なお さん プロフィール

  •  
なおさん: なおの手のひらから広がる世界
ハンドル名なお さん
ブログタイトルなおの手のひらから広がる世界
ブログURLhttp://347nao.jugem.jp/
サイト紹介文「センス・オブ・ワンダー」神秘さや不思議さに目をみはる感性をいつも忘れないで生きたいと思います。
自由文「『遊』には「よそに出掛ける」とか「出発する」いう意味があります。西遊記の「遊」は、困難な旅に出発するという意味が込められているのでしょう。自然に触れると、ありふれた日常が、新日常になります.知って面白い情報をお知らせします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供672回 / 365日(平均12.9回/週) - 参加 2015/09/22 09:50

なお さんのブログ記事

  • 村岡花子と電話機との関係 その知られざる秘話
  • JUGEMテーマ:興味深い話題・出来事など 東洋英和女学校四年の村岡花子は、親友の柳原?子に連れられて、歌人の佐々木信綱を訪問した。歌の指導をお願いしたのだが、雑談の中で、あなたの学校の先輩がわが門下にいる、現代文学に精通した人ですから。ぜひ会いなさいと勧めてくた、その人が片山廣子である。花子は片山の人柄に魅了され、親しく交際した。片山は翻訳の訳語に行き詰まると、花子の助けをよく借りたといいます。あ [続きを読む]
  • 立春です 春をつげるくさ 百花に先駆け春を告げる梅
  • JUGEMテーマ:興味深い話題・出来事など冬と、春を分ける「節分」から一晩明けると、24節気のひとつ「立春」です。まだまだ寒い日が続き、春を実感するのはまだ先ですが、この日から立夏の前日までが暦の上では春となります。 腕を おーきく おーきく広げるように、梅の木が燃え盛る紅梅を、まぶしく輝く白梅を、空の青に向かって、命いっぱい咲かせています。きびしい冬を耐え、ついにその季節を迎えた喜びを, [続きを読む]
  • 雲のゆるキャラ 自然の世界はネットじゃ味わえないよ
  • JUGEMテーマ:写真日記僕は雲、何に見えるかな。 たまには空を見上げよう。運が良ければ、ぼくのような珍しい雲に出会うよ。ファーブル昆虫記で有名なアンリ・ファーブルは、もともとは教師をしていました。その行動学的な研究の仕方は後世の科学発展に大きな影響を与えた。彼は言っている。「本当の知識とは、自分の目や耳で直接触れたときに身につくもの」。 自然の世界で経験する機会をもっ [続きを読む]
  • ゆる木ャラ 何も咲かない寒い日は下へ下へと根を伸ばせ
  • JUGEMテーマ:こころ 野鳥には、冬の貴重な食べ物、柿や葡萄のおすそわけです。 冬になると色彩が失せ、何もかもが灰色の風景の中に閉じ込められます。 何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ 「雪譜」っていう素敵な言葉があります。 四季のある日本。 春 夏 秋 冬と言いますが、四季の始まりは冬だと思います。厳しい冬があって植物 [続きを読む]
  • 2016年生まれの赤ちゃんの名前の特徴
  • 2016年生まれの赤ちゃんの名前の特徴。明治安田生命保険が28日発表して調査によると、2016年に生まれた赤ちゃんの名前で男の子は「大翔(ひろと、やまと、はると)」。 女の子は「葵(あおい、めい)」がいずれも2年連続トップだった。男の子は、空に羽ばたくイメージの「翔」のほかスケール感の大きい悠の字を使った名前が人気。女の子は、「さくら」や「花」など植物に関連した名が上位に並んだ。& [続きを読む]
  • 生物誕生の起源 生命はどこから来たのか
  • JUGEMテーマ:興味深い話題・出来事など 地球上の生物はどのように誕生したのでしょうか。現在では、海底で熱水が噴き出している場所に生息する微生物のようなものが共通祖先であるといわれています。生命の起源を調べるために、近年、アストロバイオロジー(宇宙の視点からの生物学)が行われています。生命とは何かを追究していくと、地球外の生命やその痕跡を探すことが重要なのです。例えば、私たちの太陽は、生まれてか [続きを読む]
  • 雑談の効果 ストレスが小さくなり、意味がないから楽しい
  • JUGEMテーマ:日常 人が雑談をするのはストレス解消という意味もあります。 私たちは仕事や家庭の中で、小さなストレスにまみれて暮らしています。それをどこかで吐き出してしまわないと、心が疲れてしまうのです。「今日の営業先の大苦手でね」・とか「課長にまた文句言われたよ」と言うことで、そのストレスを外に出しているというわけです。この時に聞き役の立場は重要です。「うちの家内は金遣いが荒く [続きを読む]
  • アリは 近代的な農業をはるか昔からしていた 
  • JUGEMテーマ:興味深い話題・出来事など アリなどの昆虫は私たちにとってもっとも身近な野生生物の一つです。 家の中に出没して驚かされる時もあります。その代表がゴキブリなど。気がついていないだけで通勤通学途中の植え込みの中にもひそんでいます。それもそのはず、昆虫は知られているだけで世界に100万種以上がいて、日本だけでも3万種以上が生息しています。その生活のようすに、ビックリさせられることがたくさ [続きを読む]
  • 相続手続き ゆとりを持って着実に進める 相続決める3か月以内
  • JUGEMテーマ:日常 相続手続き ゆとりを持って着実に進める 相続決める3か月以内近親者が亡くなり、喪失感を抱えながら行う葬儀にI区切りつくのが「四十九日」。「その間は静かに喪に服していたい」と思う気持ちは当然ですが、人が亡くなると同時に発生するのが相続です。ゆとりを持って手続きを進めるには、大きな流れをあらかじめ頭に入れて、必要な作業を四十九日までの期間中も着実に行うことが大切です。◇近親 [続きを読む]
  • 坪井 栄 胸を打つ二十四の瞳の 大石先生
  • JUGEMテーマ:読書 小説に登場する学校の先生で、この人くらい有名な先生は見当たらない。夏目漱石の『こころ』の先生も知られているが、いかんせん、名前が無い。こちらは、いくつも、あだ名がある。いわく、「おなご先生」。「大石小石」。「小石先生」。「泣きみそ先生」。本名は、大石久子。大石先生である。そう、『二十四の瞳』の、瀬戸内海の島の岬の小学校分校教師。小説を読まないかたも、映画でご存じだろう [続きを読む]
  • キジが国鳥に 第一は日本の固有種 時代背景に理由が
  • JUGEMテーマ:興味深い話題・出来事など 少し早く起きて散歩をしましょう。身も心も、リフレッシュすることまちがいなし、歩けば健康にも最適です。かわいい鳥たちが美しいさえずりで、お迎えをしてくれます。 散歩を楽しんでいると、草むらから突然飛び立つ鳥がいてビックリすることがあります。それがキジです。 キジは、日本の国鳥です。昭和22年、戦後の復興が始まった頃、日本鳥学会が国を代表する鳥として、キジ [続きを読む]
  • ハッピーエンド物語 あなたは、どこで最期を迎えますか
  • JUGEMテーマ:こころ あなたは、どこで最期を迎えますか。私もあなたも、いつかどこかで最期を迎えます。しかし、それはどこか分かりません。思ってもみなかった所で、意外に″心地よい時間″を過ごせることもあります。白田さんは80代女性で、重い認知症。今は高齢者ホームに入居しています。自宅に居たころは嫁との緊張関係が続き、認知症で関係はさらに悪化。 「義母は私に八つ当たりしているかのよ [続きを読む]
  • 東京 風光明媚なスリバチ地形を歩いていると面白いことに気づく
  • JUGEMテーマ:興味深い話題・出来事など 東京の 風光明媚なスリバチ地形を楽しく歩こう東京の町を歩きまわっていると面白いことに気づく。特に自分が関心を寄せているのは都心部の凸凹地形。港区や新宿区、文京区などは坂の多いことで知られているが、「山の手」と呼ばれる都心の坂は、下りては上る向かい合う坂、すなわち谷越えの坂となっている場合が多い。たとえば渋谷駅を底辺に向かい合う宮益坂と道玄坂がよい例だし、谷 [続きを読む]
  • 健康な土が、健康な作物を作り、人は 健康に生きることができる
  • JUGEMテーマ:興味深い話題・出来事など 健康な土が、健康な作物を作り、人は 健康に生きることができる 果樹園を歩いていると土を当たり前に見ることができます。畑は土が命であり土台です。私たちは、食べ物を食べて生きています。ぞの食べ物は、土から作られます。米や野菜はもちろんのこと、肉にしても、牛などは土壌に育つ草をえさにし ています。人間が 生きていく上で必要とする元素は28種類といわれ [続きを読む]
  • がん 全国データ初集計 乳がんは東京 胃がんは東北
  • JUGEMテーマ:健康 がん 全国データ初集計 乳がんは東京胃がんは東北 胃がんは東北と日本海側に多く、乳がんは東京が突出――。 がんの発症部位などには地域差があることが、国立がん研究センターなどの調査で分かった。生活習慣や環境の違いによる影響とみられる。初めて全都道府県の患者データがぞろい、地域ごとの違いが明らかになった。年86万人が発症がんセンターは、都道府県などが患者情報を集計した [続きを読む]