3分でわかる坂本龍馬 さん プロフィール

  •  
3分でわかる坂本龍馬さん: 3分でわかる坂本龍馬
ハンドル名3分でわかる坂本龍馬 さん
ブログタイトル3分でわかる坂本龍馬
ブログURLhttp://ryoumahistory.com/
サイト紹介文龍馬情報を3分間でわかるように集めてみましたのでお楽しみください!
自由文幕末の英雄といえば坂本龍馬ではないでしょうか。激動の幕末では坂本龍馬をはじめ、より良い日本を造ろうとした多くの志士(しし)達が活躍しました。 今回は龍馬に関連した歴史をはじめ、暗殺されるまでの龍馬情報を3分間でわかるように集めてみましたのでお楽しみください!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 362日(平均0.2回/週) - 参加 2015/09/24 12:09

3分でわかる坂本龍馬 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 坂本龍馬のゆかりの地・観光地
  • 幕末と言えば、より良い日本を造ろうとした多くの志士(しし)達がいますが、中でも忘れてはいけないのが坂本龍馬ですよね。以前、NHKの大河ドラマ龍馬伝が放送され、主役の龍馬を福山雅治さんが演じて大変話題となりました。普段は大河を見なくても、歴史に興味がなくても福山さんが演じる龍馬を見たくて、つい見てしまったという女性も多いのではないでしょうか?今回、幕末の混乱した世の中を渡り、志半ばでこの世を去った坂 [続きを読む]
  • 坂本龍馬の歴史?
  • 亀山社中設立薩摩藩によって庇護された龍馬ら海舟の私塾の塾生はその航海術の専門知識を重視され、出資を受けると亀山社中を設立しました。今でいう株式会社のようなもので商業活動をし、その活動の儲けで利潤をあげる他に、当時仲が悪かった薩長両藩の和解目的でもありました。実際に薩長同盟を成立させるのに一役買っています。 薩長同盟坂本龍馬がなした大きな功績の一つにこの薩長同盟があげられるのではないでしょうか? [続きを読む]
  • 坂本龍馬の歴史?
  • 皆さんは幕末の尊王攘夷運動を知っていますか?1603年に時の征夷大将軍・徳川家康が江戸に幕府を築いてから、1867年に大政奉還されるまでのおよそ264年間、日本は将軍中心の政治を行っていました。海外諸国との関わりも一部の場所を除いては行うこともなく、将軍である徳川家は主従関係を結んでいる各大名に藩内の独自の統治を行う権限をある程度与えていました。しかし、1853年7月8日浦賀沖にアメリカ艦隊が停泊しこれを機に日本 [続きを読む]
  • 坂本龍馬の名言集
  • 幕府が政治を行う時代に終止符を打つために時代の波を水から起こしていった坂本龍馬は、多くの名言を残しています。動乱の時代に生きた彼だからこその血の通った言葉の数々。今回はその言葉の中からほんの一部ですが紹介したいと思います。 坂本龍馬名言集義理などは夢にも思うことなかれ 身をしばらるるものなり群雄割拠の戦国時代の武将たちでさえ恩や義理に縛られていたのに……。江戸時代は特に儒教の教えが浸透していた [続きを読む]
  • 坂本龍馬の都市伝説
  • 歴史に名を残すような偉人には必ずと言っていいほど「都市伝説」があります。戦国時代の武将や聖徳太子にも様々な都市伝説がありますが、もちろん坂本龍馬にも都市伝説があります。坂本龍馬にまつわる都市伝説をご紹介しますが、信じるかどうかおまかせします….. 坂本龍馬は生きていた…説近江屋で中岡慎太郎と会談していたところを十津川藩士を名乗るものによって、暗殺されてしまった坂本龍馬。実は殺された坂本龍馬は影武 [続きを読む]
  • 坂本龍馬のお墓
  • 土佐藩の裕福な郷士の家に生まれた坂本龍馬は幼くして母と死に別れ、父の後妻である伊予に養育されました。川島家にある世界地図などを眺めて世界に想いを馳せていた坂本龍馬少年は青年になり、日本という国の歴史を動かす大きな時代のうねりを作る立役者の一人となっていきます。後に近江屋事件で、暗殺の刃に倒れた坂本龍馬ですが、彼のお墓は生まれ故郷の土佐ではなく絶命の地・京都にあるのをご存知でしたか?場所は京都の東山 [続きを読む]
  • 池田屋事件
  • 坂本龍馬が勝海舟の弟子になり、神戸海軍操練所の設立に東奔西走していた頃、京都では政局を左右するような事件が起きていました。テレビドラマでも度々描かれるので知っている人も多いと思いますが、階段落ちの派手なアクションで知られる「池田屋事件」です。池田屋事件が起きた頃、龍馬は海舟とともに海軍操練所の仕事をしていたため京都にはいなかったのでしょう。池田屋事件が起きた1864年5月、龍馬は生涯の伴侶となるお龍と [続きを読む]
  • 坂本龍馬の性格
  • 皆さんは「坂本龍馬」についてどんな印象を持っていますか?幕末に仲が悪いと言われていた薩摩と長州の仲を取り持ち薩長同盟を締結したり、幕臣である勝海舟に感服し弟子になったり、現代の株式会社のような亀山社中を設立したり、土佐藩からの脱藩を許され海援隊として活動したり……。しかし、最期は京都近江屋で暗殺されてしまいます。龍馬がかかわった人の多くは、明治になり新政府の役人となっています。もしも龍馬がいなけれ [続きを読む]
  • 坂本龍馬と勝海舟
  • 幕末の日本で幕府の人間でありながら、坂本龍馬や高杉晋作、桂小五郎、西郷隆盛と交流を持ち、尊攘派の志士達にも一目置かれていた人物が「勝海舟」です。勝海舟は渡米経験があり、1860年に幕府からの遣米使として日米和親条約の批准書交換のためでした。この時本来行くはずだった一橋派の幕臣たちは安政の大獄で引退を余儀なくされていたため、正使・新見正興、副使・村垣範正、目付には小栗忠順らが選ばれ、アメリカ海軍のポーハ [続きを読む]
  • 坂本龍馬の手紙
  • 坂本龍馬の手紙は、今現在139通確認されています。最近では、テレビ番組の中で暗殺直前に書いたと思われる手紙の草稿が見つかり話題になりましたね。手紙が多く残っている坂本龍馬ですが一番多いのは姉の坂本乙女宛で、その次が下関の豪商・伊藤助太夫と土佐藩士・佐佐木高行。桂小五郎なども多く手紙を受け取っています。 龍馬が姉に宛てた手紙中でも有名なのは姉・乙女に送られた手紙の中の「今一度日本をせんたくいたし申 [続きを読む]
  • 過去の記事 …