介護タクシーみなと さん プロフィール

  •  
介護タクシーみなとさん: 心の救急ケア
ハンドル名介護タクシーみなと さん
ブログタイトル心の救急ケア
ブログURLhttp://blog.canpan.info/er119
サイト紹介文主に「緩和ケア病棟」や「ご自宅での看取り」の手伝いで動いています。
自由文安全と安心の子と親の二人三脚。長男はゴールド免許に裏打ちされた安全運転に専念。父親は、患者様の吐息を感じる位置で全身全霊で容態の安定につとめて、付き添われる御家族様には「心のケア」を行っています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/09/28 16:05

介護タクシーみなと さんのブログ記事

  • 「皆んなが良い人だった」
  • お父さんの安心安全のために是非とも優しい看護師さんの付き添いをお願いします娘さんからのご依頼お休みが重なった家内(看護師さん)と夫婦(めおと)移送が約3年ぶりに実現出来ました(穏やかなお仕事中は)患者様も娘さん夫婦も送りの看護師さんも転院先の看護師さんも皆んなが 良い人だった(都市伝説)東京23区内には認知症の奥さんを助手席に座らせて走る個人タクシー都市伝説がある(みっちゃんの目標は)家内はまだ 認知 [続きを読む]
  • 「事故の背景を知って欲しい」
  • 救急時代には9月9日 救急の日に止血や固定処置等で使う全ての三角巾を洗濯機で回して 乾いたら1枚 1枚アイロンを掛けてシワをのばして太い赤い基線が下に出る様に折り畳んでいた救急業務を終えた勤務明け後だから身体は芯から疲れて(フラフラしながらの)帰り道の電車内では(フーッと)意識が落ちることがあったA市国道交差点青信号横断歩道を歩いていた小学生(7歳)男の子をA市消防局職員(32歳)が運転するワゴン車がはねたと [続きを読む]
  • 「ドカベン香川伸行さん」
  • (コードブルー)この番組の為に早く帰って来たのヨと話す娘が加わった家内と3人で夜9時からのフジテレビ「コードブルー」は30分拡大で最終回だった(番組中の)(クラッシュ症候群とは)二次災害で埋まっていたオレンジレスキュー隊員クラッシュ症候群は挫滅症候群とも言われて瓦礫などの重いモノに腰・腕・腿(もも)などの筋肉が長時間 挟まれて圧迫されてしまうと血管内の血流も止まって筋肉細胞実質が壊死・障害を起こして毒 [続きを読む]
  • 「敬老の日」
  • (今日は敬老の日)本日のグループでのお仕事は1・台風18号の影響と2・敬老の日とが重なり人工透析者の送迎以外はキャンセルが入ってみっちゃんはお休みです土曜日の朝5時出掛けの支度をしながら観ているテレビ朝日「渡辺篤史さんの建もの探訪」土地の価格は東京オリンピック以後も右肩上がりで高くなるとの神話があってマンションよりも土地付き住宅を選ぶ人は多いこれまでの建売住宅とは売主が土地を仕入れて建物のプランを決め [続きを読む]
  • 「平成29年度操縦技能審査」
  • デイサービス送迎車両の交通事故が発生している報道によれば人手不足から専従の運転手さんは少なく朝夕の送迎も介護ヘルパーさんが行う施設が多々あるとのこといま東京の道路で昼間でも交通事故防止の為に前照灯を点灯しているのは東京消防庁だけになった交通事故で加害者になってはいけない消防車両の操縦技能審査は厳しい秋晴れの10時頃に大和自動車学校跡地Aリハビリ病院隣接する 広い空地に消防車両等が集結していた(あれは年 [続きを読む]
  • 「人工透析移送・その2」
  • 人工透析の送迎を請け負ったら次の業者さんが居ないと止めたいが やめられない大変な送迎だと知れ渡り請け負う業者さんはひと握りになってきた新規開業したA介護タクシーさんはお仕事が欲しかったので(深く考えないで)(人の役に立てるならと)知人の人工透析送迎を口約束で請け負った(透析医療法者にとって)週3回・約3時間余りの人工透析は明日を生きる生命線で1回でも欠けられない(送迎業者さんの)(リスクとは)1・大地震 [続きを読む]
  • 「人工透析移送・その1」
  • みっちゃんが通院する糖尿病クリニックには月に約2300人が通院して第2型糖尿病の少数が腎不全まで進行して透析治療法へ移行している(国内の透析治療法者は)(どれ位とかと調べたら)2015年12月現在で患者数は 32万4986人で昨年度より 4538人増人工透析治療の送迎を続けるA介護タクシーさんから自分の体調が悪いので直ぐに止めたいが代わりの人が見つからないどうしたら良いかと相談を頂いた(◯◯様を)(お連れしました)久々に [続きを読む]
  • 「靴裏の消毒噴霧」
  • O・157により3歳の女の子が死亡した前橋市保健所の記者会見で感染経路として1・エアコン2・汚染された靴でお客様が持ち込んだのかもと話していた(お疲れ様でした)(明日もよろしくお願いします)月極 屋外駐車場でお仕事を終えたアルファードに声を掛けてエンジンを切ると(シュッ!シュッ!)最初に自分が履いている靴裏に消毒噴霧すると次に1・患者室の床2・運転席の床を中心に消毒噴霧を タップリすると扉を閉めて車内を翌朝 [続きを読む]
  • 「出川哲郎さんは家庭円満」
  • 出川哲郎さんの芸が面白いのは家庭円満だからです巨大総合病院の相談室ソーシャルさんは特定の転院先との癒着を疑われ無いようにご家族様には3ヶ所を紹介しているが事前に下見に行かないご家族が増えていると実感みっちゃんは元の病院を出発すると同乗のご家族様に(紹介された転院先)(病院・施設を)(下見に行かれましたか)と確認している(はい!)(行って来ましたヨ!)患者様が病気を発症するまで奥さん・子供とごく普通 [続きを読む]
  • 「親は子の手を離すな」
  • A駅ホームで親が手を離した4歳男子が動き出した直後の電車に接触してはね飛ばされ頭部骨折の重傷この事故で最大28分間の遅れが出た(約30年前の昭和のこと)山を削ったAニュータウン造成工事中の平坦地が幼稚園バスの集合場所この集合場所に数日前から降り続く土砂降りの雨が排水溝から溢れて蓋が未設置の排水路を覆い隠していた危険な状態とは100%気付かない親子達は何時もの様にお迎えの園バスが来るまで(ペチャクチャ)子供の [続きを読む]
  • 「1日に3件以上発生の車両火災」
  • (早く電車の扉を開けて)(乗客を避難させろ!)夕方ニュース番組の中で先着の消防部隊の指揮者が小田急電車の乗務員に対して怒鳴り声で指示していた新宿駅を出た小田急電車はしばらくの間は渋谷区代々木の建物の軒先 かすめるように走っていて昨日の夕方に線路に隣接するボクシングジム3階から出火(沿線火災)8両編成の普通電車を燃えている建物横で停車させたので建物の火が電車の屋根に燃え移った怪我人は無かったとのこと前 [続きを読む]
  • 「トランク付きエレベーター」
  • お父さんが腰痛症で動けなくなりました救急車を呼ぶほどでもないが◯◯病院に搬送して欲しい公団マンションにお住いの娘さんからの搬送依頼が相方さんに入った電話口で「エレベーターは」「トランク付きですか」と尋ねると(はい!付いています)私達が到着するまでに管理人事務所からエレベータートランク扉の鍵を借りておいて下さいと指示(はい!わかりました)聞き慣れない(エレベータートランクとは)エレベーター内の奥の正 [続きを読む]
  • 「血小板・その2」
  • (昨日からの続きです)みっちゃんの硬くて 逃げる血管壁を1回で穿刺した看護師さん周りの人がいかにも 採血したと想うパッチを貼ると(ここを)(しばらく)(抑えて下さいとの指示)(この時に)(血管の内側では)居合わせた血小板達が穿刺針で生じた傷口を塞ぐ突貫工事中なンです(血小板の働きは)血管が傷ついた時にその傷口を速やかに塞いでそれ以上の出血が起きないようにする働きを持っていますしかし充分な血小板がない [続きを読む]
  • 「血小板・その2」
  • (昨日からの続きです)1回で穿刺して貰った中年の看護師さんがいかにも 周りの人が採血したと想う1センチ四方のパッチを貼ると(ここを)(しばらく)(抑えて下さいとの指示あり)(血管の内側では)居合わせた血小板達が穿刺針で生じた傷口を塞ぐ突貫工事中なンです。(血小板の突貫工事とは)血管が傷ついた時にその傷口の内側を速やかに塞いでそれ以上の出血が起きないようにする働きをしていますしかし充分な血小板がないと [続きを読む]
  • 「血小板・その2」
  • (昨日からの続きです)1回で穿刺してくれた中年の看護師さんがいかにも 採血したと周りの人達が想う1センチ四方のパッチを貼ると(しばらく)(抑えて下さいとの指示)(血管の内側では)居合わせた血小板達が穿刺針で生じた傷口を塞ぐ突貫工事中です(血小板の働きは)血管が傷ついた時にその傷口を速やかに塞いでそれ以上の出血が起きないようにする働きを持っていますしかし充分な血小板がないと止血作用が弱くなり皮膚に出血 [続きを読む]
  • 「血小板・その1」
  • かねては患者様の移送をしているが昨夕方は自身が患者さんになる月1回の糖尿病受診何時もの流れで採血と体重測定から始まり採血してもらう箇所はこれまで身体のあっち こっちに穿刺して痛い!体験をしてようやく 見つけた最良の採血ポイント(ここ)(ここで お願いしますネ)みっちゃんの血管は糖尿病と動脈硬化とで硬くなっているので1回だけの穿刺は困難でこれまでの平均は2回お願いをした看護師さんが右腕・静脈内に穿刺すると [続きを読む]
  • 「5キロのお米袋 32袋分」
  • (お父さん) (今日は絶対に)(着けて行きなさいと)家内が朝ご飯の後に痛めている左膝に強制的に着けてくれたのは膝サポーターだった(その理由は)往復受診の患者様の体重は5キロのお米袋 32袋分友達2人と医療スタッフ達もお手伝いしますからと相談室ソーシャルさんから相方さんはご依頼を受けたとのことみっちゃんは患者様の体重が重いのは脂肪だと思い込んでいたが実際は道中の車内で患者様本人から私は 肝機能が悪いので腹 [続きを読む]
  • 「オキシマイザー・ペンダント」
  • なんか目の付け所が他テレビ局と違うと想うテレビ東京の番組内容25年目を迎えたダチョウ倶楽部さんが長く続いている理由は低い立ち位置での現状維持とのことダチョウ倶楽部さんよりも更に更に内容が低いただ視聴者からの要望で水をぜんぶ抜くだけの3日放送の「池の水 ぜんぶ抜く」視聴率が(まー なんということでしょう)NHK大河ドラマ「直虎」視聴率を抜いたとのコト(オキシマイザー・ペンダント)(読者様から)(お問合せをい [続きを読む]
  • 「父親の最後の教えは」
  • 病室のベッドで父親がみっちゃんに最後に教えてくれたのは心臓は動きを止めているが口だけがあえぐ死戦期呼吸(しせんき こきゅう)だったンですこれからの日本の医療は病院から在宅医療に移行してご家族も看取りの最後に死戦期呼吸を目撃する事になる関東バスがお得なキャンペーン実施中東京都 中野・新宿から岡山県 倉敷まで大人片道 6700円キャンペーン期間は平成29年9月4日 から 12月21日お問合せ先は関東バス座席予約センター [続きを読む]
  • 「重さは 3対1」
  • バタバタ バタバタバタバタ バタバタバタバタ バタバタ日曜日11時51分頃に武蔵野日赤病院H 屋上ヘリポートに真っ赤な 赤トンボ東京消防庁ヘリが着陸して救命医療スタッフに傷病者を引き継ぐと11時53分には離陸したこの間 僅か120秒だったご自宅で看取りをしたいとA病院に入院中の体重が50キロの患者様自宅までの移送を独りで担当して現地では息子さんがお手伝いされるとのこと(ファーノ・スクープ)(モデル 65EXLは)・最短長さ [続きを読む]
  • 「病院の駐車場」
  • 国土交通省は2016年4月に開業した「パスタ新宿」周辺に路上駐車して待機する高速バスについてバス会社に警告して乗入れ規制を強化する方針とのことみっちゃんが出入りする複数病院平均駐車料金は1時間 100円余りで自費(自分のペースを作る為に)意識して早目に有料病院敷地内に入るとまず病院駐車場内の片隅へそこでゆっくりと患者様のお迎えの準備に入る全ての扉を解放して車内に風を通しながら消毒噴霧そして保温用資器材の点検 [続きを読む]
  • 「大根おろし」
  • 大根をおろし金のギザギザ面にあてて「シュッ! シュッ!」と上下左右にと直線的におろしたら「からーい!」大根おろし(こんどは)「グルリ!グルリ!」と丸い円を描くようにおろしたら「あまーい!」大根おろし(この違いは)大根の細胞を壊すか壊さないかの違いで(直線的だと)細胞を壊すので 辛いが(円状的だと)細胞を壊さないので 甘いちなみに人は身体は約60兆個の細胞で形作られていて自分自身でも気付かないうちに個々 [続きを読む]
  • 「子供の自殺が多い9月」
  • (ピーポー ピーポー ピーポー)救急時代には自殺を図った心肺停止の傷病者に蘇生処置を継続して救命救急センターへ緊急搬送していた9月は1年間を通して子供達の自殺行為が最も多い月で子を持つ親は我が子に要注意です(我が子の)(心の内側を知る)(一つの手技として)みっちゃんは退職金で購入した2ツの心肺蘇生処置の訓練人形にお母さんには「雅子さん」赤ちゃんには「愛ちゃん」と命名した(三つ編み)女学生時代の愛子様の [続きを読む]
  • 「空気で発電する電池」
  • 9月1日は 防災の日家庭に備蓄している防災グッズの水や食料品の賞味期限を確認する日です(お断り)以下ブログで紹介する商品は読者自身の責任で検討して下さい在宅医療が始まると様々な不安が始まり次第に心の混乱が落ち着くと(次に来ることは)1・人工呼吸器2・たん唾液の吸引など100V電源を使う命に関わる医療機器等が地震・台風・その他により停電で使えなくなった時の100V電源確保これまでにブログ読者様から100V電源確保に [続きを読む]
  • 「約25分間待つ理由は」
  • 25分間には医学的根拠は100%ないが人の身体や精神が新しい環境に馴染む迄には25分間は必須とのみっちゃんの経験則からです(逆に言えば)何時もの病室のベッドから新しい環境に置かれた車椅子ストレッチャーに移した時を「0」として院内を通り抜けてアルファードに車内収容して転院先に出発25分間以内に何にも無ければその後は容態が安定される(長男と2人で動いていた)「介護タクシー みなと」時代(例えば)ご自宅での看取りや [続きを読む]