モクレンの花 さん プロフィール

  •  
モクレンの花さん: サウンド オブ クロスステッチ
ハンドル名モクレンの花 さん
ブログタイトルサウンド オブ クロスステッチ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/soundofstitch/
サイト紹介文ひとつの×から作り出すクロスステッチの世界を楽しんでいます。ステッチ バイ ステッチです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供173回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2015/09/21 20:11

モクレンの花 さんのブログ記事

  • 小さな女の子の小さなバッグ(2)
  • 小さな手提げバッグが完成プレゼント 喜んで使ってくれるかな20cm×20cm のサイズです『Sei Personaggi in cerea di Natale』 Cuore e Battieuore 裏側にも ハートをひらがなで名前をステッチしようかと思ったのですがお名前がバッグに記されているのって 昨今は個人情報で お母様方は お子さんに持たせるのを躊躇するのかもしれないと イニシャルにしました本当は とてもかわいらしいお名前の女の子なのです都会の [続きを読む]
  • 小さな女の子の小さなバッグ(1)
  • 小さな女の子が持つバッグ制作中 クリスマス用の図案ですが 普段使いのバッグの絵柄に かわいらしくて幼児向けかと思い ステッチ中 去年は クリスマスに飾りました   今回は 薄ピンクのアイーダ使用   ドレスのグレーと靴の茶色の指定色が 見当たらずに 適当に選びました     頭部とハートの持ち物のステッチも完了    裏にもワンポイントつけるつもり   『Sei Personaggi in cerea di Natale』 Cuore e B [続きを読む]
  • 2冊の古書
  • 注文していた2冊の古書が届きました      左『MAKING GIFTS IN COUNTED CROSS-STITCH』(1995)  Jana Hauschild Lindberg  右『ONDORI ヨーロッパのクロス・ステッチ』(昭和45年)    雄鶏社    越前屋さんのタツノオトシゴの刺繍がある裏表紙で ♯25 1束¥25となっています    表紙が違えども 中身がダブっているかもしれないと 思っていましたら    傾向はそっくりですが 図案は異なっ [続きを読む]
  • Mies Bloch 古い船(2)
  • ビーチパラソルの人達  17人の声が そよぐ風のもと 聞こえてくるようです  左の子供は 手にヨットを持っています  右のかっぷく良い男性は 双眼鏡で見ています  『MIES BLOCH KRUISSTEEKBOEK  Oude Schepen』  ランキングに参加しています  こちらのタグを押していただけるとうれしいです  ↓ ↓ ↓     [続きを読む]
  • Mystery Sampler Stitch-A-Long(20)
  • 9月分のSAL完成 図案が詰まっていないので 比較的早く ステッチがすすみました こちらの フリーチャートからです http://linenandthreads.com/mystery-sampler-stitch-a-long 先日 一部ステッチを間違えてしまいましたが    完璧は神のみの技であるので 一か所ぐらいの誤りは   オッケー オッケーにしましたが 9月分には 2か所の ステッチ違いをしていました 簡単な図案だから 気を抜いてしまった 結果です [続きを読む]
  • Mies Bloch 古い船(1)
  • 新しく取りかかりました Miesさんの12か月が終わったので 今度は 船の刺繍です 見本はベージュの布にステッチでしたが ライトブルーの Zweigart Belfast Linenを使ってみます 左の上に伸びていこうか 横に広げていこうか 右にのぼっていこうか等 中央から刺し始めていないので ちょっと考えます 左利きの手と布のさばきやすさで どうするかです 『MIES BLOCH KRUISSTEEKBOEK Oude Schepen』 「ヘクソカズラ(屁 [続きを読む]
  • Mystery Sampler Stitch-A-Long(19)
  • 9月分をステッチ中  なんと 間違えて進んでいました  下の 左から3番目に 同じ形を3つ並べていました  画像にして初めて気がついた次第  ほどかずに 進めることにしました  というのも   パッチワークの先生が以前 「大作をピースワークするときには わざと  一つ間違えてみる  完璧なものは 神がつくる 我々はそれを目指さない だから   1ピース 間違えたようにする」と 話していたので その考 [続きを読む]
  • 久しぶりのPRAIRIE(2)
  • 小さいものは 取りかかりやすいです裏の生地に ギャザーを入れて 厚紙にくるんだところ刺繍部分は キルト芯を入れました  『THE PRAIRIE SCHOOLER JUST HATCHED』   Book No.107   プレイリーのリーフレットに 4つ図案が載っていて2冊で 8個 あと 一つで 完成です紫式部も 色づきはじめました小学校のフェンス沿いに ひっそり枝を広げていましたランキングに参加していますこちらのタグを押していただけるとう [続きを読む]
  • ぶどうのおいしい季節
  • 秋は ぶどう 最初この図案が ぶどう だと気が付かないでいました ちょっとわかりにくい 図案ですが 色がついたら鮮明です 白い小さな花を咲かせていた アスパラガススプレンゲリーに 翡翠色をした かわいい実が沢山ついていました 『A Year in Cross-Stitch』 Better Homes and Gardens いったいこの後ろの多肉植物は 何だろう? どうして先っぽが へこんでしまうのだろうと 調べてみました 頭の切れてる [続きを読む]
  • 久しぶりのPRAIRIE(1)
  • もう一つ 増やそうと 久しぶりに PRAIRIEの 刺繍 根を詰めすぎては いけないので ひと休みにチョコを   『THE PRAIRIE SCHOOLER JUST HATCHED』   Book No.107    堂々と枝を広げている サルスベリ(百日紅)  もう夏も終わり  サルスベリは 見上げる木ですが これは 下の方に咲いていました   ランキングに参加しています   こちらのタグを押していただけるとうれしいです   ↓ ↓ ↓     [続きを読む]
  • Mystery Sampler Stitchi-A-Long(18)
  • 色付きのSALも ぼちぼちと 5月と6月分のステッチです 蜂が とってつけたように違和感ありです  7月以降の色選びとの兼ね合いでどうするか 考える事とします ブルーサルビアの上に 置いてみました 刈りこまれたアベリアも ぴょこぴょこ花が飛び出しています こちらのフリーチャートからです http://linenandthreads.com/mystery-sampler-stitch-a-long かわいらしいアベリアの姿は 清涼剤 ランキングに参加し [続きを読む]
  • Mies Bloch 12か月の12月(13)
  • 楽しく 12か月が終了 12月 『WINTERMAAND』 『MIES BLOCH KRUISSTEEKBOEK』 すでに 何人ものブロガーさんが ステッチをされていて いいなあと思い 始めたミースさん図案完成しました 今日から9月 ススキも存在感だし始めています ランキングに参加しています こちらのタグを押していただけるとうれしいです ↓ ↓ ↓ [続きを読む]
  • DMCの輪になって踊ろ
  • どうしたものかと 思案中 だいぶ前に 1cmに3目の ざっくりした布に 糸6本どりで 大胆にステッチ  で 毎度の途中放棄 広げた図案は Sajou DMC復刻版 『BIBLIOTHÈQUE D・M・C POINT DE MARQUE ⅢME SÉRIE』  こちらの 古めかしい袋は 妹が中学の時に 使っていた 母の作ったお弁当袋 こちらの図案集は 英語版で 母が利用したもの  『D・M・C LIBRARY MARKING STITCH 3rd Series』 どちらも  [続きを読む]
  • Mystery Samper Stitch-A-Long(17)
  • 8月分が 完成しました こちらの フリーチャートからです http://linenandthreads.com/mystery-sampler-stitch-a-long 今日は 8月27日なのに なんと すでに 9月が発表になっていて 驚きましただんだん長くなってきました フレメの 麻布12に ステッチで 今52cmです この図案を 公開してくださっているところに 寄せられる作品の中に  全面ステッチしたものに 縁をつけて クッションに仕立てている [続きを読む]
  • 日本の伝統文様(11)
  •  花七宝 ステッチ完了  縦14cm×横18.5cmばかりの面のステッチでも  刺繍糸を2束と少しを 使用  『クロスステッチで楽しむ 和の模様』  遠藤佐絵子 河出書房新社  遠藤さんは DMC311で表現   こちらはDMC3833  ご本には『ひと針ひと針がつながり 圧巻の 「花七宝」に』と  記されています  ステッチが終わり 埋め尽くされた刺繍表面を 手でなでなでしています  ザラザラ感が良いです   [続きを読む]
  • キッチンガーデンのサンプラー(2)
  • ステッチしたまま放置を 日常使いに 2年前に布切れだったものを やっと仕立て上げ(大げさ。。。)ました 『青木和子のクロスステッチ 私の庭から Fresh from My Garden』 文化出版局 まずは 裏地と ふちをどうするかで 在庫布を 並べてみました 両面使用にします 本当は 柄が良いと考えていたのですが 吊るすと 刺繍部分に接着芯を貼っても 微妙に刺繍部分に透けるので [続きを読む]
  • Mystery Sampler Stitch-A-Long(16)
  • SALのミステリーサンプラー8月 進行中   カーネーションのような図案は よく見かけます   こちらの フリーチャートからです   http://linenandthreads.com/mystery-sampler-stitch-a-long    右手は布をロール状にして 左手に針を持ちステッチを  していますが 手のひらが汗ばんできます  夜も 続きをするつもりで 広げましたが 絶え間ない稲光と  雷の音 その後の大雨と 外ばかりが気になりました   [続きを読む]
  • 日本の伝統文様(10) 
  • 花七宝の 柄が好きになっています  「小町懐紙」と書かれ 半懐紙判 二十種百枚入りという きれいな紙が  母の持ち物から 出てきたので 日本文様の背景に 合うかと使用   縦と横向き どちらで飾ったら 良いかな   ステッチの し甲斐がある図案で 刺繍糸を 思いのほか消費  『クロスステッチで楽しむ 和の模様』    遠藤佐絵子 河出書房新社   DMC3833の長春色を使いましたが  長崎盛輝 『 [続きを読む]
  • ジャムのビン
  • ジャムのビンが勢ぞろい  最近は ビンに詰められているサラダ(ちゃんと正式名があるのでしょう)や    リプトン紅茶に好みの果物を入れて飲むボトルとか    容器が食器になっているものを見かけます    紅茶に果物を入れるのは たまたま先月 青山で見かけましたが    長蛇の列でした なんだろうと眺めたら えっ〜! 紅茶でこんなに    並ぶの?っと 驚きました 暑い日だったので おいしそうには思 [続きを読む]
  • 日本の伝統文様(9)/日本の作家さん   
  • 七宝つなぎ 「花七宝」 DMC3833 長春色 『クロスステッチで楽しむ 和の模様』   遠藤佐絵子 河出書房新社   同じ大きさの円の中に 4つの楕円を紡いでいく文様   中心に花文が配されたものが 「花七宝」   永遠の連鎖から 円が円満や永遠を表す 縁起の良い吉祥文様   仏教経典では 七宝は 金・銀・瑠璃・珊瑚・めのう・玻璃・しゃこがいの   七つを さすそうです   日本の図案にも すばら [続きを読む]
  • フレメの樺の木
  • どこか緑の豊富な涼しい所で 夏を過ごしたい   ここ数日は しのぎやすいけれど 今年の暑さは ひときわ「VORTEBIRK」(樺の木)  フレメのキット L.N.30-6219      額装 銀座伊東屋      樹木シリーズの4作目      白樺の中を 歩いたら涼しい風が吹き抜ける        友人のお宅には 白樺の木があるそう きっとこの時期は       良い木陰を 作ってくれているのでしょう       [続きを読む]
  • 小人のテーブルクロス完成(6)
  • 4か所に刺繍をすることができました  88cm×88cm RICOの既成布 綿100  暑いのを我慢して 外で撮ったけれど 逆光だった?  メランポジウムの花の上に置いてみました  クロスステッチ用ビニールの板に  小人をステッチして 切り取り 草花の中に入れたら  面白い情景になるなあと 思いました  けど 再度ステッチする気力は 今は無し  楽しい子供の テーブル  こんな 食器で 子供がおやつを食 [続きを読む]
  • 日本の伝統文様(8)
  • 亀甲文様  「子持ち亀甲」  DMC221 (臙脂色 えんじいろ)  「親亀の背中に 子亀を乗せて〜♪」(古っ!)と 思いながらステッチ  二重亀甲ともいわれています  3つとも 亀甲文様  『クロスステッチで楽しむ 和の模様』  遠藤佐絵子 河出書房新社  遠藤さんの ご本をきっかけに 和の模様に 興味がわき  マンホールが亀甲柄 ビルの外壁が格子柄などと  街の中でも 文様探しをしています   『日本 [続きを読む]
  • ぶどう模様のテーブル・クロス
  • 毎日のテーブルクロスを洗濯時々 ブログアップの時に 刺繍物の背後に映っていることがある 普段使用している クロスです上に ビニールをかけていますが 夏はそのビニールが暑さをさそうのです  はがして洗濯をします『ヨーロッパのクロス・ステッチ 1』雄鶏社こちらの本には 「クラシカルなムードがお好きな オールドファンならきっと このデザインを選ぶでしょう。シックな配色に、ヨーロッパの伝統の息吹を感じます [続きを読む]
  • 日本の伝統文様(7)
  • 植物の文様 木賊縞(とくさじま) 木賊色というのは 深い緑色を 言うそうですが DMC3345(千歳緑)とDMC3852(黄土色)使用 植物として 「麻の葉つなぎ」の横に ステッチしました 『クロスステッチで楽しむ 和の模様』 いや〜 驚いてしまいました 仕事先へ行く道を ちょっと変えて歩いていたら な なんと 木賊が 背高く 植わっていたのです こんな 背丈のある木賊を見たのは 初めて [続きを読む]