triumphkamisama さん プロフィール

  •  
triumphkamisamaさん: 神様のブログ
ハンドル名triumphkamisama さん
ブログタイトル神様のブログ
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/triumphkamisama/
サイト紹介文心理学、催眠術、占いについての話とタロットカードで無料鑑定をしています!
自由文心理学について
パーソナリティー障害
催眠術
双極性障害
統合失調症
境界性パーソナリティー障害
タロットカード
トートのタロット
アレイスタークロウリー
黒猫
中学受験
進学塾
四谷大塚
ADHD
アスペルガー
発達障害
自閉症スペクトラム
自己愛性パーソナリティー障害
演技性パーソナリティー障害
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/09/22 16:56

triumphkamisama さんのブログ記事

  • ADHDと自閉症スペクトラムの見分け方(1) …混乱する診断と特性
  • ADHDと自閉症スペクトラムの見分け方(1)…混乱する診断と特性進学塾フィ→ルドアトラクションズhttp://field-attractions.net発達障害としてよく知られているものに、①ADHDと②自閉症スペクトラムというものがあります。②の自閉症スペクトラムというのは比較的新しい名称で、かつては知的障害を伴うものを(1)自閉症、知的障害が無いものを(2)アスペルガー症候群と呼んでいた時期もあり、さらにそれらを統括して、(3)広汎性発達障 [続きを読む]
  • 愛着行動の脳内システム(4)… 脳内物質と発達障害
  • 愛着行動の脳内システム(4)… 脳内物質と発達障害進学塾フィ→ルドアトラクションズhttp://field-attractions.netまた、オキシトシンは社会性ホルモンと言われることもあります。というのも、オキシトシンの分泌・受容によって、人との絆を作り、目線を合わせるなどの行為が増えることで、アイコンタクトなどにより共感性を高め、相手の気持ちを想像することが容易になるのです。実際に、オキシトシンの点鼻薬は自閉症スペクトラム [続きを読む]
  • 愛着行動の脳内システム(3) … 愛着の選択性と依存症
  • 愛着行動の脳内システム(3) … 愛着の選択性と依存症進学塾フィ→ルドアトラクションズhttp://field-attractions.net/オキシトシンが扁桃体にある受容体に取り込まれれば、ハグやスキンシップが不安を和らげてくれて、側坐核にある受容体に取り込まれればそれが喜びとなります。さらには肉体的な接触を伴わなくても、他人との交流に喜びを見出し、人と関わることで不安を克服することが出来るように、このシステムは進化して [続きを読む]
  • 成長と発達の後ろ盾「安全基地(safe base)」
  • 成長と発達の後ろ盾「安全基地(safe base)」進学塾フィ→ルドアトラクションズhttp://field-attractions.net子供の頃の愛着は、母親との関係だけでなく、それを鋳型として大人になっても全ての対人関係の鋳型として機能します。そしてその土台が不安定だと、発達にも影響が現れて、非定型発達の傾向を持つ子供は、その愛着の状況次第で個性にも障害にもなります。安定した愛着を後ろ盾にして、子供は様々なことを学び、吸収し、自 [続きを読む]
  • 変化する「混乱型愛着パターン」の子供
  • 変化する「混乱型愛着パターン」の子供1、2歳で「混乱型」を示していた子供は、3〜6歳くらいから特有のパターンを示し始めます。それが「統制型」と言われるもので、なんとか自身の混乱した適応状態に統制を加えて問題のある親に適応しようというもので方法は2つ。「懲罰型」と「懐柔型」。戦うか降伏するかです。「懲罰型」は、親に戦いを挑み、罰を与えたりわざと困らせたりしようとします。それによって親の注意を自分に惹きつ [続きを読む]
  • 四つの愛着パターン
  • 四つの愛着パターン受けてきた愛情の総決算が、その子の愛情や感情の安定性を障害刻み込まれ、パーソナリティを形成して行くのです。愛情パターンを分類する方法として有名なのがメアリーエインワースの「新奇場面法」です。母親が子供を連れて検査のための部屋に入ると、そこに見知らぬ人が現れ、子供と遊び始めます。そのうちの母親はこっそりその部屋から姿消しますが、しばらくして戻って来ます。その時の子供の様子を観察して [続きを読む]
  • 変わってしまった発達障害の定義
  • 変わってしまった発達障害の定義?進学塾フィ→ルドアトラクションズ?http://field-attractions.net/発達障害と診断されるケースが急増する中で、診断を広げすぎてしまっているのではないかという疑問も広がっています。診断の過剰適応が起きるのは二つの要因があります。1つは、軽症のケースまで「障害」との診断を適応することにより、単なるその子の特性や傾向に過ぎないことですら「症状」と捉えられることになる。もう1つ [続きを読む]
  • 2つの愛着障害(2) 「脱抑制性愛着障害」
  • 2つの愛着障害(2) 「脱抑制性愛着障害」進学塾フィ→ルドアトラクションズhttp://field-attractions.net/愛情対象を成長の過程で失った場合や、母親の病気や兄弟の病気などで、愛情を十分に受けられなかった場合に多いのが、「脱抑制性愛着障害」です。これは「抑制性愛着障害」とは反対に、優しくしてくれる人なら誰にでも懐き、かまってもらおうとするのです。しかしこのタイプは、甘えようとする相手が少しでも拒否的な反応を [続きを読む]
  • 2つの愛着障害(1) 「抑制性愛着障害」
  • 2つの愛着障害(1) 「抑制性愛着障害」進学塾フィ→ルドアトラクションズhttp://field-attractions.net 脱愛着の傷が深い場合や虐待、ネグレクトがある場合に多く現れるのは、誰に対してもこことを閉ざし、懐こうとしない状態です。ほとんど無言で表情もなく、感情を失ったように見えることもあります。この状態が持続的に見られる場合が「抑制性愛着障害」です。小説「嵐が丘」の主人公ヒースクリフは、親も家も無く、リバプ [続きを読む]
  • タロットで無料鑑定やるよ!
  • タロット無料鑑定やるよ!年齢性別と、詳しい質問内容をこのブログ上のコメントかリプしてね。https://twitter.com/triumphkamisama/status/818638601164496896質問内容はツイッターリプか、DM、またはブログのコメントでよろしく。今日〜日曜日までに鑑定結果を基本はブログで書くかツイッターでリプするよ。公開嫌な人は、ツイッターのDMで書くのもオッケー。質問内容が詳しく無いのはスルーしちゃうのでごめんね。https://twitt [続きを読む]
  • 愛着の形成と発達(2)…脱愛着〜新たな愛を求めて
  • 愛着の形成と発達(2)…脱愛着〜新たな愛を求めて愛着の形成に傷を負わせるもう一つの状況は、愛着対象となった存在との別離と長期にわたる不在です。小さな子供は、絶えずそばにいて自分の要求に応えてくれる存在を必要とします。愛着の対象がほんの一二時間でもいなくなると子供は不安になり、探し出そうとしたり泣いて呼び戻そうとしたりする。まして数日、数週間戻ってこないと、形成された愛着の絆が大きくダメージを受けるこ [続きを読む]
  • 府中大国魂神社わずん
  • 府中大国魂神社で厄除けと新年のお参り。すごい行列で入り口が全く見えない!やっと入り口の前の交差点が見えた!!参道に突入!でもここからが長い!!出店ではあんず飴2回も食った。変な中国人がズル込みして来る。リメンバー日清戦争!!もうすぐ本殿の中に入れそう。だんだん日も暮れてきて寒くなってきた。お願いごとをいっぱいして、いろいろお礼も。神様ありがとう!今年もよろしくお願いします。おみくじは、国分寺でも府 [続きを読む]
  • 【2017年あけましておめでとう①】国分寺 本多八幡神社なう
  • 【2017年あけましておめでとう①】今年も、地元の国分寺 本多八幡神社に来ました。来年も良い年でありますように!昨年は1人暮らしがまた始まって、ちょっと寂しい一年でしたが、ダイエットに成功!何だか前向きな一年でした。来年はさらにダイエットして、健康をゲットし、公私ともに充実させます!!塾の生徒数は280名を目指します!!みなさん今年もよろしくお願いします。進学塾フィ→ルドアトラクションズhttp://field-attrac [続きを読む]
  • 愛着の形成と発達(1)…一度失われた愛は取り戻せない!
  • 愛着の形成と発達(1)…一度失われた愛は取り戻せない!子供が親との愛着を形成するのは生後一歳半で、それを「臨界期」よ呼び、その期間を過ぎると愛着形成がうまくいかなくなり、後からそれを取り戻すのは難しくなります。ある少女の母親は、生まれて間もなく置き手紙を残して蒸発してしまいました。少女は祖父母の元で育ち、小5の夏にひょっこり現れ、その後度々少女と会うようになりました。中2でついに一緒に暮らし始めること [続きを読む]
  • アスペルガーと診断されたY君(3)
  • アスペルガーと診断されたY君(3)進学塾フィ→ルドアトラクションズ http://field-attractions.net Y君は、入所して2ヶ月もすると、これまでの自らの人生を生き生きと語り始め、後から入所した後輩の面倒も見るようになりました。そんな彼の表情が突然いっそう輝きを増したのは、ある日、Y君の父親が面会に来てからでした。面会にやって来た父親は、仕事を再開するので手伝って欲しいと彼に伝えたのです。Y君は [続きを読む]
  • クリスマスパーティー!!
  • 12月23日(金)は塾のクリスマスパーティーでした!進学塾フィ→ルドアトラクションズhttp://field-attractions.netマジックショー英会話教室クリスマスカードは英語で書いた!!ゲーム&ビンゴ面白落書き!あつしくん!ケーキもあるよ!プレゼントもいっぱい!!VR当たった子は大満足!!【中学受験・高校受験なら進学塾(学習塾)フィ→ルド☆アトラクションズ!】[家庭教師以上の面倒見の良さ][塾長経験者・主任、校長クラスの超 [続きを読む]
  • アスペルガーと診断されたY君(2)
  • アスペルガーと診断されたY君(2)進学塾フィ→ルドアトラクションズhttp://field-attractions.net父親が再婚した継母は、はじめは優しかったというが、数ヶ月もすると、露骨に自分の連れ子ばかりえこひいきするようになりました。彼がそれで不満を漏らしたり、連れ子とトラブルを起こすようなら、父親に言いつけたり、自分の2人の連れ子を使って陰湿ないじめや虐待を加えるようになりました。ある時は連れ子の1人に、階段から突き [続きを読む]
  • アスペルガーと診断されたY君(1)
  • アスペルガーと診断されたY君(1)Y君17歳の頃はひったくりを繰り返して少年鑑別所に収監されました。中学生の時にアスペルガー症候群と診断を受けており、鑑別所でも同様の診断がされて、結局医療少年院に送られました。白い能面のような顔で全く表情がわからない。何を聞いても「わかりません。」「普通です。」など、紋切り型の返事ばかりで、声も感情がないのかと思えるほど平坦で、まるで機会を相手にしゃべっているようでし [続きを読む]
  • ADHDと診断されたH君(3)
  • ADHDと診断されたH君(3)重要なことは、愛着障害を引き起こす要因となるような幼少時の体験は、心理学的な影響だけ止まらず、むしろ生物学的、生理学的なレベルで影響を及ぼしているという点です。例えば幼い子の母親がうつ病であると、母親の関心、愛情表現や世話が不足する事により、脳内の受容体や神経線維、シナプスの発達が鈍くなり、脳自体の構造を変えて行きます。その結果、ADHDなどの発達障害発症のリスクを高める事になる [続きを読む]
  • 御殿場アウトレット!
  • http://field-attractions.netクリスマスプレゼントを買いに御殿場アウトレットに!すっごい人だかりで駐車場満席。仕方なく近くの外部駐車場からシャトルバスでGO!シャトルバスも満席で、すごい混雑。とりあえずお腹空いたのでフードコートへ!フードコートも満席と思いきや、混雑の中、空席発見!20分並んでローストビーフ丼を食べる。まあまあ美味しい!もう中国人だらけ。中国人はなんでこんなに群れるんだろう?中国人韓国人 [続きを読む]
  • ADHDと診断されたH君(2)
  • ADHDと診断されたH君(2)進学塾フィ→ルドアトラクションズhttp://field-attractions.netH君には7歳年上の兄がいました。しかしその兄はH君がまだ2歳の時に亡くなってしまいます。成績も良く、長男への期待も大きかったので、母親は塞ぎ込み、毎日涙に暮れて暮らしました。母親は未だにその傷から立ち直ってはおらず、何かと言うと兄のことを持ち出し、お兄ちゃんがどれだけ立派で優れた子であったかという話をし、また涙ぐむのでし [続きを読む]
  • ADHDと診断されたH君(1)
  • ADHDと診断されたH君(1)進学塾フィ→ルドアトラクションズhttp://field-attractions.net小3のH君はじっとしていることができない子でした。授業中も手遊びをする、足をブラブラさせたり椅子をガタガタ揺さぶって注意されることが多く、前の席の子の髪の毛を引っ張ったり物を投げたりします。黒板の方を見ることはほとんど無く、立って教室を歩き回ったり、興奮して奇声をあげたりということも日常茶飯事です。他の子もH君に対して [続きを読む]