アメリカ・場面緘黙症児のママ さん プロフィール

  •  
アメリカ・場面緘黙症児のママさん: 場面緘黙症(かんもく)の幼稚園児 in アメリカ
ハンドル名アメリカ・場面緘黙症児のママ さん
ブログタイトル場面緘黙症(かんもく)の幼稚園児 in アメリカ
ブログURLhttp://ameblo.jp/diary-of-the-sm-boy/
サイト紹介文場面緘黙症の年中さん男の子を持つママの記録日記です。アメリカで生活しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 362日(平均0.5回/週) - 参加 2015/09/26 21:51

アメリカ・場面緘黙症児のママ さんのブログ記事

  • 録画ビデオを見せるのを拒否
  • 昨日の次男のお稽古での出来事です。場面緘黙症治療のためのセラピーの先生からアドバイスを頂いた通りに、家庭内での次男の様子をスマホ内に録画してそれを先生と一緒に三人で観る予定でした。録画内容は、次男が手遊び歌を英語で替え歌として歌っている、楽しそうで、愉快で、ちょっとやんちゃそうで、それにとてもお喋りな次男の様子です。撮影する時に次男にきちんと理由を説明してとりました。次男も乗り気で、「いいよ!あし [続きを読む]
  • ?元場面緘黙症児を持つアメリカ人小学生ママさんからメール
  • 木曜のことですが、一通のメールが届きました。長文メールです。送り主は・・・学校で一緒の長男より1学年下の男の子のママさん。そのママさんはアメリカ人の方で、役員なども重役を引き受けるぐらい積極的に学校と関わっていらっしゃるとても素晴らしい方なのです。そんな彼女ですので、そんなに私とは今まで接点が無く過ごしてきたわけですが、もうかれこれ5年ほどは同じ学校で顔を合わせていますので顔なじみというところでし [続きを読む]
  • 2015年10月27日の米メディア放送
  • こちらの場面緘黙症に関する日本のサイトで情報を知ったのですが。すべての訳は(させていただこうと思えばさせていただけるのですが)要約だけ少し触れさせていただきます。・不安障害により、ある特定の場所などではまったく話せなくなる子供たちがいる。(セレクティブ・ミューティズム、場面緘黙症)・1000人のうち1人が場面緘黙症・抗鬱剤などの薬をとることもあるが、場面緘黙症児のみのグループセッションをして改善す [続きを読む]
  • 場面緘黙症についてお稽古の先生にお話
  • 昨日、次男(と長男)のお稽古がありました。兄弟で違う楽器を習っていますが、時間差で同じ音楽学校内でレッスンを取っています。学校・園にお迎え後、図書館で少し時間をつぶし、長男をスポーツのお稽古場所に降ろします。その後、次男の楽器のお稽古へ。(次男の楽器お稽古が終われば、すぐに長男をスポーツのお稽古場へお迎えに行き、そのまま再び音楽学校に戻って長男のレッスンがあります)さて、そのお稽古なのですが、昨日 [続きを読む]
  • 年中になって初の個人懇談
  • 実は先週、次男の園で個人懇談がありました。初セラピーの数日前でしたので、あまり私から「余計」なことを伝えて先生とのコミュニケーションをさらに悪化させないように注意しました。(*次男の先生は、未だに場面緘黙症について無知のようで、しかも心の底からは私が伝えることを信じてくださっていない様子なのです)ひとまず個人面談では、先生が私に伝えてくださることを懸命に聞き、次男の園での様子をなんとかイメージする [続きを読む]
  • Webinarウェッビナーの受講
  • たった今、アメリカにある場面緘黙症に関するサイト(こちら)で無料で利用できます、ウェッビナーというセミナーをネット上で受講しました。時間は30分でした。内容は、以下です。CHALLENGES IN RAISING A CHILD WITH SELECTIVE MUTISMTHE QUAD: EATING, SLEEPING, TOILETING AND DIFFICULT BEHAVIORS「場面緘黙症児への育児に関する課題、4点:食事、睡眠、排泄、そして問題行動」についてでした。これは、毎回内容が違い、非 [続きを読む]
  • 「いいね」が出来ません…
  • 色々たくさんの方が訪問くださるようになりました。同じ悩みの方とシェアさせていただくのが目的ではじめましたが、その他にも教育関係の方や医療関係の方に少しでも読んでいただければ、と願うようにもなりました。ところで、私も色々と緘黙関係の様々なブログを拝読しますが、なぜか記事に「いいね」ができません・・・。何度も正しいパスワードを入れてもできませんので、ひとまずこちらで報告させていただきます [続きを読む]
  • ?場面緘黙症のセラピー(初診:4歳10ヶ月)
  • 昨日、初日のセラピーがありました日曜なのですが、遠方からの患者さんのために先生は可能な限り診てくださるようで、ひとまず日曜1時で予約をさせていただいたのです。(また、激しい登園拒否がはじまって途方に暮れている、とお伝えすると早期発見早期治療ということで、早めの受診をおすすめくださいました)セラピーには、旦那も一緒に行って欲しいと願っていたので、家族全員4人で行くことになりました。(旦那、私、長男、 [続きを読む]
  • お漏らし
  • タイトルのごとくですが、昨日、次男は園でお漏らしをしてしまいました。まだ4歳ですので、どのお子さんにも起こり得ることなので、特筆するような内容ではないのでは?とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、次男は場面緘黙症という症状に悩まされていますので、そのためにお漏らしをしてしまったのです。(ちなみに、次男のオムツがとれたのは2歳でした。)園内では、お漏らしもせず過ごせます。毎日1回はおトイレに行 [続きを読む]
  • 場面緘黙症専門のカウンセラーに予約
  • 場面緘黙症が疑われ、地元で診ていただいた結果、場面緘黙が仮診断として出されてからしばらくたちます。大きな病院で再度診ていただいて、本診断書を学校に提出予定でした。ただ、それは自分たちでしようとしていたのです。というのも、こちらの地元の小児科医は場面緘黙について知識がまだおありでないようで、「そのうち治るから心配ない」という結果を出したのです。しかし、書籍やウエッブ上の情報を読み漁ると、小児科医でも [続きを読む]
  • クラスメートの反応
  • 次男のクラスメート(4歳、年中さん)の最近の反応について記録程度のまとめておきます。園生活というのは本当にわからないもので、先生から聞くお話がメインなのですが、幸い我が子たちは同じ学校に通っているのもあり、長男からも様子を伺うことができます。ちなみに我が家は、私立の幼・小・中一貫校に通わせていて、長男は小学部に在籍します。さて、その長男。度々私にこう報告してくれるのです。「今日、????のお友達に [続きを読む]
  • 声に出さずに笑いをこらえて
  • 今日は少し立て続けに投稿します。(備忘録を兼ねてのブログですので・・・)先日の次男の楽器個人レッスンでの出来事です。先生と、私と、そして次男の3人でいつもレッスンに取り組みます。と言っても、音楽なので癒しの効果もあるのか・・・次男にとって大好きな時間でもあります。先生がまたとてもお優しい方で、私自信も救われます。その先生とはすっかり心も打ち解けている・・・のですが、やはり次男は一言も声を出したこと [続きを読む]
  • 先生と登園拒否についてお話
  • 昨日の続きです。激しい登園拒否を訴えたその後。お迎えに行く際、先生とお話を少しさせていただきました。先生の開口一番のお言葉は・・・I am also very sad to hear that .....そんな激しい登園拒否を訴えて涙したなんて先生も悲しい、と少し辛い表情でお話されました。そうですよね、、、大ヴェテランの先生でも、とくに幼児をみる先生方はお若い方でも、子供が行きたがらなくなったというのを聞くと、「自分に魅力がないから [続きを読む]
  • 激しい登園拒否
  • <4歳10ヶ月>実は、2日ほど前から急に・・・「学校もういや〜」と、ぼそっとつぶやくようになった次男です。でも、何度も言うのではなく、小声で1〜2回ほどしか言わないので、ちょっと疲れているのかな?ぐらいにしか捉えていませんでした。でも、母親として・・・ひっかかる気持ちになったのは確かです。そうしたら、昨晩・・・次男:「あしたはがっこーあるの?いや、いかない」私:「あしたで学校はおわり(週の)だから [続きを読む]
  • 決して歌わない次男
  • 昨日、場面緘黙症児の次男と共にお稽古に行きました。次男はまだ4歳という事もあり、グループでの楽器のレッスンは親同伴です。そのため、場面緘黙症の状態がよく分かる絶好のチャンス(!?)でもあります。(学校や園ですと、親は場面緘黙症の子供の様子がわかりませんので・・・)次男がしている楽器のお稽古は、水曜に個人レッスン、土曜朝にグループレッスンがあります。プライベートレッスンでも、もちろん次男はお話は全く [続きを読む]
  • 記号が好き
  • 場面緘黙症と直接の関係があるかはまだ私もわからず、近々大きな病院でも診ていただく予定の事柄なのですが・・・次男は、2歳半から4歳10ヶ月の今に至ってずっと継続して記号というのが好きなのです。好き・・・というか、もうこの記号を覚えるため、そして収集して日々の生活で記号を「楽しむ」ために次男は「生まれてきた」かのようなのです。普通の方からしたら・・・きっと頭の中はこんな風になりますよね、、そんな次男の [続きを読む]
  • 先生から注目されたくない
  • 先日、次男のお気に入りのTシャツ(おさるのジョージ)を園に着て行きましたこのTシャツ、衣替えなどで家の中を掃除していた時に見つけた長男が幼い時に来ていたTシャツ。あ〜あった!ちょうど次男が今着られるサイズ!それを次男に見せたら、大好きなジョージなもので大興奮でした。園のお友達にきっと密かに見てもらいたかったのでしょう。気分を上げながらその日に登園した次男でしたその日、自宅に戻った後、「そういえば、ジ [続きを読む]
  • フォーク貸して下さい!と言えなくて
  • <4歳9ヶ月>先日のことなのですが。いつも学校から戻ると、子ども達は自分達のランチボックス(お弁当箱)を出し、キッチンカウンターに置きます。(時間があるときは食器洗いもしてもらっています)私はいつもその中身をチェックするのですが、全部食べてくれると、いつも安心します。でも、その先日のお弁当箱。次男のが丸々残っていたのです「どうしてお弁当たべなかったの?!」と、すぐさま尋ねたら…「だって まま フォ [続きを読む]
  • あいさつカード
  • <4歳9ヶ月>昨日、学校たのしかったー!と帰ってきた次男くん学校でイベントがあり、お外でずっと遊んだのです。その際、お友達の一人のお母さんが次男くんを一緒に見てくださったようです。(私は・・・じつは在宅の翻訳の仕事に追われていましたので参加できませんでした。ちなみにブログなどのアップは休憩を兼ねてしています)お友達のお母様、優しい方というのを知っているのですが、次男の緘黙についてはまだお話をしたこ [続きを読む]
  • あいさつしないとダメよ!の辛さ
  • <4歳9ヶ月>これも昨日のことですが、帰るときのことです。アメリカは車社会であるため、学校もドライヴスルーというところが多いのですが、子供達を乗り降りさせるのは門の前で、先生が立ってみてくださいます。これは、子供達にとっては安全なのです。それに、真冬の寒さがアラスカやアイスランド並みになるこちらなのですが、そういう環境ではこのドライヴスルー登下校は本当に便利です。(母親達も、部屋着のままで車を運転 [続きを読む]
  • 次男の場面緘黙症に気づく前ー現在4歳ー
  • <次男:4歳9ヶ月>場面緘黙症に気づく直前、4歳になってから今現在(4歳9ヶ月)をまとめてみます。4歳前半・年少の4歳前半は、まだ緘黙がひどく、一言も園で発せませんでした。音楽学校でも、個人レッスンでも声を出せませんでした。・ただ、園庭では遊べるようになり、クラスメートたちと言葉を使わずに駆け回って遊んだりはできるようになったようです。その時の先生からの通知簿には、He is ENJOYING his friends. とあ [続きを読む]
  • 次男の場面緘黙症に気づく前ー0〜3歳ー
  • 場面緘黙症の徴候と言いますか、いくつか引っかかった点を箇条書きでまとめておきます。0歳・次男が生れたばかりのとき、悲鳴のような鳴き声で、担当医師と看護師さんに驚かれた。(予定日よりも3日遅く生まれました)・赤ちゃんの頃から、何もない時は無言でおとなしく、まるで石みたい…と密かに思っていました。(長男くんのことで忙しかったので次男くんには手が回っていなかったのも事実ですが)・ただし、泣き叫ぶ時は本当 [続きを読む]
  • あの子をしゃべらせたい!
  • 毎週土曜は、緘黙症児の次男と、そして長男も一緒に音楽学校に行きます。午前中ずっと音楽学校にいるのです。お兄ちゃんは朝からみっちり3時間目まで、次男くんは3時間目のグループレッスンだけです。お兄ちゃんと次男はそれぞれ違う楽器を習っているのですよお兄ちゃんが頑張っている姿を見続けている次男くんは、物心ついた2歳半頃からずっと、僕もしたい!の一点張り。やっと門を叩かせていただいたのがちょうど4歳になった [続きを読む]
  • 歌わないけど、楽しかった音楽の時間?
  • 4歳9ヶ月今日、幼稚園にお迎えに行った時のこと。車に乗るや否や、お歌を歌い始めた次男。音楽の時間に習ったお歌なのだそう。そんなに楽しそうに(!)、大きな声で(!)お歌を歌うものだから、つい聞いてしまいました。「もしかして・・・幼稚園の音楽の時間にみんなとお歌うたったの?」 (*緘黙の子どもたちは、次男も含め、人前でお歌を歌ったり踊ったりすることが苦手とのことです。そのため、お歌や体育、踊りなどの時 [続きを読む]