bromptonwharton さん プロフィール

  •  
bromptonwhartonさん: ブロンプトンでどこまでも
ハンドル名bromptonwharton さん
ブログタイトルブロンプトンでどこまでも
ブログURLhttp://ameblo.jp/bromptonwharton/
サイト紹介文ブロンプトンで街へ、山へ、海へ遊びに行こう!Bromptonで行くサイクリング・美食・秘湯の旅
自由文英国製の折り畳み自転車ブロンプトンで街へ、山へ、海へ遊びに行きましょう。
ブロンプトンで普通のサイクリングに加えて、ブロンプトンで秘湯、ブロンプトンで登山、ブロンプトンで峠越え、ブロンプトンで都内名所めぐり、ブロンプトンでグルメ、ブロンプトンで富士ヒルクライムレースなどなど、ブロンプトンという折り畳み自転車を引っさげてどこまででも行ってしまうというちょっと過激なブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2015/09/26 10:03

bromptonwharton さんのブログ記事

  • BWC2017 (Brompton World Championship Final 2017)
  • ブロンプトン世界一を決めるレース『ブロンプトン・ワールド・チャンピオンシップ・ファイナル 2017』 (BWC2017) に行ってきた。 BWC2017が開催された7月29日(土曜日)のロンドンは生憎の雨模様となった。路面状態が良くないのでレースが荒れる可能性もある。安全確保の為に、急遽、スリックタイヤから溝ありのシュワルベマラソンにタイヤ交換した。チェーンリングとリアホイールも変更、当初予定の56T×16/13Tから54T×16/12T( [続きを読む]
  • ロンドンで何する ≪BWC2017へ向けてトレーニング≫
  • 7月29日(土)のブロンプトン・ワールドチャンピオンシップまであと七日となった。いよいよ仕上げである。ギアセッティングも決まった。レースで全力を尽くすことは当然乍ら、せっかくのロンドンである。街そのものを楽しみたい。今いる某大陸国家と異なり、イギリスには文化がある。街も魅力的な撮影スポットにあふれている。店にいけばセンスの良いもの・品質の良いものが日本同様に溢れんばかりである。ロンドンを既に何度も訪 [続きを読む]
  • セントキルダ・トレーニング2 ≪BWC2017へ向けてトレーニング≫
  • どうしてもこなさざるをえないゴルフの合間をぬって、BWCへ向けてのトレーニングに励んでいる。再び高速走行のトレーニングである。セントキルダ・ビーチからブライトン方面へ向けて、海沿いのサイクリングロードで30分間の全力走行を二本こなす。絶不調のガーミンエッジ1000の具合を確認することも目的の一つだ。[第一区間走行データ]ポートメルボルン→セントキルダビーチ→ダンディービーチ距離:12.48kmタイム:30分平均速度 [続きを読む]
  • 人には教えたくないとっておき秘湯
  • ブログカテゴリーで温泉を選んでいるのに、このところ温泉記事を書いていない。仕方がないのだ、火山がまったくない大陸に来てしまったのだから。そんな私のブログを『また何か珍しい秘湯にいっているのではないか』と見に来てくれる秘湯好きの読者もたまに居て呉れるかもしれない。そんなあなたに大サービス、本日は人には教えたくないお気に入りでとっておきの秘湯をご紹介します。実はブログ右サイドバーの『おススメ秘湯リスト [続きを読む]
  • オーストラリアの秋を捜しに
  • 日本はゴールデンウィーク、ずいぶん暖かくなっているようだが、南半球のオーストラリア・メルボルンでは季節は秋へと移り変わろうとしている。今朝の気温は摂氏10度。涼しいを通り越して寒くなってきた。秋を捜しに出掛けよう。メルボルン中心部から約25キロはなれたところにある郊外の住宅地、グレンウェーブリーを目指す。駅前に行きつけの中華屋がある。スポーツの秋である。秋はオーストラリアン・フットボールの季節だ。オー [続きを読む]
  • オーストラリア大陸最南端にいってみた その3
  • いよいよオーストラリア大陸最南端である。それにしても地の涯を駆け抜けるこの旅は、たったの二日間であったがまさにグレートトラバースであった。一日で数十キロ歩く旅を何か月も続けた田中陽希はスゴイ。私はたったの二日でお手上げである。[二日目のルート]1. ウィルソンズ灯台→ロアリングメグ(登山道経由) 6.1キロ2. ロアリングメグ→サウスポイント→ロアリングメグ 3.7キロ×23. ロアリングメグ→オベロンベイ 9.5 [続きを読む]
  • オーストラリア大陸最南端にいってみた その2
  • オーストラリア大陸最南端へ行ってきた。目が覚めた。青空の広がる素晴らしい天気になった。灯台に登ってみよう。オーストラリア本土の南端にある灯台からの景色は最高である。左側の奥にある木造建築のコテージが今回宿泊した棟である。実は、この灯台のある場所は最南端ではなく、最東南端(South East Point)である。大陸最南端(The southernmost point)となる『サウスポイント』はここから約11キロ離れている。灯台施設の管 [続きを読む]
  • オーストラリア大陸最南端にいってみた
  • オーストラリア大陸最南端に行ってきた。徒歩でしか行けない、まさに最果ての地である。オーストラリア大陸の東南部に、ウィルソンズプロモントリー(Wilsons Promontory)という半島がある。半島全体が自然公園として素晴らしい状態で保全されている。地元では「Proms」(プロムス)と呼ばれて親しまれている。日常的にキャンプやバーベキューに親しみながら育ったメルボルンの中〜上流の人々にとって、学校時代にサマーキャンプ [続きを読む]
  • ブロンプトンでビーチトレーニング
  • ブロンプトンでビーチトレーニング。[走行データ]ルート Mordiallac駅(フランクストン線)→メントンビーチ→ハーフムーンベイ・ビーチ→ブライトンビーチ→セントキルダビーチ→ポートメルボルン(トラム駅)距離 28.6キロ平均速度 多分28〜30キロぐらい。本日オーストラリア・ビクトリア州は夏時間から冬時間への切り替えの日。一時間遅くなるので、楽に朝6時に起きることができた。さあビーチへ出発だ。メルボルン中心地 [続きを読む]
  • 私の秘湯アイドル ≪ブロンプトンで秘湯へ行こう≫
  • 『ブロンプトンで秘湯へ行こうの原点をたどる』スペシャル。秘湯アイドル編。私と秘湯との出会いは割と最近である。2013年の秋、ふとした思いつきで霧積温泉の金湯館へブロンプトンで行ってみた(Bromptonで秘湯へ行こうシリーズ第一弾)。車ではいけないような山奥にブロンプトンで行ってみたい、汗をかいたあと温泉に入りたい、そしておぎのや本店(横川駅前)で釜めしを食べたいといった単純な理由だったように記憶する。素晴ら [続きを読む]
  • ブロンプトンでブライトンビーチ・トレーニング
  • ブロンプトンでブライトンビーチ・トレーニング。8月のBWCへ向けてトレーニング開始である。[走行データ]距離 10.4キロ速度 時速12キロポートメルボルンまでトラムで行き、セントキルダビーチを経由して、ブライトンビーチを目指す。30分間の全力疾走である。夕方の海風が向い風となりなかなか良い負荷となってくれる。ブライトンビーチの岬に着いた。夕日が沈んでいく。帰途は、ブライトンビーチ駅からサンドリンガム線の電車 [続きを読む]
  • ブロンプトンで Lune Croissanterie
  • メルボルンで今、一番おいしいと言われているパン屋へ行ってみた。Lune Croissanterieである。 フィッツロイの住宅街の一角、元倉庫を改造した建物にある。 大人気である。クロワッサン、チョコクロワッサン、クイニーアマン・・・。どれもオイシイです。https://www.lunecroissanterie.com/ 関連記事:ブロンプトンでペンギンの島 PHILLIP ISLANDへ ブロンプトンでバス海岸へ ≪オーストラリアに春が来た≫ ブロンプトン [続きを読む]