アンクルコアラ さん プロフィール

  •  
アンクルコアラさん: アンクルコアラのブログ
ハンドル名アンクルコアラ さん
ブログタイトルアンクルコアラのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/oldmarine/
サイト紹介文日本史、読書、ラグビー他スポーツ、グルメ、日本酒、美術展、世相など幅広いテーマで所感を綴ります。
自由文多摩に住むサラリーマン。中高年に差し掛かっていますが、好奇心は若い時と変わりません。いろんなテーマで皆さんと語り合えれば嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供260回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2015/09/21 10:45

アンクルコアラ さんのブログ記事

  • 多摩森林科学園
  • あと一週間もすればゴールデンウイーク、昼間はかなり気温も上がり、春から初夏への移ろいも感じる。そんな中で、家人が花見に行こうと言って来た。思わず耳を疑ったが、京王沿線にある多摩森林科学園では20日に桜の満開を迎えたと言う。土曜日は雨模様だったので、好天に恵まれた日曜日に季節外れの花見に高尾駅へと向かった。高尾駅から徒歩10分程で多摩森林科学園に着いた。園に向かう道にもいろんな種類の桜が咲いていて歩行 [続きを読む]
  • メゾン・イチ 代官山
  • 日曜日は昼前に渋谷に行く用事があり、近辺でランチを摂ろうということになった。しかし渋谷に馴染みのレストランもなく、食べログなどを見ても食欲をそそる店がない。考えを巡らせている内に、先日新宿伊勢丹で開催されたパンフェア「ISEPAN」に出店して好評を博した「代官山 ICHI」に行くことを思いついた。ISEPANではイチジクパンなどを買って食べてみて大満足したからだ。あまり私には似合わないことも分かっているが、休日 [続きを読む]
  • シャセリオー展
  • 国立西洋美術館で開催されているシャセリオー展に行って来た。日本では勿論、母国フランスでも滅多に回顧展すら開催されることのない、忘れられた存在だが、その作品は素晴らしく、これまで観た西洋画展でも屈指の価値があると思った。11歳の時に新古典主義の巨匠アングルの元に入門し、やがてドラクロワらロマン主義の影響を強く受けて師匠と袂を分かち、独自の画風を確立した。確かに彼の作品はアングルとドラクロワ二人の影響 [続きを読む]
  • 旧態依然
  • 大学選手権決勝を最後に、とんとラグビーの話題からご無沙汰している。別にラグビー熱が冷めた訳ではなく、サンウルヴズのテレビ中継は観ているし、6月24日に味の素スタジアムで行われる、ジョセフJAPANとアイルランドとのテストマッチは、既にチケットを入手済みである。全く遠ざかっているのは母校慶應義塾ラグビー部に関する話題である。3年前に和田康二氏から引継いで金澤篤氏が監督に就任してから3年目となる。就任時に「打 [続きを読む]
  • レゼールデカー
  • 木曜日に播磨坂に夜桜見物に行った時に見付けた、フレンチレストラン「レゼールデカー」。残念ながらその日は予約で満席になっていたので、他の中華料理店で夕食を摂った。帰宅して調べて見ると驚いた。この「レゼールダカー」なる店、オーナーは日比谷の「アピシウス」の総料理長を務めた人で、独立して茗荷谷に自分の店を開いたのである。食べログの点数も3.86とかなり高い。無論食べログの点数を過信することは禁物だが、店の [続きを読む]
  • コアラの危機
  • このブログのタイトルにも使っているコアラは、アボリジニ語で「水を飲まない」という意味だそうだ。つまり主食のユーカリの葉には含水量が豊富で、わざわざ水を飲む必要がなかったので、水を飲んでいる姿を見た者がいなかったからなのだろう。ところが最近は水をゴクゴク飲むコアラがしばしば目撃されているそうだ。これは何を意味しているのか?専門家によれば、温暖化が進んだためにユーカリの葉の含水量が減少し、コアラもユ [続きを読む]
  • 播磨坂
  • 今週は急激に暖かくなり、ようやく東京の桜も名実ともに満開になってきた。ただ明日明後日は天気が崩れるとの予報であり、土日も見頃が続いている保証はない。という訳で、今の桜を楽しもうと仕事を早々に切り上げて夜桜見物に出掛けた。行先は文京区小石川の播磨坂。会社から近いのに、これまで行ったことがなかった。丁度この日曜日まで文京区さくらまつりを開催中であり、夜もライトアップとまでは行かないが、ぼんぼりに灯り [続きを読む]
  • 経堂 壮
  • 経堂は隠れたグルメの街であり、これまでも鰻、日本料理、イタリアン、四川料理の名店を紹介して来た。そこにまた一つ、お勧めの店を紹介したい。すずらん通り商店街の中程、パンの一本堂の向かいに昨年11月に出店した蕎麦の店「壮」である。洒落た外観と日本酒のラインナップに惹かれ、行ってみようと思っていたが、夜間だけの営業であり、クルマで来た時は行けないため、仲々タイミングが合わなかった。3月のとある日曜日の夜、 [続きを読む]
  • 新宿御苑
  • 10日前に東京でも開花が宣言されたが、その後寒い日が続いたため満開には程遠い状況にある。しかし来週の土日では遅過ぎて、大半が散ってしまう可能性が高い。今日は比較的暖かく少しは蕾も綻んでいるようなので、近場で「花見その1」を楽しむこととした。行先は新宿御苑。ネットで調べると他の花見名所に比べてやや開花が進んでいること、好きなしだれ桜がほぼ満開であるためだ。今日は大木戸門から入場。日曜日でもあり相当な人 [続きを読む]
  • 年度末
  • 久しくブログ投稿を中断していましたが、ボチボチ再開することにしました。特に機種変更などもしていないのですが、何とか充電も可能なので無理せずマイペースで投稿して行きます。さて今日は年度末。私の勤務する会社も社長が今日で退任するなど、恒例の人の出入りがあった。私も1年契約を更新し、明日から再雇用社員2年目に入る。先行きどうなるかは自分にも分からないが、もう少しは勤め人人生を続けようかと思っている。勿論 [続きを読む]
  • ブログ少し休みます
  • iphone4Sも流石に古くなり、充電出来ない状態になっている。修理屋に持ち込んだがバッテリーの在庫がいつ入るか分からないとのこと。従ってバッテリーが入手出来るか、新しい機種に変更するまでブログへの投稿は休みます。なるべく早く再開するつもりですので、暫くのご無沙汰をご容赦下さい。iPhoneからの投稿 [続きを読む]
  • 雪 ゆき YUKI
  • 立春を過ぎたばかりのこの時期に、全国的に雪が降った。昨日の予報では都内は雪にならない見込とのことだったが、今朝起きて見たら小雪がチラついている。思いのほか気温が下がっているようなので、目一杯着込んで自宅を出た。会社の最寄駅に着くと、雪ではなく小雨である。やはり調布も多摩の一角、都心に比べて2〜3℃は低いようだ。昼間は雨も上がり、これから天気が良くなると思いきや夕方から再び雨模様となり、帰る時には会 [続きを読む]
  • 慈善事業
  • サッカー界のスーパースター、デビッド・ベッカムが今猛烈な指弾を浴びている。現役引退後は文化人として、ユニセフに自分名義の基金を設けるなど、慈善事業に力を入れていたが、本音を吐露したメールが流出し、それがサッカーに関する暴露サイトに掲載されてしまったのである。ベッカムは慈善事業を通じて英王室からナイトの爵位を授与されると思っていたのに、自身の脱税疑惑が報道されたせいか授与されなかったことに怒って、 [続きを読む]
  • 春日大社 千年の至宝
  • 東京国立博物館で開催されてい る特別展「春日大社 千年の至宝」に行って来た。私が関西に居た頃、奈良によく出掛けた。京都にはない朽ちた味わいと落ち着いた雰囲気に惹かれたからだが、至る所にある古墳巡りも楽しかった。春日大社は東大寺の近く、二、三回行ったが特に強く印象に残った訳でもなかった。奈良時代の創建であること、藤原氏の社として隆盛を誇ったことくらいは知っていたが、その他は殆ど知らなかったので、今回 [続きを読む]
  • 女子も三日会わざれば
  • 今年のカーリング日本選手権女子決勝は、中部電力が二連覇を目指すLS北見を破って3年振りの優勝を果たした。トリノ五輪以来のカーリングファンである私としては、NHKのBS1で放映されていた予選から注目して観ていた。本命は世界選手権で準優勝したLS北見であり、対抗はカーママ小笠原率いる北海道銀行である。中部電力は2011年から四連覇した強豪だが、主力だった市川(美人過ぎるカーリング選手と呼ばれた)や藤沢(日本を代表する [続きを読む]
  • 節分雑感
  • 昨日2月3日は節分の日。今や豆まきよりも恵方巻の方が有名になった感かある節分だが、今年の場合は新横綱稀勢の里が成田山新勝寺と府中大国魂神社を掛け持ちで回り、豆まき男を務めて沢山の人で賑わったそうだ。昨日は出先から早く帰宅出来たので、新横綱が来ることを知っていれば大国魂神社に寄って、福を分けてもらえたので残念である。ところでこの「豆まき」の風習は元々宮中儀式である追儺式から始まり、鞍馬山の鬼を豆をぶ [続きを読む]
  • 侍JAPANに暗雲
  • WBCで3回目の優勝を目指す侍JAPANに暗雲が垂れ込めて来た。投打の中心として活躍を期待されていた大谷翔平選手が出場を辞退したのである。つい最近、投手としての出場を辞退したとの報道があったばかりだが、打者としても無理とのことだ。小久保監督も顔面蒼白になっただろうが、WBCと言っても所詮はオープン戦に毛の生えた程度の顔見世興行でたる。無理して故障が悪化すればメジャー行きどころではない。辞退するのは当然であり [続きを読む]
  • 只の風邪
  • 昨夜はずっと鼻水が止まらず睡眠不足で、今日は終日調子が悪かった。心無しか熱っぽいようで、とうとう私もインフルエンザの魔の手に落ちたかとガックリ来た。明日明後日、週明けにも予定が詰まっていて、ここでインフルエンザに罹ったら多くの人達に迷惑を掛けるばかりか、今後の計画に支障を来す。(そんなに大層な仕事をしている訳ではない。やたらアポイントを入れまくるから自分の首を締めているだけのことである。)早めに会 [続きを読む]
  • 社会人常識マナー検定
  • 私はその存在さえ知らなかったのだが、「社会人常識マナー検定試験」というものがある。主催者は全国経理教育協会で、以前は秘書能力検定試験という名称だったものが、社会常識能力検定として一新したものだそうだ。「社会常識」の出題領域として「現代社会・組織に生きる一人の大人として必要な常識や心構え」とある。まことに結構な趣旨であり、主な受験者である学生は勿論のこと、既に社会人となっていても、勉強してこの検定 [続きを読む]
  • 迫る危機
  • 次第に迫る危機ーと言ってもトランプの発するキテレツな大統領令のことではない。会社では、私の周辺の座席で先週後半からインフルエンザで一人休んでいるが、今日また一人インフルエンザA型との診断で休みに入った。更に同じチームのパート社員が、子供がインフルエンザに罹ったので看病のため今日から休みに入った。子供のインフルエンザは高い確率で母親に感染すると思われ、明日か明後日には菌を持って出社することだろう。大 [続きを読む]
  • 福井の酒飲み比べ
  • 駅弁大会の後は福井の美味いもの展が京王百貨店の毎年恒例イベントである。今年は福井の地酒バーが設営されていて、代表的な地酒が3種類味わえる企画もある。最近は多くの百貨店で開催される物産展で同様の企画がなされ、安価で様々な地酒を味わえる、私のような酒呑みには有難いことだ。さて福井の地酒バーだが、グラス3杯1000円で大吟醸を楽しめる。土曜日行った時には定番の「梵」「一本義」に、まだ呑んだことのない「越前岬 [続きを読む]
  • 梅は咲いたか
  • このところ毎日の寒暖の差が大きく、職場でもインフルエンザに罹ったりして体調を崩す人も出て来ている。そろそろ梅も蕾を綻ばせているが、「梅一輪 一輪ほどの 暖かさ」の句の通り、暑さ寒さの一進一退を繰り返しながら春に向かって行くのだろう。今日は雑事から解放されてフリーな土曜日、今まで行きそびれていた大丸東京店で、福袋で買ったスラックスの裾直しをしたり、ちょっとご無沙汰していた本屋で新刊書のチェックをし [続きを読む]
  • まんさくの花 純米大吟醸 超限定
  • 秋田は日本屈指の米どころであり、酒どころでもある。私の若い頃は高清水や太平山が有名で、居酒屋でよく飲んだ記憶がある。その後は十四代を筆頭に、出羽桜・初孫・山形政宗など山形の酒が台頭して、秋田の酒はどちらかというと地味な存在となっているのではないか。「まんさくの花」も秋田の酒だが、これまで殆ど飲んだことがない。ライトな名前で損をしているのかも知れない。(まんさくの花ファンの皆さん、ゴメンなさい。)や [続きを読む]
  • フランクリンの言葉
  • 相変わらず毒を吐き続けるトランプ大統領だが、常に自分一人で他国への攻撃材料を思い付いている訳ではなく、イアーゴーのように偏った情報を吹き込んでいる輩がいることは明らかである。昨日トランプ自らホワイトハウスに呼んでヒアリングしたビッグスリーの経営陣もその輩であることは疑いない。その中にフォードのCEOのマーク・フィールズの顔があった。かつてマツダの社長としてリストラを断行したことが本社に評価されてスピ [続きを読む]
  • 逃げ場なし
  • 1月場所は稀勢の里が初優勝し、相撲協会は既に横綱昇進も内定したようだ。久しくいなかった日本人横綱の誕生はめでたいことで、マスコミも挙って新横綱誕生のご祝儀報道のオンパレードだが、そう手放しで喜んでも居られないのではないか?というのは、横綱昇進の内規には「二場所連続優勝もしくはそれに準じる成績」があるのに、稀勢の里はそれを満たしていないからだ。直近の昇進である鶴竜は昇進後の優勝2回。前の場所で優勝し [続きを読む]