怖い話らぼ−怪談・都市伝説まとめ− さん プロフィール

  •  
怖い話らぼ−怪談・都市伝説まとめ−さん: 怖い話らぼ−怪談・都市伝説まとめ−
ハンドル名怖い話らぼ−怪談・都市伝説まとめ− さん
ブログタイトル怖い話らぼ−怪談・都市伝説まとめ−
ブログURLhttp://kowaihanashilabo.com/
サイト紹介文ネットに散らばる怖い話を見やすくまとめたサイトです。
自由文主に2ちゃんねるの怖い話やホラーテラーの怖い話を1日一回の頻度で更新していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供192回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2015/09/24 19:49

怖い話らぼ−怪談・都市伝説まとめ− さんのブログ記事

  • 赤い部屋【意味が分かると怖い話】
  • ある女性は東京の大学に進学が決まり、東京の安いアパートに一人暮らしすることなった。安いといっても築10年くらいの駅近のアパート。綺麗ではなかったがその部屋には満足していた。そんな部屋で生活をしてているうち、部屋の隅に小さな穴があいているのに気づいた。その... [続きを読む]
  • 盲目の住職の怖い話
  • ある寺に、l一人の盲目のK住職がいた。これはそのK住職が、数人の若い住職を連れて恐山に行ったときのこと。知っている人もいると思うけど、恐山には所々に死んだ人の冥福を祈るために、それぞれの思いが込められた、たくさんの小石が山のように積まれている。盲目... [続きを読む]
  • 私が泊めたのは誰?【投稿怖い話】
  • 投稿者: ピクルス私は今年25歳になるしがない社畜。数年前の大学生時代、気味の悪い体験をしました。当時私は大学3年、バイトに勉強に就活に忙しい毎日を送っていました。こんな事を言うと嫌な奴だと思われるかもしれませんが、私は愛想だけは良く、知り合いは沢山いる方でし... [続きを読む]
  • 同級生からの連絡
  • 僕が今年の夏に経験した話です。今年の夏、田舎に帰るかどしようか迷っていた頃、ヨッシーから電話がありました。『何年も戻ってないけど、どうしてるんだ?今年の同窓会には参加しないのか? 今年は盛大にやるから、先生たちも同級生も、ほとんどみんな出てくるんだ。 幹... [続きを読む]
  • 『モロ』
  • 俺の親戚の間で有名な話。姪が小6のとき、下校中にクルマから降りてきた男に腕を掴まれ、危うく連れ去られかけるという事件があった。姪が激しく抵抗していたら、どこからともなく仔犬が現れて、猛然と男の足に噛み付いた。男は驚いて逃走し、事無きを得た。仔犬は姪を... [続きを読む]
  • 不気味なバイク【投稿怖い話】
  • 投稿者:にか初投稿です。文章下手ですがお許し下さい。これは自分がH県の○○山に行った時の話です。私はバイクが趣味で毎年どこかにバイクで走りに行っています。「H県なら夜景がとても綺麗な山があるよ、僕もいろんな所に行ったけどあそこは格別だ。」と友達のYさんに教え... [続きを読む]
  • きじまさん
  • “きじまさん”と言う、あるチームの創立メンバーの友人がいた。この人がひき逃げによる交通事故に遭ったところから、すべては始まりました。リーダーを含めたメンバーが病院に駆けつけた時、『面会謝絶』の札がドアから外されたところでした。廊下には両親がいて、母親は泣... [続きを読む]
  • 友人二人と夜中ドライブした時の話。
  • 何年か前、友人二人と夜中ドライブした時の話。怖いと言うか、びっくりした。友人の一人Aはガチガチの理系で、「物を見ると言うことは、つまりそこに光を反射するなんらかの物体が存在するわけで、 人の目の構造上、特定の人にだけ見える光を反射するというものは存在しな... [続きを読む]
  • 田舎の墓参り
  • 13日に田舎の墓参りに行ってきた。毎年恒例で、俺は東京で一人暮らしして初めての里帰りだった。寺には一族郎党が集まり、仲の良いいとこのDもきていた。お経も終わり墓参りも終わって、寺の座敷でみんなくつろいでいたとき、俺は東京のことをいろいろ聞かれて、うざいなあ... [続きを読む]
  • 同居人の話
  • 以前住んでたアパートでの体験。30歳の上限で社宅を出て行くことになり、東大阪に2DKの部屋を借りた。住み始めて1ヶ月後、飲み会で終電落とした先輩を泊めることになった。寝入ってしばらくして、「うわっ」と顔色を変えている先輩に、「どうしたんです?」って聞... [続きを読む]
  • お守りの中身
  • Nちゃんの小学校から付き合いのある友達、育美ちゃん(仮名)が体験した、本人にとってはすごく辛くて悲しい話。育美ちゃんは、小学校に上がる前にお父さんを亡くしてしまい、お母さんはその後再婚もせずに働きまくって、育美ちゃんを高校はもちろん、大学にまで入れてくれま... [続きを読む]
  • ガラス戸の向こう
  • この事件がおこるまで、俺は心霊現象肯定派だった。でも今は肯定も否定もしない。今から12年前、俺は仕事の都合で部屋を引っ越す事になった。その部屋は会社が用意したもので、引っ越し等も全て業者にまかせ。引っ越しが完了して、初めてその部屋に入った。ドアを開けたそ... [続きを読む]
  • 一家心中のあった別荘の掃除
  • こういったところに書くほど怖くはないかもしれませんが、一家心中のあった別荘の掃除がありました。ただ、血糊がべったりとかはありません。死体とかそういうのは特殊清掃といって、衛生的に安全な手順を踏んだり特殊な薬品を使うため、うちみたいななんでも屋では引き受... [続きを読む]
  • 観光客向けのホテルだった場所
  • 俺の実体験で、忘れようにも忘れられない話があります。今から4年前の夏、友人のNと二人で、車でY県にキャンプに行った。男二人だし、どうせやるなら本格的なキャンプにしようということで、少し山奥にある河原にテントを張った。清流で魚も多く獲れそうなので、二人で釣... [続きを読む]
  • 古い家の仏間
  • 俺の実家は古い木造で、仏間がなんだか妙だったんだな。そこだけ妙に空気が重かった。窓がなく四方をふすま戸で、開けたままにしてたらやけに怒られた。他の部屋の戸なら怒られないのに、何故仏間だけ?と不思議に思ったもんだが、何年も暮らすうちに理由がわかった。... [続きを読む]
  • おじいちゃんが・・・
  • ある田舎町の高校で、写真部に所属する男が、同じ学校の女の子に片想いした。彼女は町外れの古い家でおじいさんと2人暮らしで、おじいさんの面倒をよくみるとても優しい子で、みんなから人気があった。そんな彼女に惚れた彼は、写真のモデルを頼んだりして付き合い、やがて... [続きを読む]