Rili さん プロフィール

  •  
Riliさん: 自分の免疫で自分の病気を治す
ハンドル名Rili さん
ブログタイトル自分の免疫で自分の病気を治す
ブログURLhttp://healthplace.blog.fc2.com/
サイト紹介文松本医院の治療法でリュウマチと線維筋痛症を治す
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/09/25 02:48

Rili さんのブログ記事

  • レテルモビル
  • 前回の投稿で、絶望感を覚えてしまった方もおられたのでは?と、感じていました。それは、私も同じ思いをしたからです。ガンシクロビルの単語を知って、「それを飲めば治るのね」と、最初は思いました。Naokiさんに、バリキサの添付書のURLを教えてもらって読んで、決して確率は大変高いとはいえないけれども、副作用の怖さを知りました。免疫不全が起きたら、元もこうもありません。サイトメガロウイルスが免疫不全の間に増殖しま [続きを読む]
  • ガンシクロビルの一番コワい副作用
  • エイズ患者、臓器移植患者、悪性腫瘍で抗ガン剤投与中の患者さん。この先が長くない方々のサイトメガロウイルス感染症の治療に使うのが、ガンシクロビルです。という事実を知るのに、さほど時間はかかりませんでした。本気で、ガンシクロビルの点滴をしてほしい、と考えていたので、ご存知Naokiさんにも情報をいただきました。けれど、実際に行動をするのは自分自身ですから、自分で何とかしなければ!という思いが相当強くなった [続きを読む]
  • 待っていてださいね。
  • 私の免疫学の知識(ほんの初級)は、松本先生のコラムを自分なりに選んで何度も読んだこと、そしてクローン病を松本理論で治しただけでなく、ひょっとしたら勉強は、松本先生の先をいっているかもしれないNaokiさんのblogを読んで理解をすすめました。未だに専門単語は怪しい^^;松本先生は、言い切ってはいませんが、私の悪化ととれる症状は、単純ヘルペスHSVや水痘・帯状疱疹ヘルペスウイルスVZVではなくそれもあるかもしれま [続きを読む]
  • 日本人の70%が保有するサイトメガロウィルス。
  • 連休の合間の診察日に受診しました。待合室は、、えらいこっちゃ・・・ 状態でした。スリッパ、ありません。(他人の履いたスリッパの苦手な方にはかんけーないですが)立っているスペースすらなく、トイレの前に立ちました。幸い私はすぐに鍼灸に呼ばれました。相変わらずの症状を伝えて、施術をしていただきました。終って待ち合いに出てから、受付で私の順番を確認をしました。24番目。。。「喫茶店でサンドイッチを食べている [続きを読む]
  • 知らなさ過ぎるヘルペスウィルスのこと
  • あらためて、ヘルペスウィルスのことを、松本先生のコラムの引用で書いてみます。人類の体内における悪魔のウィルスがヘルペスウィルス。発見の順番に番号がついています。今のところ8種類です。1. 単純ヘルペスウイルス1型2. 単純ヘルペスウイルス2型/性器ヘルペスなど3. 水痘・帯状疱疹ウイルス4. エプシュタイン・バール・ウイルス(EBウィルス)5. サイトメガロウイルス/肺炎、網膜炎6. ヒトヘルペスウイルス6/突発性発 [続きを読む]
  • 周波数をとらえられないときの雑音のような
  • 3月の投稿は一つしか書けませんでした。これでは、何の役にもたたないblogです。日常生活が普通にできているか?と、問われたら、う〜ん。出来てるとは言えない感じです。朝、目覚めると、シェーグレン症候群の抗体値があがっているからか、ちゃんとしゃべれないくらいカラカラで、起きるとまず、歯茎をマッサージするように動かし、水分をなじませて口をすすぎます。これで、ちゃんとしゃべれます。一日中大丈夫です。朝食から、 [続きを読む]
  • 17ヶ月が経過しました。
  • まさに、戦い、と言えそうな時を過ごしてきました。心身ともに厳しい険しい道のりで、これを乗り越えられれば、命が終わるその時までに、多少の困難さえ何とも思わないレベルまでいけそうな気さえします。1月に脳神経外科を受診したことはお知らせしました。そして、Naokiさんからtwitterで物理的な問題があるのでは?ヘルペスだけでは、そこまで苦しいだろうか?という疑問をもらったこともあり、改めて総合病院の整形外科を受診 [続きを読む]
  • ヘルペスウィルス感染症、という本
  • NaokiさんのTwitterのつぶやきで、Naokiさんも松本先生もお持ちの?「ヘルペスウィルス感染症」というレアな本が、amazonで1冊だけ出ている!という情報。直ぐにリンク先に飛びました。新品本は残り1冊で5,000円だったかな?ふと見ると、[中古本]があるようで、そちらを したらこちらも残り1冊!値段は¥3,473、送料を入れて¥5,000弱でのゲットです。それにしても、医学生なのかドクターなのかは分かりませんが、こんな [続きを読む]
  • 脳神経外科に行ってみた
  • 昨年末にNaokiさんにお会いしたとき、彼がつぶやいたフレーズ「Riliさんの症状は9割はヘルペスウィルスで説明がつくけど、後は神経ですよねえ」「ぼくは未だ勉強していないんですよね、勉強しないといけないんですよねえ・・」それは私自身も一度は探って?みたいと思っていました。それで、少し病院検索をしてみました。総合病院に行く気にはなりません。なので、地下鉄で行ける範囲の脳神経外科を探しました。1箇所、気になるサ [続きを読む]
  • 骨盤が痛い。
  • 3日程前から左の骨盤辺りから臀部にかけて痛みが現れました。寝ている時に、寝返りがうてなくて気がついた感じです。自分の手でお尻を持ち上げて「よっこらしょ」っと言う感じで寝返りをうっています。松本医院へ通い始める4ヶ月前。腰に激痛が起こり、しばらくしたら左右の骨盤辺りにも軽く痛みがあったのを覚えています。自覚症状が新たに増えたりすると、ヘルペスウィルス以外の何かかも?神経系統の何かかも?松本理論の理解が [続きを読む]
  • 「元旦や 生涯医師の掌」 
  • 今年最初の受診。けっこう混んでいました。初診の方もお見かけしました。最初は待合室に置かれている、手記のファイルを手にする方が多いように思います。私も、そうでした。ホームページに掲載されている以上の人数の手記のファイルが並んでいます。私は、今はハマっている本を持参して読書してます^^;今回は20分程待っていたら、鍼灸に呼ばれました。つらい腰や臀部、足を集中して施術をしていただきました。診察に呼ばれて、 [続きを読む]
  • あのNaokiさんにお会いしました。
  • 松本医院で治療をされている方なら、大抵の方がご存知であるあの?Naokiさんにお会い出来ました。私は、2015年の9月の初診の後、検索中にNaokiさんのblogを見つける事ができました。その時は、すでに治られてから数年経過の「シ〜ン」としているblogでした。ですが、松本理論概論のpdfなど、知りたい事が満載なblogが貴重な存在となりました。そして、2016年の4月に新たな投稿があり、私も思わず長いコメントを書かかせていただい [続きを読む]
  • 2016年、最後の受診。
  • 治療開始から15ヶ月が経過しました。ず〜っとず〜っと、自覚症状がヒドくなる一方だったのが、ここにきて、ちょっとだけ表れ方に変化を感じます。受診時に持っていた?症状は腰痛と左足の摩訶不思議な力み、でした。その2つは、やや強くなったような気がしています。(強くなったからといって残念がってはいません^^;)受診から1〜2ヶ月後に感じだしたお尻の痺れと痛みは、左側は足と繋がって痺れと痛みはあります。半年くらい [続きを読む]
  • 現代人の病気が治るの誤解。
  • 土曜日の受診日の2日前。夜のNHKニュースを温灸をしながら見ていると、、「アレルギー対策で初の基本指針 厚生労働省」というタイトルで患者が増加し続け、平成23年の報告書では「全人口の2人に1人」と推計を見直しました。というような内容で始まりました。これは、松本医院を受診をして理論を理解されている方は、その原因は誰でも分かっているようなこと、ですね。「化学物質」と「ストレス」。そして、番組は、あるアトピ [続きを読む]
  • 辛いピークは過ぎたかも?
  • このところ、同じく松本医院で受診されている患者さんにコメントをいただいています。貴重な体験・どんな症状だったのか・・みたいなお話は、手記を読むより気持ちの励みになります。もちろん手記は手記で大切ですが、なかなか自分と同じ経験をされているひとはお目にかかれず、孤独感がちょっとありました。松本理論は相当理解を深めてきましたが、それでも「私は違う?かも?治るのかなぁ・・」そんな風に不安に思っている時に、 [続きを読む]
  • 14ヶ月がたちました。
  • 2週間ごとの受診。生活のリズムに組み込まれている感じです。自分の自覚症状も、2週間単位で捉えるようになりました。今頃?そんな事言ってるの?って感じですけど、そうなんです。自覚症状には変化があるので、色々な方法で記録はしています。このblogもそうですが、その他に人体図に表現したり、日程表みたいにして、目眩がどのくらいの期間あったか、とか。でも、ここにきてどの方法もピンとこない気がしています。私の場合、結 [続きを読む]
  • 鍼灸は大事
  • 高槻まで行く目的は、もちろん病院の受診です。が、治療が長くかかっている間に、理論もけっこう理解し、自分の体の症状と闘う、我慢する日が続いていると、鍼灸の大事さが分かってきます。それも、受け身の感じでなく(施術そのものは受け身ですが)、能動的に受けられるようになります。自分でも毎晩温灸をするので、どこの場所が自分にとっていいのかが分かってきます。鍼灸師さんが、まさにその箇所に鍼を刺すのを感じ、「この [続きを読む]
  • 正しく飲めば、薬。
  • 年々、季節の変わり目が微妙で、健康な人でも体調を崩しそうな気候ですね。私は、まあ、相変わらずリバウンド真っ盛り〜で、ツライです。精神的には、時々すごく冷静なことがあり、自分なりに分析をしたり?です。松本医院で処方していただく、漢方薬2種類とアシクロビル。最初の半年くらいは、今まで何十年もそうだったように、病院でもらった薬(処方というより、もらったという意識が強かった)は、なんとなく理解して、なんと [続きを読む]
  • 13ヶ月が経過しました。
  • なかなか更新ができていなくて、ごめんなさい。文章を書く事は、無理無く出来る事なので、どんどん書きたい気持ちはあれど、、お尻の痺れと痛み、ふとももの裏がジンジンしてきて、座ってられなくなる、、左足は、もうとんでもない感覚です。お尻も刺すような痛みが加わり、いいかげんにしてくれ〜と、心の叫び。。。先日の受診時、鍼灸は担当の先生が変わりましたが、新たに説明図を書いてお見せしました。若干、呆れられてる?フ [続きを読む]
  • 受け身でいてはダメ
  • テレビドラマで「先生!助けてください」「先生におまかせします」などと患者さんが言っているシーンを見たりします。外科手術とかは、さすがにその台詞は大切かもしれません。でも、普段の?病気は受け身では治りが遅い、もしくは治らないかもしれません。松本医院での治療において、自分の体で起こっている事をきちんと理解しないと、まず治療を続けるのが難しいでしょう。理解して、治療に専念した方は治っています。私も通常な [続きを読む]
  • 初診より、1年が経過しました。
  • 昨年の今頃は、やっと左足の力みが無くなる^^意外と早くよくなるかもなぁ・・・と、思っていました。そうは上手くいかないんですよねえ。。数ヶ月経過したころは、理論や手記は読んでまあまあ分かっているつもりでしたが、今思うと、本当の意味でのお灸の大切さとか、漢方薬の役目とか、、相当アバウトな理解だったと言えます。いまでさえ、他の人に上手くは説明ができませんが、自分の体験している症状を、?マークではなく、こ [続きを読む]
  • ヘルペスウィルスはここに居る
  • 高槻に行ってきました。暑さは、ほんの少しましになった感じですが、昼間の日差しはまだ強いです。久しぶりに混んでいました。幸い私は、すぐに鍼灸に呼んでいただけました。施術が終って待ち合いで暫く待っていると、わりとすぐに呼んでもらえました。今回は、私の症状図を最初にお渡ししました。これも、タイミングがあったりします^^:イラストに、「左足に電流が流れているような感じ」とメモしていることに先生は最初に目が [続きを読む]
  • 耐えてます。
  • 更新を怠っています。書きたい事は沢山あって、頭で文章を妄想?したりはしているもののなかなかパソコンの前に座れていません。相変わらず、腰(背面も横も)だるく重く痛く、下腹部もチカチカチクチク・・お尻は場所によって?痺れもヒリヒリの痛みも色々・・尾てい骨も恥骨も痺れがあるので、おしりあたりは、相当不快でつらいです。左足は、もうたまらん!というほどビンビンに痺れています。先日受診をしましたので、そのとき [続きを読む]
  • シェーグレン症候群
  • 理論の続きを書くつもりでしたが、今日の受診時に、考えた事をメモします。7月2日に採血をした結果を2週間前の受診時に聞きました。自己申告で?お願いした項目『抗核抗体/RF定量/水痘帯ヘルペス』も出てました。前々回の投稿で書きましたように、抗核抗体値は40になっていました。血沈が検査を始めたときから私の値は低く、最高が26最低が2でした。それが、初めて高い数値でびっくり。51でした。同じ治療をしている友人に聞くと、 [続きを読む]
  • そもそもストレスとは?
  • 松本医院を受診されている方は、先生の理論を深い浅いの差はあっても、たいてい理解されています。というか、理解していないと途中で起こる自分自身の症状をうまく捉える事が出来ません。理論については、説明をする時は相当シンプルにしよう、と思っています。そのためには、私自身が正しく理解していないと書けません。ということもあり、先延ばしになっています。今日は、ほんの入り口を書いてみます。受診を初めて数ヶ月後に発 [続きを読む]