nakashima さん プロフィール

  •  
nakashimaさん: 中島の鉄道ブログ
ハンドル名nakashima さん
ブログタイトル中島の鉄道ブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/tetu764
サイト紹介文九州内の鉄道に関する話題等をアップしています。 よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2015/09/26 12:43

nakashima さんのブログ記事

  • 人吉鉄道ミュージアム MOZOCA ステーション 868
  • 今回はいつもの鉄道ブログと違って熊本県人吉市の人吉駅前にある鉄道の博物館「人吉鉄道ミュージアムMOZOCAステーション868」の紹介ですオープンしたのは2015年その時にも記事にしているので今回2度目になります。内部にはSL人吉のプレートなどが飾れています。 館内にレールが敷いてあります。館内からミニトレインが走っており、今回は大人げなくもこれに乗ってみました。外へ出たミニトレインは人吉駅方面へ向かいます。往復チ [続きを読む]
  • 鹿児島市交通局7500形ユートラムⅢ
  • 鹿児島市交通局では、2017年3月から2車体連接車の新型超低床路面電車7500形が導入されています。         愛称は「ユートラムⅢ」 全長は14.4mで初代ユートラム1000形の14mよりわずかに長いですが     小型化されたモーターや座席レイアウトの工夫などで定員は         1000形より13名多い68名となっています。 (ちなみにユートラムⅡ7000形は全長18mで定員は78名)   [続きを読む]
  • JR松橋駅
  • 熊本県宇城市不知火町にあるJR鹿児島本線の松橋駅(まつばせ駅)です。(駅の所在地は宇城市松橋町ではなく不知火町なのですね)    東口から見た松橋駅、現在の駅舎は2016年10月に完成しました。橋上駅で連絡橋により新たに西口も設けられています。その連絡橋からは通過していく特急「かわせみ やませみ」も見えました。ICカード読み取り機がある改札口 ホームは1面2線新駅舎が出来るまでは2面3線でした。      東側には [続きを読む]
  • 鹿児島市交通局 市電撮り鉄記
  • 昨年の夏に引き続き、今年も鹿児島市電を撮ってみました。まずは鹿児島中央駅前から一日乗車券で途中下車しながら移動します。高見馬場〜天文館通り間 9500形明治維新150年記念ラッピング車 鹿児島駅前1000形ラッピング車鹿児島市役所前 600形朝日通電停付近 1000形ユートラム山形屋前 カラフルなバスと一緒に9500形ラッピング車いづろ通り 坂本竜馬夫妻像と7000形ユートラムⅡ高見馬場交差点画像右側が1系統谷山方面画像手前 [続きを読む]
  • 高千穂観光物産館 トンネルの駅
  • 宮崎県西臼杵郡高千穂町の国道325号線を走っていると道沿いに赤い列車が見えてきます。かつて高千穂鉄道を走っていたTR300形です。 この列車があるのは、地元の神楽酒造が運営する 高千穂観光物産館トンネルの駅です。列車の後ろにはSLも展示されています。このTR300形列車は1991年から2003年まで座席指定席車の「たかちほ号」としてTR400形の「トロッコ神楽号」に代わるまで高千 [続きを読む]
  • 高千穂あまてらす鉄道乗車記
  • 平成17年の台風被害により残念ながら全線廃線となった宮崎県の旧高千穂鉄道現在は高千穂あまてらす鉄道として高千穂駅〜高千穂鉄橋間の区間約5.1kmを観光用のスーパーカートが走っています。今回はこれに乗ってみることにしました。駅には高千穂鉄道当時の車両TR200形も保存されています。今年3月から新型となった30人乗りグランド・スーパーカートです。前面部はかつてのTR400形(現在のJR九州の海幸山幸)を思わせるようなデザイン [続きを読む]
  • JR指宿駅
  • 駅訪問シリーズ、今回は鹿児島県指宿市の指宿枕崎線、JR指宿駅です。現在の駅舎は昭和55年に建てられています。温泉地らしく駅前に大きな足湯もあります。南国らしい花いっぱいの駅前で竜宮城のモニュメントも人気の観光列車「指宿のたまて箱」も77万人も利用した観光駅です。駅がある東側と西側は地下通路で結ばれており西側は駐車場や観光バスの乗り場等として使われているようです。昔の国鉄時代の面影を残すような改札口SUGOCA [続きを読む]
  • 特急「いさぶろう・しんぺい」乗車記
  • 人吉駅からJR九州の人気の観光列車「いさぶろう・しんぺい」号に乗ってみました。この列車名の由来は、人吉〜吉松間が建設され明治時代当時の逓信大臣山縣伊三郎と同区間の開業当時の鉄道院総裁であった後藤新平にちなんで名づけられています。行きと帰りで列車名が変わり熊本からの下りが「いさぶろう」号吉松からの上りが「しんぺい」号となっています。吉松方面から人吉駅16時43分発「しんぺい4号」がやってきました。夕方の光 [続きを読む]
  • JR西大山駅
  • JR最南端の駅として多くの人が訪れる、鹿児島県指宿市にある指宿枕崎線の西大山駅です。バックに別名薩摩富士とも呼ばれる開門岳を望む抜群のロケーションです。枕崎方面から指宿行きの列車がやってきました。JRの東西南北端の駅を示す表示板北海道まではさすがにちょっと遠くて行く機会がないかもしれませんが最西端の駅、佐世保駅は以前訪れて記事にすることが出来ました。駅の前には幸せの鐘と幸せの黄色いポストもあります。小 [続きを読む]
  • キスマイ新幹線
  • 現在JR九州では「GO!GO!!クマモト オオイタ キャンペーン」の一環として人気グループKis-My-Ft2のラッピンク新幹線が運行されています。今回はそれを見に熊本駅に行ってみました。    鹿児島中央駅発上りのキスマイラッピング車がやってきました。熊本駅のホームに停車中の800系キスマイラッピング車この日は博多行「さくら」としての運用でした。ホームから改札口に向かうエスカレーターの正面にもキャンペーンのポスター [続きを読む]
  • 日本最南端の鉄道で撮り鉄
  • 久しぶりに鹿児島県の指宿枕崎線で撮り鉄をしてみました。場所は指宿市の大山駅〜西大山駅間です。       西大山駅はJR日本最南端の駅としても知られており           多くの観光客や鉄道ファンが訪れます。    西大山駅にほど近い国道226号線沿いにひまわりが咲いていたので         その南側を走る列車を望遠で狙ってみました。一日の終わりを告げようとしている時に1両の古いキハ40系がや [続きを読む]
  • 特急「かわせみ やませみ」乗車記
  • 2017年3月から熊本駅〜人吉駅間で運行されている観光特急「かわせみ やませみ」に乗車してみました。今回利用したのは熊本駅11時23分発の「かわせみ やませみ3号」です。この列車は青色の「かわせみ」(1号車)と緑色の「やませみ」(2号車)によるキハ47形二両編成になっています。1号車「かわせみ」の車内天井まで模様が施され、木々に囲まれたシックな内装さすがは水戸岡デザインです。今回の指定席はこのゆったりとしたシートで [続きを読む]
  • 九州新幹線 新水俣駅
  • 前回のおれんじ鉄道新水俣駅に引き続き、今回は九州新幹線の「新水俣駅」です。長方形のアルミパネルを角度をつけて組み合わせることによって不知火海のさざ波が陽を受けて煌くイメージを表しているそうです。この駅舎は「くまもとアートポリス第9回推進賞」を受賞しています。駅名標の下の時刻表を見ると概ね一時間に1本から2本程度のダイヤのようです。単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線の合計2面3線のホームがあります。下り [続きを読む]
  • 肥薩おれんじ鉄道 新水俣駅
  • 熊本県水俣市にある肥薩おれんじ鉄道の「新水俣駅」にやってきました。この立派な建物は九州新幹線新水俣駅の駅舎で おれんじ鉄道の新水俣駅は写真の手前の方になります。九州新幹線の駅舎の下を通り抜けると踏切通路があり無人駅の肥薩おれんじ鉄道「新水俣駅」の1面2線島式ホームがあります。ホームは狭めで安全のためフェンスが設けられています。新幹線の接続駅にしては、いささか小さめの規模の駅ですがもともとは信号所とし [続きを読む]
  • JR新鳥栖駅
  • 前々回の九州新幹線新鳥栖駅に続いて、今回は在来線の方の新鳥栖駅です。2011年九州新幹線全線開通に伴い鳥栖市原古賀町の長崎本線上に開業しました。改札口は新幹線駅舎の南側(在来線上りホーム側)にあります。その改札の横、上り線ホームには立ち食いうどん・そばの店も。九州新幹線と交差する形で2面2線のホームがあります。駅名標のイラストはJリーグサガン鳥栖のマスコットキャラクター「ウィントス」ちなみにサガン鳥栖のメ [続きを読む]
  • 肥薩おれんじ鉄道 津奈木駅
  • 熊本県葦北郡津奈木町は彫刻のある町として知られており、町中のいたるところで彫刻像を見ることが出来ます。肥薩おれんじ鉄道の津奈木駅の前にも「孝女・千代」像があります。ホームからもその像が見えます。津奈木駅は無人駅でかつての窓口の跡が残っています。ホームは2面2線この駅から上り方面湯浦駅までは複線区間になっています。 昔の薩摩街道沿いという事で駅名標の向こうの道路には「薩摩―江戸」を示す表示板も津奈木駅 [続きを読む]
  • 九州新幹線 新鳥栖駅
  • 九州新幹線の新鳥栖駅は、九州新幹線の中では唯一佐賀県(鳥栖市)にある駅です。写真は在来線新鳥栖駅のホームから見た新幹線の駅舎中央部は鳥の翼をイメージした躍動感あふれる曲線のフォルムになっています。改札口から中へ入ってみます。2面4線の島式ホームになっており曲線部の大屋根を支えるフレームが印象的です。鳥の栖(すみか)と言うくらいで居心地がいいのか、屋根の一部は鳩の巣になっていました。ホームから見た久留米方 [続きを読む]
  • 旧国鉄宮原線跡を訪ねて
  • 旧国鉄宮原線(みやのはるせん)は、かつて大分県玖珠郡九重町の恵良駅から熊本県阿蘇郡小国町の肥後小国駅までの26.6kmを結んでいた鉄道路線です。当時は旅客列車が久大本線の豊後森駅まで乗り入れたりしていましたが1980年の国鉄再建法の施行を受け1984年12月に赤字ローカル線の対象路線として全線廃止になりました。廃止の翌年、鉄道の駅から道の駅になった「道の駅小国ゆうステーション」前の肥後小国駅跡には、線路や信号駅名標 [続きを読む]
  • 西鉄 新栄町駅
  • 福岡県大牟田市新栄町にある西鉄天神大牟田線の新栄町駅です。開業は1970年、駅事務室や改札は二階にあります。改札口近くの外コンコースには大牟田の祭り「大蛇山」の大蛇と大牟田市庁舎の模型が展示されています。自動改札機が設置されている改札口 1面2線の島式ホームです。駅名標と時刻表駅ナンバーはT49です。すぐ横をJR鹿児島本線が並行して走っているので ↑ここからJRの車両を見ることも出来ます。817系とDE10-1181にも遭 [続きを読む]
  • 熊本市交通局 5000形
  • 熊本市交通局の二両連結車5000形は昭和53年(1978年)に元西鉄福岡市内線から譲渡された車両です。ここ数年、経年劣化と故障のため長期間運用離脱していましたが再整備され今年3月から現役に復帰しています。現在、平日の朝夕ラッシュ時のみ運行されているため、なかなか撮りに行く機会がなかったのですが、先週土曜日の昼間に貸切の臨時便として走っていたので撮影してみました。「貸切」の行先表示幕と臨時の「臨」の系統表示板を [続きを読む]
  • 筑豊電鉄 筑豊直方駅
  • 福岡県直方市知古一丁目にある筑豊電気鉄道の筑豊直方駅です。以前アップしたJR直方駅及び平成筑豊鉄道直方駅とは直線距離にして約500mほど離れた地点にあります。直方市側の終着駅で高架の立派な建物ですが無人駅です。遠賀川橋梁を渡って二両連結車の3000形ラッピング車がやってきました。頭端式2面2線のホーム写真右側の1番ホームはラッシュ時等を除いてあまり使われていないようです。「CT21」の駅ナンバーが入った駅名標かつ [続きを読む]
  • 西鉄中島駅
  • 西鉄天神大牟田線の柳川市大和町にある西鉄中島駅へ行ってみました。高架駅ですが、乗降客が少ないせいかエスカレーターやエレベーターは設置されていません。朝夕のラッシュ時以外の時間帯は駅員のいない無人駅となります。改札口にはnimocaの読み取り機が設置されていました。ホームは一面一線、この区間は単線になっています。平成29年2月から導入されたナンバリングが入った駅名標正式名は「中島」駅でなく「西鉄中島」駅なん [続きを読む]
  • JR田原坂駅
  • 明治時代に西南の役最大の激戦地となったことでも知られている田原坂。今回はその田原坂にあるJR鹿児島本線の田原坂駅です。所在地は熊本県熊本市北区植木町とても政令指定都市でもある熊本市にある駅とは思われないような山間の崖状に設置された静かな無人駅です。上り線側にある広い待合室にはベンチとICカード読み取り機が設置されています。下り線には郵便受けみたいな切符入れが。駅名標には民謡田原坂の一節が書かれています [続きを読む]
  • JR肥後大津駅
  • 肥後大津駅(ひごおおづえき)は熊本県菊池郡大津町にあるJR豊肥本線の駅です。南口の駅舎は平成23年に開設されたもので「大津町ビジターセンター」を併設しています。肥後大津駅には平成29年3月から「阿蘇くまもと空港駅」の愛称が付けられました。とは言え、福岡空港駅や宮崎空港駅みたいに空港に直結しているわけでもなく阿蘇くまもと空港まで約6.7Km 当然歩いて行ける距離ではないので南口から無料の連絡バス「空港ライナー」が [続きを読む]
  • 肥薩おれんじ鉄道 おれんじ食堂
  • 肥薩おれんじ鉄道の人気観光列車「おれんじ食堂」に乗ってみました。おれんじ食堂と言えば、沿線の美しい風景を楽しみながら地元産の食材等を使った豪華な料理を味わえるのが売り物の列車ですが、食事なしで乗車のみも可能なので(2号車のみで座席指定券が必要)今回は気軽に乗れるこちらにしてみました。10時12分、新八代駅発二両編成のおれんじ食堂(2便)が八代駅へ入ってきました。今回乗車したのは2号車(リビング・カー)のこのシ [続きを読む]