milketmoi さん プロフィール

  •  
milketmoiさん: パリ生活社ミルクとマカロン2
ハンドル名milketmoi さん
ブログタイトルパリ生活社ミルクとマカロン2
ブログURLhttp://milketmoi.blog.jp/
サイト紹介文パリ郊外マルヌ川の流れる街でフランス人の夫、わんこ4匹うさぎ1匹と暮らすmoiが綴るフォト日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供373回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2015/09/26 02:44

milketmoi さんのブログ記事

  • 週末ビストロコースごはん 〜エマウスのブロカント食器たちで〜
  • そうは言いましてもフランスはGWがございませんで、でも明日1日はメーデー(Fête du Travail)、来週8日の月曜も第2次大戦戦勝記念日(Victoire 1945)で祝日となっております。なので明日はブロカント巡りでも行こうかね、なんて話しております。ということで週末ごはんのご紹介です。まずは我が家のお気に入りおつまみ、マカダミアンナッツと赤身のサラミです。我が家はナッツ類はお料理にもよく使うのですが、このマカデミアン [続きを読む]
  • ガール・ド・リヨンの「Grande fresque de la gare de Lyon 」
  • ガール・ド・リヨン(リヨン駅)で間違ってホール2へ行ったこの時の、→「ガール・ド・リヨンの「SUSHI DAILY」ここは空港のようにショップが立ち並ぶホール1との連絡通路で、「Grande fresque de la gare de Lyon 」と呼ばれている場所。ショップの上に大きな絵が端から端まで飾られていますが、この絵たちはフランスの大きな駅のある街が描かれていて、最初にジャン=バティスト・オリーヴによって描かれたのが1900年。その時は [続きを読む]
  • GWはバレンシアガ展 in ブールデル美術館 〜前編〜
  • 春のブールデル美術館に行ってみたら窓口に軽く列が出来ていて何だろうと思ったら、スペイン出身でパリで成功し世界的に有名になったデザイナー、クリストルバル・バレンシアガ・エイサギーレ(Cristóbal Balenciaga Eizaguirre1895−1972)の特別展、「BALENCIAGA L’OEUVRE AU NOIR(バレンシアガの黒の作品)」が開かれていてびっくり。特に前もって展示の確認はしていなくて、ただ夏も秋も素敵だったここに来たかっただけなの [続きを読む]
  • 水曜ですが、鶏胸肉のたっぷり半生ネギ生姜ソテー添え
  • さてさて、今日は水曜なのですが、1日早めの「木曜レシピコーナー」です。と言いますのも、水曜はいつも週末ごはんご紹介が多いのですが、先週末は1日しか作らなくて昨日ご紹介しちゃったし、どうしようかな、と。パリ散歩やアミアン小さ旅の件もあるけど(あ、言っちゃった)、それは続けてご紹介の方がわかりやすいかな、と思い、それじゃ、木曜レシピを水曜日に充てよう、と。ま、こういうわけなんです〜。え?そんなのどうでも [続きを読む]
  • 週末ハンバーグステーキごはん 〜エマウスのブロカント食器たちで〜
  • マルシェから帰ってきての週末ごはんでございます。じゃ、とっととまいらせていただいて、まずはアペロの盛り合わせで、赤身100%のサラミ2種とベトナムの揚げ春巻きのネム(日本ではチャーゾーと呼ばれています)となっております。ネムは今回のはスーパー「LIDL」で買ってきたチルドのものだったのですが、マルシェのアジアン惣菜屋さんには負けるけど普通に美味しいです〜。そしてお皿は北東フランスの「ロンシャン」のもの。2 [続きを読む]
  • フランス大統領選挙投票の後マルシェへ
  • 大統領選第一回投票から帰ってきた旦那とマルシェへ。選挙結果はご存知の方も多いかと思いますが、中道のエマニュエル・マクロンと反移民、反EUを掲げている極右・国民戦線のマリーヌ・ル・ペンの2人の5月7日の決戦投票が決まりました。予想はしていましたがやっぱりです。直前のタイミングが合い過ぎるシャンゼリゼのテロや、普段からのことで言うと、パリはもちろんですが我が街も移民が多く、そんな中で暮らしていると、たとえ [続きを読む]
  • 50年代のチャリンコを買いにピカルディーへ
  • 古いチャリンコにただいま凝っている旦那がネットで1950年代のを見つけ、それを受け取りにフランス北部のピカルディー地方に行ってまいりました。実は旦那はピカルディー出身で地元なのですけどね。お天気は曇りときどき晴れ間。体調が落ちていたチワワっ子ミルク坊やも食欲が戻ってきて安心。1カ月に10日間飲まなくてはならない関節の痛み止めお薬が味覚に影響あるようで、そのお薬を飲んでいる時と前後に味覚サイクルがあるのが [続きを読む]
  • 4月のRUE CREMIEUX(リュ・クレミュー) 〜パリ12区〜
  • 「ル・バロン・ルージュ」を後にしてやって来たのはすぐ近くのこの通り。→「12月のRUE CREMIEUX(リュ・クレミュー) 〜パリ12区〜」このカルティエに来た時のわたくしの定番散歩コースでございます。春夏もたとえパリの暗い冬でもここはぽっとパステル明るくて絵になる場所。フランスのミュージックヴィデオなんかでもよく使われているのです。以前はホテルだった建物はちょうどアパルトマンに改装中。この通りに合う明るいロー [続きを読む]
  • 春の下町バー「ル・バロン・ルージュ」で
  • ここはパリ郊外の我が家からも結構近いパリの下町のアリーグルのマルシェ。アラブ系フランス人もたくさん働いていて毎朝活気がある場所。昨夜は23日の大統領選の第一回投票を前に候補者たちが揃っての最後の公開演説が放送されていて、それが終わった途端画面は、シャンゼリゼに場面が変わって。またテロ銃撃戦があったことを知りました。昔日本で映画の中でしか知らなかったテロが、こうしてとても身近になって慣れてきているのが [続きを読む]
  • ビストロ前菜の再現。焼きパプリカのマリネ、アジアン風味&TOP CHEF8
  • いつの間にか木曜日とさせていただきましたがレシピご紹介でして、今回は少し前のパリ散歩のビストロでいただいた前菜の再現「焼きパプリカのマリネ、アジアン風味」でございます。焼きパプリカのマリネは南仏郷土料理「ポワヴロン・グリエ(Poivron Grillé」で、定番はオリーブオイルとレモン汁と塩胡椒でシンプルですが、これは調味料にスイートチリソースをプラスして少しだけアジアン仕上げ。パクチーを合わせていたのも新鮮 [続きを読む]
  • 2017春、パリノサクラ、ソー公園にて
  • 3月2日のコチラの記事→「CFで見るアラン・ドロンの昔と今」で書いたようにアラン・ドロンも生まれ育ったという、パリ郊外の南、ソーの街にあるソー公園に連休に行ってまいりました。以前一度来た時は学生だった頃でRERのB線に乗ってテクテク来たのだけど、今回は我が家から車で20分もかからないくらいで近くてちょっとびっくり。この日は連休中、唯一のお天気がまあまあ悪くない予報。花曇りでございます。でも空の色がくるくる変 [続きを読む]
  • 週末復活祭ごはん 〜エマウスのブロカント食器たちで〜
  • 今日はフランスは復活祭「Pâques(パック)」で祝日を入れて3連休となっております。フランスでは復活祭メニューとしてよくラム肉が食べtられるのですが、うちは旦那がラムちゃんが苦手なので特に復活祭メニューということもなく、わたくしも大きな気合もなくいつもと変わらない週末ごはん的な感じとなっております。ということでまずは前菜の盛り合わせ3種で上から時計回りに、ちょっといいスペインの生ハム(復活祭なので)、シ [続きを読む]
  • 2017春のマレコレ!
  • セレクトショップやおしゃれショップが並ぶマレのウィンドーショッピング編です。先ずは大きく大きく背中が開いたリボンつきの黒のドレス。こんなの一度着てみたいな、なんて思いました。私は日本で働いていた頃ときどき背中にぷつっとニキビが出来て、そんな時は背中が出る服は着なかったけど仕事を辞めた途端まったく出なくなって。仕事は好きだったのですが気づかないけどストレスがあったんだな、と。そしてフランスに来てから [続きを読む]
  • ご注意ください!2019年までのカルナヴァレ美術館
  • マレにはしょっちゅう来ていたしこの前もよく通っていたけど、はじめてのカルナヴァレ美術館訪問です。庭園があって今の季節は綺麗なんじゃないかな、なんて想像しながらワクワク。が、普段訪問客が出入りしてる入り口が頑なに閉まっておりまして。あれ、と思って張り紙を見てみると、え?去年の10月から工事のため閉館中。しかも2019年末まで。あちゃ〜。ってか長っ!!HP→「Musee Carnavalet」しかたありませんね。事前にHPを見 [続きを読む]
  • ガール・ド・リヨンの「SUSHI DAILY」
  • 我が家からパリ市内への通り駅でパリのターミナル駅の1つである、「ガール・ド・リヨン(リヨン駅)」で上がる場所をうっかり間違えて、久しぶりに3つあるホールの中のホール2にやってきてしまいました。ここから皆さんフランスの高速鉄道TGVで、この駅名の由来であるリヨンや、ブルゴーニュ、ローヌ=アルプ、プロヴァンス、コートダジュールなどへ行き来するのです。私もニースへ移り住む時もパリへ戻ってきた時もこの駅から、こ [続きを読む]
  • ほうれん草とベーコンとクルミのペンネ、半熟目玉焼き添え
  • 今日は木曜レシピデーですので(いつ決まった?)先週作って美味しかった、「ほうれん草とベーコンとクルミのペンネ、半熟目玉焼き添え」のご紹介です。主な材料全部料理名に入れちまったぜ感ですが、王道マリアージュのほうれん草と半熟卵にベーコンの塩気とうまみ、クルミのカリカリ食感、パルメザンの風味、あ〜んど、食べ応えのあるペンネの食感と大きさもポイント。それぞれが合わさることで美味しいので、ぜひパスタはペンネ [続きを読む]
  • 春色パリ色の午後散歩
  • 春に誘われて昨日はぷらりパリの街を歩いてきました。かわいらしい本物パリジェンヌや(2人ともスッピン!)、パリらしい風景にも出会って。ずっと食べたかったオーソドックスな美味しいウフ・アン・ムーレットもいただけて。ブルゴーニュの郷土料理で半熟卵&赤ワインソースの1品なのですが、アレンジ系は何度かあるのだけど、こういう基本の味がまた勉強になるのです。冬はすっかり手抜きだった私ですがこのパリの早めの春の訪れ [続きを読む]
  • 気温26度のパリで週末フラフラお庭ごはん
  • マルシェ&ブロカント帰りの週末ごはんのご紹介です。昨日ニュースを見ていたらなんとこの日曜日はパリは気温が26度まで上がったそう。どうりでブロカント2時間見て回っていたらフラフラになったはずです〜。で、帰ってきて急いでごはんの準備をしたのですが、ほんっとに簡単なメニューとなりました。まずはお花をブロカントのシュガーポットに移し替えて。1皿めはスモークの鯖をさっと焼いたものに生ビーツとレタスのシンプルサラ [続きを読む]
  • 春日マルシェとブロカント
  • 昨日もあったかな日曜日。今年のパリはたぶん日本より春が進んでいるようです。ということでタムちゃんのパセリとパクチーを買いにマルシェへ。先ずは八百屋さんに向かったのですがいつもは聞こえてくるイタリア系ムッシューの声は聞こえなくて、姿もなくて。あ、今日はいらっしゃらないな、って。するとタトゥーの渋いお兄さんが通り過ぎる。フランスはタトゥーを入れてる人が多くて、日本のように特別な感覚はないのです。背中に [続きを読む]
  • お庭で週末ビストロごはん 〜エマウスのブロカント食器たちで〜
  • 3月後半のある日に春に突入してからほぼ春日のパリでございます。ということでお花を飾ってアナログレディオを置いて週末お庭ごはんです。このレディオで音楽を聞きながら時々変な踊りしながらお料理しているのですが、誰も見てないとこでの変な踊りってな〜んか気持ちいいんですよねぇ。ちょっとおすすめでございます!まずは先週もいただいたモッツアレラのブーファラに、今回はイタリアのハムのコッパと少し甘味があって歯触り [続きを読む]
  • レンジで2分!鶏むね肉と赤パプリカとミントのベトナム風マリネ
  • 今日はレンジ加熱2分だけのほんと〜に簡単な1品「鶏むね肉と赤パプリカとミントのベトナム風マリネ」のご紹介です。たまたま冷蔵庫にあった(残ってた?)材料で最初は炒め物と思ったのですが、もっと超簡単に何か出来ないかな、だったらレンチンかな、と。で、ささっと作ってみたら、おお!この簡単さのわりにうまいぞ、となりました。調理ポイントは特に大きなのはないんですが、玉ねぎだけは加熱せず、生のを混ぜること、くらい [続きを読む]