しらたきあおい さん プロフィール

  •  
しらたきあおいさん: 路地裏見聞録出張所
ハンドル名しらたきあおい さん
ブログタイトル路地裏見聞録出張所
ブログURLhttp://roji832.blog.fc2.com/
サイト紹介文西に行こう。西日本を旅しよう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供151回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2015/09/21 21:30

しらたきあおい さんのブログ記事

  • 路地裏見聞録出張所女子力向上イベント「クラフトクエスト」 2
  • 久しぶりに月刊誌を朝イチで買いに行った。これまで複数のメディアでちらほらと伏線(マザー事務員の写真、伝説のアイドル重戦車(豆タンク母)等)があったのでいつか回収されるのだろう、キャラの肉付けでまだ余地があるのは事務員しかおらんとは思ってはいたものの、存在がイレギュラーであり非攻略対象である事務員の過去話をやるというのは愈々765もヤバいということである。 しかし、この話は現代の有象無象のアイドル達か [続きを読む]
  • きらきらきら 輝きを見逃さないで
  • 今月分の見聞録を終え遂に話数は290、愈々300へのカウントダウンに入った。アチラでは何度か言っているが、この後10月下旬まではデカい(話数を稼ぐ)話もないので300話は秋パスの備後落合辺りになると思われる。流石にそこらのノートに見聞録300話達成なんですよテヘなんて自分勝手で他人にはとってどうでもいい報告をするつもりはないが、せめてこのブログの中だけでも祝賀ムードに浸ろうかと思う。因みにこれからの予定であるがこ [続きを読む]
  • 路地裏見聞録出張所女子力向上イベント「クラフトクエスト」
  • 先日「そろそろ暑くなってくるしシーグラスを探す機会も増えてくるだろうから色々と加工したい」と思ってどないしたらエエねんとネットの海を彷徨っていたら、ダイソーでミニルーターが800円で売っとるからそれ使って穴を開けろなる記述を発見したので早速いつもの100均へ行った。しかしそうはうまくいかない。この日の100均はなにやら慌ただしい。棚の商品も少なく商品の位置も変わっている。どうやら模様替えだかリニューアルだ [続きを読む]
  • 飛騨牛Tシャツ 1940円
  • 【3】飛騨牛Tシャツ 1940円 三川屋欅店にて購入1年半ぶりの登場だ!忘れていたのではない!それっぽいところに行ってなかったのと「冬にシャツ買うのって……」と思っていたからだ!ホンマに!いつも選ぶに当たって如何にも有りがちなダサT(言っちゃうとI ? NY系)は避け、加えてデザインがいいものを選ぶようにしている。今回は「飛騨牛系がエエなあ……でもそないうまいこと見つかるもんかね……」とか思っていたら簡単に見つ [続きを読む]
  • 大事な物さえ変わらなきゃ 寝ても覚めても愉快なり
  • お嬢7位で声が出るようになってホンマよかったのう……登場から来月で5年、5年前はワシもまだモバゲ現役でやっておった頃じゃった……新エリアで広島が出てきてどんな子が来るんや思てたら来たのはガッチガチの先入観アリアリのステレオタイプの広島少女。最初はあーあー言うてたけど、その後キャラの色づけがされていく過程で義理堅く、真っ直ぐな性格に段々惹かれていったよね。【第140話】神様のいない火曜日 で何当たるかわか [続きを読む]
  • 魂ごと揺らせ揺らせ 生命辿るHeralder
  • 名鉄は時代を先取りし過ぎたあまり、時代が読めなくなってしまった私鉄である。昨今東国のほうで時代遅れのように座れる電車を推しているが、名鉄にはご存じの通り一部特別車がある。その昔バブル景気に沸いた頃には名古屋本線にも全車特別車がガンガン走っており、知立通過の全車特別車8両なんてものもあった。その後バブル崩壊、レジャーの多様化、モータリゼーションによって全車特別車は今や空港線だけになってしまったが、愛 [続きを読む]
  • 【第287話】愛知県 刈谷駅〜知立市
  • 【第287話】花車と交わる昼の交差点に…刈谷である用事を済ませタダ帰るだけでは面白くないといつもと違うことをする。最初は雑記程度に済ませようと思っていたが、ある出来事に遭遇し没ネタ昇格。書いていくうちに本編昇格の異端ネタ。※先行配信、286話終了後加筆修正 [続きを読む]
  • 忘れないで正解は まだまだいっぱいあるでしょう
  • 皐月である。さつきというのは田植えをする月という意の「早苗月(さなへつき:サ=田の神に捧げる稲)」と言っていたのが短くなったものと言われておるらしい。であるからして早苗という名前が付けられた人は大体5月産まれと察することができる。※但し、現代の人間がそこまでちゃんと考えとるのか、抑々意味を理解して名付けとるのかどうかも知らんし、現代は早苗を「すくすくと元気に育つように」という意で付ける傾向にあるので [続きを読む]
  • 時代は常に日進月歩 聞いてってよ老若男女
  • なんとなくスマホのフォルダ整理をしていると結構な数の「画質が悪いから出してこなかった写真」が出てくる。ということで今日は蔵出し。本当はもっとやるべきことがあるのだが、なんとなく気が乗らない上にPCが来なくてミサイル発射ボタンを押したくなるような苛立ちの日々を送っているので気分転換というヤツである。 [続きを読む]
  • ありがとう 勇気をくれて
  • 2017年4月24日18時30分頃、事件は起きた。この日私はカメラについて書くための資料画像としていつものようにカメラの電源をオンにしようとしていた。が……プープープープープープープープープープープープープープープープー……昔どこかで聞いたような断末魔が唐突に手元の機械から発せられた。13回も。落ち着きなさい、そんなわけがない。次逝ったら死ぬんやで?なんやハチみたいな話じゃが。もう一度……もう一度……なんだっ [続きを読む]
  • 路地裏見聞録出張所 世代交代の道(中)
  • → 飯田線の全線再開4月24日以降に…代行バスは一部駅を通過 | レスポンス(Response.jp)現在飯田線は三河川合〜中部天竜に於いて土砂崩れにより運行を中止している。JR東海としてもGW需要は見逃せないだけにGWまでには意地でも復旧させると思うが、GWに飯田線に乗る予定の人は注意して頂きたい。今日の中国新聞朝刊に、錦川鉄道がJ東からキハ40購入の記事が。キハ40は主にイベント用として今年9月からの「幕末維新やまぐちデス [続きを読む]
  • 路地裏見聞録グループ 新人歓迎会
  • ヘ〜イ新人諸君、社会には慣れたかい?路地裏見聞録の読者は比較的年齢層が高いような気がしてならないが(爆)、路地裏見聞録に迷い込んだ新人読者のための歓迎会をするぞ!これを覚えておけば路地裏見聞録の話についていけるし皆に「俺、路地裏見聞録こんなに知ってるんだぜ!」って自慢できるぞ!自慢する機会なんてないけどな!6/1 路地裏見聞録出張所開設3周年と8/18 路地裏見聞録開設9周年も覚えておけよ!寧ろそっちの方が [続きを読む]
  • 路地裏見聞録出張所 世代交代の道(上)
  • あれ?いつものJ○○○○Cさんに訴えられても仕方ないようなポエム染みたタイトルは?今回はナシだ!何度か言っているPC周辺のリフレッシュについて大体の準備ができつつある。最初は面倒臭いものだと思っていたが、vistaのサポートが4/11に切れることを考えれば時期が好かったと考え直した。んで今回から3回に分け、上でPC回りの準備、中でデスクとチェア+配線の話、下でPC本体の話をする。読者の参考になれば嬉しい(今月そのネ [続きを読む]
  • 春の風は僕を乗せて 何処まで行くだろう
  • 春は名のみの 風の寒さや 谷の鶯 歌は思えど時にあらずと 声も立てず 時にあらずと 声も立てず氷解け去り 葦は角ぐむ さては時ぞと 思うあやにく今日も昨日も 雪の空 今日も昨日も 雪の空春と聞かねば 知らでありしを 聞けば急かるる 胸の思いをいかにせよとの この頃か いかにせよとの この頃か正に今日この頃の天気と言えよう。卯月である。卯の花が咲く月だから卯月とされる説が有力らしい。現代のコンクリートジャングル [続きを読む]
  • 路地裏見聞録蒲郡支所
  • アサリに始まりサクラサク、陽気な日差しに紫陽花綻べば、人は海へと走り出すトンボ追いかけ日は暮れて十五夜迎えし秋の夜長、積もりし落葉をかき分けて三河湾に冬来たる1年中楽しめる蒲郡線を路地裏見聞録は応援しています。乗って残そう蒲郡線。見聞録で撮影したところ。参考にどうぞ。 [続きを読む]
  • 口癖はケセラセラ
  • ▲まさかどちらの色も消滅する日が来るとは……どれだけの定期読者がいてそのうちどれだけの読者がRSSなりfeedなり使っているかわからないが、先月かなりサボったおかげで来客がかなり減った(爆)。因みに先月一番来客が少なかったのは2/14だった。なんてやつらだ。兎に角、色々と幅を広げたことで更新ペースがだいぶ遅くなってしまっているので徐々にペースを戻していきたいところである。ということで今日も雑記、お付き合いく [続きを読む]
  • ほら少しずつ 見える世界を増やしていこう
  • 18きっぷ1回分で自宅からどこまで行けるのか?一度は考えたことがあるだろうこの疑問、私も何度か考えたことがあるのだが、これをやると駅という存在が単に乗り換えるためのためだけの存在になってしまう。何度も言っているように鉄オタが大袈裟に言う完乗は多くが「移動しただけ」「通過しただけ」であり、その行為自体に何の価値もないと考えているので、見聞録では18きっぷというものは単に格安移動手段の一部であり乗ることが [続きを読む]