ないろ さん プロフィール

  •  
ないろさん: ないろのブログ
ハンドル名ないろ さん
ブログタイトルないろのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/naironir/
サイト紹介文訪問ありがとうございます。あとで読み返したい、そのときに書き留めたいことをのんびり綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/09/19 18:40

ないろ さんのブログ記事

  • 混ぜ読みは私に合っていた(*^^)v Penguin Leaders Level1 2冊読了
  • ラダーの合間に、ペンギンやオックスフォードを読んでます。・ラダーレベル1  6冊(残3)・ペンギンレベル1 2冊→レベル2 1冊・オックスフォードレベル1 1冊(残1)1ヶ月弱で10冊。あと2冊読めるかな( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚ 最初はラダーペンギン…と、順々に読んでいく予定でしたが 「低レベルのうちは物足りないから、他のシリーズ(リーダーズ)も読んだ方がいいよ」 どこで見たか忘 [続きを読む]
  • 焦っても仕方ない。絵本→GRへ
  • 絵本80冊超えたあたりから「もっと文字多めの本が読みたい」になって。 で、2月からGR(Graded Readers)を読み始めた。GRとは、やさしい言葉で書かれた本のこと。 読んだら、むずかしかった(x_x;)私はラダーシリーズのレベル1、アンデルセンとグリムを読んだ。 アンデルセン名作選 The Best of Andersen's Fairy Tales (ラダーシリーズ Level 1)著者 : ハンス・クリスチャン・アンデルセンIBCパブリッシ [続きを読む]
  • ブクログ
  • 読書記録を簡単につけたいと思い、ブクログをはじめてみました 本棚にしまうように、本が登録できる非公開のメモも残せるアカウント変更OKが決め手でした。 ブクログ - web本棚サービス 慣れないためか、登録の前に「検索」からつまづく(´_`。)以下、備忘録。 ①ページ上検索、キーワード検索ブクログのページ上部に、検索フォームがあります。the little house と打ち込んだら、日本語版の大草 [続きを読む]
  • ふせんの多読仲間
  • 週末、図書館へ行ってきました。本の中身を確認中、本の間からポロッと。可愛い絵柄のふせんの束でした。1枚目に鉛筆で2.5 ○○○(3桁の数字)と書いてあります。 この数字って、何かわかりますか?2.5→難易度(0に近いほど易しめの本という意味)○○○→総語数じゃないかと。洋書選びの参考本によく書かれている、読む目安となる数字ではないかと。これを見たとき「あー私と同じ人がいる」と妙な親近感を覚 [続きを読む]
  • 読書メモが貯まる、溜まる
  • うれしい悲鳴というのでしょうか。読むスピードと、読書メモのスピードがだいぶズレてきています。今現在、ブログにUPできてる量は読んだ本のうち、約1/7。読む速さに、書くのが追いつかない状態です 私は読書メモって抜き書きだけして、感想とかマメに記録をつけてなかったんですが、実際に書き出したら面白いですね。特にブログは、動画やリンクを貼ったりと、自由度+備忘録の充実度が良い。 またweb上 [続きを読む]
  • もう少しだけ頑張るを積み重ねる一年に
  • 小正月までには今年の目標を立てようと思い、ギリギリ間に合いました 『今やってることを、あともうちょっとだけ頑張ってみよう』 をキーワードに、大→中→小と分けて、書き書きφ(.. ) ゆるやかな目標を立てたのには、年末イチローさんが子どもたちに贈った言葉に影響を受けたからです ちょっと紹介しますね。「(略)イチローは人の2倍も3倍も頑張っていると言う人が結構います。でも、そんなこと [続きを読む]
  • ぼくのおじさん Uncle Elephant
  • Uncle Elephant440円Amazon作・絵:Arnold Lobel  出版社: HarperCollins 語数:1700(sss書評) 不安や悲しみの中にいるか、日常の楽しいこと、良い面に目を向けるか。 ひとりぼっちになった小象を楽しませようとする、おじさんの愛が感じられる絵本。 両親が船で出かけたまま行方不明に。 ひとりぼっちになってしまった小象の男の子の元に、しわしわのおじさんがやってきた。 身 [続きを読む]
  • 今年初多読は鶏の絵本 Chanticleer and the Fox
  • Chanticleer and the Fox881円Amazon作:Geoffrey Chaucer 絵: Barbara Cooney 出版社:HarperCollins 語数:1391(sss書評) もう日本語では読めなくなった作品や作家の本がいつか読めるようになりたくて、洋書を昨年の9月から読み続けています。 絵本中心に読む期限を1年と決めたので、ゴールは今年の9月。今年も引き続き、読んでいきます。 今年最初の本は「酉年」ということで、 [続きを読む]
  • ?感激? Irish Blessing
  • 年始明けに管理画面を見て驚いたのが、年末年始中も変わらず各種ボタンを押して応援していただいた方が(毎日の方も)たーくさんいたこと 新年早々とても感激しました。本当何とお礼を言っていいのか、胸がいっぱいです。今年一年分の励みになるくらい嬉しかったです ありがとうございました 年始にアイルランドの素敵な詩(言葉)を知ったので、書き記しておきます。 May the road rise to meet you,May t [続きを読む]
  • 2017年あけましておめでとうございます 
  • 新しい年が始まりましたね☆-(ノ●´∀)八(∀`●)ノイエーイあけましておめでとうございます。 変換ボタンをポチッと押すと、一文字目が消える(/TДT)/という謎状態で、今年初ブログを綴ってます(私だけ?) 年末年始はブログ更新&訪問等、お休みをいただきました。おかげさまで、バッチシ充電完了♪ またそのあいだも、訪問&ポチッと押してくださりありがとうございましたヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ&nb [続きを読む]
  • 2016年ありがとうございました
  • 12/30〜1/4までお休みします。その間のいいね・ペタ・blogramあしあと返礼は1/5からとなりますm(_ _ )m 今年も訪問&ポチッと押してくださり、本当にありがとうございました 2016年は、たくさん読み、歩いた年 今年蒔いた種は、来年以降どんな芽を出すのでしょうか。楽しみです。 終わりよければすべてよしになるように 大晦日ギリギリまで、いろんなことをやり尽くそうと思ってます [続きを読む]
  • 2016年も残り100時間
  • 今日(12/27)の20時で、今年も残り100時間 朝のトップページで教えてもらいました。 カレンダーを見ると、今週の土曜日で今年も終わり。 ついこのあいだ、残り100日なんだって と、ブログに書いたような気がするんですが 私は大掃除が終わり、お正月の準備や買い出し中。 福袋がもう並んでるお店もありますね。刻々と新しい年が近づいてきている感じがします。 1日、1時 [続きを読む]
  • クリスマスのまえのばん The Night Before Christmas
  • The Night Before Christmas771円Amazon詩: Clement Clarke Moore絵: Tasha Tudor出版社: Little, Brown Books 12月はXmasの絵本を読んでましたが、この本が最後です。 1カ月で5冊。理解度重視で読んだわりには、予想以上に多い結果になりました  最後に読んだのは、1822年につくられた詩の絵本。 アメリカでサンタクロース像の元になった有名な詩だそうです なので、題名が同じで絵が [続きを読む]
  • ちいさなもみのき The Little Fir Tree
  • これ、良かった お気に入りの1冊に追加。 欲しいと検索したけど・・・私が(図書館で借りて)読んだのは、もう売ってないみたい (同題名・同作者・別イラスト版はありました。) 同じ本の日本語版は売ってます(エライ)。ちょっとこぶりで手になじみやすいサイズ。 ちいさなもみのき (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)1,188円Amazon作:マーガレット・ワイズ・ブラウン絵:バーバラ・クーニー訳: [続きを読む]
  • 急行「北極号」 The Polar Express
  • The Polar Express: Mini Edition960円Amazon作・絵:Chris Van Allsburg出版社: Andersen これ映画にもなりましたね。私も観ました 題名にクリスマスとは入っていませんが、クリスマスがテーマの絵本です。 雪降る中、汽車の汽笛や走る音が聞こえてきそうな、リアルなイラストの表紙が目印です。 周りにサンタさんの存在を信じない子もいる微妙な年頃の少年が、サンタさんの存在を信じる [続きを読む]
  • 正月事始め&煤払い
  • 今日(12/13)は、お正月を迎える準備をする「正月事始め」の日ですよと、TVのニュースで知りました。 一年分の煤(すす)・ほこりを払い、新年の準備を始める日、と。 大掃除はしてたんですが、天井と壁の掃除忘れてた(@Д@; さっそく天井(ワイパー)、壁(モップ)で、上→下へ優しくササッと。 床を掃除して煤払い終えました〜 「良いお正月が迎えられますように」 今日は [続きを読む]
  • さむがりやのサンタ  Father Christmas
  • Father Christmas1,097円Amazon作・絵:Raymond Briggs出版社:Puffin, Hamish Hamilton Googleで「Father Christmas」と入力したら、サンタさんがツリー越しに手を振ってくれた〜 この時期限定かな? 可愛い仕掛けに癒されました(*´艸`*) さて、多読記録をつけよう。 Father Christmas=サンタクロース(by イギリスでの呼び名)のことです 本を開いてビックリしたのが、マ [続きを読む]
  • Xmas絵本 The Year of the Perfect Christmas Tree
  • The Year of the Perfect Christmas Tree: An Appa...771円Amazon作:Gloria Houston絵:Barbara Cooney  出版社:Puffin Books ブログ記事の題名欄って文字制限あったんだ「あれ? 途中で途切れるんだけど」と何度入力してもダメで、気づきました。 いつも日本語版の題名→英語版の題名という感じで書いてるんだけど、今回は断念。本当は英語版の題名もっとあるんですよ(amazonリンクもさすがに切れちゃって [続きを読む]
  • 気持ちよく来年を迎えられるように
  • 今日「これ、今年中にできたらスッキリするだろうな〜」と思うことを、書き出しました。 昨年、大掃除を12月中毎日少しずつ作業していったんです。 やってみたら気持ちも作業もすっごく楽だったので、今年は大掃除プラス「片を付けたいこと」という感じで。 最近使ってない物(サイト)、読みかけの本(特に英語)、数が多くて管理しきれてない物、気になってしょうがないこと… などなど、思いつくまま書き [続きを読む]
  • ゆきのひ The snowy day
  • The Snowy Day1,873円Amazon作・絵:Ezra Jack Keats出版社:Puffin Books先週、54年ぶりどころか11月に雪が積もったのは観測史上初だった翌日。 今読むならこれでしょ。と、この本を借りてきた。 最大5行、平均2,3行かな。 やさしい英語で読みやすい。知らない単語もちょっとだけだった。 主人公のピーターが雪と遊ぶ様子と合わせて見守るように話が進んでいく。 絵が印象的で、切り絵や [続きを読む]
  • いそがなくてもいいんだよ
  • 昨日はこちらでも揺れました。よろけた拍子に青あざ作った程度で、全然大丈夫。心配りに感謝。ありがとうございます。 いそがなくたっていいんだよオリイブ畑の 一ぽん一ぽんのオリイブの木が そう云っている(p.12) 前に書いた『えいご・まどさん』と同じく、童話屋(出版社名)さんの本。題名に惹かれて、読みました。 上記は、一節が題名にもなっている「南の絵本」という詩の一部です。 出版社HP [続きを読む]