spozhmey さん プロフィール

  •  
spozhmeyさん: デンマーク、アフガニスタン人と住んでる日本人
ハンドル名spozhmey さん
ブログタイトルデンマーク、アフガニスタン人と住んでる日本人
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/spozhmey
サイト紹介文デンマーク・ユラン半島のある街に住んでいた日本人とアフガニスタン人の記録。子供が生まれた。
自由文2014年夏にカーブル訪問、彼の親戚達に会ってきた。
その時の記録の一部→Sジャーンの話(1/4) http://blog.goo.ne.jp/spozhmey/e/29045e1c27aabb9b17462f182d31bac8
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/09/29 05:19

spozhmey さんのブログ記事

  • デンマーク、アフガニスタン、日本の子育て
  • デンマーク、アフガニスタン、日本て見た子育ての、それぞれ真似したいところ;○デンマーク・新鮮な空気デンマーク人が大好きな「frisk luft(新鮮な空気)」。温かいジャンプスーツを着せて外に出て、寒い冬でも太陽の光と新鮮な空気を思いきり味わわせる。出かけない日は温かい服装で窓を全開。これが健康につながると信じている。・おしゃぶりおしゃぶりがあると本当に楽だ。夜の寝かしつけ時、娘がぐずってもおしゃぶりをくわ [続きを読む]
  • 蒙古斑があるアフガン人はやっぱりアジア人だな
  • 娘が生まれて5ヶ月、ないと思っていた蒙古斑の存在に今晩やっと気づいた。お尻の割れ目の周りに影みたいにうっすらと緑色の蒙古斑があった。アフガニスタンにはいろいろな人種がいる。きょうだいでさえ髪の色や肌の色はさまざまで、同じ夫婦から生まれたのに真っ黒な人も真っ白な人もいたりする。一昨年ホームステイしたWの次兄宅では末っ子がハイハイ盛りのゼロ歳児で、ずれて脱げかけたおむつからくっきりした蒙古斑がのぞいて [続きを読む]
  • 大家族の知恵
  • Wが誤認逮捕され、7ヶ月半後に釈放されてもうすぐ3ヶ月。互いに行き来することはできなくてまだ彼に会えていない。インターネット電話で時々少しだけ話している。娘は日々成長している。よく笑い、よくしゃべり、よく寝る子だ。けれどたまに寝ない。夜中になっても「うーん、ふううう」と言って寝ない。だんだん私もイライラしてくる。Wはまだ娘に会ったことがない。泣いてばかりで寝ない夜があることを知らない。そう思ったら余 [続きを読む]
  • 今まであったこと
  • 高畑裕太逮捕にがっかり。本人が罪を認めているということは実際にレイプをしたということだろう。人を傷つける重い罪だ。ところで7ヶ月半前の12月29日、Wは前夜にタクシー運転手としての業務中顧客の女性をレイプしたという疑いで逮捕され、8月9日に容疑が晴れるまでずっと拘禁されていた。彼を訴えたのは現在74歳の高齢女性。Wの無罪が確定した後に偽証罪で刑務所行きが決まったそうでよかったけれど、これまでの7ヶ月半、彼と [続きを読む]
  • 子供が生まれた
  • 2週間と少し前、予定帝王切開で子供が生まれた。直前まで逆子が直るのを期待しながら、デンマーク語学校での同級生を含む帝王切開出産を経験した友人達に「お腹切るのが怖いよ」と相談しまくっていた。みんな「大丈夫、痛いけど安全だよ」という返事をくれて安心できたけれどやっぱりしばらく痛かった。あまりお腹が大きくならず、自分の中に自分とは違う人間が存在しているという実感をあまり持てないでいたけれど、生まれた子供 [続きを読む]
  • ナツメヤシの実(デーツ)
  • 6月6日からイスラームの暦でラマダーン月に入った。預言者ムハンマドが最初の預言を受けたのがラマダーン月だったとされ、28日間お祝いや日中の断食をする。私は今年断食してないけど。去年、デンマークでは6月18日から7月16日までがラマダーン月で、朝3時半くらいから午後10時半くらいまで約19時間断食をしていた。一切の飲食をしないのではじめはくたびれてイライラしたりもしたけれど、1ヶ月もやっていると慣れてきて、昼 [続きを読む]
  • 道を探している
  • 昨年末、私が日本に一時帰国している間にWが顧客とのトラブルに巻き込まれ、家に帰ることができなくなってしまった。たった一人の高齢の顧客の訴えがどうしてこんなに長引くトラブルになってしまったのかわからない。1月時点で妊娠5ヶ月だった私は彼のアパートで一人待ちながら出産子育てするのは無理だと考えた。実家に帰れば両親がいる。3月までデンマーク語学校に通い、そして一人で帰国した。帰国直前、一度だけWに会った。 [続きを読む]
  • 憲法記念日に
  • 政治的意見は人によって違ったりする。そしてこれは価値観に関わることだから、自分とは違う意見を受け入れるのはとても難しい。だから親しい友達とのおしゃべりでは政治的な話題はできるだけ避けたいと思う、特に今は難しい時代だから。ということを言ったら、デンマーク語学校の同級生でふだん冗談ばかり言っているシリア難民の友人が真剣な顔で同意してくれたことを思い出す。彼の出身地はたしかアレッポだ。停戦合意なんかすっ [続きを読む]
  • ガニー大統領の発言@BBC
  • http://www.bbc.com/japanese/video-35957241?ocid=bbc-japan-twitterjapan「少しの圧力で簡単にアフガニスタンを出て行く難民に同情はしない。国に残って祖国の復興に努めるべきだ」とアシュラフ・ガニー大統領@BBCのインタビュー。在欧アフガン難民の家族としては耳が痛い。ただ復興を推し進めなければならない第二代大統領としてこの発言をせざるを得ないという建前はよくわかるし、外国に住んでいたこともあるガニーさんが今は [続きを読む]
  • 3.11から5年
  • 3.11から5年たった。東北や北関東に家族や親戚がいないので直接ひどい被害には遭っていないけれど、それなりにひどく揺れた東京でそれまでと何もかも変わってしまった雰囲気の中でスーパーの商品棚はがらがら、買い物をすれば東京人が買い占めたと非難されて悲しかったこと、余震が起こるたびに(起こる前の警報で)ふるえた毎日を思い出す。そしてもっとずっとつらい目に遭った人達のこと、そんな毎日を今でも送っている人達のこ [続きを読む]
  • 読書の話 2
  • 残念ながら次の月曜日に最後の授業を受けて日本に帰ることになってしまった。「これからどうするの?またデンマークに来るの?それともずっと日本に住むの?」これらの質問に「わからない」としか答えられないでいる。いろいろ事情があって暗中模索の五里霧中だ。お土産にラクリス(リコリス)味のお茶やお菓子、ケーキ用トッピングなどを大量に買っている。うちの母と私が大好きなデンマークの味だ。語学学校で私以外のクラスメー [続きを読む]
  • 読書の話 1
  • 通っているデンマーク語学校でこれはいいなぁと思ったのは、外国人学習者向けに書かれた短編小説や短いドキュメンタリー本が図書室に大量にあって、学生が無料で自由に借りられることだ。大きめの文字、よく使う単語や熟語表現を頻繁に登場させて効果的に勉強できる。4段階ほどにレベル分けされているので自分の語学力に合ったものを読むことができる。いろいろな言語で学習者向けレベル別副読本があるのは知っているけれど、学校 [続きを読む]
  • 亡くなった友人
  • 他人の個人情報を勝手に書いてごめんなさい。名前は書かない。去年5月からデンマーク語学校に通い始めた。「もっと進みの早いクラスに行きたい」「もっと簡単なクラスを受けたい」「仕事の都合で時間が合わなくなった」「別の街に引っ越す」いろいろな理由でクラスを変える人がいるから、ずっと同級生という人は実はそんなに多くない。5月の一ヶ月だけ一緒だったシリア出身のクルド人夫婦がいて、私と3〜4歳くらいしか違わなか [続きを読む]
  • 難民問題について私の考え
  • 個人的な考えなので「間違っている」と言われるかもしれないけれど、ヨーロッパで難民と一緒に暮らしてみて私が思ったこと。(文才のなさによりやたら長くなっちゃった)ヨーロッパ人の一部が危機感を持って排他的になっているのには理解できる理由がある。彼らの地理、人口密度、社会制度、伝統文化がおびやかされるほどの大混乱が起きている。追い立てられた五百年前のネイティヴアメリカンと同じくらいの気持ちの人もいるだろう [続きを読む]
  • 恵方とキブラがかぶった
  • 節分だけど豆を持って来なかったので豆まきできない。今日はお米を炊いていないので恵方巻きも作れない。ひいらぎもクリスマスを過ぎて売ってないし(そろそろイースター飾りが売られ始めた)、鰯の頭も入手困難(節分の飾りつけは日本でもしたことがない)。ところで今年の恵方は「南南東」だそうで、デンマークから見るとキブラ(メッカの方角)と同じ。何てこった(笑)こいつぁ〜春から縁起がいいわぇ☆マーシャーアッラー☆はは [続きを読む]
  • ベーコンの思い出
  • 最近ユーチューブの食べ物動画をよく見る。おいしい食べ物やおいしそうに食べている人の姿って見ているだけで幸せになる。私はベーコンが好きだ。ヴェジタリアンになろうかと思っていたこともあったのに(インドや台湾のヴェジタリアン料理、素食、日本の精進料理はとてもおいしい)、あるときから獣肉が大好きになってしまった。ハラールのベーコンというものがあって、多くは牛肉から作られている。豚肉のベーコンに比べ少し固い [続きを読む]
  • 樹氷(?)
  • 最近とても寒くてそこら中の木の枝に霜がついて樹氷のようになった。そんなの初めて見た。コンゴ難民の友人とデンマークすごいよねと話した。暖かい時間でもマイナス1〜2度というのは東京出身の私にはとても寒いのだけれど、それでもマイナス10度台にはなかなかならないので北国にしては暖かいのかもしれない。湿度88%、なかなかの高さ(それならどうして風邪が流行る?)、この湿度で樹氷もどきができるのかもしれない。 [続きを読む]
  • からかわれたけど怒らない
  • 図書館でヨーロッパ系の顔のおっさんにすれ違いざま「你好」と言われた。発音と雰囲気から察するにからかって来たのがわかってイラッとするけれど、こういうときは「你好」と返すことにしている。ビジネスで中国人が大量流入したため東洋人全体が嫌われていたガーナを旅行したとき、あまりにしょっちゅうガーナ人の若い男どもから「你好」とかひどい時はいい加減な中国語の真似とか「チンチャンチョン」とか言われてイライラしてい [続きを読む]
  • 風邪が大流行
  • 風邪をひいた。咳と痰と鼻水が止まらない。街を歩いても学校に行っても図書館に行っても、そこら中でひどい咳が聞こえる。だから誰から風邪をもらってしまったのかもわからない。最近は天気がいいけれど寒い。街に積もった雪が凍ってしまい地面に張り付いたまま溶けない場所がそこかしこ。気温はマイナス1度〜マイナス8度くらいを行ったり来たりしている。先週雪が降ったときにとても可愛い形の結晶が降ってきた。 [続きを読む]
  • 4日連続で降雪
  • ※○○る話なので受験生は読まないように。1月7日から10日まで4日連続で雪が降った。5センチくらい積もってふかふかしているうちはいい。スニーカーで歩くと衝撃が吸収されて気持ちいいくらいだ。けれどみんなが歩いて踏み固められた道はなかなか危ない。ツルツルすべる。。この危ない道をジョギングしてる人や自転車を走らせてる人がいるのだからおそろしい。犬も裸足で散歩。肉球の可愛らしい足跡がそこかしこで見られる。 [続きを読む]
  • アフガン人の健康の秘訣
  • 塩からく油っこいものをよく食べるアフガニスタン人。白米(バスマティー米)でさえ植物油と塩を足して炊く。そんな彼らの健康の秘訣は、生野菜とナッツだと思う。グーグルで「afghan cuisine」と英語で画像検索してみると、大皿料理を会席料理のように美しく持った画像がたくさん見つかる。(日本語で「アフガニスタン料理」と検索しても出て来るのはペシャーワルあたりの屋台料理みたいなドサドサッと積み上げただけの茶色い肉料 [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます
  • Godt nyt år! あけましておめでとうございます。日本に帰ってリフレッシュできました。フィンエアーでヘルシンキ経由、一面の雪景色に午後4時にはほとんど真っ暗で驚いたけれど、デンマークに帰れば4時半くらいまでギリギリ明るく、一安心。それでも東京に比べれば寒い。。というか東京が暖かくて日照時間も長くて、まるでデンマークの秋のように過ごしやすかった。ユラン半島では7日、雪が降った。 [続きを読む]
  • テレビ@日本の感想somテロリストきらい
  • *クイズQさま 28日テレビ朝日。「東大生京大生が選んだ女性偉人ベスト40」の第6位にジャンヌ・ダルクというのが納得できない。「神の意思」を主張してイギリス人を殺しまくった彼女の業績は現代のテロリストとほとんど同じ。ジャンヌ・ダルクの思想や行動力や伝説は興味深いけれど(例えば「声」の正体について、リュック・ベッソンの映画は統合失調症の幻聴ととれる描き方をしていてかえって神秘的でおもしろかった)、そうは言 [続きを読む]
  • 教会に行ってみた
  • 久しぶりに教会に行って礼拝に出席した。街の一番中心にある大きな教会。ごめんなさいそうです去年カーブルの役所でイスラムの入信儀式しましたでも私、幼稚園も中学高校もキリスト教だったし小学生の時も日曜は教会学校通ってたし懐かしかったもので!大きな宗教施設というのは仏教でも神道でもイスラムでもキリスト教でも、儀式に出席した時に素性を問われないことが多いので楽だ。待降節第四週の今日は何と、幼児洗礼(Dåb ド [続きを読む]