イントロン さん プロフィール

  •  
イントロンさん: イントロンのブログ
ハンドル名イントロン さん
ブログタイトルイントロンのブログ
ブログURLhttp://intron.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文戦争と平和のこと、本の紹介、取り入れたもののレビュー、エネルギー、経済のことなどなど
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供40回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2015/09/21 09:48

イントロン さんのブログ記事

  • Raspberry Piを使ってMCP3208によりAD変換しリアルタイムグラフ化
  •  今度は、Raspberry Pi2を使ってMCP3208によりpython3を用いてAD変換しリアルタイムグラフ化しモニタを試みたのでそれを備忘録とします。 python3を用いるに当たってWebIOPiによりMCP3208からA/D(アナログ/デジタル)変換するためWebを参考にしようとしましたがうまくいかず、「最新RaspberryPiで学ぶ電子工作」金丸 隆志著(BLUE BACKS)のp129からを参考にしました。リアルタイムグラフ化は再び「Raspberry Pi2を使って温度、 [続きを読む]
  • 北朝鮮のミサイル発射に全漁連が陳情したことに思う
  •  ちょっと前のことですが3月6日に北朝鮮がミサイル発射実験をして日本海の排他的経済水域に落ちたことに関して全漁連から漁業者の安全確保に万全を期し、あらゆる手段を使って北朝鮮の暴挙を阻止することを政府に求める要望書出したそうです。 当方思いますに、沖縄の時もそうなのですが被害にあうのは確率的に随分少ないはず。これに対して政府にここまでもの申すのだろうかと思うのです。そもそも、シケなどの海難事故の方が [続きを読む]
  • 「日本の武器で滅びる中華人民共和国」兵頭 二十八著を読んで
  •  ちょっと驚くタイトルですが、簡単に説明すると、シナ(中国)は海岸部中心で工業化が進んでおり、さらに大陸棚の遠浅の海なので沈底式機雷を敷設する能力があれば中国共産党を崩壊へと導くことが出来るのではとの考えです。それを海外に供与してはどうかとの内容です。 他にも、「中国」の呼称はそれを呼んだ瞬間からシナを中心とした華夷秩序を容認するため自らをおとしめてしまうとか、尖閣諸島にトリップワイヤーとして自 [続きを読む]
  • アメリカ第一主義と今更言うけれど
  •  2017年1月20日にトランプ大統領が就任し就任演説をしました。 遅くなりましたがその事で二三思うところがあり書いてみたいと思います。 トランプ大統領はアメリカ第一主義をとなえていますが、果たして米国大統領でアメリカ第一主義を実践していなかった人がいるのでしょうか。外交問題では色々な見方があるのだと思います。その時々の米国大統領が米国のことを第一に考えて行動していたというのが実態ではないでしょうか。そ [続きを読む]
  • 安倍首相の真珠湾慰霊について思う
  •  ちょっと前になりますが備忘録として書いておきたいと思います。平成28年12月27日(現地時間)に安倍首相がオバマ大統領と共にハワイの真珠湾にあるアリゾナ記念館を慰霊のため訪れました。 この中で、特に謝罪はしませんでしたし当方は安倍首相の演説を聴いておりましたが「和解の力」とか中身はあまりないように思っていたのですが、慰霊式に出席していた元米兵から「謝罪はいらない」とまで友好的な言葉が出てきたときにはこ [続きを読む]
  • TEAC SW-P300サブウーハーを使ってみて
  •  当方、デスクトップオーディオは2.1chステレオ(左右のスピーカー+サブウーハー)で使用しており、ネットワークCDレシーバー(アンプ)がONKYO CR-N765、スピーカーが無印の防磁スピーカー、サブウーファーがONKYOのSKW-10を使っていたのですが、低音はSKW-10では実家にある日立のかなり古いスピーカーですがLo-D HS-1400WAにはとうていかなうべくもなくもっと低域が出るサブウーハーが欲しかったのでした。しかしながら、当方 [続きを読む]
  • トランプ氏に大統領が決まって一夜明けると為替や株はあれれ?
  •  米国大統領選が終わってその日(11月9日)には為替が103.11円/ドルと円高、日経平均終値は-919.84円で16,251.54円となっていたものが今日(11月10日)は午後3時に105.28円/ドルと円安で、日経平均終値は+1,092.88円で17,344.42円と元に戻してしまうどころか飛び越えてしまいました。何が何やらです。昨日、当方の書いた説明は何だったのでしょう。まあ、株価が上がり円安になると見かけ上当方の資産は増えるように見えるので文句 [続きを読む]
  • 米国大統領トランプ氏に
  •  第45代大統領選には共和党からはトランプ氏、民主党からはクリントン氏が立候補して米国時間で11月8日に開票されトランプ氏が選出されました。クリントン氏が有利との報を受けていたので本当にビックリしました。トランプ氏は保護主義で内向きな発言が目立ったことをマスメディアの報道での印象を受けました。TPPは離脱、日本や韓国などには米国軍駐留経費の増額要求、さらには核兵器の所持容認などです。これらが本当であ [続きを読む]
  • 核兵器禁止条約交渉の開始を求める決議案に日本が反対
  •  ちょっと遅くなりましたが10月27日に国連総会第1委員会(軍縮)で「核兵器禁止条約交渉の開始を求める決議案」があり日本が反対しました。 当方は、日本の海外関係の緊迫した状況と唯一の被爆国と言うことを勘案し棄権するものと思っていましたが、まさかの反対です。核廃絶への具体的な道筋に欠けると言うのが表向きの理由のようですが、明らかに核の傘で米国に守られていることが影響しているでしょう。 米国はと言うと [続きを読む]
  • トヨタとスズキが業務提携を検討!
  •  なんと、トヨタ自動車とスズキが業務提携を検討しているそうです。 トヨタはダイハツを軽自動車の会社としては持っているので、スズキとの業務提携は意外です。最近もインドでスズキとダイハツを戦わせるのではないかとの記事をどこかで見たばかりです。 スズキの側には自動運転システムの開発が遅れているとのことでメリットがあるのでしょうが、トヨタの側にはどのようなメリットがあるのでしょうか?ダイハツを持っているト [続きを読む]
  • 富士通がパソコン事業をレノボへ統合の見込み
  •  NECに続いて富士通までもがパソコン事業をレノボへ統合する見込みだそうです。 レノボと言えば中華パソコンです。何でレノボなのという感じです。個人の思いですがバックドアを作られてしまうかもしれないのです。暗たんたる思いです。 当方はと言うと当ブログの「Microsoft Surface Pro4を購入」にあるとおり、MSのパソコンを使っていますからどれほど安心かは未知数ですがレノボよりは安心でしょう。何の根拠もありません [続きを読む]
  • 高速増殖炉もんじゅ廃炉へ
  •  高速増殖炉もんじゅの廃炉について平成28年9月21日に政府が原子力会議閣僚会議を開き「廃炉を含めた抜本的見直しを行う」との発表をしました。イントロンのブログの「高速増殖炉もんじゅの有識者検討会についての報道につき考えるところ」でも不安定な金属ナトリウムを炉心(一次)と二次の冷却材として使用している非常に危険な原子炉であることを述べています。当方は廃炉の方向になりほっとしています。 しかしながら、 [続きを読む]
  • 北朝鮮が5回目の核実験。核弾頭の実験成功?
  •  北朝鮮の国営朝鮮中央テレビが9日に、核弾頭の威力を判定する核爆発実験が成功したと報じたそうです。 まあ、北朝鮮の発表なのでどこまで真実なのかはわかりませんが、地震波から核実験はTNT換算で10キロトンと成功したもようです。 核弾頭の実験だとすると潜水艦発射の弾道ミサイルの成功や最近の移動式発射台からの弾道ミサイルの成功を見ると日本は非常に危険な状態に入ったとみてよいでしょう。 日本は、北朝鮮に随分 [続きを読む]
  • 日本国憲法について考える。戦争の放棄。
  •  さて、71年前の今日、9月2日は大東亜戦争(太平洋戦争)の降伏調印がなされた日ですが、今回は憲法九条のことを考えてみたいと思います。 ことあるたびに当方は憲法九条は早急に改正されるべきとのことを書いております。 それは、戦争(武力による紛争解決)はこちらが放棄したとしても相手のあることですから相手が武力に訴えてくれば相手にねじ伏せられてしまうことからそう思うのです。もし、多くの人がやられ損を覚悟 [続きを読む]
  • 北朝鮮が潜水艦から弾道ミサイルを発射し成功
  •  北朝鮮が潜水艦から弾道ミサイル(SLBM)を発射し成功したもようです。 弾道ミサイルは500km飛んだそうです。 日中韓外相会議に合わせたとか、米韓合同軍事演習の牽制のため発射されたとか言う。 何とも、きな臭いニュースです。 北朝鮮がSLBMの開発に成功し、これに核弾頭が乗れば米国を狙えることになり今後の米朝交渉が有利に進むこととなるのです。当然、日本にも迎撃の難しいSLBMが向けられれば北朝鮮の言 [続きを読む]
  • 「日米開戦 陸軍の勝算」林 千勝著(祥伝社新書)を読んで
  •  終戦の日を明日に控えて、大東亜戦争関連の本を一つ紹介したいと思います。 この本は陸軍が米英への戦争を勝算があって始めたことを陸軍省戦争経済研究班の作成した資料を基に説明しています。 まず、注目するのが経済の戦争動員へのタイムラグです。米国では戦時体制に移行して生産力が最高度に達するのに時間を要すため1年半から2年程度は東アジアで米国に対して優位となる見込みでした。 次に、英国に補給をするため米国 [続きを読む]
  • 日本国憲法について考える。憲法の自主性。
  •  日本国憲法が戦勝国の圧力により決められたのであれば、自主性が無ないと言っていいのではないでしょうか。今回は、それを考えてゆきたいのです。 確かに、日本国憲法は明治憲法(大日本帝国憲法)の改正の手順を踏んで作られています。しかし、それは日本が米国による占領下で言論統制を敷かれたり公職追放により戦勝国に逆らえない状態で作られたものですからどこまで正当性があるのかは疑問です。 さらに、内容は連合国軍総 [続きを読む]
  • 参議院選挙で自民党勝利かな?
  •  7月10日に参議院選挙がありました。自由民主党は改選54非改選65合わせて119で定数の242の過半数である122には届きませんでした。公明党との連立政権はしばらく続くものと思います。新聞などでは改憲勢力162で2/3である161.3を超えたとしていますが、公明党を入れた数字ですから、いやはや何とも、という感じです。公明党は加憲とか言っていますし相当譲歩してもらわないと憲法九条や憲法九十六条は変わらないことでしょう。中国 [続きを読む]