Erika さん プロフィール

  •  
Erikaさん: 彩ある心豊かな毎日に♪素敵LIFEダイアリーfrom神戸
ハンドル名Erika さん
ブログタイトル彩ある心豊かな毎日に♪素敵LIFEダイアリーfrom神戸
ブログURLhttps://ameblo.jp/kobemuse-e/
サイト紹介文音大ピアノ科を卒業後、一般就職。神戸の街の魅力、ピアノのことなどを綴るOLブログです。
自由文彩ある心豊かな毎日に♪音大ピアノ科を卒業後、一般就職。生まれ育った大好きな神戸の街をホームグラウンドに、ピアノにスイーツに女子力アップなどなど、ナチュラルライフを発信しています!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供217回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2015/09/21 16:29

Erika さんのブログ記事

  • 自然に近いもの。
  • このほど、見つけたもの。無添加石鹸本舗の釜焚きの米ぬか無添加石鹸成分は、石鹸素地とコメヌカの以上2点。とってもシンプルです。こちらの石鹸は、国内外のオーガニック系のスキンケアグッズや食品、自然派の品々等を扱う、神戸BALの3階のお店で見つけました。米ぬかは、シミの原因となる酵素の活性を抑えたり、紫外線を防止したりするという美白成分があると言われているということが、書かれていたお店のポップと、2種類だけの [続きを読む]
  • 8月12日。
  • ピアノの練習中、「なんか、外が暗くなってきたなぁ。そろそろカーテンしめようか」と、時計を見たら、19時過ぎ。夏至が過ぎ、お盆を迎え、日が暮れる時間が徐々に早くなってきました。まだまだ暑いものの、日に寄っては秋の近づきが感じられる瞬間もあるように思います。お盆という時期だからか、そういうことを考える時期だからか、自分が生きている意味、また、その役割は何なのだろうかと、いったことを考えています。今年は日 [続きを読む]
  • 時間が経つのも忘れてしまうこと。
  • ずーっと、おしゃべりしっぱなし。かれこれ4時間だったり、5時間だったり。その間、めっきりお話に夢中で、時計を見ることもなく、時間のこともすっかり忘れ、あっと言う間でした。その、「おしゃべり」の話題は、ピアノに関することのあれこれ。「おしゃべり」というより、意見交換であったり情報共有であったり、立派な「学び」の場であったように感じますが、もう、どんどん、「そういえば、◯◯について、〜」「あ、◯◯は〜」 [続きを読む]
  • 巡り合わせ。
  • 続いてますが、冷房問題。ホームセンターで掘り出し品を発見!ダイキンの冷暖エアコン39,800円。税込42,984円。その他別途、取り付け等標準工事費が15000円と工事当日に取り外し費とリサイクル・引き取り料が10000円程かかるものの、その後の快適な生活を思ったらお買い得じゃない?!と、思い、即決で購入することにしました。密かに「いいなー」と思っていたダイキンの空調機。冷房と暖房つきのをこのお値段で購入できるとは。こ [続きを読む]
  • わたしの夏の養生訓
  • 近頃、夏バテ気味のようです。夏の暑さと室内の冷房。暑さも冷房も手強く、自分にとっての程良さ加減が難しい。暑いからか食欲が落ちてきて、喉越しの良いサッパリしたものをいただくものの、栄養が偏るのか、パワー不足に。かつ、冷たいものをいただくと、胃の熱が下がるのか、消化不良気味に。こんなときこそ、野菜を使った、栄養バランスのよいお食事をいただかねば!あと、タンパク源。 栄養バランス、大事ですね。冷房による [続きを読む]
  • 入れ替わりのとき?
  • ここ数日、「持ち物のメンテナンス・フォロー」に、取り掛かっていました。まずは、今喫緊の問題のクーラー。これですよ、これ。毎晩、金属部分に張り付いた氷を除去する作業をしています。仕事やらなんやらで疲れた状態で毎晩この作業をすることに、段々滅入ってきました。氷が張り付くと、段々冷気が弱まる上、「ガーッ!ガガガガ!」と、ものすごい音がしたり、水や氷のかけらが落ちてきたり。なかなか大変です。そのようなわけ [続きを読む]
  • 挑戦のとき。
  • このほど、取り組みはじめた曲。シューマン 幻想曲 ハ長調 Op.17情熱的で美しいメロディーが印象的な冒頭。まさに、「ザ・ロマン派な曲」だけれども、楽譜を読み進めていくにつれて、あらゆる意味でヘビーな曲ということが見えてくる。シューマン独特の難しさであったり、求められる深い精神性、高い集中力、楽譜から音楽を読み解く洞察力、その他諸々。この曲との出会いは短大1回生のとき、学内でのコンサートで初めて聴いたと [続きを読む]
  • 暑さと格闘中。
  • 近年の夏は、昔の、子ども時代の夏より暑く感じられますが、今年の夏は、暑い!特段、暑く感じます。ほんと、暑いー日中、ウィンドウショッピングで元町・三宮を出歩いて、夕方帰宅するとバタンキュー。体力を消耗してか、眠くて眠くて仕方なくなります。(近頃、たまらなく眠くて眠くて仕方ないときが有。)なので、近頃は、帰宅後の体力温存のため、「美容院に行く」とか「本を見に行く」とか、目的を1、2項目ほどに絞って、お出 [続きを読む]
  • 1つひとつ解決しよう
  • 髪を切りました。先月、髪が伸びてきており、いつもと同じヘアスタイルにするか否かと考えたものの、いつもとちょっと違うことをしてみたいと思い、長さは変えずにデジタルパーマをあて、夏らしい巻き髪風パーマヘアにしていただいたのですが、翌日からスタイリングに四苦八苦。良くて、「まあ、これやったらいいかな」と思える日と、よろしくなくて、「なんか違う…」と思う日が大半、そのうち、なんだか髪が傷んでいるように見え [続きを読む]
  • 海フェスタ神戸
  • 今年、神戸港が開港150年を迎えるにあたり、最終日に海の日があるこの三連休から、「神戸開港150年記念 海フェスタ2017」という行事が始まりました。海フェスタ初日の7月15日には、「海王丸」「日本丸」といった6隻の帆船が淡路島から神戸沖をパレードし、次々に神戸港に着岸。(それで昨日は撮影のためにヘリがよく飛んでたのかな)というわけで、神戸帆船フェスティバルの一環で実施された、「海王丸」の一般公開に行ってきまし [続きを読む]
  • 落ち着いてみよう。
  • 焦れば焦るほど、頑張れば頑張るほど、空回りしてしまう。一度立ち止まって、落ち着いて、冷静になってみよう。自分がこれまでしてきたことを信じよう。積み重ねてきたものを信じよう。努力は裏切らない、はず。それも、自分次第。自分を信じよう。 [続きを読む]
  • 自分のための。
  • 組織に所属して働くということは、何かあったときに守ってくださったり、社会保険とか健康保険などの面で少し負担してもらえていたり、福利厚生で祝金や補助金をいただけたりなど、守っていただいたり、助けていただいたりと、組織ならではの良さがある一方、仕事の面では、多少は自分の希望が通る部分があったり、一端は丸ごと預けてもらって、何かあったらそのときは、という仕事もありますが、そうはいかないこともあり、あれこ [続きを読む]
  • 月夜のピアノ
  • かれこれなんだかんだと長いことピアノを弾いていますが、思えば、家に防音室がなく、音のエチケットの観点から、音大受験生時代・現役の学生時代でも夜は最長20時15分まで、今は20時までとしています。また、受験生時代は学校帰りに師匠のレッスン室にお伺いし、最終のバスが夜20時過ぎまでだったので、レッスンも夜は20時までしか受けたことがありませんでした。それが、このほど、久方ぶりに師匠にピアノを見ていただきにお伺い [続きを読む]
  • 感謝を胸に。
  • 私事ながら、本当に、周りのみなさまにご協力、助けていただきながら、今の自分があるのだと思います。大阪へ、新しく購入したばかりのパンプスを履いて行きましたが、足に合わなかったようで、靴の履き口が足に食い込み、足が腫れてきていて、そっと脱いで足を見たら、足の一部分が青くなってきていました。一緒におられた大学の先輩方が、「時間は気にしなくていいから先に靴だよ」と、急遽、靴を買いに、靴屋さんに連れて行って [続きを読む]
  • 2017/07/01
  • 今日は、招待状をいただいた演奏会を聴きに大阪へ。JR大阪駅に着いたとき、このほど運行開始したトワイライトエクスプレス「瑞風」がホームに停車していました。物珍しさと、なかなか遭遇しなさそうなのにたまたま偶然出くわしたラッキー感に駆られ、即席「鉄子」に変身!結構みなさん、スマホでパシャパシャ撮られてました。すごく高級なスイートルームがあるのだとか。下関までの優雅な旅をお楽しみくださいませ。トワイライトエ [続きを読む]
  • 心の支えに。
  • 楽譜は、作曲家のさまざまな思い、美しい音の数々がたくさん詰まった、素晴らしい冊子であると同時に、その曲にひたむきに、一生懸命に、自分なりに向き合い、取り組んできた、努力の跡もたくさん詰まっています。それだからか、楽譜は、弾き手にとって、ただそこにあるだけで、楽譜を凝視しながらではなくても、譜面台にただ置いているだけで、とても大きな心の支えになるのだということに、改めて気付きました。楽譜があるのとな [続きを読む]
  • やるしかない。
  • 分かってはいるけれど。弱虫なわたしが出てくるときがある。弾けども弾けども、弾き足りない。コツコツ準備してはいたのものの、蓄積が足りないのか、スパートをかけたのが、遅かったか。過去のことを悔やんでも今更どうにもならないし、鍵盤にさわることすらできない状況が長かったことも事実ではあるけれど、それも今更変えられない事実。ココロが弱ると、さらにいつもより弾けなくなる。心と体はつながっている。いや、ここで奮 [続きを読む]
  • どんな日々にするか
  • 先は長いようで、決してそうではない。時間も命も限りがある。毎日を大切にするために、日々をどう過ごすか。あるいは、どうしたいか、どうするのか。もし、明日までの命と制限が起こったとき、今の自分を振り返って、悔いのない人生だったと言えるかどうか。日々の行動の選択権は、すべて自分にある。今のこの状況、環境に身を置く選択をしたのはまぎれもなく自分だ。そして、未来の行動、状況、環境を選択するのも自分。また、今 [続きを読む]
  • テンポ設定
  • 曲の仕上がり時のテンポ設定について、ここのところ迷っていました。ドビュッシーの「ピアノのために」より トッカータある程度の速度が求められます。テクニカルな曲で、弾きにくい箇所が随所に出てきますがその一方で、確かに、ある程度の速度がある方が弾きやすいような気がするようなしないような気がします。ただ、自分が持つ、本来のテクニックを上回る速いテンポで弾こうとすると、曲が粗削りになるように感じられます。本 [続きを読む]
  • 迷うということは。
  • 迷いが生じるということは、その事象が自分にとって、ベストではないからだ。と、最近気付きました。カフェなどでメニューを決めるのは、割と速い方で、本やさんで本の購入を決めるのも、お洋服もこれ!と思って試着してみて、これだと確信したら割と速く決断するので、そう迷い性ではないと思っていましたが、そうでもないようで、知らず知らずのうちに、結構あれこれ迷っているようです。いくつかパターンがあり、ひとつは、自分 [続きを読む]
  • 指を頼りに。
  • 久々にさらい始めた、バッハの平均律クラビーア曲集第1巻第5番。学生時代に習った曲なのに、楽譜を開くと指使いも注意書きもほとんど書かれていなかった。そうです、音大に入学してしばらくまで、先生から受けた注意やご指導いただいたこと、自分で練習時に気づいたことや気になったことなど、自分で楽譜に書き込みをすることがほとんどなかったのです。今となっては驚きで、わたしは一体、この曲をどうやって弾いていたのだろうか [続きを読む]
  • バッハの思い出。
  • 随分久方ぶりにバッハの平均律クラビーア曲集に取り組み始めました。すごーく久しぶりだ。数年前に、バッハ=ブゾーニのトッカータ、アダージョとフーガに取り組みましたが、こちらは、あれこれ、いろいろな音がプラスされ、原曲と比較すると随分ゴージャスなバッハでしたので、純粋なバッハは、ほんと久しぶり。本当は、いつも日常的に弾いていることが理想的だけど、元が「重度のバッハアレルギー」だったから、つい敬遠しがちで [続きを読む]
  • 一発目で分かること。
  • 一発目が現状であり、すべてである。と、最近つくづく思っています。何かと申しますと、ピアノの練習時に、まさに、その日初めて、ピアノに触る瞬間から、曲の最後の音を出すまでの、その日一発目の演奏が、まさに、今の自分の、その曲を演奏したときの仕上がりの現状である。と、考えます。舞台にあがるとき、ゲネプロが本番前にあったとしても出番がくるまでの間に待ち時間が生じます。それが短いか長いかの差はありますが、なん [続きを読む]
  • かじりつきでも、いい。
  • 猛モーションをかけて、追い込み練習に入ったピアノ。当日1ヶ月前からは、この時期だけは割り切って、平日も仕事から帰ってきたら、どんなにクタクタでも、できる限り必ずピアノに向かうと決めている。なので、正直なところ、この時期だけは、仕事中にパワーを使い切らしてしまわないよう、さりげなく脳の使用パワー、体力をセーブしている。また、近頃は、集中力は続いても、体力が続かないと、ピアノを弾いていられなくなる。シ [続きを読む]
  • ワークライフバランス。
  • ここのところ、職場にいる間も、家に帰宅してからも、寝ても覚めても仕事のことが頭から離れず。プラス思考でいくと、それだけ今の仕事に夢中になっているということになるけれど、あまりにも頭の中が仕事のことだけでパンパンになりつつあった。それはそれでよいのかも知れない。いや、よくない。私の場合は、バランスが必要。視野が狭くなってしまいそうに感じられた。その他にも、近頃、スマホとパソコンに接する時間も長い。ス [続きを読む]