Erika さん プロフィール

  •  
Erikaさん: 彩ある心豊かな毎日に♪素敵LIFEダイアリーfrom神戸
ハンドル名Erika さん
ブログタイトル彩ある心豊かな毎日に♪素敵LIFEダイアリーfrom神戸
ブログURLhttp://ameblo.jp/kobemuse-e/
サイト紹介文音大ピアノ科を卒業後、一般就職。神戸の街の魅力、ピアノのことなどを綴るOLブログです。
自由文彩ある心豊かな毎日に♪音大ピアノ科を卒業後、一般就職。生まれ育った大好きな神戸の街をホームグラウンドに、ピアノにスイーツに女子力アップなどなど、ナチュラルライフを発信しています!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供250回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2015/09/21 16:29

Erika さんのブログ記事

  • やるしかない。
  • 分かってはいるけれど。弱虫なわたしが出てくるときがある。弾けども弾けども、弾き足りない。コツコツ準備してはいたのものの、蓄積が足りないのか、スパートをかけたのが、遅かったか。過去のことを悔やんでも今更どうにもならないし、鍵盤にさわることすらできない状況が長かったことも事実ではあるけれど、それも今更変えられない事実。ココロが弱ると、さらにいつもより弾けなくなる。心と体はつながっている。いや、ここで奮 [続きを読む]
  • どんな日々にするか
  • 先は長いようで、決してそうではない。時間も命も限りがある。毎日を大切にするために、日々をどう過ごすか。あるいは、どうしたいか、どうするのか。もし、明日までの命と制限が起こったとき、今の自分を振り返って、悔いのない人生だったと言えるかどうか。日々の行動の選択権は、すべて自分にある。今のこの状況、環境に身を置く選択をしたのはまぎれもなく自分だ。そして、未来の行動、状況、環境を選択するのも自分。また、今 [続きを読む]
  • テンポ設定
  • 曲の仕上がり時のテンポ設定について、ここのところ迷っていました。ドビュッシーの「ピアノのために」より トッカータある程度の速度が求められます。テクニカルな曲で、弾きにくい箇所が随所に出てきますがその一方で、確かに、ある程度の速度がある方が弾きやすいような気がするようなしないような気がします。ただ、自分が持つ、本来のテクニックを上回る速いテンポで弾こうとすると、曲が粗削りになるように感じられます。本 [続きを読む]
  • 迷うということは。
  • 迷いが生じるということは、その事象が自分にとって、ベストではないからだ。と、最近気付きました。カフェなどでメニューを決めるのは、割と速い方で、本やさんで本の購入を決めるのも、お洋服もこれ!と思って試着してみて、これだと確信したら割と速く決断するので、そう迷い性ではないと思っていましたが、そうでもないようで、知らず知らずのうちに、結構あれこれ迷っているようです。いくつかパターンがあり、ひとつは、自分 [続きを読む]
  • 指を頼りに。
  • 久々にさらい始めた、バッハの平均律クラビーア曲集第1巻第5番。学生時代に習った曲なのに、楽譜を開くと指使いも注意書きもほとんど書かれていなかった。そうです、音大に入学してしばらくまで、先生から受けた注意やご指導いただいたこと、自分で練習時に気づいたことや気になったことなど、自分で楽譜に書き込みをすることがほとんどなかったのです。今となっては驚きで、わたしは一体、この曲をどうやって弾いていたのだろうか [続きを読む]
  • バッハの思い出。
  • 随分久方ぶりにバッハの平均律クラビーア曲集に取り組み始めました。すごーく久しぶりだ。数年前に、バッハ=ブゾーニのトッカータ、アダージョとフーガに取り組みましたが、こちらは、あれこれ、いろいろな音がプラスされ、原曲と比較すると随分ゴージャスなバッハでしたので、純粋なバッハは、ほんと久しぶり。本当は、いつも日常的に弾いていることが理想的だけど、元が「重度のバッハアレルギー」だったから、つい敬遠しがちで [続きを読む]
  • 一発目で分かること。
  • 一発目が現状であり、すべてである。と、最近つくづく思っています。何かと申しますと、ピアノの練習時に、まさに、その日初めて、ピアノに触る瞬間から、曲の最後の音を出すまでの、その日一発目の演奏が、まさに、今の自分の、その曲を演奏したときの仕上がりの現状である。と、考えます。舞台にあがるとき、ゲネプロが本番前にあったとしても出番がくるまでの間に待ち時間が生じます。それが短いか長いかの差はありますが、なん [続きを読む]
  • かじりつきでも、いい。
  • 猛モーションをかけて、追い込み練習に入ったピアノ。当日1ヶ月前からは、この時期だけは割り切って、平日も仕事から帰ってきたら、どんなにクタクタでも、できる限り必ずピアノに向かうと決めている。なので、正直なところ、この時期だけは、仕事中にパワーを使い切らしてしまわないよう、さりげなく脳の使用パワー、体力をセーブしている。また、近頃は、集中力は続いても、体力が続かないと、ピアノを弾いていられなくなる。シ [続きを読む]
  • ワークライフバランス。
  • ここのところ、職場にいる間も、家に帰宅してからも、寝ても覚めても仕事のことが頭から離れず。プラス思考でいくと、それだけ今の仕事に夢中になっているということになるけれど、あまりにも頭の中が仕事のことだけでパンパンになりつつあった。それはそれでよいのかも知れない。いや、よくない。私の場合は、バランスが必要。視野が狭くなってしまいそうに感じられた。その他にも、近頃、スマホとパソコンに接する時間も長い。ス [続きを読む]
  • 2017/05/31。1年前と1年後。
  • 5月末。ガラガラになった職場の執務室内で留守番をしながら、ふと、去年の同じ日に、意識がタイムスリップした。そういえば、1年前の自分、どんなだったかな?公私ともども、1年前と、その1年後の今の自分とを比べてみる。どうだろう?状況や環境は変えられないものと、以前は思っていた。自分が変われば変わるとよく言われるが、自分の物事の捉え方や物の見方、受け取り方を変えれば、良くも悪くもなる。と、今は身を持って実感し [続きを読む]
  • 心の痛みがわかるということ。
  • 端から見ていると、ラクそうに見えるかも知れない? はたまた、あたかも「お遊び」のように見えてる?実際のところは、すごく細やかな作業で、ものすごく神経を使っていて、かつ、すごく真剣にしている。そんな仕事がある。締め切りに間に合わせないといけないし、かつ、精度も高くなくてはならない。限られた時間の中、その他諸々のことにも追われつつ、これでいく!と、思い切ってgoサインを出す。それで、不安が全くないのかとい [続きを読む]
  • 客観視をして自分を見つめてみる。
  • 人様の前でのピアノ演奏の機会が近づくと、必ず行うことのひとつが、録音です。今はもっと性能のよいICレコーダーが出回っているのだと思いますが、このICレコーダーにそんなに高性能な機能を求めてはいない。弾きながら自分が出している音を聴いてはいるけれど、それは、その音1つひとつであったり、「スポット的な音の把握」留まりで、全体的に曲のまとまりがどんな感じになっているか、どういうふうになっているかまでは、第三 [続きを読む]
  • まだ諦めるのは早い。
  • 日々はあっという間に過ぎていく。ボーッとしていたら、大切なことをサラッと見逃してしまいそうなほどに。それは、イコール、ある特定の日も、刻一刻と迫ってきているということだ。自分も弾く、コンサートの日。いくら貸切の、身内ばかりのコンサートだからと言っても、いい加減にできないし、いい加減にしたくないし、やるからには、やる。が、信念だ。ピアノをしていて今回初めて、「棄権」の二文字が頭をよぎった。この状態で [続きを読む]
  • 艷やかなとき。
  • 女性が艷やかに見えるとき。そういえば最近、お肌のツヤがいいな。なんだか、髪の毛もツヤツヤしてる?唇もツヤツヤしてる?ように見えるとき。そういえば、体のラインも全体的に上向きに見える。どこ見てるんですか!と、なりそうですが、同性からも結構見られてるし、見てるものです。なにより、表情が明るく、その方の内側からの輝きが、表に溢れ出ているように見えます。こういうとき、内面すなわち、精神的に安定している。↓ [続きを読む]
  • するか、しないか
  • 太陽の燦々とした日差しや木々の爽やかな新緑から、初夏の訪れが感じられるようになりました。バタバタしつつも、美容が楽しい今日この頃。先月から使い始めたキューティクルオイル。ナチュラルフラワーキューティクルオイル花通りスクワランオイルを主としたmade in Japanの爪用のオイルです。何種類かある中から、ローズの香りがするものを選びました。本当はこまめに塗布するのが良いようですが、いつも、メイク後につけていて [続きを読む]
  • 前進していこう。
  • スタバにて。自分のキャパオーバー気味の仕事量をあれもこれもとこなす中、仕事の精度の低下の自覚と葛藤。常に迫りくる期限との戦い。白熱した議論勃発等々で凹み気味のメンタルで気持ちの切り替えをしに行ったスタバで、わたしが卒業した母校の在校生が、カウンターでひとり黙々と勉強していた。隣の席が空いていたので、隣の席に座ってみた。話しかけてみたい気もするけれど、熱心に勉強している様子。邪魔をしてはいけない。そ [続きを読む]
  • 奈良ひとり旅・2日目
  • 奈良ひとり旅2日目。清々しい爽やかな好天。茶がゆ朝食をいただいたあと、奈良ホテル周辺を散策です。荒池と奈良ホテル裏側。奈良っぽい。その2。神戸には存在しません。親子かな?微笑ましい。春日大社の萬葉植物園では、ただいま藤が、見頃でございます。奈良国立博物館といえば、秋の正倉院展が有名です。そして、奈良ホテルのティーラウンジで2回目のティータイム。ロンネフェルト社のスペシャル・ダージリン・アールグレイと [続きを読む]
  • 奈良ひとり旅・1日目
  • 連休のしめは、奈良ひとり旅です。神戸三宮から奈良まで阪神電鉄一本でつながっているのですが、近鉄に乗ると、「奈良に行く」という実感がすごく湧いてくるので、奈良に行くときは近鉄です。今回の目的は、奈良ホテルでお茶して宿泊すること。これだけ?って感じですが(笑)数年前に奈良ホテルに宿泊して、とてもよかったという記憶がすごく残っていたこと、また、宿泊日は誕生日であり、連休明けもしばらくずっと、仕事等々で走 [続きを読む]
  • データも整理整頓
  • 連休を利用してしたかったことのひとつに、 整理整頓があります。日頃、こまめにちょこちょこ取り組んでおりますが、完全に目を瞑っていた部分があります。それは、パソコン内のデータ、写真のデータや、メールのデータです。職場ではこまめにデータ整理していますが、自宅ではカテゴリーごとにフォルダをつくってデータ保存だけしているような状態で、あとはほぼ手つかずの状態でした。写真のデータについては、◯今の自分には必 [続きを読む]
  • 体を整える。神戸・元町
  • 連休2日目の午後。神戸・北野から少し西にあるトアロードへ移動です。紅茶専門店 ラクシュミーへ。ランチ代わりに軽ーく、スコーン2種、プレーンと極上はちみつ紅茶入りと、フレーバーティーのクレオパトラの愛をいただきました。美味しくクレオパトラ気分を満喫させていただいたあとは、体のメンテナンスに、いつもお世話になっている神戸・元町にあります美容整体サロンへ。体を整えることで、精神も整い、日々の生活も整うもの [続きを読む]
  • ジュエリーといえば。神戸・北野
  • ゴールデンウィークの連休に入り、どっぷり休日を満喫しております。ということで、連休2日目の午前中は、いつもブログを読ませていただいていて、かねてから一度お会いしてみたかったこと、「ジュエリーのことで、ご相談するならこの方に」と思っていた、アプレミディの馬淵晶子さんにお会いしに、神戸・北野へ行ってきました。阪急三宮駅から北野を案内していただきながらサロンへ向かいます。神戸市内の観光名所のひとつである [続きを読む]
  • アットホームな紅茶専門店♪神戸・灘
  • 兵庫県立美術館で、特別展「新宮晋の宇宙船」を鑑賞したあとは、北側にあります、阪急王子公園駅方面を目指しました。ヒールのパンプスでHAT神戸にある県美からここまで来るのは、少々遠く感じました。県美からJR灘駅はまだしも、灘駅から北側は、坂道が続きます。阪急王子公園駅からさらに北に続く坂道は、さらに強烈です。次なる目的地は、阪急王子公園駅のすぐ近くで、そこまで坂をのぼらなくて良いのでよかった。こちらは、阪 [続きを読む]
  • 自然の動きを感じて。神戸・灘
  • さて、祝日の今日は、3月に兵庫県立美術館に行きました際にチェックしていた、特別展「新宮晋の宇宙船」を見に、兵庫県立美術館に行ってきました。JR灘駅南口を出て、そのまままっすぐ南へ進みます。アートな阪神電鉄岩屋駅前。こちらが兵庫県立美術館。略して県美。早速、本日の目的である新宮晋先生の作品が。新宮先生は、兵庫県三田市在住の世界的にご活躍されている彫刻家で、風や水で動く作品を制作されていることで知られ、 [続きを読む]
  • 気になったもの
  • 普段、飲み物をいただくときは、春夏秋冬関わらずホットでいただくことがほとんどです。体が冷えやすいので、夏でも体が暑すぎて冷たいものが欲しいときも室内にいればクーラーで体が冷えるので、氷なしでお願いすることが多いです。たまに忘れて、氷入りのままのこともありますし、ごくたまにアイスクリームを食することもありますが、年間とおしても一桁代におさまるほどしかないように思います。そんなわたしが珍しく、すすんで [続きを読む]
  • 継続は力なり。
  • 私事で恐縮ですが、近頃、身の周りの女性から、(良い意味で)「なんか、痩せた?」「なんか、雰囲気変わった?」等々、体に関して嬉しいお言葉をいただく機会があります。体づくりの一貫で、数年前から継続して取り組んでいることが、功を奏しているようです。多少変動はあるようですが、自分でも変化を実感することがあり、そうなのかなぁと、思い始めていた矢先のことでした。これだけ同性の複数人の方が仰ってくださるというこ [続きを読む]