磯野はまぐり さん プロフィール

  •  
磯野はまぐりさん: 占い中毒にご用心 〜大人のための人生設計術〜
ハンドル名磯野はまぐり さん
ブログタイトル占い中毒にご用心 〜大人のための人生設計術〜
ブログURLhttp://pastaking.blog.fc2.com/
サイト紹介文算命学の上手な使い方を紹介。他にも東洋医学、道教、呪術などの雑談を、ほぼ毎日お届けしています。
自由文友人からの紹介で知り合ったあるエンジニアが、起業家として大きく成功しているのは算命学を使っているためであることを知り、「なんだそりゃ?」と思いながらも算命学の基礎から奥義までを学ぶ。現在も「なぜこんなもので人生を語れるのかわけわからんが、あなどれないことだけは間違いない」と、師匠の下、さらなる奥義の習得と研究を続けている。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/09/23 06:58

磯野はまぐり さんのブログ記事

  • ボブ・ディラン その3「子供時代」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。幼い頃から自己流でギターやピアノを弾きラジオから流れる音楽を演奏するのが大好きだったそうです。カントリーはハンク・ウィリアムズロカビリーならエルヴィス・プレスリーロックやR&Bならリトル・リチャードなどが大好きで自らも学生時代からバンド活動をしていました。奨学金を受けて大学に進学したものの半年もすると授業に出席しなくなりフォークシンガーとして活動を始めました。 [続きを読む]
  • ボブ・ディラン その2「答えは宿命と生き方の中に」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。ボブ・ディランの歌は、反社会的なメッセージソングとして受け止められることがあるようです。実際、60年代のアメリカでは、フォークソングの中に公民権運動や反戦運動に結びつくようなものがありました。しかしボブ自身は、そのような思想や活動には興味はないしそのような思いをこめて歌を作ったこともないと言っています。ファンだけではなく、当時活躍していたミュージシャン達もメッ [続きを読む]
  • ボブ・ディラン その1「アーティストのタイプ」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。ミュージシャンに限らず、アーティストと呼ばれる人たちにはいろいろなタイプの方がいらっしゃいます。いろいろなタイプ、と言っても、ここでお話するのは芸術論の観点からではなく、宿命からみたタイプです。・表現者タイプ自身の主張、思想、創造物などを他者に伝えたいという理由で創作活動をするタイプです。・研究家タイプ発想や創造という行為を、哲学的または芸術学的に追求してい [続きを読む]
  • 5人の生き方 その8「やりたいことをやろう」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。女優の真屋順子さん、映画制作の角川春樹さんジャーナリストの落合信彦さんと政治家の小泉純一郎さんそして理論物理学者のスティーヴン・ホーキングさんと全く同じ宿命を持った5人の著名人の方々をご紹介してきました。ただ運勢が強いということだけではなくスケールの大きさや前進力といった宿命の特徴を活かしながらもみなさん、それぞれ異なった職業で活躍されています。この宿命は、 [続きを読む]
  • 5人の生き方 その6「小泉純一郎さん」
  • 今日は青空夕食の写真は算命学のお話の後で。女優の真屋順子さん、映画制作の角川春樹さん、そしてジャーナリストの落合信彦さんと全く同じ宿命を持つ方に政治家の小泉純一郎さんがいらっしゃいます。祖父、父親と政治家の家に生まれた小泉さん福田赳夫元総理の秘書から始めてご自身も総理大臣にまでなった方ですからこれだけでも、もう十分に派手な人生です。この宿命の特徴をもう一つ挙げるとすれば「攻め」の勢いです。先頭に立 [続きを読む]
  • 5人の生き方 その5「落合信彦さん」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。女優の真屋順子さん、映画制作の角川春樹さんと全く同じ宿命を持つ方に、落合信彦さんがいらっしゃいます。国際政治ジャーナリストとして知られる落合さんは前出の真屋さんや角川さんに比べより宿命の特徴を活かした生き方をされています。今回ご紹介している著名人の方々はみな同じ宿命を持っていますが、その宿命の特徴はスケールが大きく、そして派手な人生がものすごくうまくいくか、 [続きを読む]
  • 5人の生き方 その4「角川春樹さん」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。女優の真屋順子さんと全く同じ宿命を持つ方に角川春樹さんがいらっしゃいます。前回、真屋順子さんには冒険物のドラマや映画もいいかも?と書きましたが、角川さんはまさに人生の冒険家です。父親の跡を継いで角川書店の社長に就任するとそれまで扱ってきた文芸書から、推理物やアクション物など大衆向けのビジネスに路線を変えさらに書籍の映画化でいくつものヒット作を送り出しました。 [続きを読む]
  • 5人の生き方 その3「真屋順子さん」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。70年代後半から80年代後半にかけて大人気だった萩本欽一さんのバラエティー番組に「欽ちゃんのどこまでやるの!」、通称「欽どこ」がありました。コント番組だったのですが、萩本家のお母さん役を演じていたのは女優の真屋順子さんです。ちょうど同じ頃、山口百恵さん主演のドラマ「赤い絆」では百恵さんと敵対する嫌われ役を演じていて視聴者から好演を評価されていたというよりは嫌われ [続きを読む]
  • 5人の生き方 その2「派手な宿命」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。同じ宿命を持つ著名人を探していたのですが複数人が同じ宿命を持っている例がなかなかなくようやく見つけたら、案の定、とても派手な宿命でした。例に挙げるのであれば、できるだけ多くの人が少なくとも名前くらいは聞いたことがある、という人にしたいしそういう「誰でも名前くらいは・・・」というような世間に名前が広まるような業種はそもそも限られていてそのような中でうまく生きて [続きを読む]
  • 5人の生き方 その1「宿命に縛られる」
  • 春菊(?)の芽が出てきた。夕食の写真は算命学のお話の後で。人生はどこまで宿命に縛られているのでしょうか?どんな仕事に就いて、どんな結婚をしてどんな生き方をしていくのか・・・どうか好きな仕事に就いて、好きな人と結婚して好きな生き方をしてください。宿命は、あなたの生き方を縛ってはいません。算命学で宿命を観てから、やりたいことを探すのではなくやりたいことを上手くやるために、算命学で宿命を観るのです。今回 [続きを読む]
  • 人生を変える その6「柄にもない生き方」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。人生を変えることは難しいのですが人生を変えるべきかどうかその判断がそもそも難しいですよね。ちょっとうまくいかないからといってすぐに変えればいいというものではありません。何年も粘って報われる努力もあるはずです。そこで、変える必要性を見極める目安のようなものを考えてみました。それは・・・「柄にもないことをやっているかどうか」です。柄にもない生き方をしていると苦し [続きを読む]
  • 人生を変える その5「人生を変えるチャンス」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。人生を変える必要があるということは生き方が宿命から大きく外れているということです。そのような状態を続けていくとどのようなことになるのでしょうか?いろいろな可能性はありますが大きな病気を患うことが多いように思います。それまでの生活を続けることが難しくなるほどの病気です。病気の他には、仕事上のトラブルもよくあります。突然、今までうまくいっていたことが機能しなくな [続きを読む]
  • 人生を変える その4「人生は変えられない?」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。もし人生を変える必要があるなら「大丈夫、あなたも人生を変えればいいのです!」と言いたいところですが、現実的には難しいです。だって・・・なにかのセミナーに参加して話を聞いたり・・・いろいろな本やブログなどを読んだり・・・カウンセリングを受けたり・・・それで実際に人生を、つまり生き方を変えられた人ってあまりいないのではないでしょうか?算命学の鑑定を受けて、生き方 [続きを読む]
  • 人生を変える その3「本当に変えるべきもの」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。人生を変える必要に迫られている方もいらっしゃいます。そういう方は、心の中で「私はこんなんじゃない」と、気づいていることが多いのです。それでも、なんとかうまく生きていこうとして本来の自分とは違う自分を演じているのです。ただ中には、心理的なことが原因となる自己否定からそのように思ってしまうこともありますが・・・。では、宿命に反した生き方と、心理的な自己否定とどう [続きを読む]
  • 人生を変える その2「みんなが同じわけがない」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。自分を変えよう!もっと充実した人生を送ろう!後悔のない生き方をしよう!という宣伝文句に誘われて、自分も「このままではいけない」と思ってしまうことがあります。算命学でご自分の宿命を知ると「なんだ、このままでよかったのか!」「そうなんじゃないかな、っと思っていました」というように、新しい自分ではなく今までの自分でよかったんだ、という発見もしくは確認をされる方がと [続きを読む]
  • 人生を変える その1「このままではいけない」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。人生、変えたいですか?「このままではいけないと思って・・・」と、相談に来られる方のうち「そうですね、このままではいけないですね」と、いうような方、あまりいないんですよ。それはつまり・・・ご相談に来られる方々のうち大きく宿命から外れた生き方をされている方はあまりいらっしゃらない、ということなのだと思います。もちろん、大きな問題を抱えていて実際、このままではいけ [続きを読む]
  • ラッキーカラー その6「おまじない」
  • 咲き始めたら展開が早くて、すでに花が「ぼってり」って感じ。夕食の写真は算命学のお話の後で。今まで見てきた情報をもとにAさんの運気を上げる「おまじない」を考えてみます。ラッキーアイテムには、赤い色を使いたいですね。何より火が大切なので、赤いキャンドルなどどうでしょう?赤いキャンドルを部屋の南側において炎を灯しながら、ご両親とお子さんに感謝しましょう。これでAさんの運気はググ〜ッと上がりますよ!「本当に [続きを読む]
  • ラッキーカラー その5「人と色と方向」
  • 龍村仁監督のガイアシンフォニー第八番、上映会夕食はカミさん作夕食の写真は算命学のお話の後で。人というものは、互いの人生に強く影響を及ぼしあいます。両親や兄弟、子供など、肉親は特に強い影響を及ぼしあいます。ただでさえ影響力のある人間関係が宿命の中でも特別大きな意味を持つ関係の場合その影響力はさらに増大します。Aさんの宿命で言えば、両親と子供です。ですから算命学では、人間関係をとても重視します。さらに [続きを読む]
  • ラッキーカラー その4「ラッキーパーソン」
  • さくら咲く夕食の写真は算命学のお話の後で。本質 が木の要素であるAさんの宿命には適度な土と水はあるけれど、火がとても弱い。だから、火の要素がある年になると運気が上がります。さらに宿命の中の要素は人物に置き換えることもできます。例えば、Aさんにとって水は母親そして土は父親に置き換えられるとすると両親の存在はとてもありがたいものとなります。そして弱い火の要素は子供に置き換えられるとすると特に子供を大切に [続きを読む]
  • ラッキーカラー その3「ラッキーイヤー」
  • 今日の日没夕食の写真は算命学のお話の後で。宿命において「木」の要素が本質であるAさんは他にどんな要素が必要でしょうか?選択肢は、木、火、土、金、水の5つです。木が成長するのに必要なものを揃えればいいのです。まず根を張るための土、雨としての水そして日光としての火です。Aさんの宿命を見てみると適度な量の土と水がありました。しかし、火はほんの少ししかありません。弱々としたろうそくの炎のような火です。これで [続きを読む]
  • ラッキーカラー その2「根拠はなに?」
  • 春だなぁ〜、と思っていたけど、再び雨モードに戻る。夕食の写真は算命学のお話の後で。そもそも、ラッキーカラーだのラッキーアイテムだのなにを根拠に言っているのでしょうか?算命学での考え方についてお話します。以前、人間も自然も同じ要素で成り立っているという自然思想のお話をしたことがあります。この「要素」というのは、具体的には・・・木、火、土、金、水の5つです。もちろん、木や、火や、土や、金や、水の組み合 [続きを読む]
  • ラッキーカラー その1「よ〜く考えてみよう」
  • 今日のネコ、じゃなかった・・・  昨夜のネコ夕食の写真は算命学のお話の後で。「あなたのラッキーカラーは水色です!」なんて占いでよくありますよね。あれ、意味があるんでしょうか?色だけではなく・・・「あなたのラッキーアイテムは水晶のブレスレットです!」なんていうのもよくあります。世間様の商売の邪魔はしたくないのであまり個人的な意見は書きませんができるだけ客観的に「ラッキーなんとか」に本当に意味があるの [続きを読む]
  • イチローと岩隈 その6「宿命の違い」
  • 今日の空夕食の写真は算命学のお話の後で。ピンボールのように弾ける運勢をうまく乗りこなしてメジャーリーグで活躍中の両選手がここまでこられたのはもちろん、それぞれの宿命を活かし切ってきたからです。このシリーズの初めにも少し触れましたがイチロー選手と岩隈選手、運勢は似ていても宿命はあまり似ていません。あえて共通点をあげるとしたら海外に出て活躍したい!という傾向があることでしょうか。野球にどう取り組むとい [続きを読む]
  • イチローと岩隈 その5「精神をコントロールする」
  • 小松菜に引き続き、水菜も花が咲いた。ということで、収穫!夕食の写真は算命学のお話の後で。壁のないフィールドでボールを落とさないようにピンボールをプレイするには巧みなフリッパーテクニックが必要ですが人生において、壁のない運勢の中で自分を見失わないように生きていくためには精神をコントロールする必要があります。イチロー選手も岩隈選手も、日本で実績を作りアメリカのメジャーリーグでも活躍しています。特にイチ [続きを読む]