Mikako Hussel さん プロフィール

  •  
Mikako Husselさん: 徒然なるままに
ハンドル名Mikako Hussel さん
ブログタイトル徒然なるままに
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mikakohh
サイト紹介文旅行記、ドイツ文化、社会問題、環境問題、海外情報などのまとめなど
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供454回 / 365日(平均8.7回/週) - 参加 2015/09/29 22:11

Mikako Hussel さんのブログ記事

  • 5月28日(日)のつぶやき
  • (社説)憲法70年 学問の自由は誰のために 朝日新聞、2017.05.28「学問の自由」アホな政府と国民には宝の持ち腐れ。 fb.me/8Lz5ds2oU― Mikako_HH (@Mikako_HH) 2017年5月28日 - 10:23転職者が口を揃える「他にやりたい仕事がある」の怪しさ ダイヤモンドオンライン、2017.5.27 fb.me/2oBCY5yZC― Mikako_HH (@Mikako_HH) 2017年5月28日 - 10:30JRパス「在外日本人は使用不可」撤回の舞台裏「ジャパン・レール・パス」の知られざる [続きを読む]
  • 5月25日(木)のつぶやき
  • 【報ステ】共謀罪衆院通過、国連特別報告者から懸念(2017/05/23 23:30)厚顔無恥という感想しか浮かばない。... fb.me/1tYq8fEAf― Mikako_HH (@Mikako_HH) 2017年5月25日 - 18:48ZDF zoom トランプとロシアの危険な関係 fb.me/10axPZEYf― Mikako_HH (@Mikako_HH) 2017年5月25日 - 21:21 [続きを読む]
  • 書評:恩田陸著、『ネバーランド』(集英社文庫)
  • 恩田作品第三弾として2003年発行の『ネバーランド』(集英社文庫)を手に取ってみました。商品説明では:伝統ある男子校で寮生活をおくる少年たち。年末、4人の少年が居残りすることに。人けのない寮で起こる事件を通して明らかになる「秘密」とは。奇蹟の一週間を描く青春ミステリー。とありましたが、どこらへんがミステリーなのかよくわかりません。他の商品説明では:舞台は、伝統ある男子校の寮「松籟館」。冬休みを迎え多くが [続きを読む]
  • 5月23日(火)のつぶやき
  • 「気になることを動画で伝える」より高山佳奈子京都大学大学院教授の重要な指摘◎公権力を私物化する行為を除外重要な組織的経済犯罪を除外◎警察・政治家・重要経済犯罪を何故外す!?国連特別報告者 安倍首相に書簡送付... fb.me/1UfuRiYrC― Mikako_HH (@Mikako_HH) 2017年5月23日 - 01:07体罰・暴言で子どもの脳が「萎縮」「変形」 厚労省研究班が注意喚起 (BuzzFeed Japan)、2017.05.18... fb.me/3nEvfQovw― Mikako_HH (@M [続きを読む]
  • 5月22日(月)のつぶやき
  • スペイン・アンダルシア旅行記(4):グラナダ fb.me/IXRqPlXp― Mikako_HH (@Mikako_HH) 2017年5月22日 - 03:00書評:恩田陸著、『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎単行本) fb.me/3BvdJnFVj― Mikako_HH (@Mikako_HH) 2017年5月22日 - 04:10スペイン・アンダルシア旅行記(5):グアディックス fb.me/Zupk8fXb― Mikako_HH (@Mikako_HH) 2017年5月22日 - 08:35あるある→海外では『空気が読める』と『コミュ障』はほぼ同じ扱いである fb.m [続きを読む]
  • 書評:恩田陸著、『錆びた太陽』(朝日新聞出版)
  • 恩田陸著、『錆びた太陽』(朝日新聞出版)は今年3月に発売された、直木賞受賞後最初の長編です。一応SFに入るのでしょうか?私には近未来予想図のようにしか思えません。政府や政治家に対する痛烈な批判を含んでいる一方、過激な環境保護団体への皮肉も効いています。時代設定は今から100年ちょっと後位と思われます。「最後の事故」で、人間が立ち入れなくなった地域をパトロールしているロボット「ウルトラ・エイト」。彼らの居 [続きを読む]
  • 5月21日(日)のつぶやき
  • スペイン・アンダルシア旅行記(3):モンテフリオ(グラナダ県) fb.me/1T8XwVeNX― Mikako_HH (@Mikako_HH) 2017年5月21日 - 01:26イスラムとキリストの分断が深まる国の苦悩インドネシアで起きた政争めぐる大混乱 東洋経済オンライン、2017.05.20中国系インドネシア人はキリスト教徒で、イスラム教徒の過激化が進む中で再び差別と偏見に曝されている。... fb.me/1mkfSQEc3― Mikako_HH (@Mikako_HH) 2017年5月21日 - 02:29え [続きを読む]
  • 書評:恩田陸著、『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎単行本)
  • 恩田陸という作家の作品を読むのは初めてで、第156回(2016年下半期)直木賞受賞作品ということで手に取ってみました。私が読んだのは電子書籍ですが、紙書籍の方では507pのようです。読み応えのある量です。読み終えた最初の感想は「なんかすごいものを読んだような気がする」でした。なんというか、ミューズに愛された綺羅星のごときピアニストの卵たちの奇跡的とも運命的とも言える出会いと成長を芳ヶ江国際ピアノコンクールと [続きを読む]
  • 5月20日(土)のつぶやき
  • 911反核デモ(2011)の際の不当逮捕の瞬間。右翼団体と思われる人たちの掛け声、「逮捕なんて生ぬるい。射殺しろよ」と言うのが何とも恐ろしい。... fb.me/3cP13PJ8Y― Mikako_HH (@Mikako_HH) 2017年5月20日 - 04:48大正14年3月9日、「世論の反対に背いて治安維持法可決さる。必至の反対も虚しく」→2017年5月19日、「世論の反対に背いて「共謀罪」可決さる。必至の反対も虚しく」 fb.me/70950manm― Mikako_HH (@Mikako_HH) 2017 [続きを読む]
  • スペイン・アンダルシア旅行記(4):グラナダ
  • 薄闇に包まれつつある中、山道をくねくねと上り下りしながら、モテフリオからグラナダ市に向かいました。グラナダ県首都で、人口約24万人ほどの地方都市ですが、紀元前500年頃に既にフェニキア人とイベリア人の居住地として文献に言及されているくらい歴史の古ーい町です。紀元前500年と言えば、アンダルシアを支配していたタルテソス王国がカルタゴに滅ぼされた頃ですね。ローマ人による支配が700年、西ゴート族による支配が300年 [続きを読む]
  • 5月18日(木)のつぶやき
  • 日本の高齢者は、なぜこうも「不機嫌」なのか会社にへばりつこうとすることと密接な連関 東洋経済オンライン、2017.05.16 fb.me/Mjztk3dY― Mikako_HH (@Mikako_HH) 2017年5月18日 - 21:05「総理の意向」伝えた忖度大臣 山本創生相に“動かぬ証拠” 日刊ゲンダイ、2017.05.18 fb.me/8S5sCOxzr― Mikako_HH (@Mikako_HH) 2017年5月18日 - 21:27 [続きを読む]
  • 5月17日(水)のつぶやき
  • 自由なラジオLightUp! 第59回 ドームがたり・スズキコージとアーサーが聴いた原爆ドームの声 fb.me/11KNiWaXf― Mikako_HH (@Mikako_HH) 2017年5月17日 - 01:15弩級の籠池砲 森友「地下3m以深ゴミなし」で財務省窮地 日刊ゲンダイ、2017.05.16 fb.me/8jNwFpX5S― Mikako_HH (@Mikako_HH) 2017年5月17日 - 19:38 [続きを読む]
  • 5月16日(火)のつぶやき
  • ドイツ・ノルトライン・ヴェストファーレン州議会選挙(2017) fb.me/6Zo4jmmQw― Mikako_HH (@Mikako_HH) 2017年5月16日 - 03:05北ミサイル発射をスルー 安倍首相はもはや“撃つ撃つ詐欺” 日刊ゲンダイ、2017.05.15nikkan-gendai.com/articles/view/… fb.me/24MwnZxp8― Mikako_HH (@Mikako_HH) 2017年5月16日 - 04:23ÖVP(オーストリア国民党)はセバスチャン・クルツに全権付与 ディープレッセ、2017.05.14... fb.me/4Zfuy [続きを読む]
  • 5月15日(月)のつぶやき
  • 日本人男性の「時間の使い方」が残念なワケフランス人ジャーナリストが指摘! 東洋経済オンライン、2017.05.15やっぱり仕事中心で、自分の時間イコール寝る時間では大変残念な人生だと思いますね。... fb.me/6aUzz2Lci― Mikako_HH (@Mikako_HH) 2017年5月15日 - 07:31(声)沖縄は日本の何なのだろう 朝日新聞、2017.05.15 fb.me/HiSulKDu― Mikako_HH (@Mikako_HH) 2017年5月15日 - 09:1320170515 報道するラジオ「憲法9条に自衛 [続きを読む]
  • ドイツ・ノルトライン・ヴェストファーレン州議会選挙(2017)
  • 昨日、5月14日は、ドイツで最も人口の多いノルトライン・ヴェストファーレン州の州議会選挙でした。ドイツ有権者の5人に1人(1310万人)がこの州に住んでいることになるため、「小さな連邦議会選挙」とも言われ、その注目度は先週のシュレスヴィヒ・ホルシュタイン州の比ではなりません。ここでの結果が実際にどれだけ9月に控えた連邦議会選挙に反映されるかについては意見が分かれるところです。政治家たちはどちらかと言うと「州 [続きを読む]
  • 5月11日(木)のつぶやき
  • Lebensgefährliche Antibiotika! fb.me/1StBK6E1u― Mikako_HH (@Mikako_HH) 2017年5月11日 - 02:41Die Deutsche Bank finanziert die Brandrodung der letzten Urwälder Indonesiens für Palmöl!... fb.me/6N2mYguLJ― Mikako_HH (@Mikako_HH) 2017年5月11日 - 02:49スペイン・アンダルシア旅行記(2):セビリア fb.me/5mNfF44I9― Mikako_HH (@Mikako_HH) 2017年5月11日 - 07:33マヤカシの人手不足と完全雇用 なぜ賃金は上 [続きを読む]
  • スペイン・アンダルシア旅行記(2):セビリア
  • 少し間が空いてしまいましたが、スペイン・アンダルシア旅行記の続編です。前回は日程、ホテル、食べ物について報告しました。今回は観光スポット等について。その前にアンダルシア地域の歴史概略をまとめておきたいと思います。歴史的蘊蓄を長々書くつもりはありませんが、概略くらいは知っておいた方が観光スポットとなっているものの位置づけや意味が理解しやすいかと思います。世の中には取りあえず有名な観光スポットに行って [続きを読む]
  • 5月9日(火)のつぶやき
  • ドイツ:シュレスヴィヒ・ホルシュタイン州議会選挙(2017) fb.me/50HNyEOUQ― Mikako_HH (@Mikako_HH) 2017年5月9日 - 01:42書評:奥田英朗著、『マドンナ』(講談社文庫) fb.me/3xLr1CQRY― Mikako_HH (@Mikako_HH) 2017年5月9日 - 02:32「正直すぎる発言」で身を滅ぼす残念な人たちなぜ失言は繰り返されるのか 東洋経済オンライン、2017.05.08... fb.me/IPFSgSqO― Mikako_HH (@Mikako_HH) 2017年5月9日 - 08:07社会人になった [続きを読む]
  • 5月8日(月)のつぶやき
  • マクロンが勝利、というかルペンが敗北したのは、とりあえずよかった。今後後ろ楯のないと言われるマクロン新大統領がどう内政をまとめていくのかまずはお手並み拝見というところですね。― Mikako_HH (@Mikako_HH) 2017年5月8日 - 03:31今日はフランスだけでなく、ドイツ北端のシュレスヴィヒ=ホルシュタイン州の州議会選挙があった。メルケルがやっぱりいいと思われてるのが証明されたような結果。... fb.me/151FVvPy9― Mikako_ [続きを読む]
  • 書評:奥田英朗著、『マドンナ』(講談社文庫)
  • この『マドンナ』(初版2005年、電子書籍版2014年発行)は何と言うか「おじさんの小説」です。表題作他「ダンス」、「総務は女房」、「ボス」、「パティオ」の短編5編が収録されてますが、どれも40代の中間管理職男性が主人公で、「マドンナ」は若い女性部下に懸想する話、「ダンス」はダンサーになるという息子の将来に悩む話、「総務は女房」は暇と言われる総務課に休憩がてら配属されて、そこにはびこる悪を見逃すか否か悩む話 [続きを読む]