BUN3 さん プロフィール

  •  
BUN3さん: おもしろ理科
ハンドル名BUN3 さん
ブログタイトルおもしろ理科
ブログURLhttp://science.cafenadi.com/
サイト紹介文芦屋市の理科支援員(理科推進員) BUN3 の活動報告です
自由文定年後に、理科準備室で暮らしています。モノ作りが好きです。となりは、コンピュータ室。そちらの教材も作って、サーバーに入れたり、イントラネットのWebページに載せたりしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供346回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2015/09/25 14:37

BUN3 さんのブログ記事

  • 何とか出し入れできそう
  •  理科室では使うことがない平面鏡。3年生が光の学習で持ち出すぐらい。なので、移動箱にいれて収納している。 新しい理科戸棚は引き残りが多くて、こんな箱は出し入れがしにくい。  ハンドルに手下げ紐をつけておいたのが正解!紐で下げながら出... [続きを読む]
  • 試験管の洗い方は <水溶液の性質>
  •  水溶液の実験が始まると、実験後には試験管を洗うことになる。試験管ブラシは試験管の底を突き破るほど長くはないが、正しい洗いかたってのを教えておかなくちゃ。  持ち方の上手な子がいたので、パチリ。 試験管の底に親指を添え、深く入りすぎないように試験管洗いに親指の爪を当てる、コレが出来ている写真が撮れた。今後の指導に役立つ写真資料。 [続きを読む]
  • 大規模改装で校内には花が咲いていない <花から実へ>
  •  1学期に、「雄花と雌花の観察は7月中にやっときよ」と言っておいたので、それは済ませたらしい。 予測したとおり、工事現場となってしまった学習園は、もともと肥料が圧倒的に不足しているのもあって、かわいそうな状態。ヘチマ、ヒョウタンは2m弱しか伸びていない。実はおろか花すら咲かない。同じ背丈のアサガオが花をつけている程度。 ほかに花粉を採取しようと思う花は、いつもならプランターや花壇に花があるのだが、 [続きを読む]
  • ひな壇になっていると取り出しやすいかと
  •  前の理科戸棚を廃棄するというので、棚板の厚いベニヤとともにこの灰色のひな壇も引っ越し荷物に入れておいた。 ひな壇を使うと収納量は減るのだが、奥のものが取り出しやすい。何よりも並べやすい。少なくとも横には整列してくれるのだから。 もともと、薬品庫なんかが乏しかったころの、薬品を見やすく収納するためのひな壇なのだが、ガラス器具の収納・陳列には便利に使っている。ヒマが出来たらもうちょっとかわいい色で塗 [続きを読む]
  • ちょっとWEBサイトを作ってたもんで
  •  今年の夏はホームページ作りをやってました。ネット上に普通にサイトを作るってのはもちろんのこと、事務所内で保存するためのNASのセットアップもって頼まれて、面白いことを思いついたので、それの制作で遊んでました。  NASって、ローカルネットワークからアクセスできる保存場所って名前ですが、外付けのハードディスクがLANでつながってるんだと思ってたら、いろいろな機能を持たせていること。ブラウザでアクセ [続きを読む]
  • 電話が付いたのでトレイのレイアウト変更
  •  実験器具の引き出し、チョットズラしてあると思ったら、引き出しの後ろに新しく電話が設置してある。 今までは校内インターホンって、回線数に見合うだけの本数の線が入った太いケーブルがつながったアナログのインターホンだった。インターホンじゃなくって内線電話にしてよ、ってことでこの際の工事になったよう。  それは良いんだけど、しかしまたカナワン所に取り付けてくれたもんだ。しゃぁないなぁと引き出しの並べ方を [続きを読む]
  • まずはピペットの持ち方から <水溶液の性質>
  •  ピペットの持ち方から練習して、1mLのムラサキイモ抽出液を水溶液に注ぐという実験。持ち方はもちろん、小学校の理科で一番の劇薬を使う実験ですから、押さえておかなくちゃならんことが多いこと。 ムラサキイモの液をフィルムケースに入れて配ったら、匂いをかいで、ワインみたいなにおい…ってつぶやいている。あ、アルコールを混ぜた水だからそんな感じだろうな、って答えておいた。ところで、赤ワインを使うと同じ [続きを読む]
  • 引き残りの多い抽斗って使いにくい
  •  新しい理科戸棚。引き出しを引いてみると半分ちょっとの所でストップになってしまう。教室へ運ぶ箱に入れて引き出しにしまおうかと思ったが、これでは箱が出しにくいし入れにくい。 で、引き出しを外してみた。もう50mm長いレールでもいいんじゃないの?って気がする。もっと贅沢をして2段引きのレールなら全部引き出せるのに。  取り出しやすい移動用の箱のサイズってのを考えなくちゃならんなぁ。 [続きを読む]
  • こんな便利な棚がついてるなんて
  •  今日になって、こんな所にも扉があるわい、と開けてみて「!!!」。今まで実験の準備が出来たら、窓際のカウンターやら、実験用小物の引き出しの空いている所などに置いていたのだが、コンテナ付きでこんな戸棚が付いてるなんて、と、感激! で、5・6年の担任に御用聞きをして、実験の準備。何とこの棚、分注をした試験管まで入る高さ。 なので、コンテナの見える側に班番号を表示して8班分用意。最後の12番は机上に出してお [続きを読む]
  • ちょっとアルコールの匂いがするけど <水溶液の性質>
  •  今年の水溶液の性質の実験は、ムラサキイモノ切片でしますか?ムラサキイモの液でしますか?って2択。ムラサキイモパウダーですか?って聞くけど、私も進化してるんです。今年はポリフェノールが溶けやすいアルコール水溶液に漬けたムラサキイモ。 これは家でムラサキイモ2本をアルコール水溶液に漬けて冷蔵庫で保管していたもの。  上の大きな写真の呈色は、左から塩酸、食酢、水道水、重曹水、アルカリウォッシュ、苛性ソ [続きを読む]
  • 半田付けのやり方
  •  まずはコテの手入れ。鏝先は減って変形していることが多いので、金属用のヤスリで削って四角推の形に整える。但し、鏝先が鉄などでコーティングされていて変形していないものはヤスリをかけない方が良い。 通電して、削った銅色の表面にハンダメッキをしておく。 電子回路だと15W~30W程度のハンダ鏝を、中、右のようなもっと大きな面積の銅版、ブリキ板などなら60W以上の鏝を使う。 ミノムシクリップをはがしてみると、マズい [続きを読む]
  • 荷物を元に戻すんですけど
  •  大規模改修工事が佳境に入っている最中だけど、とりあえず荷物を押し込んでいた教室を空けるために、段ボール箱の移動が始まったんだと。ボランティアになっちゃうので悪いけど…って連絡が入った。 何をどこに戻せば良いのかがよく分かっている人が居ないのだ。ここらへんだったかなぁ、程度の印象では元通り収納するのはあやしい。そこで、私の出番。 行ってみると、50人ほどの関係者があちらこちらで作業中。水道屋さ [続きを読む]
  • ムラサキイモのホットケーキ
  •  自由研究のおまけでやったムラサキイモのホットケーキ。 マッシュしたムラサキイモに、ホットケーキミックスを加えてタネを作ります。この時点では紫色を保っています。 それをフライパンで焼きます。焼けてきた所はだんだんと青色に変化してきました。 ひっくり返して焼きます。紫と言うか、青というか、緑と言うか不気味な色です。  出来上がったら、およそ食べ物って色じゃないなぁ、と言いながら、味は良い!と孫たち3 [続きを読む]
  • ムラサキイモで染め物
  •  夜中の3時ころ、ごそごそと中学生の姫が活動している。実はこの日が登校日で夏休みの宿題の提出日なのだ。まだ自由研究をやっていなかったので、こんな時刻からタマネギの皮を煮出して染め物を始めるらしい。何とか徹夜で一夜漬けの自由研究は提出したらしい。  で、帰ってきてから、残りの染め液と、アルコールに抽出しておいたムラサキイモの液と、残り物のコーヒーで、私の染めの実験が始まる。 あ、それなら絞りで模様を [続きを読む]
  • ムラサキイモのポリフェノールを抽出 <水溶液の性質>
  •  ハチミツのポリ容器に水を八分目まで入れて、残りを消毒用アルコールで満たした。消毒用アルコールはエタノール80%なので、出来上がったのは日本酒程度のアルコール度数の液体。 これに、スライスしたムラサキイモを漬け込んで丸3日。ずいぶん液の色が濃くなって、向こうが見えないほどになった。 それとともに、芋が白い。ポリフェノールがアルコール水溶液に出てきたってことが目で分かる。 漬けていた芋の薄切りを取り出 [続きを読む]
  • ウチの孫の自由研究はムラサキイモ
  •  3人いる孫の自由研究。一番下はチョウチョって決まっていたのだが、飽きたせいで「トマト料理にする!」んだそう。毎日、料理をしては写真を撮っている。 中学生は、姫は染め物と決めているので、ムラサキイモと赤紫蘇を渡しておいた。紫外線があたると退色していくはずなので、うまくいかないだろうけど。 で、殿は、というと、「テーマ、動機、準備、方法、結果、考察」なんて書き方のプリントと、原稿用紙を6枚ほど持って [続きを読む]
  • (無題)
  •  教科書の中では、メダカのついでのように載っている水中の微生物。“適当に水を汲んできて、顕微鏡で見てみよう”なんてことではうまくいかない教材だ。授業をする前から準備をしておくと安心できる。 ミジンコ 担任が“ビオトープへ水を汲みに行くぞ”と、子どもたちを連れて出たので、アシスタントの私は急いでプールに向かい、ミジンコを採集し、池のアオミドロも採って用意しておいた。 検鏡を始めた [続きを読む]
  • <特集> 色が変わると楽しい
  •  <水溶液の性質>では少々時代遅れのリトマス試験紙が必須だけど、もっといろいろな呈色反応が見られる方が楽しいんじゃないですか。豊洲市場の地下水だって都会議員が万能pH試験紙試験紙を使ってたでしょ。赤と青の2枚必要で、中性付近では反応しないリトマス試験紙って理科の授業でしか使わなくなりそうなものの一つって思いません?。そんなわけで試薬以外でpHによって呈色が変化する過去記事を特集してみました。 マロウブ [続きを読む]