シナモン さん プロフィール

  •  
シナモンさん: 毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ
ハンドル名シナモン さん
ブログタイトル毎日楽しく幸せに貯金・節約生活ブログ
ブログURLhttp://behappylife.net/
サイト紹介文楽しく幸せな生活を送るには、ちょっとした工夫が必要。お金・節約・貯金・健康などをブログに書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供436回 / 365日(平均8.4回/週) - 参加 2015/09/23 00:45

シナモン さんのブログ記事

  • お金と時間。辛い経験をして学んだこと。
  • 私は今まで2社の企業に勤めています。●1社目は外資系の医療機器メーカー●2社目は国内の医療機器メーカー2つの会社を通じてそれぞれ学ぶことがあったと私は考えているのです。外資系の医療機器メーカーに勤務私は新卒である外資系の会社で働くことになりました。ちなみに、その会社の給与体系はよかったのです。【通常のサラリーマンの1.3倍〜3倍くらいは稼げると思います。】しかし、犠牲にしなくてはいけないことがあります。そ [続きを読む]
  • 金持ちと貧乏人の明暗。人生を切り開く5つのポイント。
  • お金持ちの人は5つの習慣を意識しているということです。Life hackerさんの「貧乏人かお金持ちか、「人生の明暗を分ける習慣」5つ」を読み、参考になりました。その内容をお伝えさせていただきます。お金持ちが実践していることトーマス・スタンレー氏とウィリアム・ダンコ氏の著書である「隣の億万長者(Millionaire Next Door)」。アメリカの最高額納税者のほとんどは、所得がそこまで高くない人たちと一見何ら変わらない生活を [続きを読む]
  • 突然の転勤になった人。辞令1枚で変わる家族の人生。
  • 会社からの突然の転勤辞令。その人の人生だけでなく、家族の人生も変わってしまうと思います。BuzzFeed Japanさんの「その転勤、笑えますか? 辞令1枚で変わる家族の人生」から抜粋させてお伝えさせていただきます。突然の転勤辞令東京都内の化粧品会社に勤める西岡愛さん(39歳)。お子さんは長男(7歳)と長女(4歳)。昨年7月に会社員の夫(40歳)が東京から福岡への転勤が決まったのです。夫が会社から提示された任期は「最低 [続きを読む]
  • 親が○○をしている家は子供のIQが高い。
  • IQが高いお子さんがいます。ダイヤモンド・オンラインさんの「親が○○をしている家は、子供のIQが高い」を読んで考えさせられました。一部内容を抜粋してお伝えさせていただきます。「語りかけ」をすればするほどIQが上がります。3歳までにたっぷり言葉を聞いた子どもは、親の語りかけが少なかった子どもに比べて、語彙力とIQが高かったということ。さらに、学校の成績も良かったということなのです。ではどのような言葉で語り [続きを読む]
  • 家計が苦しい理由。メタボ化してしまった家庭。
  • 技術は日々進歩。家事関連の電化製品も同様だと思います。しかしながら、実際には家事の負担は減ることはありません。AERAさんの「苦しいのは“メタボ家事”のせい 楽にならない原因はココだった」の記事を読んで考えさせられました。抜粋してお伝えさせていただきます。戦後の日本社会とは戦後の日本社会は、技術が進歩していませんでした。洗濯機・食器洗い機・掃除機・冷蔵庫などはありません。お風呂は蒔で沸かしていました。 [続きを読む]
  • 老後からの嫁姑による2世帯住宅。厳しい現実。
  • 国立社会保障・人口問題研究所によると、2013年に夫婦双方のどちらかの親と同居している割合は31.3%。同居の割合は上昇傾向にあるということです。AERAさんの「老親の「呼び寄せ」成否のカギは親自身の◯◯」の記事で老後について考えさせられたことがありました。老後から2世帯住宅をはじめた人都内の男性Aさん(45歳)。6年前、まだ元気な母親(73歳)を千葉県内から呼び寄せました。当時Aさんは39歳で母親は67歳。母の老いを見 [続きを読む]
  • お金に困らない人が実践していること。
  • お金に困らない人は、より多くのお金を稼げる能力がある人だと思います。多額の収入を得られることができるので、生活に困ることはほとんどありません。そのような人は、なぜ多くの収入を稼げることができるのでしょうか?仕事に対する考え方とは一般的な「仕事」の考え方は、ネガティブな意見が多いと私は考えています。「辛い」「苦しい」「競争」「我慢」「過酷」などやりたいことがあるけれども、しがらみできない。社内や社外 [続きを読む]
  • 小倉優子さんが離婚慰謝料を請求しなかった理由。
  • タレントである小倉優子さんが2017年3月3日に離婚。しかし、小倉さんは夫に慰謝料請求をしなったということです。週刊FLASHさんの記事を読んで考えさせられましたので、抜粋してお伝えさえていただきます。タレントの小倉優子さん人気タレントの小倉優子さん。2011年10月7日にヘアメイクアーティストの菊池勲氏と入籍しました。菊池勲氏は人気俳優を担当する売れっ子スタイリストで、東京・南青山でヘアサロン「ing」を経営する [続きを読む]
  • 家計が苦しい理由。お金が使えなくなっている現状。
  • 家計が苦しい。生活に余裕がない。毎日の生活は赤字ぎりぎりという家庭も多いと感じています。実際に、2人暮らし以上の世帯では、3割以上の家庭が「貯金がない」と回答。年々その状況は悪化しているのですなぜ、日々の生活に余裕がなくなってしまっているのでしょうか?企業の利益は過去最高。しかし社員の給料は増えていません。ロイターさんの「企業の内部留保が過去最高、給与に回らず春闘も期待薄」の記事によると、企業の利益 [続きを読む]
  • 中高私立と塾通いで3000万円。教育費に悩む家庭。
  • 現在の日本社会では、教育費の負担が増加していると思います。プレジデントさんの「中高私立と塾通いで3000万!?「教育費貧乏」に転落する親たち」を読んで考えさせられたことがありました。高校を卒業して就職する人は約20%のみという現実現在の日本社会では、高校を卒業して就職をする人は2割。その一方で、高校卒業後、大学、短期大学、専門学校など、さまざまな学校に進学する人が8割にも上っているのです。1986年頃は景気がよ [続きを読む]
  • 高齢化社会の日本。幸せな老後のために大切なこと。
  • 日本は高齢化社会に突入しています。週プレNEWSさんの「ホリエモン×ひろゆきが考える高齢化社会の新しい幸せ 「誰かがつくった価値観にとらわれることはない」」で考えさせられることがありました。抜粋してお伝えをします。ホリエモン×ひろゆきが考える高齢化社会旧ライブドアの社長である堀江貴文氏と元『2ちゃんねる』管理人の西村博之氏が高齢化社会について対談をしました。現在の日本は、高齢化社会。20代や30代の若者よ [続きを読む]
  • 下流中年になった人。お金に困ってしまった理由。
  • 1990年代のバブル崩壊後の日本経済は厳しい状況に陥っていると感じています。特に現在の40代以上に悪影響を及ぼしているということなのです。毎日新聞さんの「<貧困>「40代下流」と親世代に共倒れの危機」を読みました。将来について考えさせられる内容でしたので、お伝えさせていただきます。母親の年金で暮らしている男性埼玉県在住の50代の山田さん(仮名)。若いころは普通に働いていました。しかし30代で病気になり、仕事を [続きを読む]
  • 40代で心筋梗塞になったドクター。私が考えさせられたこと。
  • 私は医療業界に従事しています。40代前半で心筋梗塞になってしまったお医者さんがいらっしゃいました。その先生のお話を聞いて考えさせられたことがあります。その内容をお伝えします。仕事熱心なドクター。手術の評判も良かった先生。ある病院勤務の40代前半の外科医のお医者さん。お子さんは2人いました。学生時代は体育会系のクラブに所属。大柄な先生であり、体力にも自信がありました。大学卒業後は、ある緊急病棟に勤務。緊 [続きを読む]
  • お金と時間。市川海老蔵さんのコメントを聞いて驚いたこと。
  • 歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(39歳)が、日本テレビ系「シューイチ」にゲスト出演。海老蔵さんのこだわりについて話をされていました。個人的に考えさせられる内容でしたので、お伝えさせていただきます。市川海老蔵さんの日常生活とはアメブロの芸能人ブログランキングでトップを走り続けている市川海老蔵さん。市川海老蔵さんはブログを書くことについて、「僕の日課。苦でもなく、やりたいという訳でもなく、無(の心境)です」 [続きを読む]
  • ワンオペ育児の辛い現実。厳しくなる現状。
  • 「ワンオペ育児」の言葉は、ブラック企業の「ワンオペ」(「ワンオペレーション=1人作業」)が母親たちの家庭内労働とそっくりなことから、使われ始めました。毎日新聞さんの「<子育て>“ワンオペ育児”は孤独なブラック労働?」の記事を読みました。考えさせられる内容でしたのでお伝えさせていただきます。専業主婦の孤独な「ワンオペ」とは東京都内に住む裕美さん(30代専業主婦・仮名)。0歳の赤ちゃんがいます。夫の和也 [続きを読む]
  • 同じ収入でお金が貯まる人と貯まらない人。その理由はなぜなのか?
  • 同じ収入でもお金が貯まる人と貯まらない人がいます。それには理由があると私は考えているのです。夫婦仲が悪いと支出が増えます。夫婦仲が悪いAさん夫妻。毎日、些細なことで喧嘩ばかりをしているのです。そのため、お互いに夫婦で協力することが減っています。サラリーマンである夫は、お昼は外食です。理由は、妻がお弁当を作ることがないためです。夕食も外食がメインです。残業が多い夫は、家に帰っても食事が用意されていま [続きを読む]