小学校受験の定番問題集アプリ・くるくる さん プロフィール

  •  
小学校受験の定番問題集アプリ・くるくるさん: くるくる日誌
ハンドル名小学校受験の定番問題集アプリ・くるくる さん
ブログタイトルくるくる日誌
ブログURLhttp://blog.qrucru.com
サイト紹介文小学校受験の定番問題集アプリ「くるくる」を使った学習法、データ分析に基づいたお受験合格の秘訣を紹介
自由文最もコンパクトで、最も強力な問題集ができました。
くるくるは、独自の人工知能搭載で、あなたにぴったりの問題集へ進化します。
紙の問題集なんてもう古い!ライバルはもう始めています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/09/28 15:02

小学校受験の定番問題集アプリ・くるくる さんのブログ記事

  • 新作ステージ『理科知識1』配信開始
  • 『理科知識1』は、理科の基礎知識を学べるステージです。季節、野菜や果物の断面図、日付と曜日の使い方、温度、ものの性質に着目した問題が100問以上収録されています。どれも知的好奇心が刺激される問題ばかりなので、まずは「おためし」から試してみてください。小学校受験の定番!進化する問題集くるくるhttps://itunes.apple.com/jp/app/id1023132672?mt=8 [続きを読む]
  • Education of Education: #001 Randall Munroe
  • 研究員のエドワードです。Education of Educationというテーマで、これからの教育にとってロールモデルになるような人物をかんたんに紹介していきます。今回は、ウェブ漫画家のRandall Munroe(ランドール・マンロー)さんです。ランドールさんは元NASAの研究員で、バカバカしい疑問に数学と科学とマンガで答える「What if?」というウェブサイトを運営しています。「What if?」は書籍化もされ、世界中でベストセラーになりました。 [続きを読む]
  • 新作ステージ『えいご1』配信開始
  • 『えいご1』は、アルファベットの習得を目標に設計したステージです。アルファベットの形、大文字と小文字の区別・アルファベットの順序に着目した問題が100問以上収録されています。このステージでは、「音」ではなく「形」に着目しています。これをきっかけとして、「なぜこの文字はこの形なのか?」「なぜこの形でこの音なのか?」などを、おこさまと一緒に考えてみると楽しいと思います。図形センスも養われて一石二鳥なステー [続きを読む]
  • 新作ステージ『にほんご1』配信開始
  • このステージには、にほんごの音、ひらがなの形、しりとり、さかさ言葉、ことばの法則に着目した問題が100問以上収録されています。ことば遊びの面白さをぎゅっと凝縮しましたので、まずは「おためし」から、試してみてください。小学校受験の定番!進化する問題集くるくるhttps://itunes.apple.com/jp/app/id1023132672?mt=8 [続きを読む]
  • 新作ステージ『関係1』配信開始
  • このステージには、仲間集め、仲間はずれ、仲間つなぎといった問題が100問以上収録されています。数学の基礎である「関係」という考え方を、5歳でもしっかり学べるように設計しました。まずは「おためし」から試してみてください。小学校受験の定番!進化する問題集くるくるhttps://itunes.apple.com/jp/app/id1023132672?mt=8 [続きを読む]
  • 【くるくるクイズ】職業別時給ランキング第1位はどの職業でしょう?
  • 職業別時給ランキング第1位はどの職業でしょう?正解はこの記事の最下部にあります。(答えを見たくない人はスクロールしないでください)解説2014年の厚労省「賃金構造基本統計調査」によると、129の職種(※短時間労働者を除く一般労働者)について時間給順に並べると以下のことがわかります。第1位はパイロット(航空機操縦士)で10,339円、第2位は大学教授で5,736円、第3位は医師で5,527円、第4位は弁護士で4,850円。ワースト [続きを読む]
  • 【くるくるクイズ】教育のICT化が先進国で最も遅れている国はどこでしょう?
  • 教育のICT化が先進国で最も遅れている国はどこでしょう?正解はこの記事の最下部にあります。(答えを見たくない人はスクロールしないでください)解説OECDの「PISA 2012」のICT調査では、15歳の生徒に対し、学校内外での学習に際して、コンピュータをどれくらいの頻度で使うかを尋ねています。この調査によると、日本は、学校外・学校内とも活用度が調査に参加した先進国の中で最下位です。つまり、教育のICT化の最後進国といえま [続きを読む]
  • 1分でわかる考え方:「はてなのところはどんな模様になる?」問題
  • くるくる研究員の前川です。今回は、正解率54%で苦手ランキング4位、約半数の人が間違う、ます目の法則を考える問題です。(※正答率は、挑戦データ20,000件に基づいて「くるくる」が独自で算出。)問題ます目にある決まりで順番に模様が書かれています。はてな(?)のところはどんな模様になりますか?正解右側の模様が正解です。考え方この問題は、△と□を分けて考えましょう。そうすれば、△は右方向に1つずつ伸びていくこと [続きを読む]
  • 1分でわかる考え方:「何個でできている?」問題
  • くるくる研究員の前川です。今回は、正解率42%で苦手ランキング1位の問題です。(※正答率は、挑戦データ20,000件に基づいて「くるくる」が独自で算出。)問題上の形を3個使ってできるのはどれですか?正解左から4つめが正解です。考え方この問題は、上記のような補助線が書けるかどうかが鍵です。ちょっとしたテクニックとしては、3個と聞かれているので、明らかに多いとわかるような左から2つめの選択肢は最初から考慮しないの [続きを読む]
  • 1分でわかる考え方:「どちらが広い?」問題
  • くるくる研究員の前川です。今回は、正解率72%で28%の人が苦手としている次の問題を解説します。(※正答率は、挑戦データ20,000件に基づいて「くるくる」が独自で算出。)問題黒く塗られたところはどちらが広いですか?正解左が正解です。考え方この問題は、10くらいまで数を数えられるお子さまにとってはかんたんに解ける問題なのですが、数えられないお子さまにとっては難しい問題です。今回は、数を数えられなくても解ける方法 [続きを読む]
  • 1分でわかる考え方:「重ねるとどんな模様になる?」問題
  • くるくる研究員の前川です。今回は、正解率54%で苦手問題ランキング第4位だった次の問題を解説します。(※苦手問題ランキングは、挑戦データ20,000件に基づいて「くるくる」が独自で算出。)問題模様の描かれた2枚の透明の紙があります。重ねるとどれになるでしょうか?正解右下の模様が正解です。考え方上のように、どちらかの模様をもう一方の模様に重ねて描いてみましょう。できた模様が答えです。これは平行移動の考え方です [続きを読む]
  • 1分でわかる考え方:「空いたところには何が入る?」問題
  • くるくる研究員の前川です。今回は、正解率71%で苦手問題ランキング第12位だった次の問題を解説します。(※苦手問題ランキングは、挑戦データ20,000件に基づいて「くるくる」が独自で算出。)問題並び方に決まりがあります。空いている所にはどれが入るでしょう?正解一つ目の野球帽が正解です。考え方両手の人差し指を出しましょう。繰り返されている絵を探します。一番良く繰り返されている絵を見つけるのがコツです。今回は眼 [続きを読む]