nakashima さん プロフィール

  •  
nakashimaさん: 中島の行動記録
ハンドル名nakashima さん
ブログタイトル中島の行動記録
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/b_river764
サイト紹介文九州内の名所や観光地、行事などなどを紹介したブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2015/09/26 15:59

nakashima さんのブログ記事

  • 2017鹿央里やま蓮まつり
  • 熊本県山鹿市鹿央町の鹿央古代の森交流施設「里やま」周辺では現在「2017鹿央里やま蓮まつり」が行われています。蓮を見学した後は鹿央物産館レストランでこの期間特別限定メニューの「蓮ご膳」を食べてみました。紫やまいもの食前酢に古代米紫黒米のご飯、黒米だご入りだご汁やハーブ鶏唐揚コーヒー、デザート等が付いて1100円他に朝7時から9時までは古代米の朝粥にだご汁などが付いた蓮朝食(600円)もあり(数量限定)いずれも蓮ま [続きを読む]
  • どんどんどんの森の可愛い像たち
  • 佐賀市に「どんどんどんの森」と言うちょっと変わった名前の都市緑地があります。市立図書館や男女共同参画センター、生涯学習センターなどの公共施設に新聞社やケーブルテレビ局、保険会社コールセンターなどの企業用地それに緑地公園などから成る複合施設です。構内道路から駐車場に車を停めて南側の方へどんどん歩いていくと何やら子供の像が見えてきます。NHKのみんなのうたのイメージイラストなどでも有名な佐賀県出身の画家 [続きを読む]
  • 大見石畳公園
  • 熊本県宇城市不知火町大見に「大見石畳」という場所があります。国道266号線から山の方へ約1.5kmほど進み杉木立の間の小道を登って行くと広い岩が広がっている一帯が現れます。これがその「大見石畳」です。長さ約150m、幅約10mの地質時代に溶岩流が流れ落ちて出来たと言われている呼ばれる不思議な地帯です。普段は流れる水も少なく大部分の岩が露出しているのですが梅雨の時期とかは岩全体を水が這うように流れています。雨上が [続きを読む]
  • 岳の湯温泉
  • 熊本県阿蘇郡小国町に「わいた温泉郷」と言われる温泉地が多い一帯があります。今回はそのわいた温泉郷の内のひとつ、岳の湯温泉の露天風呂へ行ってみました。まずはこの白地商店で受付をします風呂は一人300円で50分の貸切制です鍵を受け取り地熱で蒸気が噴き出している横の山道を登って行きます途中には調理に使う蒸し窯も。「風呂」と書かれた看板の方を目指します 緑に囲まれた一角が露天風呂です。石段を登って扉を開けると [続きを読む]
  • 見帰りの滝あじさいまつり
  • 紫陽花の名所としても知られている佐賀県唐津市相知町にある見帰りの滝では現在「第29回 見帰りの滝あじさいまつり」が行われています。 見帰りの滝は「日本の滝百選」にも選ばれている名瀑です。滝の近くの紫陽花はどこか涼しげです。滝を見学して遊歩道を下るといろいろな紫陽花に出会えます。20数年前に植えられた紫陽花が今では約4万株、40種類平成27年には未来に残したい日本の花風景「池坊花逍遥(はなし [続きを読む]
  • 大和中央公園花しょうぶ園
  • 花菖蒲の名所として知られている佐賀市大和町にある「大和中央公園花しょうぶ園」へ行ってみました。   美しく手入れされた1haの敷地には江戸系、伊勢系、肥後系などの花菖蒲          100種類、約4万株が植えられています。この日も花菖蒲を見学に多くの人が訪れていました。公園内では花菖蒲の他、紫陽花や池には睡蓮なども見ることが出来ました。 [続きを読む]
  • 舞鶴城公園
  • 熊本県葦北郡津奈木町にある舞鶴城公園は、かつてこの地にあった津奈木城址を公園化したもので、別名舞鶴城とも呼ばれていたためこの名が付きました。  舞鶴城公園へは遊歩道の他「つなぎ美術館」からモノレール (スロープカー)      もありますので、今回はこれに乗って上まで登ってみます。                     こちらがモノレールの乗車券往復300円で(美術館観覧とのセット券は500円) 美術館 [続きを読む]
  • 奇跡の夫婦岩
  • 昨年4月に起きた熊本地震は各地にいろいろな影響を及ぼしましたが熊本市西区松尾町のミカン山にある農道も山頂の観音様付近から落ちてきた大きな岩で半分ほど道がふさがれてしまいました。その落下地点は、奇しくも明治22年に起きた大地震で落ちてきた岩のすぐ横だったらしく、地元ではこれを撤去せず「奇跡の夫婦岩」と名付け祀り後世に残そうという事になりました。これがその「奇跡の夫婦岩」です。二つの岩を結ぶ注連縄も渡さ [続きを読む]
  • 豊後高田昭和の町
  • 大分県豊後高田市にある「豊後高田昭和の町」にはノスタルジックな雰囲気に浸れる浪漫があります。まずは町の中心施設である「昭和ロマン蔵」へ行ってみました。懐かしい昭和の名車の数々がお出迎えです。  こちらはオート三輪のダイハツミゼット  憧れのヒーローなりきり顔はめ看板に昭和37年当時の食堂メニュー「昭和の夢町三丁目館」には昭和の民家を再現してありま [続きを読む]
  • 小国福運三社巡り
  • 熊本県阿蘇郡小国町の中心部には三つの開運スポットなるものがあります。 その三つとは「小国両神社」「けやき水源水神様」「鏡ヶ池の恵比寿様」です。     この三社はいずれも近い場所にありますので徒歩で周れます。   今回はこの三社を実際に巡ってみました。まずは小国両神社からです。  ___________________________________________________                小国両神社江戸時代、小国両神 [続きを読む]
  • 水俣ローズフェスタ・春2017
  • 各地でバラの花が見頃ですが、今回は熊本県水俣市の「道の駅みなまた」にあるエコパーク水俣バラ園を訪れてみました。ここでは現在「水俣ローズフェスタ・春2017」が行われており約750種6500株のバラの花が咲き誇っています。MOYAI ROSEと刻まれたバラの池には一面にバラの花が浮かんでいました。バラのトンネルをくぐって展望台へフレンチローズやイングリッシュローズなどさまざまな種類のバラを見ることが出来ます。アップで見 [続きを読む]
  • 高取山公園わんぱく王国そよかぜの丘
  • 佐賀県神埼市脊振町にある高取山公園わんぱく王国そよかぜの丘は山の丘陵を利用した10haに広がる自然公園です。大型連休の時期は新緑やつつじなどが鮮やかでした。公園内には滑り台など子供が楽しめる遊具の他展望台まで登るハンガーモノライダーというリフト(一回200円)があるのでこれに乗って展望所まで登ってみました。展望台は閉鎖されていましたが、山間の景色が楽しめます。帰りは遊歩道を散策しながら下へ降ります。途中に [続きを読む]
  • 第14回中山大藤まつり
  • 大型連休の前半、福岡県柳川市三橋町にある中山の大藤を見に行ってきました。福岡県の天然記念物にも指定されている樹齢300年を超える大藤です。石橋を渡ると頭上には天から降り注ぐような藤の花が藤棚にもびっしりと花が下がってます。あたりに花のいい香りがほんのりと漂います藤の花の下にはテーブルもありそこに座ってしばし美しい藤を見上げていました。藤の花がある中山熊野神社です。 [続きを読む]
  • 熊本復興飛翔祭 ブルーインパルス
  • 熊本地震から一年、地震で被災した熊本を空から応援しようと4月23日(日)航空自衛隊松島基地(宮城県東松島市)所属のアクロバット飛行隊ブルーインパルスによる展示飛行「熊本復興飛翔祭2017」が行われました。前日にもリハーサルがあるというので22日(土)会場の二の丸広場へ行ってみました。その二の丸広場から見た熊本城です。傷ついた天守閣と未だ崩れたままの石垣に心が痛みます。天守閣には鉄骨が組まれ本格的な復旧工事が始ま [続きを読む]
  • 一心行の大桜
  • 先週、熊本県阿蘇郡南阿蘇村にある桜の名所一心行の大桜を見に出かけてみました。昨年4月に起きた熊本地震は南阿蘇村にも多くの地点で甚大な被害を及ぼしましたが幸いにもここは特に大きな被害はなかったようで今年も例年と変わら見事な花を咲かせてくれました。樹高14m、幹周囲7m、近くから見上げると改めてその大きさを実感できます。会場では「南阿蘇桜さくら植木まつり」も行われており出店でさくらソフトを食べてみました。桜 [続きを読む]
  • 牛深ハイヤ大橋
  • 熊本県天草市牛深町の漁港に架かる牛深ハイヤ大橋です。くまもとアートポリスに基づく建築物で平成9年(1997年)に完成ループ橋と緩やかな曲線を組み合わせたのが特徴で橋の中央部には分岐交差点があり、下須島と接続しています。(画像の先に見える通天橋を渡っても下須島に行くことが出来ます。)側面には風による振動を抑えるためにフラップ(風除板)が採用され、下フランジには曲面が適用されています。天草の青い海を眺めながら実 [続きを読む]
  • 別府タワー
  • 大分県別府市にある別府タワーは1957年(昭和32年)に日本で3番目に建てられた歴史のあるタワーです。塔博士と言われる建築構造家内藤多仲さんの手によるもので1954年から10年間で全国に六つのタワーを手がけられました。 名古屋テレビ塔  1954年 通天閣      1956年 別府タワー    1957年 さっぽろテレビ塔 1957年 東京タワー    [続きを読む]
  • 本渡瀬戸歩道橋
  • 九州で可動橋と言えば、福岡県大川市と佐賀市を結ぶ「筑後川昇開橋」が有名ですが熊本県の天草市にも可動橋があります。          それがこの「本渡瀬戸歩道橋」です。    天草上島と下島を結ぶ主に自動車向けのループ橋「天草瀬戸大橋」は           高さも距離もあり歩行が困難なため   1977年に歩行者自転車向けのこの「本渡瀬戸歩道橋」が完成しました。全長125m 可動部分58m地元の人たちからは「 [続きを読む]
  • 熊本市動植物園 部分開園
  • 昨年4月に発生した熊本地震の影響で熊本市動植物園も10ヶ月近く全面休園していましたが、今年の2月25日から部分開園されています。正門と西門はまだ使用出来ないので江津湖側の南門かこの画図橋バス停近くにある植物園側臨時門から入場することになります。今回の部分開園で見ることが出来る動物はゾウ・キリンと動物ふれあい広場の山羊や羊と鳥舎のニワトリなど一部です。ゾウも久しぶりに子供たちの歓声が戻ってきて嬉しいぞうキ [続きを読む]
  • 熊本市動植物園 部分開園
  • 昨年4月に発生した熊本地震の影響で熊本市動植物園も10ヶ月近く全面休園していましたが、今年の2月25日から部分開園されています。正門と西門はまだ使用出来ないので江津湖側の南門かこの画図橋バス停近くにある植物園側臨時門から入場することになります。今回の部分開園で見ることが出来る動物はゾウ・キリンと動物ふれあい広場の山羊や羊と鳥舎のニワトリなど一部です。ゾウも久しぶりに子供たちの歓声が戻ってきて嬉しいぞうキ [続きを読む]
  • 旧伊藤伝右衛門邸
  • 前回のブログ記事、飯塚市の「福岡いいづか雛(ひいな)まつり」でアップした嘉穂劇場に続いて今回は旧伊藤伝右衛門邸です。筑豊の炭鉱王、伊藤伝右衛門の当時の栄華を極めた本邸で入口には福岡市天神の赤胴御殿から移築された立派な長屋門があります。元内閣総理大臣、麻生太郎氏が揮毫したものです。表玄関から中へ入るとすぐ左手に応接室があり畳が敷き詰められた広い廊下を通って本座敷へ行くとそこには部屋一面に広がる座敷雛が [続きを読む]
  • 旧伊藤伝右衛門邸
  • 前回のブログ記事、飯塚市の「福岡いいづか雛(ひいな)まつり」でアップした嘉穂劇場に続いて今回は旧伊藤伝右衛門邸です。筑豊の炭鉱王、伊藤伝右衛門の当時の栄華を極めた本邸で入口には福岡市天神の赤胴御殿から移築された立派な長屋門があります。元内閣総理大臣、麻生太郎氏が揮毫したものです。表玄関から中へ入るとすぐ左手に応接室があり畳が敷き詰められた広い廊下を通って本座敷へ行くとそこには部屋一面に広がる座敷雛が [続きを読む]
  • 嘉穂劇場
  • 福岡県飯塚市にある嘉穂劇場は1931年に完成した木造二階建ての江戸歌舞伎小屋様式の劇場です。現在飯塚市の「福岡いいづか雛(ひいな)のまつり」の一環として「嘉穂劇場の雛祭り ひみつの花園」というイベントが行われています。(3月28日(火)まで)舞台のそでにはひな人形などいろいろなものが展示されています。        舞台上には衣装を着て記念写真が撮れるひな壇や不思議な現代アートの作品もそれらの前でもオ [続きを読む]
  • 嘉穂劇場
  • 福岡県飯塚市にある嘉穂劇場は1931年に完成した木造二階建ての江戸歌舞伎小屋様式の劇場です。現在飯塚市の「福岡いいづか雛(ひいな)のまつり」の一環として「嘉穂劇場の雛祭り ひみつの花園」というイベントが行われています。(3月28日(火)まで)舞台のそでにはひな人形などいろいろなものが展示されています。        舞台上には衣装を着て記念写真が撮れるひな壇や不思議な現代アートの作品もそれらの前でもオ [続きを読む]
  • 菊池わいふのひなまつり
  • 三月は各地でひな祭りが行われていますが、ここ熊本県菊池市隈府の一帯でも「菊池わいふのひなまつり」が行われています。(3月12日(日)まで)今回はその会場の一つでもある「菊池夢美術館」に行ってみました。会場には市民の皆さんの協力により多くのひな人形が飾られています。ひな人形にもそれぞれにいろいろな表情があります。こちらは柳川の吊るし雛「さげもん」です。赤ちゃんの健やかな成長を願って這い人形菊池市には地名で [続きを読む]