まじめママ さん プロフィール

  •  
まじめママさん: 妊娠出産育児 まじめママの経験談ブログ
ハンドル名まじめママ さん
ブログタイトル妊娠出産育児 まじめママの経験談ブログ
ブログURLhttp://xn--o9j930hsoa55vpvak17j35q.com/
サイト紹介文結婚から妊娠、出産、育児と続くマイストーリーをご紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/09/24 18:55

まじめママ さんのブログ記事

  • ご主人がイクメンに変身!その方法とは?
  • 子供が生まれて毎日育児と家事で大忙しの主婦。ご主人も当然手伝ってくれるものだと思い込んでいたけれど、結局は何もやってくれない・・・忙しく子供の世話をしている奥さんを横目にゲームやテレビを観たり、終いには「ごはんまだ〜?」なんていわれたら、ブチ切れてしまいますよね。産後は自分の体と心が不安だと感じる女性も多く、寝不足と育児の疲れでどうにもならない状態で悩んでいる人も多いのです。また、最近深刻になって [続きを読む]
  • 学校の視力検査で再検査
  • 親としては学校での視力検査が気になるものですよね。両親とも視力が良い場合はともかく、どちらかの視力が悪い場合は、子供に遺伝するのではないかと心配になってしまいます。私自信、小学6年生くらいから徐々に視力が落ち始め、今ではメガネかコンタクトがないと生活できません。できれば子供には目を大切にしてもらいたいと思いますが、遺伝的な要素が大きいとなると仕方がないと諦めるしかないですね。とは言ってもできるだけ [続きを読む]
  • 夏風邪は意外としつこいので要注意!
  • 風邪などの病気は秋や冬など乾燥する季節に流行するイメージがありますが、梅雨から夏にかけても大流行するのが夏風邪です。夏風邪はいくつかの代表的なウイルスをまとめて分かりやすく言い換えているだけで、実際はそれぞれ病名があります。病院ではウイルスを特定する検査をしないことが多く、「夏風邪」と言われるかもしれません。夏にひく風邪は冬ほどひどくないように感じますが、実際は感染力が強く高熱やのどの痛みなどが出 [続きを読む]
  • 子供の歯並びが心配・・・矯正すべきなのか
  • 私は、小学生のころ歯の矯正をしました。当時は今ほど歯並びについてうるさく言われることはなかったはずですが、母が将来困らないようにとやってくれたのでしょう。しかし、子供のころはその気持ちなど分からず「なんでこんなことしなくてはならないの?」と泣いて訴えたものです。最近はそれほど珍しくはない矯正の器具も、当時は冷やかしに的でしたし、何よりも違和感と痛み見た目の悪さが辛かったのです。もちろん今はその時に [続きを読む]
  • 話題の寄生虫アニサキス・・・生魚には注意が必要
  • 最近話題のアニサキス。お寿司やお刺身が好きな人は、ドキッとしたのではないでしょうか? 私も家族も生魚が大好きで、たびたびお寿司屋さんにも行きますし、スーパーでお刺身を購入することも多いのです。しかし、アニサキスの存在を知ってからは、少し控えるようになってしまいました。芸能人にもアニサキスによる食中毒の症状で大変な思いをした人が多いらしく、ご自身の実体験をテレビやブログで告白しています。最初はめった [続きを読む]
  • 家ではしゃべるのに外では言葉が出ない場面緘黙症とは?
  • 知能も言葉の遅れもないのに、幼稚園や学校では話ができない場面緘黙症という病気があります。本人も一生懸命克服しようとはしていても、どうしても言葉を発することができずに「しゃべれない子」になってしまうのです。原因は極度の緊張、以前の恐怖体験、たくさんの人の前で恥をかいた経験、先天的な遺伝や性格などですが、研究があまり進んでいないので分からないことが多い病気なのです。外で話すことができないと、幼稚園や学 [続きを読む]
  • 季節外れのインフルエンザ流行
  • インフルエンザの流行と言えば、12月から始まり2月末というイメージがあります。度々、流行が早まりまだ予防接種を受ける人が少ない11月に始まることはあります。しかし、今年のように4月末もうすぐ5月になろうという暖かい時期に、学級閉鎖が出るほど流行する地域があるのは稀です。当然、去年の年末に受けた予防接種の効果はすでになく、新たに受けるか諦めるかしかありません。高熱が出てもまさか今の時期にインフルエンザに感 [続きを読む]
  • 子供の身長の伸びが悪い・・・もしかして低身長?
  • 周りの子供に比べて明らかに身長が低い・・・伸びが悪いなんて悩みはないでしょうか? 子供の成長は人それぞれで、比べる必要はないと分かりつつも、どうしても気になってしまいます。検診や幼稚園、学校での身体測定で前回から伸びていない場合は、特に心配です。子供は常に成長しているはずなのに、全く身長が伸びていないと、やはり何か問題があるのかもしれません。まだ小さいころは、成長の正常範囲がかなり広く、そのグラフ [続きを読む]
  • 周囲の子供に比べて言葉が遅い・・・すぐに病院に行くべき?
  • 子供の成長は親にとって何よりの楽しみですね。初めて寝返りをした日。初めてハイハイした日。初めて歩いた日。初めて「ママ」と言った日。様々な初めてが育児の疲れや悩みを一気に消してくれますよね。そんな子供の成長は時に、他人と比べるものになってしまいます。最近の親は育児書を読みすぎていると言われていますが、近くに親や育児の先輩がいない場合は、それに頼るしかないのです。また、ネットの普及で些細なことでもすぐ [続きを読む]
  • 不登校の約半数は病気が原因だった!
  • 先日、久しぶりに会った友人と立ち話をしていました。子供が小さいころに出会ったママ友ですが、引っ越してからはしばらく会う機会がなかったのです。同年代の子供を持つ親同士、子供の悩みを色々話していると、彼女の娘Aちゃんが不登校気味になっているとのこと。Aちゃんはリーダー的な存在で友達も多く、不登校とは無縁のように思っていたので、とても驚きました。それまでは何の問題もなく学校に通っていたのですが、5年生の [続きを読む]
  • 意外と間違いやすい流行性耳下腺炎(おたふく風邪)
  • 昔はほとんどの子供が感染した流行性耳下腺炎。おたふく風邪と言った方が分かりやすいかもしれません。この病気は主に子供が集団生活で感染することが多く、大人になって感染する人はあまり多くありませんでした。しかし、最近は予防注射の普及から大流行することが少なくなったため、大人になってから感染する人も増えているそうです。元々は、それほど怖い病気ではありませんが、まれに脳炎や髄膜炎、難聴を発症することがあるの [続きを読む]
  • 子供のチック症・・・早期発見が大切
  • 子供は大人が思っている以上に色々なことを考え、感じています。それは、必ずしも自分にとって良い情報だけではなく、「嫌だな」「怖いな」「やりたくないな」という精神的にプレッシャー、ストレスになることもたくさん含まれています。大人は、そんな時は誰かに相談したり、経験から自分で解決、解消する方法を知っていますが、子供はそれを説明したり相談することがとても下手なのです。なかには、自分の気持ちを上手に説明し、 [続きを読む]
  • 長引く咳は風邪じゃない?小児気管支喘息かも
  • 小さな子供は、年中風邪をもらってきます。人それぞれ症状は違いますが、気管支が弱い人は咳が止まらず長引くこともありますよね。しかし、咳が長引いたり音が変な場合は、単に風邪の症状ではなく気管支喘息かもしれません。昔から、喘息の子供はいましたが、それほど多くはなかったはずです。最近は、その人数がかなり増えているようで、環境汚染やアレルギーの増加、食生活の変化などが原因だと言われています。喘息になると、夜 [続きを読む]
  • なかなか治らない咳はマイコプラズマ肺炎かも
  • 幼稚園や保育園に通っている子供は、常に病気をもらってくる可能性があります。まだまだ免疫力が低く、体が弱い小さな子供にとって、病原菌がウヨウヨしている園内での生活では、過酷なものかもしれません。もちろん、誰もが通る道で免疫を付けるためにも大切な時期でもあるのです。小さなころに感染しておくと軽く済む病気も多く、必ずしも感染することが体に害になるわけではないようです。我が子も幼稚園に通う頃になると、年中 [続きを読む]
  • テレビの音量を上げたら中耳炎かも!
  • 子供が風邪をひいたら中耳炎も同時に疑え!と言われるほど、最近は中耳炎になる子供が多いそうです。我が家の息子も、赤ちゃんの頃から風邪をひくたびに中耳炎の患い、何度救急病院を受診したことか・・・なぜか中耳炎の痛みは夜中に発症することが多く、痛すぎて大泣きする子供がかわいそうで見ていられませんでした。中耳炎は繰り返すと言う人がいますが、医師に確認したところ、一度発症したら繰り返すのではなく、もともとなり [続きを読む]
  • 風邪と間違いやすい溶連菌感染症とは?
  • 子供が発熱とのどの痛みを訴えた場合、一番に疑うのか風邪ですよね?小さい子供は年に何度も風邪をひくものなので、特別な病気とは思わないのは当然かもしれません。また、病院を受診しても「風邪ですね」といつも通りの薬を処方されるだけで終わることが多いため疑うことはしません。しかし、熱が下がらない、何度も繰り返すので再度受診したところ、溶連菌感染症だと診断されることが意外と多く、医師でも風邪との違いが分かりに [続きを読む]
  • インフルエンザの予防接種は意味がない?
  • インフルエンザワクチンは効果がない!最近、新聞などに取り上げられて不安に思っている人も多いと思います。小さな子供やお年寄りは悪化すると重篤な症状になる可能性があるので、冬が近づくと多くの人がインフルエンザの予防接種を受けているはずです。一回数千円もする予防接種を毎年家族で受けるのは、普通の家庭ではかなり負担になるはずです。せめて小さな子供だけでも無料、もしくは補助が出るなどの対応が欲しいところです [続きを読む]
  • 突然の発熱!もしかしたら突発性発疹?
  • 生まれて初めての高熱!親は本当に心配になります。赤ちゃんの体温はもともと大人よりも高めですが、高熱が出ると信じられないくらいの熱さになってしまいます。まだ言葉を発することのできない赤ちゃんがぐったりとして辛そうにしている姿を見ると、すぐにでも病院に駆け込みたくなりますね。赤ちゃんはお母さんのお腹の中でたくさんの免疫をもらっています。初乳にもその効果があると言われているため、多くの病院ではな [続きを読む]
  • 妊娠中あるある・・・今までなかったはずのシミが出現
  • 出産後に今までなかったはずのシミに気づいた人は多いはず。産後は赤ちゃんの世話で忙しく、スキンケアや化粧をする暇がないく、気付いた時に何個もシミが出現していたなんて悲しいですよね。これは、妊娠、出産のホルモン変化によってできたものなのです。妊娠中は体質が変化し、今まで使ったきた化粧品が使えない、肌が敏感になりちょっとしたことですぐにかぶれたり、痒みが出るなんてこともありますよね。お腹の中で子 [続きを読む]
  • 何をやっても泣き止まない!そんな時に役立つ裏ワザ
  • 赤ちゃんが欲しいと思っている時は、とにかく可愛くて仕方がないものだと思っていましたが、実際子育てが始まると大変なことの方が多いかもしれません。まず、一番困るのが昼夜を問わず泣くことです。育児書や母親学級ではお腹が空いた、おむつが濡れたなど不快な時に泣くと教えられます。最初の数か月は3時間おきに授乳やおむつ替えをしなくてはならず、とにかく寝不足と疲労がたまるものです。中にはあまり泣かない赤ちゃんもい [続きを読む]
  • もしかして育児ノイローゼ・・その症状と解決方法
  • 世の中のママたち全員が幸せそうに感じる時ってありませんか?自分だけが取り残されて子供と二人きり・・泣いてばかりの小さな我が子を前に「こんなはずじゃなかった」と涙ぐんだ経験が私にはあります。 子供ができる前は好きなことをして、おしゃれや旅行、主人や親にもわがままを言ってみたり・・まだまだ子供っぽさを残しながら楽しい時間を過ごしていました。それなのに、あんなに望んでできた子供を前に「こんなはずじゃなか [続きを読む]
  • 妊娠中に自宅安静で便秘が悪化した!
  • 妊娠中は、どんなに健康な人でもトラブルが突然トラブルが起こることがあり、多くの妊婦さんが不安を抱えるようです。入院までいかなくても自宅で安静にするように指示される妊婦さんも多く、処方された薬を服用しながら様子を見ることがあります。これは切迫流産や、切迫早産、前置胎盤、妊娠中毒症など様々な原因によるものです。いつも通りの生活を送ることで母体に負担がかかり、症状が悪化する可能性があります。ですから、無 [続きを読む]
  • 不妊治療を始めるきっかけは?
  • 妊活と不妊治療は別と考えている人もいるようですが、私は不妊治療も妊活の一つだと考えています。最初に妊活を始める際は不妊治療は最終手段のように考えるものですが、実際に妊活を進めてみると色々な情報を得る機会があり、体質改善を目的に行う妊活と並行して自分の不妊症状に合った治療を受けることも大切だと思うようになり、その内容を知ればお金をかけずに医療行為が受けられることが分かります。不妊治療を始めようと思っ [続きを読む]
  • 出産は夫婦で乗り越える!里帰りしない女性が増えている
  • 出産の1ヶ月前には自分の実家に里帰りし、母や祖母とその日を待ち、産後の赤ちゃんの入浴や着替えなどの面倒を見てくれる。そんな当たり前の光景が今は少なくなっているようです。出産時に誰かが居てくれ、産後1ヶ月は家事をせずに体を休めることができるため、新米ママにとってはありがたい里帰り出産です。 しかし、核家族化が進み母親も仕事をしていることも多く、夫婦二人で産後を乗り切る家族が増えているそうです。大きな会 [続きを読む]