サッカー大好きpapa さん プロフィール

  •  
サッカー大好きpapaさん: サッカー大好き親子の成長日記
ハンドル名サッカー大好きpapa さん
ブログタイトルサッカー大好き親子の成長日記
ブログURLhttp://junsoc.blog.jp/
サイト紹介文バルサに入団し、日本代表になる夢を持つ小学6年生の息子とその夢を助けるパパとの成長日記です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供192回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2015/09/22 15:05

サッカー大好きpapa さんのブログ記事

  • やればできる子 できるできないは紙一重
  • 昨日のTMとはまるで別人今日の息子はチャレンジできていましたし、改善しなければいけないプレーを積極的に治してました。パスコースをたくさん作る運動量ボールを待たずにしっかりボールに踏み込む消えそうになったら自分で気づいてギアを一段上げるこの辺りは意識して改善していました。まずこれです。まだまだパスを引っ掛ける場面やシュートミスする場面、スピードに頼ったドリブルなど、精度をあげないといけないプレーも多い [続きを読む]
  • 一喜一憂
  • 皆様、いつもコメントありがとうございます。中々読み応えのあるコメントが多いので、記事ですこしづつ返していければと思います。その中でも多いのが「お前もっと余裕持てよ」論今の私は正に一喜一憂。余裕がない状態なのかも知れません。まあブログ記事なので、アセアセしているように見えてしまう面もあり、実際はもっと戦略的?に息子と接しているのですが、本心としてはご指摘どおり一喜一憂です。バルサに入りたいと子どもが [続きを読む]
  • TMもイマイチ! セレクション危うし
  • 本日のトレーニングマッチ覇気なく終了。本当にやばいなー。という感じです。 周りが見えていない。できるはずのプレーができていない。 ボールロスト多いパスミス多いイージーシュート決められず 良くここまで出来ないよなー。 周りが見えていないので、ボールを受けるにも止まってプレーする場面しかない。ファーストタッチでOUT。 そのタッチじゃそうなるわ 体が止まるとボールが離れる。ボールが離れると縦 [続きを読む]
  • 子供が可哀想と嘆く外野たち
  • 心あるコメントを頂いている方々から、否定的な意見にも眼を向けるべきだとアドバイスを頂きました。ありがとうございます。この記事は「お互い歩み寄りをしてみよう」という記事です。タイトルが攻撃的なのは否定的な方々にも「記事を見ていただくため」です。歩み寄りです・・・。本当に・・・。我々親子が朝トレをするようになってから2年を過ぎました。夜の体幹トレーニングは1年半。土日も練習がなければ、親子練習をします。 [続きを読む]
  • 気持ちではなく技術的な問題だろう
  • セレクションに受からないのは、技術的な問題だろう。という意見も多いと思いますが、その通りです。というか当たり前ですよね。 ブログでも何度も触れていますが、技術的に息子がJ下部に合格する確率はほぼゼロだと私は思っています。 もちろん受けるからには合格してほしいですが、最後まで残るのは非常に難しいという元々の見立てです。 息子には2チームしかセレクションは受けさせないと伝えていて、練習会とか参加 [続きを読む]
  • 息子の気持ちと向き合う
  • 気持ちの問題。息子に最も足りない点は、強い思い・・・ 息子は試合中に自分の意志でプレーにスイッチが入ることが、まずありません。良いときは良い。悪い時にはずっと悪い。波がある選手です。良い選手というのは、もちろん悪いときもありますが、試合中に自分で改善できます。そういう選手はどのように自分をマネジメントしているのか。何をきっかけに変えているのか。試合中に中々ボールを受けられない場合。何回受けなけれ [続きを読む]
  • どうしてこうなった・・・
  • まだセレクションのショックを引きずってますが・・・まあ親がショック受けてても仕方がないのですが・・・あまりにも・・・でしたので・・・理由は何か・・・要はやりたいポジションで1回もプレーできなかったもう、これに尽きます。自分たちで話し合って決めるのですがね。この意味わかりますよね。ここで我が強くなければ。やりたいポジションをもっと主張してできないと・・・こんな大事な時にそれができなければ、もう何のた [続きを読む]
  • やはり狭き門かな・・・
  • 終わったかな・・・やはり、この場で目立つのは難しい・・・まあ実力なのでしょう。ほぼ無難なプレーで、タッチミスでボールをあっさり取られたりする場面もあり、ノーゴール。こんなもんですね。ただ、1つだけ。プレースピードにはついていけていたな。と思います。ここは変わったところですね。以前であれば、動きが遅れてまったく関われなかったと思います。ただ、最終まではとても残れそうもないので、だったら早く終わりにし [続きを読む]
  • いよいよ運命のセレクションへ
  • 3年生の冬。4年生の冬。J下部のセレクションに挑戦・・・しかし、あえなく撃沈。息子はこの悔しさをばねに、ジュニアユースでの合格に向けて本人なりに頑張ってきました。おそらく合格は難しいと思いますが、せめて一次ぐらいは合格してほしいです。特にここ1か月は急激に成長しました。朝練を基本練習から、ボールの置き場所や体の使い方、マークがつかれているときのボールの受け方や楔の受け方、ドリブル突破の方法などに変 [続きを読む]
  • 最後に突破力を磨く
  • セレクション前の最後の特訓は「突破力」を磨くことにしました。きれいに突破できる事なんてほとんどありません。体を使って強引に突破できるようにならないと、大事な試合で突破するとはできません。相手の逆を取ったらすぐに体を前に出してボールを出す。最低でも相手の横まで体が来ないと、自分が体を入れて前へ突破することはできません。あとは、競り合いの中で自分の体(腰が)が相手より先にゴール側に入れば、前に突破でき [続きを読む]
  • ジュニアユースへの道は50%は親が作るもの
  • ジュニアユース選び、皆さん上手く行っていますか? 私はお受験みたいな感じになっています。気分的に。 親御さんの中にはなんとなく中学はどうするんだろう。と思いながら、子供の意思を確認しないで過ごしている方もいるのではないでしょうか これは、実はすごく危険です。というお話です。 口に出さなくても、あそこ行きたい。と明確な意思を持っている子は意外に多いものです。自分の周りが動いていれば何となく情 [続きを読む]
  • どこで誰が見ているかわからない
  • クラブの練習、スクールの練習、TRM、公式戦どこで誰が見ているかわからない。どこかで誰かの目に止まって、スカウトされるかも知れません。 だから、どんな時でも手を抜かずに全力でやる。 意識を高く持って、日々の練習から全力で取り組む子だけが、より上のステージで活躍できる。 上がるステージが用意されていない息子は、自分で引き寄せるしかないという事を肝に命じておく事です。 そういう例が周りではたくさ [続きを読む]
  • 褒めすぎ注意
  • 大事なセレクション前の最後のTRM何とも言えませんねー。点は取るけど決定力がない・・・良いのや悪いのや・・・ドリブル突破はできるが10回中5回は取られている良いのや悪いのや・・・点は取るけど守備はさぼる良いのや悪いのや・・・決定力でいえば、7点取れるのに3点しかとれないとか・・・3点を褒めてもいいんですが、私は褒めません。褒めても意味ないですよね。4点外しているのに・・・点を取っているのは素晴らしい [続きを読む]
  • 初練習会
  • 先日、ジュニアユースの初練習会に参加しました。チームは第二希望のチーム。練習会とはいえ、?がついたら終わり。練習会とはそういうものです。グラウンドは超最高。全国屈指の高校が使っている設備を利用できるということで、なかなか良い環境である。となりでその高校生が練習していたりするので、刺激も受けそう。さてさて、レベルの高さを体感しようと思ったが少し拍子抜け。練習会も第一回ということもあり、まだまだそんな [続きを読む]
  • セレクションは2チームだけ
  • 息子のセレクション受験は2回までと決めています。合格できるチームが出てくるまでいろいろなチームを受けることに意味はないと思っています。本当に行きたいチームに入る。これが一番です。本人にもその旨伝えています。で、選んだ2チームはJ下部ともう1チーム。Jジュニアから昇格できない子が流れるようなチーム。どちらも入るのはいばらの道です。よっぽど行きたいんでしょう。もし合格できなければ、セレクションのないチー [続きを読む]
  • セレクションに挑む気持ちは?
  • これからセレクションに挑む息子なぜか余裕を感じる。大物なのか? 何もわかっていないのか・・・多分後者だろう。考えが「甘い」のだろう・・・どこか、入れるだろうと考える自分がいるような気がする無理なんだけど。君の希望するところは。今の実力じゃ。落ちてから慌てるんだろうなーと思いつつももしかしたら引っかかるかも・・・と考える「甘い」親バカ親父もいる。親子そろって甘いのだから、仕方がないね。緊張感も大事だ [続きを読む]
  • パスの精度が気になりだした
  • 何かが良くなって来れば違うところに目が行ってしまうのが親バカの特徴最近、息子のパスの精度の悪さが気になりだした。原因はわかっている。足を振りすぎ。そもそもドリブルしながらのインサイドで足を振るなんてことはあまりする必要がない。体が前に出ていれば、ボールを真下において体と一緒に押し出すだけ。足を振って当てようとすると軸足を踏み込むときに体が一瞬止まる。これが良くない。センターリングも蹴ろうと思って膨 [続きを読む]
  • できる時とできない時の違いは?
  • 昨日のTRM。できる時とできない時がはっきり出てました。相手は全国レベルの相手ではないだろうか。このレベルとどこまでできるか非常に楽しみであったが・・・Aチーム相手にはほぼ何もできずこのレベルは久しぶりです。マークもきっちりついているし、なかなか前を向かせてもらえない。ボールを収めてもほぼ繋げることはできず。前を向いて突破をしてもあっさり取られる・・・Bチーム相手でなんとか自分を出せるもちろん、Bチーム [続きを読む]
  • 守備意識の重要性とは
  • 事あるごとに息子に伝えている事。守備意識を持つという事。この守備意識。かなり奥が深い。なぜ守備意識を持つように厳しくしているのかをお伝えします。守備意識とは何か前回の記事で書いた、ボールを奪われない事(チームがボールを保持している事)が試合で勝つために重要とするならば、相手がボールを保持している時は、「奪い返す」事が重要です。という事は、守備意識とは「点を入れられないように守る」という事だけではな [続きを読む]
  • 物足りない結果ではあるが
  • 本日のTRM。 課題を克服できていませんでした。今日確認したかった点は以下の点・楔を受けていい形を作れるか?・1対1で突破できるか?・強豪相手に点を取れるか?楔を受ける回数は増やしているが、そこからいい形を作ることが中々できない。落としのパスをずらしたり、持ちすぎて取られたり、大きく持ち出して体を入れられたり。ここが一番の問題なのですが、改善するのはまだまだ先ですね。1対1の突破については、強いプレ [続きを読む]
  • 夏休みはすべてサッカー
  • 息子ではなく、パパがです・・・5日間のパパの夏休みはすべて息子のサッカーの試合の観戦で終わりました。今日で最後です・・・夏休みの序盤に行われた強豪ぞろいの2大会でのふがいないプレーの連続。今日、夏休み最後のTRMの相手は序盤の強豪に匹敵する相手。5月に1試合だけ相手してもらいましたがぼこぼこにさせました。どのぐらい成長したか図るには絶好の相手です。ここで成長がなければ・・・結果は後程。これから成長の [続きを読む]
  • ボールを奪われない為の技術をもっと教えるべき
  • サッカーの試合において一番重要なことはゴールを決めること。これは間違いない。点取らなきゃ勝てないんだから。では二番目に重要なのは何か。1番が点を取ることであれば、二番目は失点しない事。1番目と2番目がどっちか?というのはあるが、点を取って失点をせずに試合にかつ。だから攻撃陣は点をとる。守備陣は守る。ではない。みんなで守ってみんなで攻める。特に8人制の場合は、全員がこの気持ちを持っているチームが強い [続きを読む]
  • 1対1の改善に賭ける
  • 本日クラブのトレーニングがなかったので、息子と練習。昨日のTRMで気になった点は・1対1の駆け引きができていない。突破力に難あり。・MFの時の攻守の切り替えが遅い。・FWの時にサイド攻撃しているときのポジショニングと動きのなさ。2番目と3番目は練習することが難しいので実際のポジションに立って動きを確認。ということで、今日は1対1をメインに。向かい合って突破させてみる。予想通り悪い部分は以下の点のようであ [続きを読む]
  • 複数ポジションを経験するメリット
  • 本日のTRM。まあまあ。FWではシュートを外しまくったが、受ける意識は相変わらず高く、及第点でした。センターバックはやはり守備位置が深い。また、スライドが苦手。サイドバックのカバーにはなかなか行けていない。問題はやはり中盤。守備意識が低い。攻守の切り替えが遅い。中盤でプレーする運動量ではない・・・攻撃なのか、守備なのかはっきりしてから動き出すから遅い。攻撃だけど、守備になりそう。というタイミングでパス [続きを読む]
  • 最後の追い込み前に・・・
  • 足を少しケガしてしまいました・・・本人は明日には治すと言っていますが・・・何やってんの!と言いたい気持ちを抑え、治るのを願わずにいられません。いよいよ夏休みもラスト。実力を試すチームとのTRMが明日から来月も含めたっぷり組まれています。その中でセレクションもあり、進路を決めるしかない。来月にはおそらく全少予選も始まります。いよいよ集大成だな・・・いい結果がでるのが最高なんですが、例え結果がついてこな [続きを読む]