松山イチゴ さん プロフィール

  •  
松山イチゴさん: 育児をしながら社労士試験に合格した会社員のブログ
ハンドル名松山イチゴ さん
ブログタイトル育児をしながら社労士試験に合格した会社員のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/centaurs-life/
サイト紹介文仕事と子育てをしながら社労士試験に挑戦した会社員のブログです。平成27年度試験に合格しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供76回 / 364日(平均1.5回/週) - 参加 2015/09/22 21:38

松山イチゴ さんのブログ記事

  • いよいよ今週末
  • 毎日暑いですが、皆さんお元気ですか。私は産後1ヶ月を迎え、授乳のせいで睡眠不足ですが体は元気です。先週まではオリンピックのおかげで、赤ちゃんの泣き声で夜中に起こされても、試合中継という楽しみがありましたが、終わってしまって残念です。(笑)日本の活躍、本当にすごかったですね☆さて、いよいよ社労士試験が今週末となりました。受験される方は、緊張が高まってきておられると思いますが、最後まで自分を信じて頑張 [続きを読む]
  • 第二子を出産しました☆
  • 8月になりましたね。社労士試験まであと少し・・・!セミの声を聞くと、追い込まれていた去年の今頃を思い出します。そしてご報告です。先日、無事出産し、母子ともに元気に退院してきました。予想していた通り、予定日より早く産まれましたが、体重は2,500gをわずかに超えていたので、当日から母子同室で過ごすことができました。(^^)1人目を産んだのは最近のような気がしていましたが、実際に赤ちゃんを抱くと、「こ、こん [続きを読む]
  • 妊娠38週 ハーゲンダッツでも食べよう
  • 無事38週を迎え、妊婦検診に行ってきました。赤ちゃんの体重は2,450gに増えていました!2,400g突破です!やったー!!子宮口は2.5センチぐらいだそうです。来週ぐらいには産まれるでしょうか。ドキドキ。出血は相変わらず少ーししていますが、内診出血のようです。ややこしい。しかし暑さのせいなのか、貧血のせいなのか、第一子の時より日々しんどく感じます・・・。毎日頑張って仕事に行ってくれている夫には申し訳なさを感じ [続きを読む]
  • 妊娠37週 赤ちゃんが小さい
  • 先週、妊娠37週に突入しました。37週に入ると正期産(37週〜41週)ということで、いつ産まれてもいいと言いますが、ちょっとした(?)問題があって・・・。まだ赤ちゃんが2200gぐらいしかありません。ち、ちっさい・・・。一応「ぎりぎり標準の範囲内」とは言われましたが、普通は2500〜3000gぐらいあるそうです。私は、出生時体重が2500g未満だと即NICUかと思っていたのですが、Drの話では、2400g台で産まれても、赤ちゃ [続きを読む]
  • アートアクアリウム展へ行ってきました
  • 先週、大阪で開催されている「アートアクアリウム展」へ行ってきました。週末に家族で行ってもいいかな、と思っていたのですが、出産したらしばらくは一人で出かけられないし、何より土日は絶対混むし…と思い、平日に一人で行ってきました。平日とは言え、会場はそこそこの人出で、しかも中はかなり照明を落としてあり、やっぱり子どもは連れてこなくて正解だったと思いました。 子どもが2歳半を過ぎ、自己主張も激しくなってきて [続きを読む]
  • 社労士試験に合格してから④ そしてこれから
  • 前回(社労士試験に合格してから③ 人事部長との再会)からの続きです。その後直属の上司とも、異動の件を含め、育休復帰後のことについて話し合いました。詳細については、出産後に詰めていくことになったので、本社への異動は現在のところ、どうなるかはまだわかりません。また復帰の際に、ブログでご報告しようと思います。大前提として、これから無事に出産し、保活を乗り越えて、第二子を保育園に入園させなければなりません [続きを読む]
  • 社労士試験に合格してから③ 人事部長との再会
  • 前回(社労士試験に合格してから② まさかの人事評価)からの続きです。4月のある日、人事部長が私の勤めている支社に、たまたま来られました。合併時の面接で、恐れ多くも「本社へ異動したい」ということを伝え、「社労士試験に合格したら道が開けるかもしれません」と、人事部長から聞いていた私は、人事部長がそのことを覚えておられるかソワソワしながら、とりあえずお茶をお出しし、部屋には私と人事部長だけになりました。あ [続きを読む]
  • 社労士試験に合格してから② まさかの人事評価
  • 前回(社労士試験に合格してから)の続きです。社労士試験に合格しても何の資格手当もつきませんでしたが、以前に比べると総務・人事関連の仕事が回ってくるようになり、研修があれば参加してくるように、と声がかかるようになりました。また、社労士試験合格からしばらくして、第二子を妊娠しました。現在勤めている会社までは、通勤時間が1時間以上かかる上、自宅から保育園が遠いため、子どものお迎えの時間を含めると1時間半以 [続きを読む]
  • 社労士試験に合格してから
  • 毎日暑いですね。勉強中の皆さん、室内でも熱中症にはお気をつけて!今回からは、社労士試験に合格後、仕事や生活がどう変化したかを書いていきます。昨年の11月、私は上司に社労士試験に合格したことを報告しました。上司には受験することは話していなかったのですが、合併後の会社では、社労士は事務職の目指す資格の1つに挙げられていたので、「これで資格手当でもつけばいいなぁ、そしてあわよくば本社へ異動したい・・・!」 [続きを読む]
  • 無事産休に入りました
  • 先日、無事産休に入ることができ、同じ部署の皆さんからお花を頂きました。じゃーん!上長からのあいさつで、妊娠中、体調不良なく毎日出勤し通常通り働けたことや、やってきた業務の内容を評価して頂いて、頑張ってきたことが報われた気がしました。嬉しかったーーー!!あいさつの後は、皆に「しばらく寂しくなるわー」と言ってもらい、最後は私まで少し寂しくなってしまいました。実際には、おなかが重くて、毎朝産休までのカウ [続きを読む]
  • 社労士を志すまで⑥ チャンスがやってきた!
  • 前回(社労士を志すまで⑤ そうだ、社労士受けよう)からの続きです。合併することが決まった時は、結婚から少し経ち、私は既に妊娠中で、育休中に会社が合併することになってしまいました。そして合併前に、新しい会社の人事部長との面接が行われ、私にも待遇の説明がありました。合併先が大きな企業だったため、人事部長に会える機会なんてそうそうない、と思った私は厚かましくも、総務の仕事を続けたいことと、今後の育児と仕 [続きを読む]
  • 社労士を志すまで⑤ そうだ、社労士受けよう
  • 前回(社労士を志すまで④ ついに社労士の本を手に取る)からの続きです。社労士試験の入門書を興奮気味に読んだ私でしたが、当時宅建に挑戦中でしたので、次のような計画を立てました。①宅建に合格したら、社労士試験に挑戦する②自分が必要だと思う事務系資格は取得したので、がっつり資格に挑戦するのは社労士で最後にする①について、宅建は仕事に直接関係していなかったので、あきらめてさっさと社労士の勉強をしてもよかった [続きを読む]
  • 社労士を志すまで④ ついに社労士の本を手に取る
  • 前回(社労士を志すまで③ 税理士試験は挫折しました)からの続きです。税理士試験はあきらめましたが、簿記の勉強は無駄にはならず、簿記3級、2級とステップアップしたことで、職場では徐々に経理の仕事を任されるようになり、給与も少しずつ上がっていきました。相変わらずセクハラ&パワハラ上司はいましたが、こつこつ仕事をしていると、いつの間にか中間管理職になり、新入社員をいじめるような人も徐々に離職していき、ほん [続きを読む]
  • 社労士を志すまで③ 税理士試験は挫折しました
  • 前回(社労士を志すまで② 資格を取るなら何にしよう?)からの続きです。税理士試験を受験することに決めた私は、大原の映像視聴コースに通うことにしました。映像視聴コースとは、受付でDVDを貸してもらって、個別ブースで視聴するというものです。受講したのは「簿記論」講座1つだけでしたが、確か16万円ぐらい払ったと思います。(!)当時の私にとっても、今の私にとっても大金です。DVDは自宅への貸し出しも可能でしたが、 [続きを読む]
  • 社労士を志すまで② 資格を取るなら何にしよう?
  • 前回(社労士を志すまで 入社したらとんでもない会社でした)からの続きです。当時は常に「この会社をいつ辞めるか」と考えながら勤めており、「とりあえず辞めるまでに何か資格を取ろう。そして華麗に(?)転職だ!」と日々勉強をしていました。入社から現在まで、取得した順に並べると・・・初級シスアド(学生の時に不合格だったので、リベンジ)※平成21年からこの試験は廃止され、ITパスポート試験が新設されています。簿記 [続きを読む]
  • 社労士を志すまで 入社したらとんでもない会社でした
  • 社労士試験まであと2ヶ月を切りました。去年の今頃の私は、社労士の勉強に飽きてきてしまっていたので、同じような方のために(いるかな?)、私が社労士試験に目指した経緯と、合格してから変化したことを書こうと思います。モチベーションアップの一助になれば・・・ってここまで勉強を続けられていたら、きっと最後までやり切る方ばかりだと思いますが、息抜きにどうぞ。(笑)ピカピカの社会人になって早数週間、当時の私は自 [続きを読む]
  • 助成金の申請
  • 助成金の申請が終わりました。申請書類の確認後、「この書類が足りません」と窓口で言われたのですが、よく調べてもらうと、担当者の方の勘違いだったようで、無事申請できました。窓口の方も「ほとんど申請のない助成金なので、不慣れですいません」と言ってくれました。そんなにレアな助成金だったのか。(笑)そしてハローワークからの帰り道、ほっとしたからなのか、ぼーっとしていただけなのか、道を間違えて20分ぐらい余計に [続きを読む]
  • まだ自転車に乗っています
  • 妊娠後期になりましたが、子どもの保育園のお迎えは、いまだに自転車です・・・。ペダルをこぐたびに、足の付け根に赤ちゃんの体が当たってる気がするので、良くないだろうことはわかっているのですが、家から保育園までが遠い上、道が細く、自転車や車の往来も激しいので、まだフラフラうろうろの2歳の子どもは歩かせられない、とついついここまで来てしまいました。ちなみに産婦人科では、いつまで自転車に乗っていいか聞いてい [続きを読む]
  • ご無沙汰しております
  • あっという間に妊娠後期となりました。しんどいながらも、妊婦生活はなかなか順調で、仕事も休むことなくやってこれました。産休まであと少し、引き継ぎも頑張ります。 さて、社労士試験の受験日や試験会場が発表され、自宅には「山川社労士の改正法テキスト」(昨年有料講座を視聴して合格した方は、申請するとお祝いとしてプレゼントしてもらえます)も届き、今年もいよいよ近づいてきたなぁ、という気がします。今回は午前 [続きを読む]
  • 出産時の大問題 その2
  • 前回の、「第2子の出産時、第1子のお世話は誰がするの問題」の続きです。区役所に母子手帳をもらいに行った時に、「今回の妊娠に関して心配事はありますか?」と聞かれたので、第1子をみる人がいないかもしれない旨を伝えると、「お子さんのショートステイ(お泊まり保育)もありますが・・・」と、資料を出してくれました。でも夫がいる限り、私は子どもをお泊まり保育に預ける気は全くないので、夫には「私の中では最終手段だけ [続きを読む]
  • 出産時の大問題
  • 妊娠して早数ヶ月、安定期に入りました。つわりも、「ちょっと気持ち悪いな〜」程度で終わり、ありがたいことに妊娠前と変わらず、通勤、仕事、家事ができています。ここまでは順調なのですが、我々家族には数ヶ月後、最大の問題が控えています。それは…「第2子の出産時、第1子(2歳児)のお世話は誰がするの問題」です!出産時に、私は5日ほど入院する予定なのですが、通える範囲には、子連れ入院できる産院、病院はありません [続きを読む]
  • トイレが詰まりました
  • 昨日はバレンタインデーでしたね。皆さんは楽しく過ごされましたか?私は・・・、家のトイレが詰まったので格闘していました。(笑)我が家は建物が古いからか、年に1回ぐらいトイレが詰まります。全然流れないわけではないんですが、便器のふちスレスレぐらいまで水が上がってきてしまい、「うわぁー危ないー!」という状態になって、じわじわ水位が下がっていく感じです。昨日は朝から流れがあやしかったのですが、午前中用事があ [続きを読む]
  • ブログ名を変えました
  • ブログ名を、「育休中に社労士資格取得を目指すブログ」から「育児をしながら社労士試験に合格した会社員のブログ」に変更しました。昨年、社労士試験に合格した時に変更しようかと考えたのですが、いい名前が思いつかず、そのままにしていました。結果、何人かの方に私がまだ受験生だと思わせてしまいました・・・。受験勉強を応援してくださった方、ややこしいブログ名でごめんなさい。m(__)mブログ名は変更しましたが、中身は変 [続きを読む]
  • 勉強が嫌になった時
  • 社労士試験のように勉強期間が長いものは、勉強が楽しい時もあれば、嫌になる時もあると思います。私の場合、2年とも直前期に、勉強が嫌だ!という波がやってきました。勉強勉強の毎日で本当につらく、息抜きしたいと思っても、もうそんな時期でもない。そんな時、勉強仲間がいる人はお互い励まし合ってやる気を出すのかも知れませんが、私はネット講座しか受けていなかったため、受験仲間はゼロ。そこで私は、「社労士試験を目指 [続きを読む]
  • 苦手科目はありますか?
  • 社労士試験は、苦手科目を作らないことが大切です。どれだけ苦手な科目でも、択一4点は必ず取らなければいけない上、1科目でも4点ぎりぎりのものがあると、他の科目でカバーする必要が出てくるからです。最低でも択一合計で45点は取っておきたいので、各科目6〜7点は必要なところ、4点の科目があるとすると、他の科目で7点以上取らなければいけなくなり、自然とハードルは上がります。また、得意科目は作ってもいいのですが、好き [続きを読む]