たーれっく さん プロフィール

  •  
たーれっくさん: タイでうきゃうきゃ日記
ハンドル名たーれっく さん
ブログタイトルタイでうきゃうきゃ日記
ブログURLhttp://taarek.com
サイト紹介文タイの女の子・子猿ちゃんとのタイ各地・東南アジアの旅行記&情報のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供259回 / 365日(平均5.0回/週) - 参加 2015/09/27 13:21

たーれっく さんのブログ記事

  • 3度目のスコータイ
  • タイ北部の街、ピッサヌローク。この町を離れ、西に約60キロ行ったところにあるスコータイに向かいたいと思います。スコータイで開かれるロイクラトンのお祭りに参加するためですね。この年(2016年)、スコータイのロイクラトンは11月10日から14日。この日は12日なので、ラスト2日間のみ参加です。ホテルをチェックアウトし、バスターミナルに向かいたいと思います。若干郊外にあるので、トゥクトゥクを利用しましょう。トゥクト [続きを読む]
  • どこまで愛されているんだ?ナレースワン王!
  • ピッサヌローク朝散歩。次は、前回来た時に夕方だったため扉が閉ざされていて中に入れなかった、ナレースワン王の神社に向かいましょう。ソムデット・プラ・ナレースワン・マハーラート・シュライン(Somdej Phra Naresuan Maharat Shrine)。こちらもリベンジであります!前回の残念だった訪問時の日記記事はこちらです。「ナレースワン王を祀る神社」ナレースワン大王は「タイ3大王」の一人で、ピッサヌローク出身。16世紀、アユ [続きを読む]
  • 金ぴかの大仏
  • タイ北部の街、ピッサヌローク。2016年11月13日の朝であります。この日の昼、バスでスコータイに向かいます。子猿はもちろん爆睡ですので、恒例のひとり朝散歩であります。今回の目標は、リベンジ!昨日や前回来た時に観られなかった場所のリベンジを果たしたいと思います。ナーン川沿いのコンラックスッカパープ通りには、昨夜の屋台街のあとが。きれいさっぱり片付けられていますね〜。レンタル自転車もありますが、あまり利用さ [続きを読む]
  • 黒い屋台街
  • タイ北部の街ペチャブーンにあるワット・パーソーンケーオとカオコーの観光を終えホテルに帰ってまいりました。ホテルのロビーを横切り、部屋に帰るためにエレベーターに向かっていると、ホテルのレセプションのおじさんが声をかけてきました。今朝こちらで朝食食べましたよね今朝からの宿泊は朝食代が含まれていません朝食代は1人100Bになりますあ!しまった!忘れてた!ホテルの予約をしたとき、初日だけここをまずネットで朝食 [続きを読む]
  • 巨大な風車
  • タイ北部ペチャブーン県カオコーにきています。山の上にある風車を観にやってまいりました。駐車場に車を停めようと思うのですが、まさかの大渋滞!係員がいて車を誘導しています。ええ?そんなに人気なの??来るときはそんなに車を見なかったんですけどね。メインの駐車場は満車ということで、端っこの臨時スペースらしきところまでいき、そこでようやく駐車できました。運ちゃんに待ってもらって、風車の見えるところに向かいま [続きを読む]
  • 白い雲
  • タイ北部、ペチャブーン県カオコー。車は高原の道をひた走ります。道路わきにはイチゴ畑が目立ちますね。最近タイの店先でイチゴを見かけることが多くなりました。こういった高原で栽培されるんでしょう。次に寄ったのもまた景色がきれいなところですね。お土産屋さんエリアのようです。山岳民族の、色のかわいい民族衣装も売られています。欲しいうきゃ!欲しいうきゃ!と子猿もうるさいのですが、そんなの買っても着る機会もない [続きを読む]
  • 高原でジャンプ!
  • タイ北部、ペチャブーン県にある高原地・カオコーを車で走ります。運ちゃんが、「景色のいい場所があるけど、寄るかい?」と声をかけてきます。寄ります寄ります、どこでも寄ります!横道に入り、小さな駐車場に車を停めます。ここはどこ?小さな建物がありますね。そちらに行ってみますと・・・周りにたくさんのテントが並んでいます。写真は撮ってないですけど、結構ずらりと並んでいて、たくさんの布団やシーツも干されています [続きを読む]
  • 秘密の小部屋
  • 車はカオコーに向かって走ります。運ちゃんが、「有名な仏塔があるんだけど、寄っていくかい?」と声をかけてきます。それは寄らずにいられません。行く行く!たくさんの観光客がいる駐車場に車を停めます。大きな白い仏塔がそびえたっていますね。有名な観光地のようです。カンチャナピセーク・パゴダ(Kanchanapisek Pagoda ?????????????????)というところ。中に入れるようです。タイの仏塔(チェディ)は仏 [続きを読む]
  • 神秘的宇宙的、ワット・パーソーンケーオ
  • ピッサヌローク。翌日、2016年11月12日。本日はタクシーチャーターでお隣の県、ペチャブーンにあるワット・パーソーンケーオに向かうのです。わくわくであります!子猿も行きたがっていたお寺です。2年前にいきなり写真を送ってきて「ここに行きたいうきゃ」とメッセージが。「どこだよ?」と聞くと「知らないうきゃ! 調べるうきゃ!」との無情な指令。他力本願かよ!と思いつつ、画像検索にかけたらあっという間にわかりました [続きを読む]
  • 川辺のレストランはどうだろう?
  • ピッサヌローク。夕食に出かけましょう。やはり、コンラックスッカパープ通りは真っ暗ですね・・・カラの屋台はたくさん用意されているみたいですけど。ナーン川の夕焼け。街灯はホン(ハンサ・ガチョウ)ですね。美しい。今回は、川に浮かぶ水上レストランで食事をしてみたいのですよ。橋から見えて目立つ、前から行きたかった水上レストラン!以前はマッサージ屋だったところ。そこに行くんですが、やっていない!う〜む、ここは [続きを読む]
  • 活気ある市場はほっとする
  • ピッサヌローク。翌日はペチャブーン県方面にあるすごい寺、ワット・パーソーンケーオに行きたいんです。2年前からずっと行きたい行きたいと恋い焦がれていたお寺であります。子猿から教えてもらったんですけどね。ある日いきなり「ここに行きたいうきゃ」とラインで写真が送られてきました。そう、子猿も行きたがっているお寺なのです。ピッサヌロークからは107キロの位置にあります。そこまでタクシーをチャーターしたら、いくら [続きを読む]
  • 子猿の爪切り
  • ピッサヌローク、朝散歩は続きます。ワット・ヤイ近辺はいろいろ見るべきスポットが集まっているんです。ワットヤイ近くにあるナーン川にかかるナレースワン橋を渡りますと、ラックムアンがあります。あれですね!ラックムアンは、街の柱、市の柱と言われ、タイの主要都市の中心地に大黒柱のように建てられるリンガであります。僕は、新しく行った街ではラックムアンをお参りするのが裏ミッション。ここピッサヌロークのラックムア [続きを読む]
  • ほんとに大きなワット・ヤイ
  • ピッサヌロークを代表するお寺、ワット・プラシー・ラタナー・マハータート、通称ワット・ヤイ。タイで最も美しい仏像を拝み終え、次は周りも観て回ろうと思います。堂と仏塔(プラーン)を囲むようにして回廊があります。珍しいのは、普通回廊は内側を向いて仏像が並ぶんですけど、こちらは外側を向いています。あ、お顔を隠してる仏像だ!ここにもあった!そして、プラーンがそびえたっています。高さは36メートルだそうです。中 [続きを読む]
  • 3度目のタイで最も美しい仏像 ワット・ヤイ
  • ピッサヌローク、マニアック朝散歩、最後に観るのは本命、ワット・プラシー・ラタナー・マハータートであります。通称、ワット・ヤイ。1357年に建立。タイで最も美しいと言われる大仏があるお寺ですね。ワット・ナーンパヤーのお隣。こちらには3回目。1回目は脇の門から入って境内にはいってしまい、違う仏像をそれだと勘違い。2回目は拝めましたが、本堂のみでほかを観ていません。今回はじっくりお寺の隅から隅まで観てみたいと [続きを読む]
  • マニアック・ピッサヌローク 女王の寺、ワット・ナーンパヤー
  • ピッサヌローク、マニアック朝散歩。みんな、ついてきて!(懇願w)次は、車の通りの多い大通りの向こうに行きたいんですけど・・・歩道橋はあそこか・・・仕方ない、あそこまで行きますか。なんと!工事中!看板には、「歩道橋は修繕中。ご不便をお許しを」と書かれております。どうしよう、と思ってましたら、作業してるおっちゃんが「いいよいいよ!使いな」と声をかけてくれました。では、遠慮なく。歩道橋を降りてすぐのとこ [続きを読む]
  • ピッサヌローク、マニアック朝散歩
  • ピッサヌロークの朝。子猿は当然爆睡しているので、1人恒例の朝散歩に出かけたいと思います。ピッサヌロークと言えば、ワット・ヤイこと、ワット・プラシー・ラタナマハータートですね。タイで一番美しいと言われる大仏があるお寺。そちらと、その周辺にもいくつかお寺がありますので、ゆっくり見て回りたいと思います。静かな朝のピッサヌローク。見えてまいりました。まずは立派な銅像ですね。こちら、ピッサヌロークにゆかりの [続きを読む]
  • 激旨のカノムジープ
  • 小雨そぼ降るピッサヌロークに到着。お腹が空いたので、夕食を食べに行きましょう。子猿も「お腹空いたうきゃー!」とうるさいです。もちろん、ピッサヌロークでの食事と言えば、僕も子猿も大好きな空飛ぶ空芯菜のお店であります!サウィック・パックブンビン。雨もやみそうな勢いなので、傘もささずにでかけます。あ・・・ナーン川沿いのコンラックスカパープ通りは真っ暗であります。ロイクラトンの前は屋台がたくさん並んでとて [続きを読む]
  • 小雨のピッサヌローク
  • ドンムアン空港に到着。バスは国際線ターミナルまでしか行ってくれないので、国内線の第2ターミナルまでは歩いて向かいます。第2ターミナルはきれいでいいですね!あ、ドンムアンのフードコートは国際線ターミナル脇の駐車場のとこにあるマジックフードポイントがよくブログなどで紹介されていますが、この国内線ターミナル2階にもきれいで安いフードコートがあるそうですよ。しかも、こっちのが美味しいそうです。僕はまだ行った [続きを読む]
  • 哀悼のロイクラトン ピッサヌローク・スコータイ編スタート
  • 2016年11月に訪問した、タイ北部・ピッサヌロークとスコータイの旅行記のスタートです!目的は、お馴染み・ロイクラトンのお祭りですね!タイでは毎年陰暦の12月の満月の夜に、水の精霊に感謝するためにクラトン(灯篭)を流すことで有名なお祭りがあります。いつもはチェンマイのロイクラトンに行ってコムローイ(天灯)をあげているんですけど、今年はロイクラトン発祥の地でもあるスコータイで過ごしたいと思います。2012年に初 [続きを読む]
  • 哀愁の焼き鶏 ルーイ・ピーターコーン祭り編最終回
  • このブログをまとめた電子書籍「ブログ タイでうきゃうきゃ日記」の5巻が発売中です! 読んでね!ルーイ、最終日の朝。この日のお昼の飛行機でバンコクに帰ります。そして、ピーカンの晴天なのであります!この旅最後にして抜けるような青空!朝の散歩もすがすがしくて気持ちいのであります。お、一昨日食べた食堂ももうオープンしていますね。この辺りはほかに食べるところもないので、ここで朝食を食べて行きましょう。カオピア [続きを読む]
  • ルーイ、最後の夕食は?
  • このブログをまとめた電子書籍「ブログ タイでうきゃうきゃ日記」の5巻が発売中です! 読んでね!ルーイ。ピーターコーン祭りの後。宿泊しているホテル、ムアンマーニーホテルに帰ってまいりました。休む間もなく、子猿が「明日着る服がないうきゃ!」というので買いに行くことにします。実は昨夜も夕食の前に少し店を探していたんですけど、いい店が見当たらなかったんですよね。なので、ホテルの受付のおねーさんにどこかいいと [続きを読む]
  • ブログ タイでうきゃうきゃ日記 5巻目です!
  • このブログをまとめた電子書籍「ブログ タイでうきゃうきゃ日記」の5巻が出ましたです! 今回はホアヒン、ピッサヌローク、スコータイのロイクラトン、それと、カムペーンペットの旅行記ですね。この5巻で漫画版の「子猿うきゃうきゃ日記」全4巻と「タイでうきゃうきゃ日記」全5巻の内容と追い付きます。我ながらかなりのボリュームでびっくりです。読み返すと自分の文才のなさに悲しい気分になってきますが、タイの旅の楽しさと [続きを読む]
  • 雨のキティリゾート
  • ピーターコーン祭りのダンサーイからルーイに戻ります。道中、噂のキティリゾートがあるのです。去年のピーターコーンの帰りにも寄ったんですけど、その自由っぷりにある種感動いたしました。その時の記事はこちらです。「キッティーリゾートうきゃ〜!!」今年はどう進化しているのかこの目で見てみたい!タイ人運転手のおねーさんにお願いして寄ってもらうことになっているんですが・・・あいにくのザンザン雨!それまでしとしと [続きを読む]
  • 素直になれなくて
  • ダンサーイにあるお寺ツアー。次は、一カ所目のワット・ニラミットのすぐそばですね。プラタート・シー・ソンラックというところ。お寺ではなく、仏塔ですね。プラタートとは仏舎利のこと。仏舎利とは、釈迦の遺骨とか遺髪などのことです。こちら、その仏舎利を納めた仏塔のようです。大きな記念碑には、「仏歴2103(西暦1560年)〜2109(西暦1566年)年建立」と書かれています。450年前ですか!(追記:もともとここはラオスとの [続きを読む]
  • 1人うきうきの寺巡り
  • ダンサーイのピーターコーン祭りも無事終わり、帰路につこうと思います。利用させてもらっていたホテルが出しているバンの運転手のタイ人おねーさんが、近くに大きなお寺があるので寄っていきませんか?と提案してきます。お寺! 超行きたい!!と、がぜん僕は食いつくのですが、ほかの皆さんにキモがられるのが嫌なので冷静を装いつつ、通訳しお伺いを立てます。「まあ、いいんじゃないですかー」となんとか了承してもらったので [続きを読む]