私が中学生〜大学生ぐらいの頃には全くやる気が起きなかったものなのに、38歳となった今やってみると、やたらと面白いものがあって驚かされます。ただ、「若い頃にやっておけ [続きを読む]
  • 子供より自分を良く見せたい親たちの愚
  • 今日のYahoo!ニュースで、こんなものがありました。「わが子の写真をSNSにアップして賠償金? ”ネチケット”の思わぬ落とし穴!」https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170409-00009418-jprime-soci要するに、我が子の入学式の写真をSNSにアップする際に、知り合いの子供も一緒に写りこんでいるのに、同意無し&トリミング無しのままアップしてしまうバカ親が沢山いるらしい・・・(汗)ネチケット以前に、そもそも想像力 [続きを読む]
  • 役職定年はブラックの象徴
  • 4/6の日経ITProの記事でこんなものがありました。「IT業界のバブル入社組を襲う恐怖の役職定年」http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/032900812/私が前いた会社でも役職定年制が一時期導入されていたことがあり、結果大失敗に終わって制度は廃止されました。※関連記事はコチラ。  「深刻化するポスト不足」普通に考えて、課長なり部長なりをやってきた人が、『5年経ったからあなた来期から平社員に降格ね』なん [続きを読む]
  • 40代になると働き方が分からなくなるらしい②
  • では、前回に続いて「仕事の悩みランキング」の6位〜10位を見ていきましょう。⑥仕事がマンネリ化している指示されたり与えられたりした仕事をやるだけだと、基本的にどんな会社にいても必ずマンネリ化します。若い頃は期待値もあるので色々な仕事をやらせてくれたりして新鮮味もあるのですが、いつまでもその状態は続きません。マンネリ化した仕事から脱却したいのであれば、自分から仕事を見つけることです。(待っているだけで [続きを読む]
  • 40代になると働き方が分からなくなるらしい①
  • 先週発売された「SPA!」の特集で、「40代働き方がわからないへの処方箋」なる特集が掲載されていました。なんとも救いようの無さそうなタイトルですが、これが現実なのかも。その中に登場する「仕事の悩みランキング」をTOP10までご紹介すると、こんな感じ。①給料が上がらない②正当に評価されていない③漠然となんとなく不安④仕事の目標を見失った⑤仕事が増え続けている⑥仕事がマンネリ化している⑦転職したいが年齢的に踏み [続きを読む]
  • 新会計システム稼働に際して思うこと
  • 1月からスタートした新会計システム導入プロジェクトですが、いよいよ4月から稼働します。当初は「こんなスケジュールで間に合うのか?」とベンダーの営業を疑ったものでしたが、まさか本当にできちゃうとは思いませんでした。やっぱりパッケージだと、短期間で稼働できちゃうんですね。当たり前のことなんですが、改めてそのスピード感を実感しました。まぁ、会計システムなんてどこの会社も似たようなものですから、カスタマイ [続きを読む]
  • 4月から昇格します
  • 先日の表彰から、珍しく明るい話題が続きますが、4月より昇格することが決定しました。と言っても、今の課長はそのままですので、あくまで賃金表上の等級が昇格するだけです。一応、肩書きは今の課長代理から担当課長になります。どっちも実権を持たない名誉職のようなものなので、だからどうしたって感じですが。さて、気になる年俸ですが、約30万円ほどアップになります。年俸がアップしつつ、仕事内容と責任は今まで通りですか [続きを読む]
  • 借金してまで大学に行く必要性 〜 大卒でもロクな仕事は無い 〜
  • 前回、大学受験の競争率が下がり、大学生の全体数が近年増えてきたという話をしました。一方で正社員の就職口は特に増えていません。これにはいくつかの要因が考えられます。①バブル崩壊以降に各企業がIT導入などの合理化を進めてきた結果、人手を要する業務が減っていること。②企業の倒産件数に比べて企業件数が少なく、会社の数が減っていること。③既存企業の統廃合により、会社の数が減りつつ余剰人員のリストラが進められ [続きを読む]
  • 借金してまで大学に行く必要性 〜 奨学金はハイリスクローリターン 〜
  • 昨日、ジャンボフランクが食べたくなって、近所のファミマに行ったときのこと―マンガコーナーに置いてあった「ミナミの帝王」に目が止まりました。実は私、昔からミナミの帝王が大好きなんですよ。最初は中学生ぐらいのときに竹内力が主演の映画版から入ったのですが、それで原作マンガにも興味を持ち始めました。まあ、画風が画風な上にコテコテの関西弁なので好き嫌いはあるでしょうけども、色々とタメになる内容が多いです。さ [続きを読む]
  • 社内SEですが表彰されました
  • まったくの想定外です。(汗)当社では、当期に関して業績に著しく貢献した社員に対し、期末に表彰を行う制度があります。ただ、「業績に著しい貢献した」という観点ですから、やはり営業が飛び抜けて目立ち易く、また評価もし易いわけです。なので、これまでは表彰されるのは営業系部門の人ばかりで、コスト部門の社員が表彰されたことは無かったそうです。先日行われた当期の表彰式についても、私を含めて管理系の人たちは「どう [続きを読む]
  • 他業界と比べないとIT業界の異常さには気付けない
  • 私がベンダーSEだった頃、担当していたシステムでトラブルがあると、深夜だろうが早朝だろうが休日だろうがお構いなしに電話がかかってきて、急いで着替えて出勤し、1分1秒を争ってリカバリしたものでした。稼働直後は特にトラブルが多いため、朦朧としながら出勤していたこともありました。幸い、地方とは違って自分で車を運転して出勤ってことは無いので、居眠り運転で他人を巻き込んでしまうなんていう心配はありませんでし [続きを読む]
  • 立ち止まって地盤固めをする勇気
  • ここのところ、NHK・民放のドキュメンタリー番組で、ヤマト運輸の配送担当者に関する過酷な労働実態が何度か取り上げられました。何でも、ヤマト運輸は、Amazonの荷物配送の大口契約を、それまで契約していた佐川急便から鞍替えさせたそうです。企業としては売上競争に勝ち抜いていかなければなりませんから、ある意味自然な戦略だと言えます。しかし、当然のことながらこれによって配送数は急増し、配送トラックドライバーが悲鳴 [続きを読む]
  • 経営者のカリスマ性と従業員満足の関係性
  • 転職してから約一年半 ―先日、久々にVorkersで前の会社の口コミを見てみました。すると、直近ではこんな感じの評判が書き込まれてました。・体育会系で、上下関係がとても厳しい。上の言うことが絶対。・人事評価が不透明。・ボーナスは上司に嫌われると大幅に減額される。・有給取得日数が査定に影響する。・OJTが充実していることを売りにしていたが、入社してみると殆ど機能していなかった。・とにかく人を見切るのが早く、社 [続きを読む]
  • 中小ITベンダーは働き方改革の最終調整弁になるかも
  • 最近、働き方改革が熱を帯びてきているのは周知の通りですが、その殆どは長時間労働を是正するだけというお粗末なものです。労働基準法では残業は原則認められていませんが、36協定を結ぶことによって月45時間までは残業させることができるようになります。さらに、特例条項を盛り込むことで、月上限を90時間まで拡大させることができます。※勘違いされがちですが、労使間でどんな取り決めをしても、無制限に働かせることはできま [続きを読む]
  • つるセコなコスト削減策③ 〜 備品購入に対する締め付け強化 〜
  • さて、どケチ経費削減術シリーズも今回で最終回となります。今回取り上げるのは、備品に関する考え方です。※関連記事はコチラ。  「つるセコなコスト削減策① 〜 裏紙の使用 〜」  「つるセコなコスト削減策② 〜 待機電力の節約 〜」私が今の会社に入社してまず困ったことは、備品、特に消耗品の類がほとんど無かったことです。(汗)(例えば、付箋紙やクリアファイル、クリップやボールペンあたり)なので、これらは渋々各自 [続きを読む]
  • つるセコなコスト削減策② 〜 待機電力の節約 〜
  • 会長主導のコスト削減策第二回です。※関連記事はコチラ。  「つるセコなコスト削減策① 〜 裏紙の使用 〜」  「つるセコなコスト削減策③ 〜 備品購入に対する締め付け強化 〜」今回は、待機電力の節約になります。これは、各自が使用しているパソコンの待機電力を指します。つまり、帰るときにパソコンのコンセントを抜いて帰れ、という施策です。これは、ベンダーSE時代に常駐していた大手SIerで、取り組んでいたことが [続きを読む]
  • つるセコなコスト削減策① 〜 裏紙の使用 〜
  • 当社では期が終わりに近づくと、利益目標を達成するために会長令による支出への締め付けが行われます。しかし、会長は「コスト」という言葉の意味を理解していない感があり、その施策は目先の出ていくお金にしか目が向いていないものばかりです。今回から、そのうちのいくつかをご紹介しましょう。今回は、「印刷時は裏紙を使うこと」という施策です。外部に提出する資料は別として、社内で使用する資料については裏紙を使うことが [続きを読む]
  • 冬のボーナスカットの余波
  • 恥ずかしかったのでこれまで敢えて触れてきませんでしたが、実は今期の冬のボーナスが全社員一律で2割カットされました。前期と同様に、課長・部長が査定してくれて高評価を付けてもらったのですが、なぜかその上の社長から評価を下げろとのお達しがあったらしいのです。理由は、新基幹システムがしばらくは現場の混乱を招いたから、とのこと。いや、稼働を強行したのはあんたたち経営陣だよね。(怒)※詳しくはコチラを参照。  [続きを読む]
  • うちの会社の離職率が恐ろしいことになってる
  • いやね、見出しの通りうちの会社って離職率が凄まじいんです。(汗)どのぐらいかと言うと、今の従業員数約750名に対し、この一年間の退職者数は約270名ほどという感じです。ただ、同じぐらい社員を採用しているので、従業員数はほぼ横ばいですが。(苦笑)システム部は定着率が良いので今のところ対岸の火事で済んでますが、他部門は営業系・事務系問わず屍累々・地獄絵図といったところでしょうか。実際、先日用事で総務部門に行 [続きを読む]
  • 久々に@typeに登録してみました
  • 全ての転職サイトから退会して久しいですが、今の自分の市場価値を計るために、最近また転職サイトに登録してみました。登録したのは@typeです。今の会社に転職するときに使ってましたが、リクナビやDODAなど色々渡り歩いた結果、原点回帰となりました。少なくともエンジニアの転職に関しては、一番良い印象を個人的に持っていますので。ちなみに、登録した内容はざっと下記の通り。・希望職種 : 社内SEのみ・保有資格 :  [続きを読む]
  • これからは福利厚生でも他社との差別化が必要
  • 昨日放送のカンブリア宮殿で、SCSKの働き方改革が取り上げられていました。何でも、かつては月100時間超が当たり前だった社員たちの残業時間を、SEとしては驚異の20時間弱まで抑えることに成功したという内容でした。節約された残業代はボーナスとして全額社員に還元することで、生活残業をしなくても収入を維持できるようにし、社員の早期帰宅を促す制度になっているそうです。しかも、制度を導入してから社員の生産性が飛 [続きを読む]
  • 新会計システムの導入担当になってしまった
  • 今の会社に入社してから関わってきた新基幹システム導入という一大プロジェクトも、本稼働から半年が経過して一段落してきました。最近はもっぱら問い合わせ対応とパッチ対応ばかりですが大して忙しくもなく、定時退社の毎日です。そのおかげで、ゲーム三昧の日々が送れているわけですが、ついに新プロジェクトが立ち上がることになりました。その名も『新会計システム導入プロジェクト』です。私にとってはまさに鬼門とも言える領 [続きを読む]