怖い話らぼ−怪談・都市伝説まとめ− さん プロフィール

  •  
怖い話らぼ−怪談・都市伝説まとめ−さん: 怖い話らぼ−怪談・都市伝説まとめ−
ハンドル名怖い話らぼ−怪談・都市伝説まとめ− さん
ブログタイトル怖い話らぼ−怪談・都市伝説まとめ−
ブログURLhttp://kowaihanashilabo.com/
サイト紹介文ネットに散らばる怖い話を見やすくまとめたサイトです。
自由文主に2ちゃんねるの怖い話やホラーテラーの怖い話を1日一回の頻度で更新していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供405回 / 365日(平均7.8回/週) - 参加 2015/09/24 19:49

怖い話らぼ−怪談・都市伝説まとめ− さんのブログ記事

  • やみ駅 - きさらぎ駅 - かたす駅
  • どこに書いたらいいのかわからなくて、ここに書き込むことにしました。怖い話ではないけど、不思議な話です。皆さん、きさらぎ駅って言う駅を知ってますか?何年か前に、2chで有名になった怖い話だそうで、はすみさんという方がその実在しない駅に迷いこんでしまって、... [続きを読む]
  • 燃える車
  • 母の若い頃の話で、怖い(というか危なかった)のがある。母は四、五年ぐらい前までタバコ吸ってたんだが、二十歳前位に乗ってたのが中古の高級車らしくて、結構車が好きで、中古でその高級車(名前忘れた)見て安かったから、ばあちゃんに言って頑張って買ったらしい。... [続きを読む]
  • あいにきた父
  • 蝉がうるさく鳴き風鈴が心地よく鳴る、中学三年の夏休み。周りは受験勉強だの家族旅行だので遊ぶ友達もいなかった僕は、何もせずまったりと家でかき氷を食べてました。両親は仕事で、家は僕とおばぁちゃんだけです。僕はふと庭を見ると、おばぁちゃんが松の木の下でイスに... [続きを読む]
  • クラスメイトの家
  • オカルトとはちょっと違うけど、今でもトラウマになってる話。小学生の時、いつも遊んでるグループの中で、ある日ちょっとした喧嘩をしてしまって孤立した。放課後一人で本屋で立ち読みをしてると、同じクラスの全然目立たない男の子も立ち読みしてて、話しかけると一緒... [続きを読む]
  • 紙人形
  • これは私が小学校5,6年だった時の話です。実話かどうかは、確認しようがない状態なのでなんとも言えません。それに、こんなネット上の掲示板に書いていいのかもわかりません。その当時ビックリマンチョコが流行っていて、よくシールの交換をする仲間内の一人が友人の... [続きを読む]
  • 真っ黒なにゃんこ
  • お隣さんに、少し痴呆気味のおばあさんと、足腰の弱いおじいさんが住んでいる。その家では真っ黒なにゃんこも居るんだが、飼っているわけではなく住み着いてしまったとの事。ある日、私が家の中でだらだらしていたときに、そのにゃんこがいつの間にか隣に居た。びっくりした... [続きを読む]
  • 湖畔の鳥?
  • 俺がまだ小学生の頃だったと思う。多分、3、4年生だった。校外学習だったかなんだかで、バスに乗って美術館に行った。美術館について一通り順路を回った後、指定された時間まで各々自由に見て回って良いと言われたので、仲の良い友人数人(確か自分含めて4人ぐらい)で... [続きを読む]
  • わすれもの
  • 長い時間にわたっての恐怖体験なので、ちょっと書くのが難しいのですが・・・ある程度まとめてみました。僕の実家の近所に、M寺というお寺があります。ここはあの有名な〜さんが眠っているお寺で、時々観光にやってくる人を見かけたりしました。僕が小学校4年生の、夏... [続きを読む]
  • 営業会社の話
  • 昔、訪問販売の営業をしていた会社で聞いた怖い話です。分り易い様に小説風に書きました。長いですが、お付き合い頂ければ幸いです。怖くなかったらごめんね(´・ω・)前提:営業5人程のグループ毎に車両長と云うものが付き、車両長が指示した場所(集合住宅)に降ろされ... [続きを読む]
  • アキオ
  • 俺が今でもRPGやんないのは理由があんだよ。小学校2年の時。その頃はみんな知ってる通り、ファミコン全盛期。当時うちでは金銭的な理由ではなく、親の教育方針みたいなもんで、ファミコンのソフトはなかなか買ってもらえないものだったんだ。誕生日とクリスマス、そしてば... [続きを読む]
  • こっちにおいで【投稿怖い話】
  • 投稿者:どら幽霊とかの類いは絶対信じないと豪語する、職場の元先輩から聞いた話です。先輩(Sさんとします)が休日、自宅の一室で仰向けに寝転んで漫画を読んでいたそうです。すると、顔の両サイドからニョキっと、床から生えてくるような感じで手が伸びてきて、Sさんの顔面... [続きを読む]
  • ベルリンの手紙
  • 1946年 雑誌『ニュー・ヨーカー』 ジョエル・サイア氏『ベルリンの手紙』ある日の夕暮れ近く、勤めからの帰りがけに、一人の若い婦人が、クネーゼベックシュトラッセのひどく爆破された住宅街で電車を待っていた。その時、一人の盲目の男が彼女に突き当たった。彼... [続きを読む]
  • 白いくねくね
  • どこに書いたらいいのか分かんないんだけど、ここに書かせてください。誰に言っても曖昧な答えしかしてくれないので、ここなら誰かが俺に答えをくれるかも。小学4年生くらいのことなんだけど、親戚が水泳教室を開いていて、そこの夏季合宿みたいなのに参加させてもらっ... [続きを読む]
  • トントン
  • まだ10代のころ、生まれて初めて一人暮らしをした。住み始めて3〜4ヶ月経った頃、夜中にトイレに行くと、玄関のドアを「トントン」叩く音がした。ちゃんとインターホンもあったんだけど、気付かなかったのかな?と思い、玄関ドアの覗き穴を見ると誰もいない・・・そのとき... [続きを読む]
  • 目の端に…
  • さっきまでバイト行ってたのよ。ファミレスの皿洗いなんだけど。なんか今日のバイト中、ずっと変な感じがしてたのね。なんかこう、いつもの様に茶碗はまとまらねぇし、コップは入れ物ごと落とすし、食器洗い機の火はすぐ消えるし、皿重ねてたらいきなり割れるし。調... [続きを読む]
  • 神様の通り道
  • かなり前のことですが、私は当時高校生で、母と犬とで車で近場に買い物に出掛けていました。帰り道、犬が鳴き始めたので、少し散歩させようと車を止めました。ふと横を見ると、いかにも村のお社といった雰囲気の神社がありました。周りはごく普通の住宅街で、母はその辺りを... [続きを読む]
  • 箱の中の少女
  • 十年以上前の話です。当時、私の祖父は腕の良い建具職人でした。私はそんな祖父の仕事ぶりを眺めるのが好きで、よく仕事場に出入りしていました。その日、私はいつものように祖父の家を訪れ、落ちている木ぎれを拾って遊んでいました。目の前で祖父が作業台の前に座っ... [続きを読む]
  • こっちにおいで【投稿怖い話】
  • 投稿者:どら幽霊とかの類いは絶対信じないと豪語する、職場の元先輩から聞いた話です。先輩(Sさんとします)が休日、自宅の一室で仰向けに寝転んで漫画を読んでいたそうです。すると、顔の両サイドからニョキっと、床から生えてくるような感じで手が伸びてきて、Sさんの顔面... [続きを読む]
  • 祈願
  • 先日、曾祖父の七回忌があった時に、祖父から聞いた話です。もしかしたら、よくある戦時中の話かもしれません。第二次世界大戦が終戦する1年ほど前の話です。代々うちの家は神主の家系で、免許みたいなのが出来るずっと前から神主を営んでたそうです。平安時代の神祇官(?)... [続きを読む]
  • 犬鳴き峠
  • 当時学生だった私は、Aという友達とよく放課後に残っては、下らないダベリを繰り返してました。部活なんか入ってなかったので。まぁ、私もAも恐い話が好きなほうで、よく恐い話を仕入れてきては楽しんでいました。たまに女子も入ってきてキャーキャー言いながら、放課後... [続きを読む]
  • 超常現象の正体
  • 7年前、年が3つ上の兄貴が大学に通っていた頃に聞いた話。兄貴は大学の理工学部なんだけど、よくオカルト好きな友人を家に招いては、霊や超常現象の話題で盛り上がっていた。科学的な観点から、霊や超常現象の正体は何かと、酒を飲みながら結構真剣に話していたのを覚えてい... [続きを読む]
  • 埋め立て
  • 私は四国の田舎の村出身ですので、幼小中と同じ地区の子供が集まり、ほとんど面子が変わることはありません。これは20年近く前、私が中学生だった頃聞いた話で、事件の1年後くらいに本人に確認を取っています。私の2つ下にAという男の子がいた。Aは取り立てて変わった... [続きを読む]
  • ハヤシさんの正体【投稿怖い話】
  • 投稿者:あっぱれ僕はとある進学塾の、電話営業の仕事をしています。これまでに、自宅や会社でいくつか不思議な体験をしているのですが、その中のひとつを紹介しようと思います。今から1年くらい前の、早朝6時半頃だったでしょうか。僕はいつものように、ひとりで自宅の自... [続きを読む]
  • 学校を早退した日
  • 俺が小学2年生の時の話。ある日、熱が出て学校を早退してきた俺。学校と家が近い、父は仕事、母は出かけていた為、歩いて帰って来た。二階の部屋で寝ていると、一階から物音が聞こえた。母ちゃんが帰って来たのかなと思って一階に行ってみると、隣の家のおじさんがいた。手に... [続きを読む]
  • 行きつけのコンビニ
  • 都心部も少し外れたところはコンビニが少ないので、行きつけのコンビニが自然と決まってくる。工房だった自分は一箇所をよく利用してて、ほとんどの店員と知り合いになってた。その日はたまたまレポート用紙が足りなくなって、夜に買い足しに。その時のレジも馴染みのバイト... [続きを読む]