まるいし さん プロフィール

  •  
まるいしさん: プロムナード3
ハンドル名まるいし さん
ブログタイトルプロムナード3
ブログURLhttp://ameblo.jp/maruishi46/
サイト紹介文仮想空間の散歩道です。 勉強、仕事などで疲れた頭を癒しに、ぜひ訪れてください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供285回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2015/09/26 12:46

まるいし さんのブログ記事

  • 問題は?
  • まず、前回のブログですが、訂正箇所があるのですが、文字数がぎりぎりで投稿したため、直せないようです。悪しからず。←まあ、大した問題ではありません。それから、なぜか、投稿時間が午前10時台になっているのですが、もちろん、午後です。確かに、出だしだけ書いて保存はしていたのですが、時間がそのままだったのか、よくわかりませんが。←まあ、どうでもいいです。それで、本題ですが、この写真、何か問題あります?岡山 [続きを読む]
  • Maruishi?ゼミ(龍樹23)
  • 思うところあって、今回は、第二三章から第二七章まで、すなわち、今回で『中論』は完結します。 (中村元「龍樹」講談社学術文庫より)凡例一 原典のまえには、§をおき、原典がはじまることを示した。二 原典の内容を要約してで見出しを付した場合もある。三 原典中の( )内は語の説明、あるいは仏教語を示し、[ ]内は語を補ったものである。1 『中論』 本書の内容については、第Ⅱ部で詳述した。ここではテキスト [続きを読む]
  • Maruishi?ゼミ(龍樹22)
  • 今回は、第二二章です。(中村元「龍樹」講談社学術文庫より)凡例一 原典のまえには、§をおき、原典がはじまることを示した。二 原典の内容を要約してで見出しを付した場合もある。三 原典中の( )内は語の説明、あるいは仏教語を示し、[ ]内は語を補ったものである。1 『中論』 本書の内容については、第Ⅱ部で詳述した。ここではテキストの全訳のみを提出する。なお以下の翻訳については、論理的脈絡のはっきりたどれ [続きを読む]
  • Maruishi?ゼミ(龍樹21)
  • 今回は、第二一章です。(中村元「龍樹」講談社学術文庫より)凡例一 原典のまえには、§をおき、原典がはじまることを示した。二 原典の内容を要約してで見出しを付した場合もある。三 原典中の( )内は語の説明、あるいは仏教語を示し、[ ]内は語を補ったものである。1 『中論』 本書の内容については、第Ⅱ部で詳述した。ここではテキストの全訳のみを提出する。なお以下の翻訳については、論理的脈絡のはっきりたどれ [続きを読む]
  • Maruishi?ゼミ(龍樹20)
  • 今回は、第二〇章です。(中村元「龍樹」講談社学術文庫より)凡例一 原典のまえには、§をおき、原典がはじまることを示した。二 原典の内容を要約してで見出しを付した場合もある。三 原典中の( )内は語の説明、あるいは仏教語を示し、[ ]内は語を補ったものである。1 『中論』 本書の内容については、第Ⅱ部で詳述した。ここではテキストの全訳のみを提出する。なお以下の翻訳については、論理的脈絡のはっきりたどれ [続きを読む]
  • Maruishi?ゼミ(龍樹19)
  • 今回は、第一九章です。(中村元「龍樹」講談社学術文庫より)凡例一 原典のまえには、§をおき、原典がはじまることを示した。二 原典の内容を要約してで見出しを付した場合もある。三 原典中の( )内は語の説明、あるいは仏教語を示し、[ ]内は語を補ったものである。1 『中論』 本書の内容については、第Ⅱ部で詳述した。ここではテキストの全訳のみを提出する。なお以下の翻訳については、論理的脈絡のはっきりたどれ [続きを読む]
  • Maruishi?ゼミ(龍樹18)
  • これから三章分投稿しますが、回数と章が合っていますので、三回に分けて投稿します。まず、第一八章です。(中村元「龍樹」講談社学術文庫より)凡例一 原典のまえには、§をおき、原典がはじまることを示した。二 原典の内容を要約してで見出しを付した場合もある。三 原典中の( )内は語の説明、あるいは仏教語を示し、[ ]内は語を補ったものである。1 『中論』 本書の内容については、第Ⅱ部で詳述した。ここではテキ [続きを読む]
  • Maruishi?ゼミ(龍樹17)
  • 第一七章は長いですが、次からまた単純明快な感じに戻りますので、何度か目を通してみてください。要は、最初に記載があるように、「帰敬序」を具体的に説明しているだけですので、ここが自分で納得できるようになれば、『中論』は卒業でしょう。それで、何かいいことがあるのか?もちろん、様々なこと(実生活の全てについて)に応用、実践していくことができるようになること、それが目標です。(中村元「龍樹」講談社学術文庫よ [続きを読む]
  • 夕食前散歩(今日の追加写真)
  • 今朝、雨のためあまり歩けませんでしたので、天気の良くなった夕食前に少し歩きました。八重桜レンゲタンポポ、カラスノエンドウタンポポ、クローバー、カラスノエンドウレンゲ、桃畑、アオサギレンゲ凸ミラー小学生は、もう半袖のようです五つミラーの裏はこんな感じミラー(やっぱりお腹が出ているか?とりあえず、二週間と少しで2キロ以上減量成功、あと最低3キロ減量)先日発見した新しい仏様(これが何かと聞かれても、私は [続きを読む]
  • Maruishi?ゼミ(龍樹16)
  • 今回は、第一六章です。(中村元「龍樹」講談社学術文庫より)凡例一 原典のまえには、§をおき、原典がはじまることを示した。二 原典の内容を要約してで見出しを付した場合もある。三 原典中の( )内は語の説明、あるいは仏教語を示し、[ ]内は語を補ったものである。1 『中論』 本書の内容については、第Ⅱ部で詳述した。ここではテキストの全訳のみを提出する。なお以下の翻訳については、論理的脈絡のはっきりたどれ [続きを読む]
  • Maruishi?ゼミ(龍樹15)
  • 今回は、第一五章です。(中村元「龍樹」講談社学術文庫より)凡例一 原典のまえには、§をおき、原典がはじまることを示した。二 原典の内容を要約してで見出しを付した場合もある。三 原典中の( )内は語の説明、あるいは仏教語を示し、[ ]内は語を補ったものである。1 『中論』 本書の内容については、第Ⅱ部で詳述した。ここではテキストの全訳のみを提出する。なお以下の翻訳については、論理的脈絡のはっきりたどれ [続きを読む]
  • Maruishi?ゼミ(龍樹14)
  • 今回は、第一四章です。(中村元「龍樹」講談社学術文庫より)凡例一 原典のまえには、§をおき、原典がはじまることを示した。二 原典の内容を要約してで見出しを付した場合もある。三 原典中の( )内は語の説明、あるいは仏教語を示し、[ ]内は語を補ったものである。1 『中論』 本書の内容については、第Ⅱ部で詳述した。ここではテキストの全訳のみを提出する。なお以下の翻訳については、論理的脈絡のはっきりたどれ [続きを読む]
  • Maruishi?ゼミ(龍樹13)
  • 今回は、第一三章です。(中村元「龍樹」講談社学術文庫より)凡例一 原典のまえには、§をおき、原典がはじまることを示した。二 原典の内容を要約してで見出しを付した場合もある。三 原典中の( )内は語の説明、あるいは仏教語を示し、[ ]内は語を補ったものである。1 『中論』 本書の内容については、第Ⅱ部で詳述した。ここではテキストの全訳のみを提出する。なお以下の翻訳については、論理的脈絡のはっきりたどれ [続きを読む]
  • Maruishi?ゼミ(龍樹12)
  • どんどん進みます。第一二章です。ちゃんと付いてきてくださいね。(中村元「龍樹」講談社学術文庫より)凡例一 原典のまえには、§をおき、原典がはじまることを示した。二 原典の内容を要約してで見出しを付した場合もある。三 原典中の( )内は語の説明、あるいは仏教語を示し、[ ]内は語を補ったものである。1 『中論』 本書の内容については、第Ⅱ部で詳述した。ここではテキストの全訳のみを提出する。なお以下の翻 [続きを読む]
  • Maruishi?ゼミ(龍樹11)
  • 先を急ぎます。第一一章です。(中村元「龍樹」講談社学術文庫より)凡例一 原典のまえには、§をおき、原典がはじまることを示した。二 原典の内容を要約してで見出しを付した場合もある。三 原典中の( )内は語の説明、あるいは仏教語を示し、[ ]内は語を補ったものである。1 『中論』 本書の内容については、第Ⅱ部で詳述した。ここではテキストの全訳のみを提出する。なお以下の翻訳については、論理的脈絡のはっきり [続きを読む]
  • Maruishi?ゼミ(龍樹10)
  • 今回は、第一〇章です。(中村元「龍樹」講談社学術文庫より)凡例一 原典のまえには、§をおき、原典がはじまることを示した。二 原典の内容を要約してで見出しを付した場合もある。三 原典中の( )内は語の説明、あるいは仏教語を示し、[ ]内は語を補ったものである。1 『中論』 本書の内容については、第Ⅱ部で詳述した。ここではテキストの全訳のみを提出する。なお以下の翻訳については、論理的脈絡のはっきりたどれ [続きを読む]
  • 散る桜
  • 今年の桜は開花も遅かったようですが、今日までかなり残っているところも多いようでした。気温の低い日が多かったようですが、開花以降の雨の降り方も穏やかだったのでしょうか?今朝、コンデジを持ってカモ桃も桜もまだ残っています(山陽自動車道方面)ビオラレンゲ桃、菜の花車が通りました桃(山陽自動車道方面)朝露に濡れています「露とをち 露と消へにし わが身かな 浪速のことは 夢のまた夢」(豊臣秀吉)ミラー最近は [続きを読む]
  • Maruishi?ゼミ(龍樹9)
  • 回数と章が合いましたので、今回から一章ずつ進めたいと思います。(中村元「龍樹」講談社学術文庫より)凡例一 原典のまえには、§をおき、原典がはじまることを示した。二 原典の内容を要約してで見出しを付した場合もある。三 原典中の( )内は語の説明、あるいは仏教語を示し、[ ]内は語を補ったものである。1 『中論』 本書の内容については、第Ⅱ部で詳述した。ここではテキストの全訳のみを提出する。なお以下の翻 [続きを読む]
  • 桜の花は飽きたという方へ
  • (倉敷芸科大、新倉敷駅、山陽道)桃の花も、今日で終わりのようです。農道から記念撮影される方がチラホラと…ところで、私を褒めてください。5キロ痩せる予定。5日で、1.7キロ痩せました。しかも、体脂肪率、内臓脂肪も落ちています。筋肉量はそのまま。基礎代謝、合ってるのか?話は戻って…(倉敷芸科大、山陽道)(山陽道、玉島北中)(山陽道、火力発電所)(山陽道、新幹線、玉島北中)(山陽道)(竹藪、ミラーに映る [続きを読む]
  • Maruishi?ゼミ(龍樹8)
  • いきなりですが、『中論』は、しばらく振りですので、今回は、第六章から第八章までです。(中村元「龍樹」講談社学術文庫より)凡例一 原典のまえには、§をおき、原典がはじまることを示した。二 原典の内容を要約してで見出しを付した場合もある。三 原典中の( )内は語の説明、あるいは仏教語を示し、[ ]内は語を補ったものである。1 『中論』 本書の内容については、第Ⅱ部で詳述した。ここではテキストの全訳のみを [続きを読む]
  • 倉敷の桜事情など
  • ドックに行って少し時間がありましたので、昨日、今日の倉敷の桜など4月4日午後4時頃カフェエル・グレコ倉敷美観地区で、カップルが必ず行くところです。桜白鳥大原美術館最後のは、ロダンの「カレーの市民」です。白壁の町観光客は、最近は、欧米系、中国系の方が多いようです。ホテルへホテルは、この倉敷ロイヤルアートホテル(旧ホテル日航倉敷)と倉敷アイビースクエアから選べます。夕食は、倉敷ロイヤルアートホテルでは [続きを読む]
  • PS
  • (※次回(週末頃)から『中論』に戻ります。)昨日もかなり歩きました。夕食前には、カメラ持参で以下、記録写真です。まず、昼食後、ちょっと買い物にデンドロビウム(セカンドラブトキメキ)花が終わりかけていたためか、このお値段蘭の植込み材が残っていたので買いました。ちなみに、隣にあったあまり大きさの変わらないデンドロビウムは、2,000円以上でした。花はこんな感じ「セカンドラブトキメキ」←私はいつも「ファ [続きを読む]
  • クモマグサ
  • ちょっとゆっくりブログを書いている時間がありませんので、写真主体にします。今朝のクモマグサクローバーティント ルージュ斑入りクローバープリムラマラコイデスアネモネそれで、お詫びですが、何度も「カサブランカ」と紹介していたこの植物、どう見ても、「ヒアシンス」です。カサブランカは、いったいどのプランターに植えたのか?さて、今日の新聞から―「2017年(平成29年)3月31日(金) 毎日新聞」(1面、3 [続きを読む]
  • 空き缶くるくる!
  • 最近、近所でよく見かける空き缶の風車?半径3キロ以内、少なくとも三か所にあります。勝手に名前を付けました。『空き缶くるくる!』マジックで丁寧に線を引いて作っているようです。今日のベランダ犬来週、ドックに行きます。一昨年まで、体重50キロ台でした。最近は、今日急遽、痩せます。間食、夜食今日の体内年齢、当てになるのか?期間限定で安かったので、初めて一泊のコースにしました。「旧 ホテル日航倉敷」だったホ [続きを読む]