たーれっく さん プロフィール

  •  
たーれっくさん: タイでうきゃうきゃ日記
ハンドル名たーれっく さん
ブログタイトルタイでうきゃうきゃ日記
ブログURLhttp://taarek.com
サイト紹介文タイの女の子・子猿ちゃんとのタイ各地・東南アジアの旅行記&情報のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供258回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2015/09/27 13:21

たーれっく さんのブログ記事

  • 新作もいろいろ執筆中
  • ゴールデンウィークも終わり、日本は梅雨の季節にもうすぐ入りますね。タイが恋しくてそうがない? そうでしょう、そうでしょう・・・!そんなときは、タイを思い返して「ブログ タイでうきゃうきゃ日記」を読み返してみてはいかがでしょう?現在6巻まで発売中です! 第1巻は子猿との出会いから振り回されてバタバタ!   第2巻は、パタヤでのバイク事故からエビ釣り三昧! 第3巻はベトナムのホーチミンへの初タイ国外旅行!美 [続きを読む]
  • 最後のカノムジープ
  • タイ北部の街、ピッサヌロークで仏像工房、鳥園の見学。夜の飛行機までまだちょっと時間があるので、マッサージを受けに行きたいんですが・・・この近辺、マッサージ屋なんて全くありませんね。駅前のほうに行けばあるんでしょうけど、タクシーもトゥクトゥクも通りません。1.7キロくらいの距離なんですが、暑いので歩く気力もわかないですな。あ! カフェがある!ちょっと涼んでいきましょう。うきゃ〜、マッサージのがいいうき [続きを読む]
  • 鳥園は誰もいない
  • タイ北部の街、ピッサヌローク。仏像工房に鳥園が併設されているようです。Garden Birds of Thaiand。行ってみましょう。入園料、1人50B。受付に誰もいなく、声をかけると奥からおばちゃんが出てきました。相当暇な模様です。おばちゃん、わざわざ一緒に回って解説してくれます。人との触れ合いが大好きな子猿は、おばちゃんの説明にオーバーリアクション。しかし、誰もいない寂しい園内・・・「お客は一日5〜6人しか来ないのよ」 [続きを読む]
  • 仏像ができるまで
  • 当ブログをまとめた電子書籍、「ブログ タイでうきゃうきゃ日記」の6巻がリリースされました! タイ南国リゾート、サムイ・パンガン島編。 この巻からでも楽しめますので、ぜひどうぞ!スコータイからピッサヌロークまでやってまいりました。夜の飛行機までまだ時間があります。前回行きそびれたあそこに行ってみましょう!そう、仏像工房ですね!子猿もなかなか興味津々。バスターミナルで客待ちしていたソンテウの運ちゃんに [続きを読む]
  • さらばスコータイ
  • 当ブログをまとめた電子書籍、「ブログ タイでうきゃうきゃ日記」の6巻がリリースされました! タイ南国リゾート、サムイ・パンガン島編。 この巻からでも楽しめますので、ぜひどうぞ!スコータイ。ロイクラトンのお祭りも終わった翌朝です。この日はピッサヌロークに移動して、夜にバンコクに帰ります。朝散歩はせず、昼までホテルの部屋でまったり。やはりバイクがないと何もできませんな。ケツが痛すぎて自転車にも乗れない [続きを読む]
  • スコータイ・ロイクラトンの最終夜 2016
  • スコータイ・ロイクラトン、最終夜であります。昼間のサイクリングでへとへとですが、子猿と自転車で向かいましょう。しかし、昼間おんぼろ自転車を乗り回したせいでケツが痛くて、乗るのがつらい〜。なんとか歴史公園まで到着。入口のところに自転車を停めます。さすが最終日だけあって人が多いですね!本日も広場では人文字を作って国王賛歌の合唱をやるようです。「またやるうきゃ?」とげんなり気味の子猿をしり目に、参加いた [続きを読む]
  • 子猿が興味を示すもの
  • スコータイ・サイクリング。ラムカムヘーン・ナショナルミュージアムにやってきました。実は前から行きたくて行きそびれていたところです。入場料は、「手数料代の切符」150Bのようですね。でも、お祭り期間のためか無料でありました。ラッキー!中は冷房も効いて極楽!子猿も元気が出てきたようです。「ベンチに座って休んでていいぞ」と言ったんですが、一緒に回ります。美しい遊行仏(プラ・リーラー)が中央に鎮座しております [続きを読む]
  • ブログでタイうきゃ 6巻目です
  • 当ブログをまとめた電子書籍、「ブログ タイでうきゃうきゃ日記」の6巻がリリースされました! この巻に収録されたのは、2013年のパンガン・サムイ島での旅行記ですね。南国ビーチアイランドでのリゾート旅行ですが・・・到着までが散々で、ツアーもいろいろありました。特にひどい目にあったシーカヤックを表紙のイラストにしてみましたw読む分には楽しいと思いますので、ぜひどうぞです!これから行かれる方は事前に読んでお [続きを読む]
  • 遺跡のオアシス、雑貨店
  • タイ北部の遺跡の街、スコータイ。歴史公園外れにあるワット・サパーンヒンという遺跡を見学し、帰路につきます。ちょっと遠回りになりますが、行きとは違う道で帰りましょう。自転車で、影のほとんどないのどかな田舎道をひた走ります。暑い〜!道の脇に遺跡があったりする光景。遺跡に牛。風景はのどかなんですが、汗だくでのどもカラカラであります。まずい・・・水を持ってこなかった!しかし、周りには店どころか民家の一軒も [続きを読む]
  • 石橋をタイで渡る ワット・サパーンヒン
  • タイ北部の遺跡の街、スコータイ。その外れにある遺跡に、子猿と炎天下の中自転車でやってまいりました。ワット・サパーンヒンという、丘の上にあって、スコータイを見渡すことができる遺跡だそうです。しかし、その丘の上までの道のりが・・・!サパーンヒンとは、サパーンが橋でヒンが石、石橋という意味なんですけど、なるほど、名前の由来はこれか!うきゃ〜〜!登るうきゃ!お! 子猿も張り切っておりますな!頑張れ頑張れ! [続きを読む]
  • 炎天下サイクリング@スコータイ
  • タイ北部の遺跡の街、スコータイ。昼から子猿と自転車で出かけます。子猿もホテルのレセプションで自転車をレンタル。日差しもきつく暑くなってまいりましたが、のんびりサイクリングも兼ねて出かけましょう〜。何もない道を走ります。影がなくて辛い〜。僕が先頭を走っていまして、撮影のためにゆっくり止まるんですけど、相変わらずブレーキのかけ方を知らない子猿は僕に衝突です。うきゃ〜、急に止まるなうきゃ〜!と怒っていま [続きを読む]
  • レンタルバイクがあったが・・・
  • タイ北部にある遺跡の街、スコータイ。朝の散歩を自転車でしております。スコータイ歴史公園に入ってまいりました。このとき朝の8時半ですが、早くも屋台が出始めていますね。「ラマ9世の世に生まれた」の文字も昼間はこんな感じ。ワット・サシーを見に行きましょう。赤い蓮の花が咲く池の中心に島があり、そこにある遺跡。その島にかけられた橋を渡ります。こちらもスコータイにある遺跡の中でも有名ですね。青銅製ですかね、遊 [続きを読む]
  • 歴史公園の朝散歩へ
  • タイ北部の遺跡の街、スコータイ。2016年11月14日、ロイクラトンのお祭り最終日の朝であります。子猿はいつものように爆睡してますから、1人で朝散歩に向かいます。今回の日記は子猿の活躍が少なくてすみません。自転車を借りて行きましょう。ホテルで貸し出しをしている自転車は、その日単位でレンタル料を支払うシステム。今日もレンタル代50B支払います。ホテルのレセプションにバスの時間表などが張ってありますね。そういえば [続きを読む]
  • ロイクラトン@スコータイ2016 遺跡にロウソク
  • 遺跡の街・スコータイのロイクラトン・2016。亡き国王への哀悼ソングの合唱を終え、参加者の皆さんも思い思いに散り散りになります。僕らも、周りを見て歩きましょう。今年のスコータイ・ロイクラトンは、初めてきた2012年の時とはずいぶん雰囲気が違いますね。ロウソクをたくさん並べた飾りつけが特徴。大きな遺跡にもたくさんのロウソクが飾られております。そちらを近くで観てみましょうか。スコータイ歴史公園を代表する一番大 [続きを読む]
  • スコータイで追悼ソング
  • スコータイ・ロイクラトン2016年。歴史公園の会場に到着。この年のロイクラトンは、一か月前の国王崩御を受け、亡き国王を悼む形として開かれることになりました。どんな雰囲気のお祭りになるんでしょうか?蓮が浮かぶ池にはロウソクが並べられております。ちょっとした撮影スポットになっていますね。タイ語で「チャンクート・ナイ・ラチャカーンティーカーオ」と書かれています。「私はラマ9世の時代に生まれた」という意味です [続きを読む]
  • バイクを借りたいが・・・
  • スコータイ旧市街に到着。予約したホテルに向かいたいと思います。レンタルバイクを借りたいんですよね。スコータイ歴史公園入口周辺にはレンタル自転車屋が何軒かありまして、バイクも扱っています。さっそくレンタル自転車屋さんを覗くのですが、残念ながらバイクはすべて出てしまっていてないそうです。ちっ! さすがロイクラトンのお祭り。早めに確保しておかないとダメっすな。「隣もバイク扱ってるから行ってみたら?」と店 [続きを読む]
  • 3度目のスコータイ
  • タイ北部の街、ピッサヌローク。この町を離れ、西に約60キロ行ったところにあるスコータイに向かいたいと思います。スコータイで開かれるロイクラトンのお祭りに参加するためですね。この年(2016年)、スコータイのロイクラトンは11月10日から14日。この日は12日なので、ラスト2日間のみ参加です。ホテルをチェックアウト。バスターミナルに向かいたいと思います。若干郊外にあるので、トゥクトゥクを利用しましょう。トゥクトゥ [続きを読む]
  • どこまで愛されているんだ?ナレースワン王!
  • ピッサヌローク朝散歩。次は、前回来た時に夕方だったため扉が閉ざされていて中に入れなかった、ナレースワン王の神社に向かいましょう。ソムデット・プラ・ナレースワン・マハーラート・シュライン(Somdej Phra Naresuan Maharat Shrine)。こちらもリベンジであります!前回の残念だった訪問時の日記記事はこちらです。「ナレースワン王を祀る神社」ナレースワン大王は「タイ3大王」の一人で、ピッサヌローク出身。16世紀、アユ [続きを読む]
  • 金ぴかの大仏
  • タイ北部の街、ピッサヌローク。2016年11月13日の朝であります。この日の昼、バスでスコータイに向かいます。子猿はもちろん爆睡ですので、恒例のひとり朝散歩であります。今回の目標は、リベンジ!昨日や前回来た時に観られなかった場所のリベンジを果たしたいと思います。ナーン川沿いのコンラックスッカパープ通りには、昨夜の屋台街のあとが。きれいさっぱり片付けられていますね〜。レンタル自転車もありますが、あまり利用さ [続きを読む]
  • 黒い屋台街
  • タイ北部の街ペチャブーンにあるワット・パーソーンケーオとカオコーの観光を終えホテルに帰ってまいりました。ホテルのロビーを横切り、部屋に帰るためにエレベーターに向かっていると、ホテルのレセプションのおじさんが声をかけてきました。今朝こちらで朝食食べましたよね今朝からの宿泊は朝食代が含まれていません朝食代は1人100Bになりますあ!しまった!忘れてた!ホテルの予約をしたとき、初日だけここをまずネットで朝食 [続きを読む]
  • 巨大な風車
  • タイ北部ペチャブーン県カオコーにきています。山の上にある風車を観にやってまいりました。駐車場に車を停めようと思うのですが、まさかの大渋滞!係員がいて車を誘導しています。ええ?そんなに人気なの??来るときはそんなに車を見なかったんですけどね。メインの駐車場は満車ということで、端っこの臨時スペースらしきところまでいき、そこでようやく駐車できました。運ちゃんに待ってもらって、風車の見えるところに向かいま [続きを読む]
  • 白い雲
  • タイ北部、ペチャブーン県カオコー。車は高原の道をひた走ります。道路わきにはイチゴ畑が目立ちますね。最近タイの店先でイチゴを見かけることが多くなりました。こういった高原で栽培されるんでしょう。次に寄ったのもまた景色がきれいなところですね。お土産屋さんエリアのようです。山岳民族の、色のかわいい民族衣装も売られています。欲しいうきゃ!欲しいうきゃ!と子猿もうるさいのですが、そんなの買っても着る機会もない [続きを読む]
  • 高原でジャンプ!
  • タイ北部、ペチャブーン県にある高原地・カオコーを車で走ります。運ちゃんが、「景色のいい場所があるけど、寄るかい?」と声をかけてきます。寄ります寄ります、どこでも寄ります!横道に入り、小さな駐車場に車を停めます。ここはどこ?小さな建物がありますね。そちらに行ってみますと・・・周りにたくさんのテントが並んでいます。写真は撮ってないですけど、結構ずらりと並んでいて、たくさんの布団やシーツも干されています [続きを読む]
  • 秘密の小部屋
  • 車はカオコーに向かって走ります。運ちゃんが、「有名な仏塔があるんだけど、寄っていくかい?」と声をかけてきます。それは寄らずにいられません。行く行く!たくさんの観光客がいる駐車場に車を停めます。大きな白い仏塔がそびえたっていますね。有名な観光地のようです。カンチャナピセーク・パゴダ(Kanchanapisek Pagoda ?????????????????)というところ。中に入れるようです。タイの仏塔(チェディ)は仏 [続きを読む]
  • 神秘的宇宙的、ワット・パーソーンケーオ
  • ピッサヌローク。翌日、2016年11月12日。本日はタクシーチャーターでお隣の県、ペチャブーンにあるワット・パーソーンケーオに向かうのです。わくわくであります!子猿も行きたがっていたお寺です。2年前にいきなり写真を送ってきて「ここに行きたいうきゃ」とメッセージが。「どこだよ?」と聞くと「知らないうきゃ! 調べるうきゃ!」との無情な指令。他力本願かよ!と思いつつ、画像検索にかけたらあっという間にわかりました [続きを読む]