磯野はまぐり さん プロフィール

  •  
磯野はまぐりさん: 占い中毒にご用心 〜大人のための人生設計術〜
ハンドル名磯野はまぐり さん
ブログタイトル占い中毒にご用心 〜大人のための人生設計術〜
ブログURLhttp://pastaking.blog.fc2.com/
サイト紹介文算命学の上手な使い方を紹介。他にも東洋医学、道教、呪術などの雑談を、ほぼ毎日お届けしています。
自由文友人からの紹介で知り合ったあるエンジニアが、起業家として大きく成功しているのは算命学を使っているためであることを知り、「なんだそりゃ?」と思いながらも算命学の基礎から奥義までを学ぶ。現在も「なぜこんなもので人生を語れるのかわけわからんが、あなどれないことだけは間違いない」と、師匠の下、さらなる奥義の習得と研究を続けている。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/09/23 06:58

磯野はまぐり さんのブログ記事

  • 算命学と医学 その5「真の原因を探る」
  • いつだったか、どこかの街に行くのに早朝に飛行機に乗って離陸早々に熟睡していたのだけど、ふと目がさめて外を見たらものすごく大きな垂直の雲の壁のすぐ横を飛んでいた。あれはすごい景色だったな。夕食の写真は算命学のお話の後で。算命学からどんどん離れてすっかり東洋医学のお話になってしまいましたがここまできたら、もう少しこのまま進もうと思います。肌に起こる問題のひとつに、アトピー性皮膚炎があります。前回、お話 [続きを読む]
  • 算命学と医学 その4「鼻水と悲しみ」
  • もうちょっと大きく膨らんでくれてもいいと思うんだよ。粉を混ぜ込むところがポイントなんだよね。ダマにならないようにして、かつ短時間でサクッといきたいところだ。夕食の写真は算命学のお話の後で。東洋医学で言う「肺」とは、空気の吸入と排出、そして「気」の生成と、気と血液(気血)の配分といった機能さらに、それに関わる器官すべてと書きましたが例えばこのようなものがあります・・・皮膚、体毛、鼻、鼻水・・・鼻水! [続きを読む]
  • 算命学と医学 その3「肺が意味するもの」
  • ちょっとした家具の買い替えがネコにとっては、とても大きな環境の変化だったりする。その大きな空箱は、あたしんだからね?夕食の写真は算命学のお話の後で。臓器を五行に割り振ることでそれぞれの臓器間に相互作用が働きます。算命学なら幸福、健康、財産、社会的地位、知性を五行に置きそれぞれの相互作用を見ながらバランスをとりますが東洋医学では、同じ考え方を臓器に当てはめるのです。また算命学では、五行のどこかが運勢 [続きを読む]
  • 算命学と医学 その2「五臓六腑」
  • 使い古した竹刀をばらすと竹材になる。とりあえず夏のトマトの添え木だな。しっかり作らないと、トマトの重みで崩れちゃうんだよ。夕食の写真は算命学のお話の後で。五臓六腑という言葉があります。五臓とは、肝、心、脾、肺、腎六腑とは、胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦のことをそれぞれ示しています。これらのうち、六腑の三焦(さんしょう)には物質としての臓器が含まれません。(リンパ管だとおっしゃる方もいらっしゃいます [続きを読む]
  • 算命学と医学 その1「人間と自然の法則」
  • シフォンケーキを作ってみた。前にも作ったろう、って?いやいや、あれはカミさんがつくったの。今日は自分で作ってみようと、夕方から挑戦開始。なかなかうまくできたんじゃないかな?夕食の写真は算命学のお話の後で。算命学は、自然思想という考え方から生まれた人間のあり方を自然の法則で解釈しようとする学問です。人間のあり方というのはひとりの人間としての性質(性格の傾向)や生き方の傾向を意味します。もし、自然の法 [続きを読む]
  • 算命学の使い方 その7「自分で決める」
  • 娘の竹刀を買いに行った。バンクーバーには居合抜きの道場もあるだよな・・・でも、◯◯道とかって、ボクはまず向いてないよな・・・フリースタイルの抜刀術とか、ないのかな?夕食の写真は算命学のお話の後で。宿命は人生の傾向を示してくれます。でも、人生の展開は人それぞれです。運命は決まっていません。人生でやりたいことは何なのか?この人と結婚していいのか?子供は何人育てるのがいいのか?この仕事に人生をかけていい [続きを読む]
  • 算命学の使い方 その6「それがどうした?」
  • こういう雲がでてくるとさすがにそろそろ自動車の冬タイヤも交換していいだろう、と思う。まだ降るかもしれないけど、積もらないよね? ねっ?夕食の写真は算命学のお話の後で。前回、「算命学は予防的に使ってこそ効果が発揮されます」と書きました・・・ が、一概にそうとも限らない時がある、とも思います。人生には時として「後のことは走りながら考えればいい」というような決断をした方がいい時もあるのではないでしょうか [続きを読む]
  • 算命学の使い方 その5「役に立たない時」
  • ああ、今日は野菜の買い出しに行こうと思っていたんだよな。まぁ、ありあわせのものでなんとかなるか。柔らかかった春キャベツが、だんだん硬くなってきた。夕食の写真は算命学のお話の後で。算命学って、どんな時に使えるものなのでしょうか?大きく3つのパターンにわけてみています。1)大まかに人生のリズムを知る。2)これからの生き方を決める参考情報を知る。3)今抱えている問題を解決する。今回は3つ目の「今抱えている問 [続きを読む]
  • 算命学の使い方 その4「成り行き次第」
  • 募金するとドーナッツがもらえるので・・・  ちがうな・・・募金をしたらドーナッツがもらえた!久しぶりのクリスピークリームドーナッツだ。最後に店舗でできたてを食べたのはいつのことだったろう?夕食の写真は算命学のお話の後で。算命学の使い方「これからの生き方を決める参考情報を知る」についてもうひとつ、よくご相談を受けるのは・・・「私はいつ結婚できますか?」という質問。わかりません、そんなこと。「わかる」 [続きを読む]
  • 算命学の使い方 その3「適職鑑定」
  • 親の後ろをついていくのって、トリさんたちの本能なんだろうか?ペンギンさんは、親じゃなくても、群れで先頭の後をついていくよね。そういえば、笛を吹いて子供をさらっていく話って、なんだったっけ?夕食の写真は算命学のお話の後で。算命学って、どんな時に使えるものなのでしょうか?大きく3つのパターンにわけてみています。1)大まかに人生のリズムを知る。2)これからの生き方を決める参考情報を知る。3)今抱えている問題 [続きを読む]
  • 算命学の使い方 その2「あなた次第」
  • 「外に出たいので、窓を開けてください」と言っています。本当です。開けてやると、そそくさと外に出て狭いバルコニーの様子を見回ってからネコの食用の草を食べて帰ってきます。このネコは、とても小さな世界で暮らしています。夕食の写真は算命学のお話の後で。例えば・・・ 「3年前に始めた仕事は        この後うまくいくのでしょうか?」というような質問があれば・・・・宿命がそのビジネスにどのような影響を与え [続きを読む]
  • 算命学の使い方 その1「どんな時に有効か?」
  • 町の小学校から高校まで、今は春休み。学校への迎えのクルマがないせいか午後も交通量が少ない気がする。夕食の写真は算命学のお話の後で。算命学って、どんなん時に使えるものなのでしょうか?大きく3つのパターンにわけてみてみます。1)大まかに人生のリズムを知る。2)これからの生き方を決める参考情報を知る。3)今抱えている問題を解決する。まずは最初の「大まかに人生のリズムを知る」について。算命学では、大まかな質問 [続きを読む]
  • フジコ・ヘミングさん その7「猫と寄付」
  • 雪は降らなくなったけど、あいかわらずの雨モード。そろそろ、春っぽくなる時期なのだけど・・・。森はまだ湿っている。夕食の写真は算命学のお話の後で。奇跡が起きたのは、宿命に沿って生きてきたことの証明です。そして60歳を過ぎた頃の運勢はフジコさんにとってこれまでの生き方の答えが出るときでもありました。また同時に、この時期は宿命の枠が外れてしまっていたために宿命を大きく超えるような成功を手にすることができま [続きを読む]
  • フジコ・ヘミングさん その6「奇跡と代償」
  • 引き続き、借り物カメラで遊んでいます。Daylight Saving Timeがはじまって、身体が時計に追いついていない感じ。ネコには関係ないようだけど・・・。夕食の写真は算命学のお話の後で。日本に戻ったフジコさんは、母親が生前暮らしていた家に戻りピアノ教師として、静かに暮らそうと思っていたそうです。それが、いろいろな人とのご縁で話がまとまり母校である芸大で演奏会を開くことになり自身の境遇を追ったドキュメンタリー番組 [続きを読む]
  • フジコ・ヘミングさん その5「猫と暮らす」
  • 子供が学校から借りてきたカメラで遊んでみた。それにしても、だるそうだな?夕食の写真は算命学のお話の後で。彼女の宿命は、たとえ才能があってもそれがなかなか活かせない、という特徴を具現化させるために肉体的な弱さ、という傾向を利用したように見えます。ストックホルムでは、耳の治療を受けながらピアノ教師や演奏会の仕事をして過ごしていました。フジコさんの話では、そこで人生最大で最後の「報われない恋」も経験した [続きを読む]
  • フジコ・ヘミングさん その4「理不尽な宿命」
  • しかし、晴天率低いよな・・・。近所に天体望遠鏡のショップがあるのだけどこんな晴天率の低いところで、需要があるのだろうか?ところで、最近の望遠鏡っていうか、赤道儀のシステムは凄いよな。オートガイダーとか・・・夕食の写真は算命学のお話の後で。再び、フジコさんの今までの人生を追ってみましょう。スヴェーデン人の父と日本人との母を持つフジコさんは日本では異人扱いされ、生まれ故郷のドイツでは東洋人とみなされ自 [続きを読む]
  • フジコ・ヘミングさん その3「孤独」
  • 小松菜の葉が大きくなってきたな・・・ と思っていたらあらら、花芽が出てくる気配!?とにかく花が咲いてもいいから、葉っぱがおおきくならないかな。夕食の写真は算命学のお話の後で。フジコ・ヘミングさんの宿命の特徴を見てみましょう。まず最初に目に付いたのは、圧倒的な孤独です。特に家族と縁がなく、仮に人生が華やかになればそれだけ家族との縁が薄くなっていきます。その傾向が、ものすごく強いのです。この宿命におい [続きを読む]
  • フジコ・ヘミングさん その2「微妙なところ」
  • サイボーグ009の最新作を観た。ぎこちないCGの動きにはすぐに慣れたけどジェットの鼻と髪には最後まで慣れなかった。個人的には、初期の原作をアニメ化した2001年のシリーズが一番好きだな。夕食の写真は算命学のお話の後で。前回のシリーズで、ちょっと変わった宿命を活かす条件として・孤独であること。・自力で生きること。・ちょっと変わった生き方をすること。を挙げました。フジコさんの宿命もやはり、上記の条件を満 [続きを読む]
  • フジコ・ヘミングさん その1「才能」
  • 桜はまだまだ先だけど雪はひらひら舞っています。う〜ん、ぼた雪かな・・・。夕食の写真は算命学のお話の後で。クラシックピアノのジャンルでミリオンセラーを出し国際的に活躍されているフジコ・ヘミングさんはスヴェーデン人の父と日本人の母との間ベルリンで生まれました。5歳で日本に移住してきましたが、太平洋戦争に向かいつつある日本での生活に馴染めなかった父親は単身帰国してしまい母親と弟と3人で暮らすことになりまし [続きを読む]
  • ちょっと変わった人 その4「いろいろな才能」
  • 「君の名は。」が、思っていたより面白かったので同じ監督の他の作品も観てみた。ああいう感じの画は先入観から敬遠していたのだけどなかなかいい雰囲気が出ていたな・・・。夕食の写真は算命学のお話の後で。ちょっと変わった宿命の極端な例ということで前回は尾崎豊さんを紹介しました。音楽関係者を中心に見ていたのですが他にどんな名前が挙がったか、何名か列挙してみると・・・ジョン・レノンとポール・マッカートニーエリッ [続きを読む]
  • ちょっと変わった人 その3「尾崎豊」
  • なんか、また雪が降ってるんですけど?せっかく消えたのに、また積もりなおしだな。重い雪だから、すぐ消えると思うけど。夕食の写真は算命学のお話の後で。歌手の尾崎豊さん、多くの方にとってどのような方か説明はいらないと思いますのでここでは宿命のお話だけをします。人物についての詳細はwikiなどを参照してください。尾崎さんの宿命の特徴はとにかく純粋な精神性と直感力です。その傾向が、多くの同じ要素を持つ人たちより [続きを読む]
  • ちょっと変わった人 その2「変わった条件」
  • 機能はいろいろ取り込んでいたので「ひな祭り」のお祝は今日になった。夕食の写真は算命学のお話の後で。ちょっと変わった宿命を持つ人がなんらかの才能を発揮するにはもしくは、特別な才能がなかったとしてもそれなりに運勢を伸ばすためにはちょっと変わった条件があります。もちろん、宿命によって様々なのですが共通して言えることは・・・・孤独であること。・自力で生きること。・ちょっと変わった生き方をすること。イメージ [続きを読む]
  • ちょっと変わった人 その1「何かの才能」
  • 一日中ずっと雨だったけど夕暮れ前に、空気の前線が通過したようだ。夕食の写真は算命学のお話の後で。ちょっと変わってるな、と感じる人あなたの周りにいませんか?妙に勘がよかったり・・・よくわからない、何とも言えない魅力があったり・・・すぐにコロコロ気が変わったり・・・これを見て、どうしてそう感じるの?というような感性を持っていたり・・・そして、ちょっと虚弱体質だったりするかもしれません。そういう人たちは [続きを読む]
  • 不安定な社会 その3「生き残るために」
  • その昔、我が家には「ねこ」という名前の猫がいた。かなり個性的なネコだった・・・ というか個性的でないネコっているのかな?聞いたところによると、どうもいないらしい。夕食の写真は算命学のお話の後で。現実的に考えて、今ある状況下ですぐに個人にできることは限られています。「考えてばかりいないで、ここは思いっきり、まず行動を起こすんだよ!」という声もありますがそれが簡単にできないのが、安定した宿命というもの [続きを読む]
  • 不安定な社会 その2「チームを組む」
  • その昔、我が家には黒猫がいた。かなり個性的なネコだった・・・ というか個性的でないネコっているのかな?まぁ、いるんだろうな。夕食の写真は算命学のお話の後で。不安定な社会では不安定な生き方を求める宿命を持つ人の方が活躍できる可能性が高くなります。今の日本は、不安定な宿命を活かしやすい社会です。ならば、戦後まもない日本がそうであったように不安定な宿命の人たちに、活躍してもらうしかありません。では、安定 [続きを読む]