nakashima さん プロフィール

  •  
nakashimaさん: 中島の鉄道日記
ハンドル名nakashima さん
ブログタイトル中島の鉄道日記
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/tetu764
サイト紹介文九州内の鉄道に関する話題等を中心にアップしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2015/09/26 12:43

nakashima さんのブログ記事

  • JR筑前山家駅
  • JR筑前山家駅(ちくぜんやまええき)は、福岡県筑紫野市にある筑豊本線(原田線)の駅です。         無人駅で日本家屋風の小さな駅舎があります。 中は板張りのベンチがあり、左側はトイレになっています。現在は単式1面一線のホームですが、かつては2面2線構造でした画像右側の1面が廃止となり 撤去されたレールの横にはホームがそのまま残っています。 こちらは引き込み線の跡でしょうか雑草に覆われた中にレールが残 [続きを読む]
  • JR筑前山家駅
  • JR筑前山家駅(ちくぜんやまええき)は、福岡県筑紫野市にある筑豊本線(原田線)の駅です。         無人駅で日本家屋風の小さな駅舎があります。 中は板張りのベンチがあり、左側はトイレになっています。現在は単式1面一線のホームですが、かつては2面2線構造でした画像右側の1面が廃止となり 撤去されたレールの横にはホームがそのまま残っています。 こちらは引き込み線の跡でしょうか雑草に覆われた中にレールが残 [続きを読む]
  • 撮り鉄日記 筑豊電鉄
  • 三月の春暖かい一日、福岡県の筑豊電気鉄道で久しぶりに撮り鉄をしてみました。場所は直方市の筑豊直方駅にほど近い遠賀川橋梁河川敷です。堤防で待っているとやがて筑鉄オリジナルカラーの3000形がやってきました。折り返しで筑豊直方駅から戻ってきたところを一枚こちらは青空にライトグリーンが鮮やかな超低床式LRTの5000形です。この一帯も以前は結構菜の花が咲いていたのですが近年はあまり見かけなくなったようです。 [続きを読む]
  • 撮り鉄日記 筑豊電鉄
  • 三月の春暖かい一日、福岡県の筑豊電気鉄道で久しぶりに撮り鉄をしてみました。場所は直方市の筑豊直方駅にほど近い遠賀川橋梁河川敷です。堤防で待っているとやがて筑鉄オリジナルカラーの3000形がやってきました。折り返しで筑豊直方駅から戻ってきたところを一枚こちらは青空にライトグリーンが鮮やかな超低床式LRTの5000形です。この一帯も以前は結構菜の花が咲いていたのですが近年はあまり見かけなくなったようです。 [続きを読む]
  • 熊本電鉄 北熊本駅
  • 熊本市北区にある熊本電気鉄道の北熊本駅は熊本電鉄の運行上の拠点となっており駅構内に鉄道本部や車両基地などがあります。改札口にいるのは北熊本駅駅長のKoroちゃんです。中国からの観光客も多いので中国語表記になっています。ホームからいろいろな電車を見ることができます。平成28年に引退した「青ガエル」5000形とモハ71形の姿も。5000形の行先はもと東急の車両という事で「渋谷」になっていました。「渋谷」と6000形の「北 [続きを読む]
  • 熊本電鉄 北熊本駅
  • 熊本市北区にある熊本電気鉄道の北熊本駅は熊本電鉄の運行上の拠点となっており駅構内に鉄道本部や車両基地などがあります。改札口にいるのは北熊本駅駅長のKoroちゃんです。中国からの観光客も多いので中国語表記になっています。ホームからいろいろな電車を見ることができます。平成28年に引退した「青ガエル」5000形とモハ71形の姿も。5000形の行先はもと東急の車両という事で「渋谷」になっていました。「渋谷」と6000形の「北 [続きを読む]
  • JR大牟田駅
  • 以前西鉄の大牟田駅をアップしましたが、今回はJR鹿児島本線の大牟田駅です。大牟田のJRの駅は東口の方にあります一部二階建てで現在の駅舎は昭和31年に建てられたものです。改札口を抜けて1番ホームのすぐ右手には有明高専の生徒が作った大牟田の夏祭り「大蛇山」にちなんだ大蛇のロボットがあります。正面に立つとセンサーが機能して動くようになっています。駅名標のイラストも大蛇山です。ホームは2面3線3番ホームの向こうには [続きを読む]
  • JR大牟田駅
  • 以前西鉄の大牟田駅をアップしましたが、今回はJR鹿児島本線の大牟田駅です。大牟田のJRの駅は東口の方にあります一部二階建てで現在の駅舎は昭和31年に建てられたものです。改札口を抜けて1番ホームのすぐ右手には有明高専の生徒が作った大牟田の夏祭り「大蛇山」にちなんだ大蛇のロボットがあります。正面に立つとセンサーが機能して動くようになっています。駅名標のイラストも大蛇山です。ホームは2面3線3番ホームの向こうには [続きを読む]
  • 南阿蘇鉄道 ONE PIECEラッピング列車乗車記
  • 熊本県の南阿蘇鉄道は、2016年4月に起きた熊本地震の影響により未だ全線復旧しておらず、現在一部区間のみの運行となっています。そんな熊本地震からの復興の願いを込めて「ONE PIECE熊本復興プロジェクト」の一環として熊本出身の漫画家尾田栄一郎さんと地元自治体などの協力により「ONE PIECEラッピング列車」が運行されています。今回はその列車に乗って高森~中松間を往復してみました。高森駅のホームに入線してきたMT-2000形O [続きを読む]
  • 南阿蘇鉄道 ONE PIECEラッピング列車乗車記
  • 熊本県の南阿蘇鉄道は、2016年4月に起きた熊本地震の影響により未だ全線復旧しておらず、現在一部区間のみの運行となっています。そんな熊本地震からの復興の願いを込めて「ONE PIECE熊本復興プロジェクト」の一環として熊本出身の漫画家尾田栄一郎さんと地元自治体などの協力により「ONE PIECEラッピング列車」が運行されています。今回はその列車に乗って高森~中松間を往復してみました。高森駅のホームに入線してきたMT-2000形O [続きを読む]
  • 島原鉄道 南島原駅
  • 長崎県島原市津町にある島原鉄道の南島原駅です。開業は1913年現在の駅舎は2015年に建てられたものです。2面3線のホームを持つ駅で車両基地を併設しているためホームから留置されている車両を見ることが出来ます。お馴染みの黄色い車両2500形に交じって復刻版赤パンツ号の姿も。車両基地の近くには鉄道神社もありました。 [続きを読む]
  • 島原鉄道 南島原駅
  • 長崎県島原市津町にある島原鉄道の南島原駅です。開業は1913年現在の駅舎は2015年に建てられたものです。2面3線のホームを持つ駅で車両基地を併設しているためホームから留置されている車両を見ることが出来ます。お馴染みの黄色い車両2500形に交じって復刻版赤パンツ号の姿も。車両基地の近くには鉄道神社もありました。 [続きを読む]
  • JR白石駅
  •          熊本県葦北郡芦北町にある肥薩線の白石駅には1908年の肥薩線開業当時から残る古い木造の駅舎があります。丸ポストもよく似合います以前は駅員がいる有人駅でしたが、現在は無人となり広い待合室の片隅には板でふさがれたかつての窓口の跡が残っています。歴史を感じる駅です。白石駅は平成19年には南九州近代化産業遺産群の物資輸送関連遺産として他の肥薩線の坂本駅などと共に13件の中の一つに選ばれています。 [続きを読む]
  • JR白石駅
  •          熊本県葦北郡芦北町にある肥薩線の白石駅には1908年の肥薩線開業当時から残る古い木造の駅舎があります。丸ポストもよく似合います以前は駅員がいる有人駅でしたが、現在は無人となり広い待合室の片隅には板でふさがれたかつての窓口の跡が残っています。歴史を感じる駅です。白石駅は平成19年には南九州近代化産業遺産群の物資輸送関連遺産として他の肥薩線の坂本駅などと共に13件の中の一つに選ばれています。 [続きを読む]
  • くま川鉄道 湯前駅
  • 湯前駅は熊本県球磨郡湯前町にあるくま川鉄道の終着駅です。駅舎は大正13年の湯前線開通と共に開設されたもので、国鉄から第三セクターくま川鉄道に引き継がれ、現在に至っています。中に入ってみます。訪れた日は日曜日で窓口が閉まっていましたがここは平日のみ駅員が駐在するという駅になっています。窓口の横にはATMのように周りが囲まれた自動券売機も設置されていました。相対式2面1線のホームですが手前の木製のホームは使 [続きを読む]
  • くま川鉄道 湯前駅
  • 湯前駅は熊本県球磨郡湯前町にあるくま川鉄道の終着駅です。駅舎は大正13年の湯前線開通と共に開設されたもので、国鉄から第三セクターくま川鉄道に引き継がれ、現在に至っています。中に入ってみます。訪れた日は日曜日で窓口が閉まっていましたがここは平日のみ駅員が駐在するという駅になっています。窓口の横にはATMのように周りが囲まれた自動券売機も設置されていました。相対式2面1線のホームですが手前の木製のホームは使 [続きを読む]
  • JR若松駅
  • 福岡県北九州市若松区の筑豊本線のJR若松駅は1891年に開業石炭産業と共に栄えた駅です。現在の駅舎は1984年に建てられています。緑の窓口や自動改札機を備えた業務委託駅で駅には立ち食いうどんの店や売店などもあります。次の列車まで待ち時間があったので北九州方面ではお馴染みの「東筑軒」名物かしわうどんを食べてみました。頭端式1面2線の広いホームがあります。駅名標は昔ながらのシンプルなタイプ昨年から蓄電池式の電車81 [続きを読む]
  • JR若松駅
  • 福岡県北九州市若松区の筑豊本線のJR若松駅は1891年に開業石炭産業と共に栄えた駅です。現在の駅舎は1984年に建てられています。緑の窓口や自動改札機を備えた業務委託駅で駅には立ち食いうどんの店や売店などもあります。次の列車まで待ち時間があったので北九州方面ではお馴染みの「東筑軒」名物かしわうどんを食べてみました。頭端式1面2線の広いホームがあります。駅名標は昔ながらのシンプルなタイプ昨年から蓄電池式の電車81 [続きを読む]
  • 西鉄大牟田駅
  • 今回は福岡県大牟田市にある西日本鉄道 天神大牟田線の西鉄大牟田駅を訪れてみました。JR大牟田駅と隣接しており西鉄の駅があるのは西側になります。同社の車両の5000形を思わせるような色合いの駅舎です。右側に見えるのは大牟田駅連絡橋。東口から西鉄を利用する場合はこの橋を渡ってきます。頭端式ホーム3面3線で降車専用を含めて4番から8番までホームがあります。(1番から3番はJR線用)駅名標にはJR線との乗り換えを示す案内も [続きを読む]
  • 島原鉄道 1号機関車ラッピング車
  • 島原鉄道では昨年の9月から1号機関車ラッピング車が運行されています。1号機関車とは日本で初めて1872年(明治5年)に開業した新橋〜横浜間の鉄道を走った蒸気機関車で、その後1911年(明治44年)に島原鉄道に譲渡され1930年(昭和5年)まで島原の地を走っていました南島原駅に到着したキハ2500形の「1号機関車ラッピング車」です。ボディの両側には窓の部分をうまく利用して1号機関車が描かれています。中央には「日本の1号機関車が走 [続きを読む]
  • 旧三池炭鉱専用鉄道電気機関車
  • かつて炭鉱の街福岡県大牟田市の三池炭鉱専用鉄道を走っていた電気機関車地元では「炭鉱電車」と呼ばれ親しまれていました。1997年の閉山後は大牟田市に譲渡され民間の工場の敷地内に保存されていましたが2016年10月から西港町の三川抗跡に展示されることになり現在その四両の電気機関車が屋根付きの立派な展示スペースに並んでいます。それでは写真左の車両から一両ずつ簡単に紹介していきます。___________________________①  [続きを読む]
  • JR九州819系電車
  • JR九州の筑豊本線(若松線)では昨年10月から新型の819系車両が運行されています。この車両は「DUAL ENERGY CHARGE TRAIN」と言って、電車でありながら電化区間は充電しながら走行し、非電化区間もバッテリーで走れるというハイブリッドシステムを搭載した車両で、自動車に例えると まぁプリウスPHVやアウトランダーPHEVみたいなものでしょうか?今回、折尾駅から若松駅まで実際に乗車してみました。シートも色違いでお洒落な感じで [続きを読む]
  • JR宇佐駅
  • 大分県宇佐市にある日豊本線の宇佐駅を訪れてみました。宇佐神宮の最寄駅ということもあり(駅から約4Km。かつてはここから宇佐神宮まで鉄道路線もありました。)外観も宇佐神宮をイメージした神社風になっています。SUGOCA読み取り機にみどりの窓口もある業務委託駅で2面3線の単式と島式のホームの駅です。特急も約半数が停車します。ホームには神社風の国東半島案内板があります。駅名標も凝った作りのが何種類かあってこちらは一 [続きを読む]