fuku-iku-sora-iro さん プロフィール

  •  
fuku-iku-sora-iroさん: 雪と月と花と遊ぶ。
ハンドル名fuku-iku-sora-iro さん
ブログタイトル雪と月と花と遊ぶ。
ブログURLhttp://yukitukihanaiku.blog.fc2.com/
サイト紹介文魂の伴侶と出逢い、自分自身に還る旅の途中である事に気付きました。
自由文魂の伴侶=ツインレイに出逢い、人生が大きく変わりました。試練と向き合うことが見えない世界を知ることとなり、自分自身の本質=使命にも気付くことが出来ました。日々の暮らしの中、自分自身と向き合い気付いた事、感じた事を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供139回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2015/09/21 19:21

fuku-iku-sora-iro さんのブログ記事

  • 彼のためは自分のため
  • 春はすっかり進んでしまい辛抱強い桜もだいぶ舞い終わりってところかな?暖かい日だ。月ちゃんの生活に合わせて少しずつリズムも変わりつつある。最近気になるのは自分の体調。胃が悪くなっているのがわかる。私がおかしい時は彼の方がもっと深刻だったりする。今までも何度か同じ経験をしてきたからもう理由が手に取るようにわかっちゃってツラくなる。一ヶ月前に再会した時彼はとても痩せていた。ツラさが伝わってきた。葛藤の重 [続きを読む]
  • 学び気づき動く。
  • 寒い日が続く。雪にはあまり降られなかったけれど今年の冬は寒かったと思う。静かに過ごした冬が終わりそうだ。現実的な問題と向き合う毎日。生活して行くって大変だな…と改めて思う日々。どうしてこうなっちゃったのかな…?とも思う。自分が成長しなければ進んで行かない。同じ失敗は繰り返したくない。…人生に失敗はないんだっけ。これから生活がもっと大変になるのが予想できるのでいよいよ大幅な立て直しをしなければいけな [続きを読む]
  • 本当の自立
  • とても寒い。雨も降ってる。春はすぐそこなのに簡単にはいかないんだね。自分を取り巻く現実と向き合う一週間だった。月ちゃんの入学準備もして。生活全般を見直さなければいけないと痛切に感じてその事で頭はいっぱいで。なんだかここへ引っ越してきた3年前と同じような心境になった。この3年間はなんだったのだろう…なんて感じたりもした。一緒になりたいと願いながらも 一旦ふたり別れて彼の事を待つ日々が始まって…その年の [続きを読む]
  • 運命は良い方向へ動いている。
  • 風がとても強い日。日差しはあったけれどちょっと寒い。先日 彼と思いがけないところで再会(?)してから私の心は穏やかではない。喜んでいたのは あの一瞬だけだよ。正直に言うと心が寂しくなったみたい。見えている現実の後ろ側にある真実はきっと私にとってとても優しいものだろうとは思うけれど冷静に考えてみたらとても悲しい現場に立ち会ってしまったわけで。あれから段々と虚しさが込み上げてきて何も手が憑かないくらい [続きを読む]
  • 展開
  • 今日も暖かかった。風が優しい。お日さまはゆったり。家の事を済ませて午後から携帯屋さんへ。月ちゃんのため。待ち時間が長いのを承知で行ったが案の定長い時間待つことになった。わくわくな月ちゃんと機種を選びソファに座って落ち着いていた。何処かの家族連れがテーブル席でお店の人と商談中。何気なくそのお父さんらしき人を見た。びっくり!!!!!彼だ。こんなことってあるの?月ちゃんに告げる。やけに落ち着ている。「人 [続きを読む]
  • 自分で変わる
  • 暖かな春。日差しが嬉しい。ブログの仕様を新しくしてみた。地球での自分へと還る旅の終着点まであと少しかな。さまざまな混沌とした感情が溢れたこの場所から離れたい気持ちはあるけれど敢えて仕様を変えて臨むことにした。正直に今まで通り自分らしく日々の生活を綴って行きたいと思っています。お付き合いいただいている方がたありがとうございます。自分へと還る旅が=伴侶と再会する過程の旅であることの意味を実感している。 [続きを読む]
  • 旅立ち
  • 寒い日。雪は降らない。想像していたよりも穏やかなお天気。空気は冷たいけれど心は温か。旅立ちの日だ。涙もろくなってしまっている私に驚く月ちゃん。転機を迎えているのがよくわかる。ひと区切りだな…と感じる。上手く流れていることとそうではないことが余計にひと区切りな感じを増長させる。自分がどう捉えていくかだ。結局は。この3年間で確実に身軽になった。心が。生き易くなった。自分自身が。それだけでもOKなんじゃな [続きを読む]
  • ひと仕事終了
  • 楽しい。なんか楽しい。今週 ひと仕事終わった感じがすごくしてる。実際 ひとつの事が終わったからもあるけれど今日の晴れ渡った空を見上げているととっても解放的な気分になった。とってもスッキり笑顔が出ちゃう。仕事は辞めようと思って職場に行くと帰る頃にはまだやらなくちゃになったり相変わらず安定しない。でも本当に岐路に立たされていて状況によって時期も変わって来るんだと思えるようになった。自分の状況も関わって [続きを読む]
  • 春近し
  • だんだんと春が近づいている。私の中では春は変化の季節だ。実際に私の周辺の状況は少しずつ変化し始めている。暗礁に乗り上げていた事が動きだしたり無理に推し進めようとした物事の結果がハッキリと示されたりした。早い展開で物事が進んでいく。ありがたい現象。期待しちゃうよね。不安でいっぱいになっていたら月ちゃんが大丈夫だと元気づけてくれた。きっと大丈夫なのだろう。微かな目に見える繋がりが見えなくなってしまった [続きを読む]
  • 少し不安になって
  • 少しずつ春に向かっているのがわかる。そんな日が続く毎日。どんなに昼間晴れていても夜には風が強く吹く。いつも春はこんなだっけ?なんか違う気がする。変化を目の当たりにすることの多かった今週。人の期待通りには事は動かないということを強く感じた週だった。これもその人の学びのためなんだと思う。巻き込まれる人は苦労するけどそれもまた必然なんだろう。その役目を負って生まれてきているのだから。学びに気付くまで永遠 [続きを読む]
  • 気持ちよい空と風と
  • 風が吹いているので夜空が綺麗だ。暗い空に雲が流れている。良くも悪くも少し状況が進展して迎えた新しい週。心の葛藤は自分で想像していたよりも大きかった。この場所から去ろうと思いながら馴染みの笑顔の中にいるとまだまだやらなくてはいけないことがたくさんあることに気付く。別に去る必要も今はないんだと納得する。変わらなければいけないのはもっと大きな括り。私個人の事ではない。私は自由でいよう…と思った。自分のや [続きを読む]
  • 潔く静かに
  • 空が青かった。風が澄んでいた。月ちゃんのためにもなるのかな?と思って久しぶりの三峯へ。雪が降ったみたいで路肩には新しい雪がまだ残っていた。予定より遅い時間に出発。快調に進む。混んではいない。雪の影響?三峯の空気は澄み渡っていた。でも階段がきついんだよね。息が切れる。いろいろとメッセージを授かり気分良く帰りの途に就く。本当は心の方は少し寂しさがあった。状況が少し整理整頓されたけれど仕事をしていく上で [続きを読む]
  • 整理整頓
  • 春みたいだった日。風が強く吹いてくれた。青く高い空。白い雲が気持ちよさげに浮かんでいた。スッキりとした気分。悩んでいたことが 一つ解決された。自分らしく生きていい。気負わず自分の歩幅で自由に歩んでいけばいい。そう言ってもらえたような日だった。今いるところも好きなだけいればいいし外へ出るんでもいい。自由。身軽になったみたい。軽くなって彼に逢える。それが嬉しく思える。こんな心境は久しぶりだ。晴れやか。 [続きを読む]
  • たどりつく場所
  • 暖かな毎日が続いている。春みたい。この冬 この街にはあまり雪は降らない。少し寂しい。いろいろと周りが突然動き出した。仕事関係。意外な展開にびっくり。これからの事を急に考えなくてはいけなくなり正直 どうすれば良いのか周りの動向を見守っている。自分の意向は明日話すことになりそうだ。動けと急かされているのかも知れない。長かった待ち時間が急速に終わろうといている感じもする。どうなるんだろう。冷静に自分のこ [続きを読む]
  • 転機かも?
  • 暖かくて空が高い。風の強い日が多いなぁ…どうしてだろう。私としてはいろいろと思うところの多い日々を過ごしている。仕事の事経済的な事どっちもリンクしている。このタイミングっていうのも大事なんだろうなぁ。今の職場はリーダーの魅力に惹かれて続けている部分が大きくなっちゃっているのが正直なところで簡単に他に移れるのであればすぐにでも移りたいという希望もずっとある。イマイチ満足はしていない。自分でこれから変 [続きを読む]
  • 繋がり
  • 風の強い日が多い。どうしてなんだろうと思う。雪は予報の割には降らないけれど風が強い意志を感じさせてくれる。主張している。動いている気がする。体調は完全ではないけれどほぼ復活。仕事面では更に負荷が掛かりやる気がどこか遠くに飛んで行ってしまいそうだ。忙しくなるのがわかると逃げたくなる。オーバーワークが怖い。体力に自信が持てない。そういう時にまたメニエルの症状が出てくる。久しぶりにお薬に頼った。肝臓の数 [続きを読む]
  • 徐々に光へ
  • 曇り空。太陽は何処かに行った模様。帰ってきてね。結局 2日休んだ。インフルじゃなかったけど脱力感とビリビリ感が珍しいくらいあった。身体の中で私を守ろうといろんなものが闘ってくれてるのが良くわかった。ありがとう。でも浄化にしたら大したことはない。進んで行ってるんだ。きっと と思った。たくさん本を読もうと思ったりもしたけれど結局 寝てばかりでそれどころではなかった。それでも枕元にずっと置いていた数冊の [続きを読む]
  • 彼は私の勇気
  • 風の吹く音に驚いた夜。夜が明けても風は強く吹いている。一体 どうしたの?と思った。昨日の朝から身体がとってもだるく節々も痛い。夜 ちょっと微熱。インフルだと困るから少しだけ早く上がらせていただいてたくさん買い出しをした。現実的。夜中 咳が出る。久しぶりに浄化みたいなものかなと思い直す。朝になって 熱は下がった。今日はお休みをして病院へ。インフルではなかった。ひいている場合ではない。でも 身体が休め [続きを読む]
  • 彼は私の希望
  • 今日も暖か。何処か遠くへ行きたくなる。今は まだ我慢かな…少しずつ 春が動いている。未来が始まっている。休日はどっぷり自分時間。子どもたちも大きくなったのでほとんど手も掛からなくなった。元々 過保護にはして来なかったから自立している方だと思う。多感な時期を他の子どもたちよりも更に多感にならざるを得ない環境で育ってしまったからかなり落ち着いた子たちだと思う。それに私は救われている。のんびりと日曜の午 [続きを読む]
  • 種まきしながら
  • 春みたいな青空。陽の光が優しい。少しずつでも進んで行けてるかな。今の私。今週はとても疲れた。でも 前向きでいられる。先日の研修の余韻が大きくあれから ずっと 自分に出来ることの価値を考えている。夢を憶えていることが今ではほとんどなかったのにあれから毎日のように何かしら 身体のどこかに夢の記憶が残っている。やれることが きっとあるんだろう。これからの目標が出来たことが今は一番嬉しい。ちょうど 今の状 [続きを読む]
  • 癒すということ
  • 暖かな陽射しは春のうららかさのようで優しい気分にさせてくれた。明日も暖かいみたい。嬉しいな。当たり前の季節が来てくれないと地球のサイクルも狂ってしまうから冬は冬らしくあってほしいけれど今日のような優しさを欲する日はただひたすらに暖かくいてほしい。神奈川の障がい者施設で痛ましい事件が起きてから半年。今日その関係者の方のお話を直接聞く機会があった。これも偶然ではないなぁ...と確信。そのお話を聞いている [続きを読む]
  • 天に祈る。
  • 晴れているのに冷たい空気。青空が嘘をついているように思える。でも この街ではそれが当たり前の冬の景色なんだろう。冬は雪が降るものだと思っている私がちょっと違うのかな…何だか また状況が変わってきた。頑張らないといけない。自分は目の前の事を一生懸命にやって行くしか出来ない。この頃 封印したと思っていた感情を味わうことがある。彼と離れるきっかけになったさまざまな悲しい感情。なんで思い出すのかがわからな [続きを読む]
  • 彼の感情 キュンとして
  • 空は晴れてる。風は冷たい。冬の真ん中。幸せに向かっているといいな。今日は彼をたくさん感じた日だった。彼との思い出に生きた日だった。彼を思うとキュンとする。この頃  とってもキュンとしてくる。甘酸っぱくて それでいて切ない感じ。若い頃の恋はキュンキュンしっぱなしだったけれど彼との恋愛は恋愛のようで恋愛ではない感じでそれをずーっと通り越したような深ーい愛情の連鎖のようだった。でも 今 離れている私は時 [続きを読む]
  • おさらいの日々
  • 2連休。暖かだった。雪は期待外れだったけど(雪国の方ごめんなさい)晴れ渡った青空は 気持ちを明るくさせてくれた。でも のんびりだったけど。ひとり のんびりと車を走らせてぶらりと好きな場所に行っては空の写真を撮り ニンマリ好きなことの積み重ねは楽しい。家の中にいても好きな事はたくさんあるけれど自分の軸を確かめるためには 外にも出掛けないといけないな…と思う。そして自分の感情と向き合う。彼の感情なのか [続きを読む]
  • 変わっていく世界
  • 少しゆったりと過ごしたくなるのは温かい日差しのせいだったのかな…今日は過ごしやすかった。今週 まだ二日しか仕事に行っていないのにどうしようもなく疲れている。体力をものすごく消耗する。好きなことをしたい。仕事での繋がりのある人たちの状況や環境がドンドン変わろうとしていて新しい情報を聞くたびに妙に納得している自分がいる。みんな変化の真っ最中。確実に流れは変わってきている。変化している。私の気持ちが変わ [続きを読む]