pharmacist-memo さん プロフィール

  •  
pharmacist-memoさん: 薬剤師のメモ帳
ハンドル名pharmacist-memo さん
ブログタイトル薬剤師のメモ帳
ブログURLhttp://pharmacist-memo.blogspot.jp/
サイト紹介文病院薬剤師のメモ帳ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2015/09/25 00:33

pharmacist-memo さんのブログ記事

  • ■熱中症の症状
  • ≪軽症≫ ・めまい、失神(立ちくらみ) ・生あくび ・気分の不快 ・大量の発汗 ・筋肉痛 ・足、腕、腹部の筋肉痙攣(こむら返り) ・手足の痺れ ≪中等症≫ ・頭痛 ・倦怠感、虚脱感 ・吐き気、嘔吐 ・強い喉の渇き ≪重症≫ ・意識障害 ・せん妄 ・高体温 ・痙攣 ・手足の運動障害 ≪相互リンク≫薬剤師の話薬剤師のメモ帳病院薬剤師日記薬剤師の話:facebookページにほんブログ村:薬・薬剤師ブログ [続きを読む]
  • ■マーケティングとは!?
  • 市場(顧客や消費者)が何を求めているのか(=ニーズ)を正しく理解するための行動。 市場へ理解を深め、顧客のニーズを満たすこと。 顧客や競争相手、関連する社会の動向などを分析し、継続的に儲けるためのビジネスモデルをつくること。 ≪相互リンク≫薬剤師の話薬剤師のメモ帳病院薬剤師日記薬剤師の話:facebookページにほんブログ村:薬・薬剤師ブログ [続きを読む]
  • ■直観的な態度:右脳的な考え方
  • ・全体の意味を瞬時に悟る。 ・バランス、統一感、和漢を感じる。 ・全体としての機能性を判断する。 ・部分の意味を全体との関係から読み取る。 ・好みや愛称で判断する。 ・人間の不合理な一面を重んじる。 ↓ 機能第一主義の限界を超える(ブレイクスルー)ためのカギを握る。 ≪相互リンク≫薬剤師の話薬剤師のメモ帳病院薬剤師日記薬剤師の話:facebookページにほんブログ村:薬・薬剤師ブログ [続きを読む]
  • ■分析的な態度:左脳的な考え方
  • ・部分に注目し、しくみを解明する。・倫理的、機械的に構造を分析する。・原理の再現、応用を目指す。・個々の部分のスペック、機能にこだわる。・数字で判断する。・つじつま、合理性を重んじる。↓社会が物質的に満たされてくると活躍の場が減ってくる。≪相互リンク≫薬剤師の話薬剤師のメモ帳病院薬剤師日記薬剤師の話:facebookページにほんブログ村:薬・薬剤師ブログ [続きを読む]
  • ■仕事の進行を妨げる人間の3つの特性
  • 1.ギリギリになるまで手を付けない後回しのクセがある人2.余裕を持ったスケジュールを見積もり、目一杯時間をかけるクセがある人3.複数の業務を毎日少しずつ進めるまたは周りの目を気にして『とりあえず』手を付けるクセのある人≪相互リンク≫薬剤師の話薬剤師のメモ帳病院薬剤師日記薬剤師の話:facebookページにほんブログ村:薬・薬剤師ブログ [続きを読む]
  • ■患者・家族の医療安全対策
  • 1.わからないことがある場合は質問する 2.できれば二人以上で説明を聞く 3.意思表示は明確にしておく 4.患者氏名の誤認・点滴や投薬の誤り・左右の誤りを防ぐ・輸血の事故を防ぐ 5.転倒・転落の危険防止 6.医療行為中の注意 7.病院と病棟の特徴を知る 8.院内感染防止 9.入院患者全員の安全確保 10.暴言・暴力対策 11.説明書をもらう 12.セカンドオピニオン 13.身内に医療関係者がいるとき 14.かかりつけ医との協力 15.面会時間と [続きを読む]
  • ■12の人間の特性
  • 1.間違える 2.ついうっかりする 3.忘れる 4.気がつかない 5.不注意の瞬間がある 6.一つしか見えない 7.先を急ぐ 8.感情に走る 9.思い込みがある 10.横着をする 11.人の見ていないとき違反する 12.パニックになる ≪相互リンク≫薬剤師の話薬剤師のメモ帳病院薬剤師日記薬剤師の話:facebookページにほんブログ村:薬・薬剤師ブログ [続きを読む]
  • ■『No』を『Yes』に変える変える技術
  • ①自分の頭の中をそのままコトバにしない。頭で思ったことをそのまま口にするのはやめる。 ②相手の頭の中を想像する。『自分のお願いに対して相手がどう考えるか。ふだん相手は何を考えているか。』相手の頭の中を想像する。 ③相手のメリットと一致するお願いをつくる。相手の頭の中をもとに言葉をつくっていく。大切なことは相手の文脈でつくること。 ≪相互リンク≫薬剤師の話薬剤師のメモ帳病院薬剤師日記薬剤師の話:facebo [続きを読む]
  • ■『ピートルチュアブル錠250mg・500mg』
  • ◯製造・販売:キッセイ ◯一般名:スクロオキシ水酸化鉄 【概要】 ピートルは、スイス ビフォーファーマ社で創製され、キッセイ薬品工業で開発された高リン血症剤である。 ≪薬理作用≫ 本剤の有効成分であるスクロオキシ水酸化鉄は、水酸化鉄(Ⅲ)/スクロース/デンプン混合物である。 本剤は、消化管内でスクロースとデンプンが消化された後、速やかに多核性の酸化水酸化鉄(Ⅲ)を遊離する。多核性の酸化水酸化鉄( [続きを読む]
  • ■不眠症の受診勧奨の目安
  • 【消費者の状態】 ・慢性的な不安やうず状態が続いている⇒精神疾患の可能性 ・痛み、痒み、咳、頻尿など身体的不調による不眠が続いている⇒身体疾患の可能性 ・ドパミン系薬、昇圧薬、ステロイド薬、インターフェロン製剤などを服用している⇒薬剤性睡眠障害の可能性 ・1週間以上不眠症状が続いている⇒医師による診断と治療が必要。 ・十分な睡眠をとっていても、昼間に突然眠気に襲われ居眠りしてしまう。 ≪相互リンク≫薬剤 [続きを読む]
  • ■不眠症の種類
  • ≪入眠障害≫ 布団に入ってもなかなか寝つけず、寝るまでに30〜60分以上時間を要する。 ≪熟眠障害≫ 眠りが浅く、睡眠時間を十分にとっていても熟睡した感じが得られない。 ≪中途覚醒≫ いったん眠りについても、翌朝起床するまでの間、何回も目が覚めてしまう。 ≪早朝覚醒≫ 本人が希望する時刻、または通常の時刻より2時間以上前に目が覚め、その後なかなか眠れない。 ≪相互リンク≫薬剤師の話薬剤師のメモ帳病院薬剤師日記 [続きを読む]
  • ■『聴く』と『聴く』の違い
  • 相手の思いを受け止めて理解したことを言葉で返す。 耳を傾けて相手の話をよく聴くことを『傾聴』と言います。 傾聴するときには、相手の気持ちに思いをはせながら、相手の感情も考えもなるべくその人の身になって理解し、受容することが大切です。 それは単に話し手の言葉を聞くこととは違います。 傾聴とは、話し手の言葉をただ聞くことではなく、言葉によって表現されている話し手の思いをなるべく自分のことのように共感的に [続きを読む]
  • ■不眠症の生活指導
  • 【運動】 ・定期的に適度な運動をする。 【食事・嗜好品】 ・就寝前の飲酒や喫煙を控える。 ・栄養バランスのとれた食事を1日3回同じ時間に取る。 ・就寝4時間前以降は、カフェインの摂取を控える。 ・夕食は就寝3時間前までに終わらせる。 【生活】 ・趣味などでストレスを解消する。 ・睡眠時間の長さにこだわらず、日中の眠気に困らない程度の睡眠を心掛ける。 ・就寝時刻こだわらず眠くなってから床に就く。 ・毎日同じ時刻に [続きを読む]
  • ■管理職に与えられる権利
  • ①経営者に代わって仕事を進めるための指揮命令についての権限を与えられる。 ②出社時間について自分の裁量で決められる。 ③一般社員よりも高い給与をもらっている。 ※出世学参考 ≪相互リンク≫薬剤師の話薬剤師のメモ帳病院薬剤師日記薬剤師の話:facebookページにほんブログ村:薬・薬剤師ブログ [続きを読む]
  • ■生産性を高めるポイント
  • ・無駄な体力を使わない。 ・スケジュールを事前に確認してから行動する。 ・タスクの重要度に基づき作業 ・作業に集中するために工夫する。 ・会議を有効に使う。 ・情報をうまく共有する。 ・家庭生活での役割分担を心掛ける。 ※出世学参考 ≪相互リンク≫薬剤師の話薬剤師のメモ帳病院薬剤師日記薬剤師の話:facebookページにほんブログ村:薬・薬剤師ブログ [続きを読む]
  • ■血液の組成は!?
  •  血液は、大きく血しょうと血球に(細胞成分)に分けられます。赤血球、白血球、血小板など血液の細胞成分は、血しょう中を浮遊して、全身に流れています。血しょうは、水分の中にたんぱく質、脂質などが溶け込んでいる液体です。  血液凝固に関連する物質には、血液を固める働きがある物質の他に、血液を固まりにくくする物質(抗凝固物質)などがあります。  [参考] 血液量:体重の約1/13 (体重60kg⇒約4.5L) ≪血液≫ ▼血 [続きを読む]
  • ■日本人に共通する『話し方の問題点』とは!?
  • ・結論がはっきりしない。 ・曖昧な表現を好む。 ・話の主体性が見えない。 ・倫理的飛躍が許される。 ・話の内容が連鎖的に変わる。 ・質疑応答の直接性を重要視しない。 ・言葉数が少なく、コミュニケーションに対する意欲が低い。 ・重要な内容と瑣末な内容が混在する。 ・短い単語、句、センテンスを用いる。 ・話の先の展開が予想できない。 ・たとえ話や事例を積み上げて話を構成する。 ≪相互リンク≫薬剤師の話薬剤師のメ [続きを読む]
  • ■『できない人』を『できる人』に変える仕組み
  • ▽できる社員作りは、『やり方』と『継続の仕方』を教えて実行させる。 やり方を知る+継続の仕方を知る?パフォーマンスが向上する。 やり方を知って行動を変え、続け方を知って継続する。 ▽誰もが同じ行動を取れるようにする。 知識と技術に分け、行動を分解して伝える。 『知識』を身につける=仕事について知る。 『技術』を身につける=仕事ができるようになる⇒行動を分解して、伝える。やり方を教えるには、できるだけ細か [続きを読む]
  • ■トヨタの片付けの5S
  • ▽整理:『いるもの』と『いらないもの』を分け、『いらないもの』は捨てる。 ▽整頓:『必要なもの』を『必要なとき』に『必要なだけ』取り出せるようにする。 ▽清掃:キレイにそうじする。日常的に使うものを汚さないようにする。 ▽清潔:整理・整頓・清掃の状態を維持する。 ▽しつけ:整理・整頓・清掃についてのルールを守らせる。 参考:トヨタの片付け≪相互リンク≫薬剤師の話薬剤師のメモ帳病院薬剤師日記薬剤師の話: [続きを読む]
  • ■気管挿管とは!?
  • 気管挿管(きかんそうかん、英: Intubation)は、気管に口または鼻から喉頭を経由して「気管内チューブ」を挿入を行う気道確保方法。 気管挿管は「確実な気道確保」と「誤嚥の防止」のため施行される。一般に以下の場合に行う。 意識レベル低下、昏睡状態、特に心肺停止患者における気道確保に行われる。 全身麻酔にて、特に人工呼吸管理を施行する場合に行われる。 ≪相互リンク≫薬剤師の話薬剤師のメモ帳病院薬剤師日記 [続きを読む]
  • ■セデーションとは!?
  • セデーションとは、薬を使って意識を意図的に落とすことで、苦痛を感じなくさせる治療のことである。ここでいう苦痛とは、身体的苦痛だけでなく、心理的苦痛も含めたものである。 Sedation:鎮静作用 セデーションは以下の2つに分類される。 (1)一時的セデーション(temporary sedation) 睡眠を確保させる、手術時の不安や恐怖感を鎮静薬などを用いて落ち着かせる、などの場合に採用される。QOL(Quality Of Life)が低い状態から [続きを読む]