Kyoko さん プロフィール

  •  
Kyokoさん: Life in skandinavia +travel=my life
ハンドル名Kyoko さん
ブログタイトルLife in skandinavia +travel=my life
ブログURLhttps://kyokosmorinaga.wordpress.com
サイト紹介文ノルウェーをベースに、ヨーロッパ各地を回っています!
自由文2013年よりノルウェー移住:) 大学院生活、旅行日記、趣味、まで色々綴っています!いろんな方と交流できたらと思ってます!お気軽に連絡お待ちしてます🎶
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/09/27 22:43

Kyoko さんのブログ記事

  • 03.08 国際女性デイ
  • こんにちは! 北欧ライフスタイル情報 です。 Happy International Womens’ day! 会社でたくさんの男性に祝ってもらえました。今日は、インターナショナルウィメンズデイです。ニューヨークから広まったこの日は、女性の社会的地位向上や平等を求める運動がきっかけで設立された日だそうです。 私が今住んでいるノルウェーでは、世界的に見ても男女平等先進国と言われています。”女性は家で子育てすべきである”と言う考え [続きを読む]
  • アレックスとの会話を通してみた日本教育
  • こんにちは!北欧ライフスタイルです。 前回に引き続き教育の話に繋げたがりな私のくせで教育の話を少しだけ… 日本のメイドインジャパンは多くの分野において安定的な人気を誇っています。でも残念ながら、日本の大学の世界ランキングはやはりまだまだ低い位置にいます。何が問題か気になった方は、私と一緒に考えてみて下さい。 私個人の意見ですが、大学のレベルを世界レベルまで引き上げるには、海外の人達が学生時代に経験 [続きを読む]
  • フランス×アメリカ人の頭の中(言語編)no.1
  • こんにちは!北欧ライフスタイルです! 今日は私の友達のアレックスについてご紹介します。 フランスで生まれ育ち、高校卒業以降16年間は英語を使う環境で過ごしてきたアレックスの頭の中を聞いてみました。 アレックスは、お父さんがフランス人、お母さんがアメリカ人のハーフです。生まれてから高校卒業するまで、ずっとフランスで過ごしてきたので、渡米前は、母国語はフランス語、加えて英語も話せるという程度だったそうです [続きを読む]
  • 2016年振り返りと2017年の目標
  • こんにちは!北欧ライフスタイルです。 日本ではもう年明けをしましたが、ここノルウェーではまだまだあと8時間程あります。今年は、色々とバランスの取れた1年だったと思います。 気持ち的にも、環境的にも、あまり大きなクラッシュがなくて良かったと思います。私の性格上、嫌な事は忘れるタイプなので、嫌な事は忘れてしまっただけなのかもしれませんが…。 気候は、今までで最高!夏はとっても長く、暖かくて、冬もそんなに言 [続きを読む]
  • ミニマリストという考え方(今日の独り言)
  • こんにちは北欧ライフスタイルです! ブログや雑誌、SNSでみるノルウェー人の家ってごちゃごちゃしてなくて、とてもスッキリ・シンプルにまとまっていると思うのです。 お家の中も、グレー系の落ち着いた色使いが多くて、フィンランドブランドのマリメッコでも、ノルウェースタイルはもう少し落ち着いた色使いだなぁという印象。 かくいう私も、あまり物は持たない方だと自覚があります。衣服や持ち物も、気に入った物はず〜っ [続きを読む]
  • 海外で働く時に気をつける事。(言語編)
  • こんにちは!北欧ライフスタイルです。 今日は、ふと、海外で働く時にこれを気をつけるだけで(言語編)全然違うなぁと思ったので、シェアします。 海外、特に多国籍企業で働く時に、気を付けた方がいいと思う事です。 今日は、言葉だけに集中して書きます。 多国籍という時点で母国語が違う事を想定します。状況としては、①自分の使っている言語(母国語)を理解してくれる人と、お互い第二言語で話す時と、②自分の母国語の [続きを読む]
  • 限りになく完璧に近い人々
  • こんにちは!北欧ライフスタイル です。 今日は、とっても興味深いインタビュー記事を目にしたので、シェアさせて頂きます! ノルウェー人…彼らは批判されるのが心底嫌いらしい。批判に慣れていないんだ。ノルウェー人は自分たちが世界で一番いい国に住んでいると思ってる。だから外部の人間がどうこう言ってくることに猛烈に怒ったんだ。 →とってもわかる気がします。 英国のメディアでは「デンマークは、北欧は、パラダイ [続きを読む]
  • 北欧人はボスに向いている!?
  • どこの国のボスが部下に好かれる傾向があるのかという話をした時に、「北欧人は結構部下に好かれる傾向があるらしいよ〜」と、小耳に挟みました。 ※友達との会話なので、会話を聞いている感じでお読み下さい? 記事で、北欧人ははボスとして好まれる傾向にあると書いてあったそうです。その理由としては、 1 オーバータイムを自分自身もしないし、強要しない。 ?オーバータイムするという事は、イコール仕事の効率が悪い。上司と [続きを読む]
  • EU離脱のイギリス裏切り者なの?
  • イギリスのEU離脱が決定して思うこと… イギリスが離脱を決定してからまだそんなに時間も過ぎてないけど、とても過去の事のように思います。 あの日は世界中が騒ついたし、イギリス人の同僚がとっても怒ってた事を覚えてます。 イギリス人の大半が選んだ事なのだから、周りがどうこう言うべきじゃないのかもしれないけど… なんとなくこの日が来るのはわかってた気もします。 個人的にはあまりにも過去の栄光(?)を、過信し過ぎてい [続きを読む]
  • 素直に嬉しかったこと
  • こんにちは! 最近は、ちょと堅苦しい内容だったかもしれないので、今回はかなりパーソナルな記事を書きます。 テーマは、最近「素直に嬉しかったこと。」 私の職場はラッキーな事に、世界各国から様々なバックグランドを持った人達が働いています。今日ご紹介するのは、シンガポール出身のエミリー。個人的に私はその人が大好き!!とっても、気さくでオープンで笑顔が素敵な方です。人と話しをする時は、柔らかい目線ですが、し [続きを読む]
  • グローバル化という言葉に踊らされないために。
  • 日本で良く耳にするようになったグローバル化。皆さんは、グローバル化と聞くと何を想像されますか? 日本にいたときは、”グローバル化=英語習得”という、どこから来たかわからない絶対的な何かがあったように思います。 私の解釈では、恐らく、グローバル化する時代に備えるために、英語習得を目指しましょう。という事だと思うんですが、定かではありません。 このグローバル化。グローバル化に備えるために英語だけ習得すれば [続きを読む]
  • 面白い現象(言語編)
  • 突然ですが、確実に私の頭の中は、日本語脳です。 なので、基本的には日本語の文法で日本語を考えています。よくバイリンガルの人で、英語を話すときは英語で考えるなどと言いますが、私の場合はそんな器用なことできません。笑 正直に今の気持ちを言うと…現在私の脳みそがどのように動いているかわかりません。 第二言語もしくは、それ以上になると、脳みそで考えるという頭脳的な感覚ではなく、相手が発した言葉に、私の脳が反 [続きを読む]
  • 潔く諦める事
  • 「諦める潔さ」 これは、私がノルウェーで得た教訓です。笑 ぱっと見、ふざけてるのかと思われるかもしれませんが、これ、本当に大切だと思うんです。 ノルウェーって、国民性も生活スタイルもかなりゆっくりで、穏やかです。 就労時間もかなりきちっと守るので、頼んだ事が進まないのもよくあります。 でも、そんな時に、”日本だったら絶対違うのに!”とイライラしても、時間と体力の無駄。この国にお邪魔してるのはこちらの方 [続きを読む]
  • 外国人から見たノルウェー人
  • こんにちは!北欧ライフスタイル情報です! 今日は、外国人から見たノルウェー・ノルウェー人について少しお話したいと思います。これは、かな〜り偏っている、私の友達の個人的な意見ですので、気長に暇つぶしに見ていただけたら嬉しいです! アメリカ人?ノルウェー人の人見知りさが、異常すぎ!バスであっても、目も合わせないようにしてるし、’声かけないで’オーラ満開なのが、違和感でたまらない!’あなたのこと、気づ [続きを読む]
  • 移民局との戦い。
  • お久しぶりです。北欧ライフスタイル です! 突然ですが、海外に住まれている方は、絶対通らないといけない道、「移民局で、滞在許可証ゲット」という難関(笑)があります。 もちろん、ちゃっちゃか出してくれる時もあります。私の場合は、学生ビザから入っていたのでそんなに難しくありませんでした。ですが、今回は本当にめんどくさかったです…。笑 時期的に引越しと重なってしまったのが残念なことに、二度手間&かなり時間 [続きを読む]
  • 日本人だなぁと感じた時
  • とってもお久しぶりな記事になってしまいました。 個人的に、色々と忙しい数ヶ月を過ごしていました。山盛りだった仕事も、徐々に片付きつつありますが、こんな時に限って次から次へと、(有難い事に)降ってくるのです。 オスロに来る前までは、トロンハイムと言う小さな学生の町に住んでいたのですが、そこでは大学に通っていました。机に向かって落ち着いて勉強するというよりも、興味がある方向へまっしぐらな性格なもので…話 [続きを読む]
  • 列に並ぶなんて無駄な国
  • 日本では、一列に並んで自分の順番を待つという常識がありますよね。 ここノルウェーでは、ほんな常識ありません。電車待ちも、スーパーでの順番待ちも… 電車が近くなるにつれて、ドアめがけてみんなが集まる。運良くドアの目の前に止まった人が、1番初めに乗車できるという仕組み。 スーパーでは、新しいレジがあくと、後ろの人が普通にそのレジに行く。誰も何も文句言いません。 “私、列に並んでるんですけど?”って言ってる [続きを読む]
  • 方言と言う名のツワモノ
  • ノルウェーには、方言がある事をご存知ですか? 日本も、沖縄と青森ではかな〜り違う方言を使うので、あまりよその国の事を、いろいろと言える立場ではないのですが…学習者にとって方言はやっぱり辛いです。 学校で習ったとしても、それをそのまま使えないですから。教科書通りに頭が準備していても、予想外の言葉しか返ってこないので、準備のしようもありません笑 ノルウェーは、歴史上と地理上の関係で、方言によってはデンマ [続きを読む]
  • 人の性格に季節は関係するのか問題
  • こんにちは 北欧ライフスタイル です。 日本は素晴らしい四季に恵まれていますが、ここノルウェーでも一応季節は存在します。ずっと寒くて雪が降っているわけではないですよ!? それも、メキシコ暖流のおかげ。南ヨーロッパと北海道、ほぼ同じ緯度に位置する地域がなぜ気温に差が出てくるのかという疑問も、こちらの暖流さんのおかげと知れば納得です。メキシコ暖流のおかげでこんなにも北に位置している国に、「夏」がやってく [続きを読む]
  • 社会福祉国家の未来
  • こんにちは。北欧ライフスタイルです。 皆さんは、「福祉国家」=「北欧」のイメージはありますか?最近日本のメディアでも、かなり取り上げられています。 実際社会福祉が充実しているとはいえ、どういう所に反映されているのでしょう。 ①私立校を除けば、ほとんどの学費が無料です。セメスターフィー・学校運営費は、必要となりますが、国立大学の場合1セメスター(約半年)で、どの大学もだいたい600kr=1万円程度です。 ②病 [続きを読む]
  • 英語の日常会話とビジネスレベルの真髄
  • 北欧に住んでいながら、今の仕事場では半分しかノルウェー語を使いません。半分は英語でのやりとりです。なぜなら、会社の社員の半分はノルウェー以外から集まっているためです。 そこで、日本の就職活動などで日常会話レベル・ビジネス会話を要するという、要項について考えてみました。 ニュアンスの影響からか、”日常”は特に特別なスキルを要するわけでもないですし、誰もが意識せずに送っている日々を指します。”ビジネス” [続きを読む]
  • 人材派遣会社には注意 in ノルウェー
  • 以前の記事でノルウェーで仕事を見つける方法として、人材派遣会社の利用をあげました。 今日はこの人材派遣会社を利用するに当たっての注意点を書こうと思います。と言うのも、日本と同じ感覚で人材派遣会社を利用すると少し危険(身の危険ではなく)と感じたので、シェアさせて下さい。 ノルウェーでは、1つのポジションに対してかなり多くの応募者が集まる事が普通です。そのため、一般企業で書類を通過し面接まで辿り着く事は [続きを読む]
  • 海外就職するために必要だと思う事
  • 海外でスムーズに快適に働く方法を考えていました。 言葉って使いこなせるととても有り難いツールですが、使いこなせるようになるまでは、結構辛かったりしますよね。日本では、会社に入る時に何とか検定の何点/何級以上が必須条件などと書いてあります。でも、例えばTOEICが何点以上だからこれだけの能力は備えているだろうという判断をするのは、非常に安易的だと思います。もちろん、数字が高くなれば、それだけ語彙も表現の引 [続きを読む]
  • ノルウェー病院事情(皮膚版)
  • ノルウェーの医療って整っているんでしょ?よく聞かれます。 ん〜…時々答えに困ります。 まずは、システムからご紹介しますね。まず、ノルウェーでは留学生であっても、ノルウェーで結婚した外国人であってっも、個人ナンバーが付与されます。その個人ナンバーは、銀行口座を開くときも、年金、税金カードを受け取るとき、仕事での契約書などなど、ほとんどの正式書類には必要不可欠なナンバーです。そして、そのナンバーが付与さ [続きを読む]
  • ノルウェー人小学校教諭の本音
  • こんにちは! 教育にも興味がある私です。といっても、教える方ではなくて教育システムにとっても興味があります。私の、お友達はノルウェーで小学校の教員をしていて、現在1年生を担当しています。彼女とランチをした時に、ノルウェーの小学校教諭の本音を少しだけ聞いてみました。 彼女は、公立の小学校の1年生の担任をしています。仕事は、毎日かカオス状態だそう。ご存知の方も多いかもしれないですが、ノルウェーには子供を [続きを読む]