怖い話らぼ−怪談・都市伝説まとめ− さん プロフィール

  •  
怖い話らぼ−怪談・都市伝説まとめ−さん: 怖い話らぼ−怪談・都市伝説まとめ−
ハンドル名怖い話らぼ−怪談・都市伝説まとめ− さん
ブログタイトル怖い話らぼ−怪談・都市伝説まとめ−
ブログURLhttp://kowaihanashilabo.com/
サイト紹介文ネットに散らばる怖い話を見やすくまとめたサイトです。
自由文主に2ちゃんねるの怖い話やホラーテラーの怖い話を1日一回の頻度で更新していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供496回 / 365日(平均9.5回/週) - 参加 2015/09/24 19:49

怖い話らぼ−怪談・都市伝説まとめ− さんのブログ記事

  • 光る、揺れる、睨む【投稿怖い話】
  • 投稿者 : 茶々丸北関東の出身です。幼い頃、祖母と体験した話。ピアノ塾の帰り道、怖い場所がありました。一つはピアノ塾の母屋のガレージ。黒い人がボーっと霞んで見えます。もう一つは、近所の乗用車。蔦やら草やらに覆われた乗用車が、近隣のある農家の納屋の横に置かれて... [続きを読む]
  • 塾の入っているビル
  • 友人が体験した恐怖をお話しさせてください。現在20代半ばの彼が、小学6年の時に体験したものです。○袋にある○○学院という中学受験の塾に通っていた彼は、夏季講習が休みの日も友人たちと自習室で勉強していたそうです。そのうち休憩を取ろうということになり、コンビ... [続きを読む]
  • カカシ
  • 年末から年明けにかけて、俺は実家の在る群馬に戻って郵便局でバイトをしていた。高校2年の時から長期休みの時は、必ずこの郵便局でバイトをしていたし、田舎な事もあって、その郵便局の配達ルートを全て覚えていた。そんな事もあって、局員には「即戦力が来てくれた」と喜ば... [続きを読む]
  • 光の中にいた闇【投稿怖い話】
  • 投稿者:山神 凛学生の頃の話です。ある時から不思議な夢やデジャヴ、金縛りなどの霊障が始まり、今もそれが続いています。当時、父がCATVを契約し、海外ドラマにというものにハマっていた時期がありました。あるドラマに出演していた女優さんに目がとまり、今もファンとして... [続きを読む]
  • 供養の人形
  • 俺が小学の頃だったかな・・・。季節は8月くらい、夏休みの終わりの頃だった。俺の故郷は海の近くで、海岸線には堤防がある。その堤防の近くの土手で、よく仲間と遊んでいたものだった。その日は夏休みももうすぐ終わろうとしている頃で、俺達はスケボーを持ち出して、その堤防... [続きを読む]
  • 実家の押入れ【投稿怖い話】
  • 投稿者:松井弘美あれは、夏のもの凄く暑かった日の出来事です。仕事が意外に早く終わり実家に立ち寄りました。夕食を一緒に母と食べて、何気ない話をしながら、テレビをみていました。母はテレビの左側、自分はテレビの正面。背後に押入れ。ふと、寒気がして、寒いぼがでて... [続きを読む]
  • 距離を置くようになった
  • 俺が高校生2年になった時、同じクラスにYという男がいた。俺とYは気が会う友達でよくつるんでいたが、突然夏辺りを境に、Yは俺から距離を置くようになった。話しかけても適当にはぐらかされるし、グループ分けの時にも俺を避けるようにしやがる。別に俺もYもクラス内で... [続きを読む]
  • 山歩き【投稿怖い話】
  • 投稿者: みあ私がまだ小学三年生の夏休みのこと。祖父母と毎年お盆休み前に山奥の温泉宿に1週間泊まりに行ってました。秘湯というか、小さな集落が点在する辺鄙な場所でした。温泉は宿から少し坂を下った集落の共同の温泉で混浴。だから我が家では、小学4年までしか連れてっ... [続きを読む]
  • 北東北の観音様【投稿怖い話】
  • 投稿者: ゆい大学生の頃の話です。真夏になると思い出します。北東北のお祭り、有名なものが沢山ありますね。そのうちの選りすぐりのひとつが間近な頃。             関東からその大学にいく学生は少なくて、同県人なんて数名。親やら親戚やらが学校という学校... [続きを読む]
  • 夢の侍
  • 俺の母親に聞いた話。母親は俺が生まれる前に夢で侍に会って、「お前の子どもは死産になるだろう。その子の魂は穢れているから我々の食料になるのだ」と言われたそうだ。それで困った母親が、親戚の修験者にその話をして、霊験あらたかな荒縄をどこからか入手した。そしてそ... [続きを読む]
  • お葬式
  • 数年前、夜の12時頃に、そのころ付き合ってたSから電話が掛かってきた。せっぱ詰まったような声と口調で、話の内容がイマイチ理解出来ない。外にいるみたいなんで、取りあえずウチまで来いと言った。Sはタクシーでやって来た。普段は滅多に使わないのに。部屋に入ってもな... [続きを読む]
  • 予備校で
  • 浪人時代に、同じ予備校の人につきまとわれた。全く身に覚えがないのに、ヤツの頭の中でいつの間にか彼女にされたのだ。ヤツと高校時代に同級生だったA君が、たまたま私の友人となり、同じ予備校にいた。ある日の授業で、たまたま隣に座ったのが全ての始まりだったようだ。(... [続きを読む]
  • 話し中
  • 5年前の秋、まだ学生だった俺は、ちょっと古めのマンションに引っ越したんです。なんとなく公団住宅みたいな感じで、間取りのワリに値段も安かった。日当たりは良くなかったけど、部屋の中はけっこう綺麗だったし、俺は満足してました。ただ、ちょっと変というか、妙なこと... [続きを読む]
  • 月曜日の夜
  • 以前住んでたマンションの一室。場所ははっきり書けないけれど、大雑把に言うなら新宿・渋谷とも徒歩で行ける場所。駅は2路線使用可、歩いて5分もかからない。周辺は閑静な住宅街、しかも緩やかな丘の上に建つ5階建てマンションの最上階。眺望は抜群で赤坂あたりまで一望でき... [続きを読む]
  • 石鬼神様
  • 母の話。あまりくわしくは書けません。ご了承下さい。名前も仮名です。母は幼少の頃は徳島の山奥の村に住んでました。その日は親戚が集まり大事な話があったみたいだったので、母と兄は隣の部屋に先に寝かされました。しかし、隣が気になり寝付けずにいると、隣から祖父の声... [続きを読む]
  • 自己責任【閲覧注意の怖い話】
  • 5年前、私が中学だった頃、一人の友達を亡くしました。表向きの原因は精神病でしたが、実際はある奴等に憑依されたからです。私にとっては忘れてしまいたい記憶の一つですが、先日古い友人と話す機会があり、あのときのことをまざまざと思い出してしまいました。ここで文章... [続きを読む]
  • 綺麗な足
  • 電車の座席に本を読みながら座っていた時のことです。日曜の昼で、あまり混んでいませんでした。本を読み終わり、ふと目をやると、向かい側の座席に座っている女性の綺麗な足がありました。何気なく上に目をやると、なんとその足の持ち主は恰幅の良い中年のおじさんでした。... [続きを読む]
  • 奇妙な空き家
  • 今から7〜8年前かな、ガキの頃の話。その頃俺は、サバイバルゲームとかエアガンの撃ち合いとか、危ない遊びばかりしてた。いつもみたいに5人で撃ち合いを終えて、陽も傾いてきたから引き上げようとしていた。その日は覚えていないが少し遠くに行って、俺は帰り道を覚えて... [続きを読む]
  • 物凄い雨
  • 今日8時過ぎに、自転車でバイトに行ったんです。家を出る時は晴れてたんですけど、出てすぐに雨が降りだしました。家からバイト先までは自転車で10分程度で、1回帰って傘もって出るのもめんどくさかったんで、そのまま雨の中を突っ切って行きました。そうしたら、もう物凄い... [続きを読む]
  • 神様の卵
  • 俺が子供の頃、母方の祖父が養鶏場をやっていた。祖父が死んで今は人手に渡ってしまったが、まだ祖父が元気だったころ、夏休みのたびに遊びに行っていた。どういう経緯だったか前後がはっきりしないのだが、俺が手に卵を持っていて、そして祖父がこう言った。「それは神様だ... [続きを読む]
  • ノエ君
  • 俺がリア消4年の頃だから、もう20年くらい前のことなんすけど、1コ上の友達に、ちょっとキワイ感じのノエ君(本名は忘れた)って子がいたんですよ。彼は山の生き物が大好きで、レア種をゲットするためには手段を選ばない。ヒラタクワガタを捕まえるために山火事を発生させた... [続きを読む]