みんみん さん プロフィール

  •  
みんみんさん: ふたりが好き 東方神起
ハンドル名みんみん さん
ブログタイトルふたりが好き 東方神起
ブログURLhttp://ameblo.jp/yumiheaven0218/
サイト紹介文ホミンが好きすぎて小説を書いています。ユノとチャンミンの愛を感じて日々生きています。
自由文ブログ名変更しました
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供151回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2015/09/22 11:17

みんみん さんのブログ記事

  • ぬくもり 7
  • 寝返りをしようとしたら腰に巻かれたユノヒョンの腕に力が入った「うっ…」耳もとでユノヒョンの声がした僕は擦りながら目を開けた弱い月明りの下照らされたユノヒョンの額に汗が浮いていたヒョン…?どこか痛いの?それとも夢…?「んんっ…」頭を振って何かから避けているようだそっと額に手をあてて汗をぬぐってあげると「ふぅ」と息をついたユノヒョン額から頬に指を滑らせてゆっくりとなぞった苦しそうな表情がふっと和らいだ [続きを読む]
  • ぬくもり 6
  • 眠い目を擦りながらシャワーを浴びた僕頭を雑に拭きながら部屋に入るとベッドに腰掛けたユノヒョンがゆっくり振り向いた「おいで…ここ座って、チャンミン…」「うん」隣に座ると首に掛けたタオルを取り僕の頭をくしゃくしゃと拭いてくれた地肌が心地よくマッサージされてすぅと意識が飛びそうになる「ははっ、チャンミナ眠いよな」「うん、…ううん、眠くない」「だって、ほら耳が真っ赤だよ…あ…、熱い…チャンミンは耳が赤くな [続きを読む]
  • ぬくもり 5
  • 歩き出してふと感じたこと歩く速度合わせてくれているんだありがとうユノヒョン…寒いけれど隣に並んで歩けるならこのまま歩いていたい歩道に並ぶ木はまるで僕たちみたいだった何もかも剥がされ葉も枯れ落ちて木の幹しか残っていないね、ヒョン僕たちみたいだよね今は耐える時期僕たちはこれからも歌を続けたいんだふたりになってしまったことどんなに悩んだかどんなに苦しんだか…ユノヒョンは僕に辛いとか悲しいとか言わないんだ [続きを読む]
  • ぬくもり 4
  • 「ヒョン…?どうして…?寒いのにっ」ユノヒョンに駆け寄ると「驚かそうと思ってさ、ふふっ、違うんださっき、キュヒョンからメールが来たんだ」「え、キュヒョンから?」「ははっ、チャンミナの目が真ん丸だよそう、キュヒョンから…『今、いつもの店を出ました』って…ほら、チャンミン、あの店だと歩いて帰ってくるからさ」「ヒョン…風邪引きますよ…」「大丈夫だよ、ほらっ」両手を広げたユノヒョンにすっぽりと包まれた僕「 [続きを読む]
  • ぬくもり 3
  • その出来事を思い出した僕は絆創膏を巻いた指を見てふっと笑みをもらすそんな僕の様子を見て「また見てる…指が痛む?」キュヒョンが僕の顔を覗き込む「ううん…指より、ここが…ここが痛いよ」手のひらを軽く握り胸をトントンと叩く「場所を変えるか?チャンミン…俺の家に来るか?」「ん…ありがと、キュヒョナ…明日も仕事早いんだ、今日はもう帰るよ」「分かった」「今日は飲みに付き合ってくれてありがとう」店から出てお互い [続きを読む]
  • ぬくもり 2
  • ずっと一緒に暮らしてきたから家族同然なのに…その気持ちに気がついたのはほんの少し前僕が料理したとき考えて事をしてしまい指を切ったんだ「いてっ!」切り口から血がプクリと浮かんできた慌てて口で吸った「ん?どうした?チャンミナ…」ソファに座っていたユノヒョンがキッチンにきた「ちゅう……指を切っちゃった…」「だ、大丈夫か?ほら、見せて!」口に入れた指を引っ張り傷口がユノヒョンの目の前に…僕の唾液で濡れてい [続きを読む]
  • ぬくもり 1
  • 「…この気持ち伝えていいの?」「え?チャンミン、何て言ったの?」一緒に飲んでいた同い年のキュヒョンが僕に聞いた「ん…あのね…ふぅ…あ、ちょっと待って…ん…あ、いいの、いいの」「何だよ、チャンミン…飲みすぎたか?」「んにゃ、飲みすぎてないよ、はは…」「飲みすぎた時、いつもそう言うチャンミンだからな」「はは…」ぐいっと残りを飲んでふぅと息を吐くぐるぐると想いが廻る好きになっちゃった…今ごろ自分の気持ち [続きを読む]
  • おかえりなさい!
  • ユノ…ユノヒョン…おかえりなさい晴れやかな笑顔照れながらお話する姿を見て涙が出ましたおかえりなさいそしてお疲れ様でしたと心の中で何度も何度も…呟きながら画面に釘付けでした長い軍隊生活を終えてひとまわりもふたまわりもさらに大きくなって我らのユノが帰ってきましたね東方神起のこれからが楽しみですねp(^^)qあと120日あ、もう119日でしょうかチャンミンのおかえりなさいをユノと一緒にそしてこの場所で皆さまと一緒に [続きを読む]
  • 幾千の瞬きに 17 (終)
  • 撮影を終えてマネージャーの運転する車に乗ると「ユノが向こうを予定どおり出発したそうだよ」とマネヒョンが教えてくれた「じゃあ…えっと…」と頭の中で計算をする「パリ経由だから…えっと…明日の昼過ぎですね」「あぁ、チャンミンは明日も撮影だな」「はい、…はぁ、何だか肩から力が抜けました」「そうだよな、危険な場所の側だったしな俺もホッとした」自宅に帰りリビングを…キッチンを…ベッドルームをぐるぐると歩いた明 [続きを読む]
  • 幾千の瞬きに 16 …ユノside…
  • アフリカからの帰りの飛行機の中ふっと息をして目を閉じた目を閉じると数日間一緒に過ごしたアフリカの子供たちの真ん丸の瞳が瞼の裏に浮かんだそのたくさん瞳はキラキラと輝いてとっても澄んでいた自分の心に水が染み込むようにすっと入り胸に刻まれた子供たちは無邪気で人懐っこくてこぼれそうな笑顔だった静まり返った集落の最後の夜に見上げた空子供たちの煌めく瞳と同じくらい輝く星がまるで降ってくるかのように瞬いていた「 [続きを読む]
  • 幾千の瞬きに 15
  • 肩をくっつけた僕たちは太陽が水平線に落ちようとしているのを眺めているゆっくりだんだんと吸い込まれていく太陽さっきまであんなに眩しかったのにオレンジ色を帯びた大きな太陽は眩しさを弱めて沈んでいくキラリと空に輝く点が見えた「あっ、一番星!」「え?どこ?…あっ、あったよ、チャンミン…」「まだ太陽が沈みきっていないのに明るい星ですね」「本当…キラキラと綺麗だね」「あの一番星は、ユノヒョンですね」「ん [続きを読む]
  • 幾千の瞬きに 14
  • 追い付いたユノヒョンの背中は大きくて 逞しくて広くて振り向いたユノヒョンは僕の手を握りぐっと引っ張り岩の上に乗せてくれたゴツゴツした岩の上に平らな場所を見つけ並んで座った目の前に広がる海端から端まで海「なぁ、チャンミン地球って、本当に丸いんだな…」水平線はゆるく弧を描いていた「本当に…何だか、僕水平線をゆっくり見たの初めてかも」「あぁ、俺もだよ」「こうして海を眺めていることが日常から離れたようで別 [続きを読む]
  • 幾千の瞬きに 13
  • ザザーンザザーッ打ち寄せる波音白く浮かぶ泡が消える音風が弱く時々強く頬をかすめる乾いた砂浜に並んで座るシートからじわじわと熱さが伝わってくる空から照らす太陽が眩しい透き通る光は熱さを持ち僕らを照らすザッ巻き上げるように風が吹いた「あっ!」ヒョンの帽子が風にさらわれて横に転がった咄嗟に立ち上り帽子を追いかけた波打ち際までころころと転がる帽子ようやく指先で捕まえた「ふぅ、強い風だ」帽子を手に取り後ろを [続きを読む]
  • 幾千の瞬きに 12
  • ユノヒョンの手をぎゅと握り「ヒョン…今日は僕、行きたいところがあるんだ」ゆっくり離れた唇を見つめながら伝えた「お、いいね」と形のいいユノヒョンの唇が動いたユノヒョンは僕のお願いにはどこ?とか、どうして?とかは聞いてこないんだにっこり笑みを浮かべてふんふんと鼻歌を歌いながらベッドから出て着替え始めた僕が言うまで何も言わずご機嫌だ「えっと、お昼を作ったからお弁当箱に入れて…海辺でピクニックだよ、ヒョン [続きを読む]
  • 幾千の瞬きに 11
  • 「おいで…」温かな声にひかれるように僕はユノヒョンの元へ「ヒョン、朝ですよ」ユノヒョンの枕元に膝まずく「目を開けたら…チャンミンがいないからっ…」首の後ろをぐいっと寄せられ声より温かな唇が触れた「あっ…ん…っ」上唇の淵をゆっくり行来するユノヒョンの舌あ…とろける…はぁ…吐く吐息と柔らかな舌が僕をとろけさせるんだその舌を僕はそっと吸い味わうようにちゅぅと音を立てた腰を抱かれごろりとユノヒョンの隣に横 [続きを読む]
  • 幾千の瞬きに 10
  • ようやく一日オフの日僕はまだ隣でスヤスヤと眠るユノヒョンの腕からそっと出てキッチンで準備を始めるトントンカチャカチャ大きな音を立てないようにグツグツコポコポ火を弱めてパンに柔らかくなったバターをぬり厚め切ったハムを挟み水を切ったレタスをたっぷりと乗せる上からギュと少し力を入れて押さえるコンコンとシンクにぶつけてゆで卵の殻に割れ目を入れてゆでた小さい鍋に残るお湯に水を足しぬるま湯の中で殻をむくつるん [続きを読む]
  • 幾千の瞬きに 9
  • 2日間のライブ真夏の野外みなさんの体調面は勿論僕たちの体力が心配だったけれどその心配を吹き飛ばしてしまうほどのみなさんの喜ぶ顔がとっても印象的だったスタッフさんたちと作り上げたステージ東方神起というチームの結束を強く、さらに強くしたライブだったライブ会場から帰宅して家のソファに座るユノヒョン温かな紅茶が飲みたいと言うあなたの横顔にふと小さく赤く腫れるものを見つけた先月写真集の撮影にイタリアを訪れる [続きを読む]
  • 幾千の瞬きに 8
  • ふと瞼に残るあなたの笑顔眩しくてぎゅっと目を閉じたそして僕たちは手を繋いだまま眠りについたんだ翌日ライブ前ユノヒョンはマネージャーに仕事を受けることを伝えたマネヒョンはじっとユノヒョンの目を見つめて「分かった」とひと言ユノヒョンの頭をくしゃとして控室を出ていった「ふぅ…何だか緊張した…」「はい、僕も…でも、マネヒョンはユノヒョンからそう言われることを待ってたみたい」「俺、反対されると思ったよ…」肩 [続きを読む]
  • 幾千の瞬きに 7
  • 部屋が薄暗くてもあなたの温もり匂い心臓の音そして潤みを湛えた瞳が僕を落ち着かせた真っ暗で眠るのが嫌いだった僕ユノヒョンが隣にいてくれると真っ暗でも大丈夫なんだ「手…握って」耳に囁かれる指先をあなたの肩からゆっくり辿る手の甲まで辿りつきユノヒョンの長い指に僕の指を絡ませてきゅっと握った「ね、チャンミン…前にこんな企画書、読んだだろ?アフリカに行く企画書…」「うん、覚えていますユノヒョン、じっくり読ん [続きを読む]
  • 幾千の瞬きに 5
  • ユノヒョン…はぁ…っ…頭に霞がかかったようになり思わず目を閉じた僕の舌が吸われて上手く喋られない「あふっ、ヒョン…?いま、何て?何て言ったの?」「チャンミン、いいんだ、今は、」「いや、ユノヒョン…もう一回、言って」「後でな」「ヒョン…お願い、もう一度…」「もう一度って…ここか?」と僕の胸をちゅっと啄む「もう!ヒョン!」「あははっ、分かったよでも、しーっ、少し黙ってチャンミン…」僕の前髪をすくい上げ [続きを読む]
  • 幾千の瞬きに 4
  • 時は遡り少し前のワールドツアー中のある夜「なぁ、チャンミン俺たちの予定ってどのくらい先まで決まってるんだろう」宿泊先のホテルの大きなベッドでうとうとしかけた時後ろから抱き締めているユノヒョンが僕の背中に息を吹き掛けた「ユノヒョン…くすぐったいです」とすぐに答えずに背中を動かした「眠いか…ん…そうだなふっ、すべすべの背中、触らせて」「んっ、ヒョンっ、待って…」「ちゅ、何が…?」背中のあちらこちらに熱 [続きを読む]
  • 幾千の瞬きに 3
  • 遥か高い位置から登場足がすくむけれど僕とユノヒョンの声皆さんに届くように奏でるメロディ響くハーモニー肌で感じる音に鳥肌が立つこんなに沢山のファンの皆さんが僕たちのライブに来てくれた一寸の余地もなく埋まった席見渡しながら歌った明るい空の下で始まるライブは久しぶりだね、ヒョン…皆さんの顔がよく見える本当に…炎天下の中待っていてくれて皆さん、ありがとう日射しがもっと照り付けるかと思っていたよ頬をくすぐる [続きを読む]
  • ネプリーグ!
  • 皆さまこんばんは????ネプリーグを観ていましたら「東京ドームで単独公演をした海外アーティスト」と言う問題が「東方神起!東方神起!」出た〜(*^^*)わ〜い?嬉しいですねスマホでパチリ!SHINeeもEXOもいますよ〜今日はぴったんこかんかんの放送から二年なんですねネプリーグが終わったら録画したのを観たいです????トロイメライ [続きを読む]
  • 幾千の瞬きに 2
  • 指が震える息を吸ってばかり吐けない…だめ、だめほら吸って吐いて…ふぅ肩からストンと力を抜いた途端に呼吸が楽になり代わりに冷や汗がつつぅと背中を流れたうぉぉ……この向こうに集まってくれた何万ものファンの歓声が地響きのように聴こえるすっと隣に座り僕の太ももにポンと優しく手を置くユノヒョン「ヒョン……」「チャンミン!いよいよだな俺、震えてきたよ」「えっ」「ほら…」太ももに乗せた手はふるふると震えていた「 [続きを読む]
  • 幾千の瞬きに 1
  • 日本最大級の大きなステージ野外の大きなステージを前に緊張と期待で胸が波打つふと顔を上げるとスタッフさんたちに囲まれて笑いあっているユノヒョンが見えた…ヒョン ドキドキしてる…?これから僕たちのライブが始まるよ…昨日の夜は僕を後ろからそっと抱き締めてベランダに連れて行ってくれたふたりで見上げた夜空明るい星が瞬いていた「なぁ、チャンミナ…俺たちのこと夜空の星たちが見てるよ」「ふふっ、見てますね」 [続きを読む]