Chigasaki-gj さん プロフィール

  •  
Chigasaki-gjさん: 茅ヶ崎ゴルフ場ニュース
ハンドル名Chigasaki-gj さん
ブログタイトル茅ヶ崎ゴルフ場ニュース
ブログURLhttp://chigasakigj-news.hatenablog.jp/
サイト紹介文6万人の広域避難場所「茅ヶ崎ゴルフ場」は今どうなってるの?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/09/23 17:30

Chigasaki-gj さんのブログ記事

  • 2/21 本会議最終日:条例案を否決した議員の理由 市民で Check!!
  • 2017年2月21日、茅ヶ崎市議会臨時会の本会議(最終日)には、災害対策条例案について賛成するか、反対するかの議員の討論が行われました。(もっとも、討論といっても、議長から会派こ゛とに順次指名されて、代表の議員が一方的に意見を述へ゛るだけですが、、)★2月21日の本会議は、議会ホームページの映像配信から見れます。茅ヶ崎市議会 映像配信−会議名で選ぶ討論に先立ち、14日の教育経済常任委員会において、 [続きを読む]
  • 2/14 委員会にて:委員から行政への質問
  • 行政の答えになっていない答え 2月14日、「教育経済常任委員会」で、採決に先だち、午前10時から、条例制定の請求代表人5名が参考人として委員会に出席しました。委員からの質問に代表人が回答し、議員と市民側の直接のやり取りとなった午前中のセッションは、「なぜ、条例請求に至ったのか」ということがハイライトではないでしょうか。chigasakigj-news.hatenablog.jp午後は、委員から行政側への質問が行われました [続きを読む]
  • 2/14 委員会にて:委員から請求代表人への質問
  • なぜ、条例請求はおこったのでしょうか? 2月14日、「教育経済常任委員会」で、市民グループが制定を求める「災害対策基本条例案」について、委員(議員)による採決が行われました。委員全員一致での否決となりました。採決に先だって、午前10時から、条例制定の請求代表人のうち5名が参考人として委員会に出席しました。委員からの質問に代表人が回答し、議員と市民側の直接のやり取りとなった午前中のセッションは [続きを読む]
  • 2/21 災害対策条例案を否決 新聞各紙の報道  
  • 茅ヶ崎の市民団体「みどりと命を守る住民会議」のメンバーらが、地方自治法74条に基づいた直接請求によって制定を求めた「茅ヶ崎市災害対策基本条例案」。2月21日、制定への最終審議をする、茅ヶ崎市議会の臨時会本会議が開かれました。採決の結果、議長をのぞく議員26人全員が反対し、(賛成0、反対26人、欠席1)条例案は否決されました。条例案では、*広域避難場所は、市民1人当たり2平方メートル以上を確保*防災会 [続きを読む]
  • 2/14 市議会委員会は防災条例案を、全員反対で否決
  • 2月14日、「教育経済常任委員会」で。市民グループが制定を求める災害対策基本条例案の採決が行われ、全員一致での否決となりました。このあと21日の本会議で、結果が報告され、市会議員全員28名による採決が取られますが、否決される見通しです。しかし、「いったい、だれが、どのようにして、市民の安全と安心を確実に守っていくのか?」という、今後の明確な具体策については、ひとりの議員(会派)も示していません。 [続きを読む]
  • 2/13 市民が防災条例の必要性を意見陳述
  • 条例の必要性を議員に訴える 2月13日(月)、茅ヶ崎市議会の臨時会の第2日が開かれました。災害対策基本法の制定を直接請求した「みどりと命を守る住民会議」の請求代表者二人が、15分ずつ陳述し、条例の必要性を議員に訴えました。今回、条例制定という重要なことについて、わずか15分ずつ、合計で30分の説明の時間しか市民側には与えられていません。・・・単なる手続き上で、説明の機会を「与えている」という [続きを読む]
  • 災害対策条例の制定 委員6名否決の理由 茅ヶ崎
  • 大規模火災時の広域避難場所の確保、住民参加などを求めて、「みどりと命を守る住民会議」のメンバーらが市民約9000名の署名を集め、直接請求で制定を求めていた「災害対策基本条例案」。茅ケ崎市議会臨時会は、2月14日「教育経済常任委員会」を開きました。10時から参考人(請求代表者5名が出席)への意見聴取や、委員からの質疑が行われました。午後は、行政に対する委員からの質疑が行われ、その後討論、採決が取られ [続きを読む]
  • 2月13日 (月) 10時〜 市民側の趣旨説明 傍聴に行こう! 
  • 本会議・第2日 趣旨説明 2月13日(月)午前10時から  市役所本庁舎6階 議場*条例制定請求代表者の意見陳述(30分)・・・条例の請求代表から直接請求について趣旨説明があります。 *質疑〜付託 *報告本会議の終了後、委員会(第1日)あり。*教育経済常任委員会(全員協議室 B ) ★「条例請求」市議会臨時会の日程表http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/001 [続きを読む]
  • 2/9「防災条例直接請求」にあたって市長と面談
  • 2017年2月9日、市役所の市長応接室において、市長と「みどりと命を守る住民会議」の面談が行われました。住民会議側からは、条例案の作成にかかわった弁護士2名も出席をしています。2月3日の市議会臨時会で、すでに「条例が必要ない」と明言してしている市長の発言は、以下のようになります。住民・市民の皆さんは、どのように思われるでしょうか?市長:貴重な意見として承りたいと思っています。(弁護士の発言を受けて [続きを読む]
  • 2/3 茅ヶ崎市長は「条例化の必要はない」
  • 茅ヶ崎市の市民団体「みどりと命を守る住民会議」が、直接請求で求めている「災害対策基本条例」の制定。新聞各紙が報じていますが、平成29年1月27日、服部市長は「条例化の必要はない」との意向を明らかにしました。★神奈川新聞の記事はこちらからwww.kanaloco.jp 市民団体は「防災計画は恣意的に変更されてしまう」 服部市長は意見書で、広域避難場所は「県大震火災避難対策計画」(1971年作成)に基づいて指定し、 [続きを読む]
  • 傍聴に行こう! 市議会(臨時会)の日程です
  • 茅ヶ崎市議会 臨時会の予定表 条例制定の請求を受けて、市長は市議会臨時会を招集しました。  2月3日(金)本会議・第1日 午前10時から 本会議の初日となります。*提出議案趣旨説明・・・市長から意見書を添えて、条例案についての議員への説明があります。     *条例制定請求代表者への意見陳述機会の付与・・・条例の趣旨説明を聞く日時を決定。  2月13日(月)本会議・第2日 午前10時 [続きを読む]
  • 県の無茶ぶりがよく分かる! 広域避難場所について
  • 県・市・茅ヶ崎協同の議事録から 県・市・茅ヶ崎協同の3者による話し合いの議事録(平成27年10月〜平成28年4月まで)から、茅ヶ崎ゴルフ場の「広域避難場所」に関するところをピックアップしてみました。(この3者議事録は、情報公開請求による公の文書です。)市は一貫して、広域避難場所について、「県の基準を参考にしており、その根拠が変わらない限り、基準の変更はできない。」「広域避難場所の指定基準は神奈川県 [続きを読む]
  • 2017/1/16「茅ヶ崎市災害対策基本条例」の制定を求めて本請求 
  • 平成29年1月16日、茅ヶ崎市の市民団体「みどりと命を守る住民会議」は、広域避難場所の確保などを明記した「茅ヶ崎市災害対策基本条例」の制定を求めて本請求を行い、市長はこれを受理いたしました。こうして、条例制定の請求書を提出できたのは、市民の皆さまから9436人(有効署名数8912人)の署名が集まった賜物です!皆様、ありがとうございました!★市のHPwww.city.chigasaki.kanagawa.jp選挙管理委員会、行政総 [続きを読む]
  • 署名期間中、街なかでピックアップした市民の声
  • 有効署名数は8912人! 昨年、11月11日〜12月11日の1ヶ月間に渡って、茅ヶ崎市の「災害対策基本条例」の制定を求めて、市民の署名が集められました。集まった署名数は9436人に達し、市の署名審査を終了した時点で、有効署名数は8912人となりました。      この1か月間の署名活動に寄せられた、街中でピックアップした市民の方々の声をお届けしてみます! 広域避難場所についての意見 まずは、「広 [続きを読む]
  • 12/16 「命を守る条例請求」 市民9382名の署名を提出!
  • 11月11日からスタートした「命を守る条例請求」のための署名活動。署名を集められる期間は、わずか1ヶ月と定められています。12月11日をもって、署名活動は終了しましたが、市民の皆さまの署名数は、9382人となりました。必要な署名数は4018人(有権者の50分の1)ですから、これで条例案が市議会に提案されるのは間違いないと思われます。  署名簿は16日の午後2時、「みどりと命を守る住民会議」大内和史 [続きを読む]
  • 12/3 日本経済新聞 茅ヶ崎ゴルフ場の記事
  • ゴルフの未来(3)地代重く閉鎖の危機 「無形の価値」行政と距離感 2016/12/3付 日本経済新聞★こちらからも読めます www.nikkei.com名匠・上田治が設計したことでも知られる茅ケ崎ゴルフ倶楽部。記事にもあるように、地代の値上げを巡る交渉の決裂が事の発端となり、観光日本が撤退。現在、別の企業が暫定的に運営を担っていますが、地主側(県・茅ヶ崎協同)の募集した開発事業案では、ショッピング施設、300戸の住宅 [続きを読む]
  • 本格的な署名活動スタート!市民の方のご署名お願いします!
  • 署名は12月11日まで 11月11日から、市民グループ「みどりと命を守る住民会議」は、茅ヶ崎市に「災害対策基本条例」の制定を求めて、署名活動を始めました。新しく求める「災害対策基本条例」の3本柱は、①広域避難場所の安全面積の確保・・・1人2?の安全面積を確保②地域に特化した独自の防災条例を・・・延焼火災、液状化、土砂くずれなど地域の災害に対応③市の防災会議への住民参加・・・市民の意見を反映し [続きを読む]
  • 新聞各紙が報道! 命を守る条例請求 茅ヶ崎
  • 新たな防災条例を求めて、11日から署名スタート! 4日、市民グループ「みどりと命を守る住民会議」(牧野武・大内和史 共同代表)は、茅ヶ崎市に新たな「災害対策基本条例」の制定を求めて、11月11日から署名活動を始めることを記者発表しました。11月5日の朝刊で、取材して頂いた新聞各紙が報道しています。 神奈川新聞:災害対策「条例で」 神奈川新聞では、地域版でなく、社会面のトップで大見出しのも [続きを読む]
  • 11/4 命を守る条例請求 市に書類を提出&記者発表
  • 茅ヶ崎市に申請書を提出 平成28年11月4日、茅ヶ崎市に条例制定を請求するための書類を、行政総務課に提出しました。私たちの住むまち、茅ヶ崎市の災害から私たち市民の命と財産を守るためには、地域住民の声を反映した防災条例が必須です。みなさんの署名で命を守る条例を作っていきましょう!いよいよ11日から、署名がスタートになります!   茅ヶ崎ゴルフ場で記者発表 このあと11時30分より、茅ヶ崎ゴ [続きを読む]
  • 11月6日(日)防災デイキャンプをしよう! 茅ヶ崎ゴルフ場
  • 茅ヶ崎ゴルフ場は市民6万人の広域避難場所です。ゴルフ場のひろ〜い芝生で、子供といっしょに防災キャンプしてみませんか? 広域避難場所で防災キャンプしてみよう! 11月6日(日)15時 茅ヶ崎ゴルフ場の正面玄関に集合*15時〜19時くらい 自由解散・雨天中止*持ち物:非常食(熱源を使用しないもの、おむすびなどでも可)・飲みもの、テント(杭、ペグは打てません)ビニールシート、食器、ランタン、懐中電灯 [続きを読む]
  • 10-25 ALBA / 茅ヶ崎ゴルフ倶楽部 跡地の開発計画が白紙に
  • 周辺住民による反対運動が広がる ゴルフ雑誌『ALBA(アルバ)』の ALBA.Net に、記事が掲載されています。10月21日、神奈川県は東急電鉄・電通グループが優先交渉権を辞退したことを発表しました。茅ヶ崎市の海岸側の密集した住宅街は、地震災害時の同時多発火災では、県で最大規模の延焼火災が想定されています。茅ヶ崎ゴルフ場は、その火災から住民6万人の命を守る「広域避難場所」として指定されています。しかし、 [続きを読む]
  • 東急・電通、計画から撤退 茅ヶ崎ゴルフ場
  • 平成28年10月21日、午後2:30に、優先交渉権者として選定されていた東急電鉄・電通グループから辞退届が提出されたという、県の記者発表がありました。「広域避難場所の確保」も大きな問題になっていた事業提案ですが、奇しくも記者発表前に、鳥取中部地震 M6.6 (震度6弱)の被害地震が発生しました。1 辞退の理由 優先交渉権者選定通知受領後、募集要項に定められた期限内での基本協定締結に向けて、鋭意検討・協 [続きを読む]
  • 10/4 「海岸地区まちぢから」も市長へ要望書を提出
  • 海岸地区と松浪地区 5万人分の要望書となる 10月4日、松浪地区まちぢから協議会に続き、海岸地区まちぢから協議会からも、市長に要望書が提出されました。内容はいずれも、広域避難場所を縮小せずに、現在の「一人2?の安全面積の確保」に、全力をあげて市は取り組んでいただきたいというものです。 松浪地区2万3千人、海岸地区2万7千人。茅ヶ崎ゴルフ場を広域避難場所とする6万人のうち80%以上が一人2?を [続きを読む]