駿台国際教育センター さん プロフィール

  •  
駿台国際教育センターさん: SUNDAI RETURNEE CLUBlog
ハンドル名駿台国際教育センター さん
ブログタイトルSUNDAI RETURNEE CLUBlog
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/sundai-returnee-club
サイト紹介文帰国生入試のトップブランド・・・駿台国際教育センターの公式ブログです。
自由文この「Sundai Returnee Club ブログページ(CluBlog)」は、帰国生入試のトップブランドである駿台国際教育センター(Sundai Center for International Education)の雰囲気や指導方針をお知らせするために開設致しました。少しでも皆さんにお伝えできれば幸いです。

これから受験を考える人にとっても有意義なブログを目指していきますので、よろしくお願いいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供423回 / 365日(平均8.1回/週) - 参加 2015/09/30 09:51

駿台国際教育センター さんのブログ記事

  • 早稲田大帰国生入試要項公開
  • 会員制サイトBirdsでは既にお知らせしておりますが、早稲田大学帰国生入試の入試要項が公開されています。早稲田大学のページ2018年度より、学科試験「英語」は全面廃止となり、代わりに外部試験の成績提出が求められます。受験期間、送付方法にご注意ください。例年、多くの帰国生にとって初めての大学入試が早稲田大学帰国生入試となります。2018年度は9月2日(土)実施です。気付けば、4月も下旬に入り、大学受験本科コース開講 [続きを読む]
  • ゴールデンウィーク
  • 日本では今週末からゴールウィークとなります。今年は企業によっては9連休となるところもあるようです。国際線の空港は4月29日が出国、5月7日が入国のピークと発表されています。さて、ゴールデンウィーク中ですが、駿台国際教育センターは下記の通りの業務取り扱いとなります。4/29(土・祝日・昭和の日):休館日4/30(日):小中高帰国クラスのみ運営5/ 1(月):通常通り5/ 2(火):通常通り5/ 3(水・祝日・憲法記念日) [続きを読む]
  • 合格体験談【個別指導編】
  • 2016年度より大学受験本科理系コースのオプションとして、個別指導ゼミを導入しています。この個別指導は、通常授業とは別に駿台予備学校で定評のある『個別指導ゼミ』をオプションとして導入、指導する講師は駿台予備学校出身の東大・東工大・東京医科歯科大・医学部等の現役の大学院生や大学生が1対1で親切丁寧な指導を行います。講師採用には、厳しい学科試験や模擬授業、そして面接を経て、講師として採用します。そのため、 [続きを読む]
  • 夏期準備講座 僅少講座のお知らせVol.2
  • 多くの方にお申込いただきまして、誠にありがとうございます。4/20現在以下の講座が僅少となっています。7/03〜7/07 帰国生の小論文Ⅲターム7/10〜7/14 帰国生の小論文Ⅳターム なお、帰国生の小論文講座は全タームに設置しており、授業内容は全タームとも同一となります。例年締切になります人気講座ですので、これから受講をお考えの方は、上記講座が締め切りの際は、他の期間での受講をお考え頂ければと存じます。また、帰国 [続きを読む]
  • SUNDAI GLOBAL CLUB新教室、本日より開講!
  • 4月22日(土)より、SUNDAI GLOBAL CLUBの新規教室が開講されました。場所は、駿台予備学校8号館の隣になります。少人数クラス制授業やプライベートレッスンにより、各受講生のウィークポイントを究明し、どのようにしたら英語力はアップできるのか、経験豊富な講師たちが一緒に分析して、的確なアドバイスの元、授業を重ねていきます。そのため、より一層集中できる環境でレッスンを受けて頂くために、今回の新教室を開設しました [続きを読む]
  • 海外での学びの集大成
  • 4月も下旬に差し掛かり、5月〜6月に卒業される帰国生のみなさんの多くは、最終試験の準備に忙しくしていることでしょう。最終試験が終われば、息をつく暇もなく帰国入試に向けての準備に取り掛からなくてはなりません。せっかく大きな試験が終わったのに、すぐに次のステップに向けての準備がやってきてしまいますね。先のことを考えると気が重くなってしまうこともあるでしょう。ですから、まずは目の前にある最終試験を「海外で [続きを読む]
  • 夏期入試情報セミナー・夏期講習 
  • 夏休みの期間を利用して帰国子女のみなさんに向けた夏期講習、夏期入試情報セミナーを開催いたします。7月30日(日)の帰国生入試情報セミナーでは、2017帰国生中学入試・高校入試の情報や、受験スケジュールの組み立て方、受験校の絞り込み方などについてお話しいたします。また、同時に学生の方に向けた実力判定テストを行います。個別面談もお受けしております。お申込みは、下記フォームを活用ください。htttp://www.sun [続きを読む]
  • 2019年度立教大入試変更点
  • 2019年度立教大学帰国生入試の変更点が発表されています。立教大学のページ立教大学帰国生入試では、2017年度入試より英語能力試験の成績提出が求められるようになりました。加えて、2019年度入試からは成績の基準点が設けられます。基準点を満たさない場合、出願ができませんので、ご受験をご検討される場合はご注意ください。多くの帰国生が受験するTOEFL iBTであれば、トータルスコア42点以上で出願可能となります。出願資格と [続きを読む]
  • 現地での再確認
  • 6月に卒業される方は帰国まであと2か月ほどとなり現地での統一試験や最終試験、TOEFL等語学試験と忙しくなっていることでしょう。残すところあと数か月の滞在になるわけですが、現在住んでいる国・街の産業・風景・学校生活・日本との違いを言えますか?帰国入試においては「志望理由書」や「面接試験」でこれらを聞かれることが多くなります。もし何も思い浮かばないなら帰国前にしっかりと見て確認しておきましょう。その [続きを読む]
  • 現地で最低限やっておいてほしいこと!(理系科目;生物編)
  • 今回で最終回となります。第4弾生物編になります。以下講師からのアドバイスです。基礎的な生物の知識を万遍なくつけておくこと。※日本の高校の教科書の内容。各国ごとのカリキュラムの違いにより、未習分野が非常に多く、毎年学習した分野にバラつきがあります。 出来れば、日本のカリキュラムに合わせた分野の基礎知識は、『日本語で』マスターしておくことが必要です。また、教科書の内容の確認のために、図表集(カラー版)を [続きを読む]
  • TOEFL iBTテスト対策オススメ教材
  • 新年度に入り、続々とTOEFLプライベートレッスンのお申し込みが増えています。本日、日本でTOEFL iBTのテスト運営を行っているCIEE様より、2,017年7月〜12月のテスト日程を表示してあるポスターを頂きました。2〜3か月ぐらい前からテストの予約をし、そのテスト日に向けてやるべきことを逆算していきましょう! そこで今日は勉強する上で大切な、TOEFL教材をご紹介します。TOEFL iBTは他のテストと違い、すべてパソコン [続きを読む]
  • 受験校選定と出願書類準備
  • 帰国生も多く受験する、早稲田政治経済学部のグローバル入試の募集要項がすでに公開されています。今後は早慶の帰国生入試の募集要項が公開される予定で、入試の準備、特に書類の作成依頼等に着手している方も少なからずいらっしゃるようです。学校によっては、4月のこの時期の段階で受験校選定をして、書類の作成準備をしなくてはいけないようです。そのため、こちら駿台国際にも、受験校選定についてのお問い合わせが増えていま [続きを読む]
  • 夏期講習日程発表!
  • お申込みは5月初旬からとなりますが、夏をどう過ごすか、受験生は今から予定をたてておきましょう。夏期講習の詳細はこちらからどうぞ。受験を控えた小6・中3帰国生を対象にした集団講習は以下の日程で行う予定です。 ※Ⅲタームは受験学年に加えて、小5・中2を対象とした帰国生受験英語特訓を行います。Ⅰターム(受験総合対策) 7月21日(木)〜7月23日(日) 7月25日(火)〜7月29日(土)Ⅱターム(インター生、現地校生 [続きを読む]
  • 関西学院大学 帰国生入試注意事項
  •  昨日に引き続き、大学入試についての最新情報をご案内します。会員制WEBサイト「Birds」ではお知らせしましたが、関西学院大学より、帰国生入試に関する注意事項が公開されました。関西学院大学 昨年度、関西学院大学の帰国生入試では推薦状が提出不要となりましたが、2018年度帰国生入試において商学部志望者のみ「出身学校の学校長や担当教員の照会状」の提出が必須となります。照会状は指定書式となり、既に上記ページにて公 [続きを読む]
  • 早稲田大政経グローバル入試要項公開
  • Birdsではお知らせしましたが、早稲田大学政治経済学部グローバル入試の入試要項が公開されましたので、ブログでもご案内いたします。早稲田大学のページ昨年同様、早稲田大学帰国生入試の翌日に1次試験が実施されます。早稲田大学帰国生入試では、政治経済学部の募集はありません。政治経済学部志望者はグローバル入試(AO入試)を受験する必要があります。出願に際し、TOEFL iBT、IELTS、TOEICいずれかのスコア提出が必須となり [続きを読む]
  • 現地校入学英語準備講座開講!!
  • 本日より海外の中学・高校へ進学へする方向けの「現地校入学 英語準備コース(Daily)」が開講しました。海外で日本人生徒が口をそろえて言うのは「日本で勉強した英語が通じない。」ということ。現地でスムーズに学校生活をスタートできるよう準備するのがこの講座です。英語の基礎構築、英語の授業の受け方、数学やプレゼンテーションのスキルをこの講座で身に付け留学先での学校生活の充実を図ります。「現地校入学 英語準備コ [続きを読む]
  • 夏期準備講座 僅少講座のお知らせ
  • 多くの方にお申込いただきまして、誠にありがとうございます。4/9現在以下の講座が僅少となっています。7/3〜7/7 帰国生の小論文IIIタームなお、帰国生の小論文講座は全タームに設置しており、授業内容は全タームとも同一となります。例年締切になります人気講座ですので、これから受講をお考えの方は、上記講座が締め切りの際は、他の期間での受講をお考え頂ければと存じます。また、帰国生の小論文講座同様に複数タームに設置が [続きを読む]
  • 現地で最低限やっておいてほしいこと!(理系科目;化学編)
  • 今回は、第3弾化学編となります。以下、講師からのアドバイスです。現地で必ずやってほしいことは2つです。①計算は、なるべく計算機を使わないこと!※日本の入試は、計算機を一切使わず手計算のみ。 普段から手計算に慣れていないと、受験の際に時間が足りずに、 全然解けなかったということや焦ってつまらないケアレスミスをして、 得点を失うことになります。②元素記号、代表的な化合物の化学式は、必ず覚える。 [続きを読む]
  • 『帰国生大学進学講演会・東京会場(春期)』開催!
  • 本日、『帰国生大学進学講演会・東京会場(春期)』を駿台国際教育センターにて実施しました。多くの方々のご参加をいただき、今年も好評にて、無事終了となりました。誠にありがとうございました。昨年の冬期講演会に引き続き、今回の講演会も、理系志望者の方が多く、特に医学部志望の方も多くご参加いただき、また講演会後の個別質問は例年以上に多くの方よりご質問いただき、駿台に対する期待の大きさを感じました。今回ご参加 [続きを読む]
  • 現地校入学英語準備コース、いよいよ始動!
  • 4月10日(月)から現地校入学英語準備コースのDailyがスタートします。今週月曜日にオリエンテーションを行い、全員の自己紹介+このコースの注意事項、プレイスメントテスト、保護者面談を実施しました。ネイティブの先生達も集結して英語で挨拶と意気込みを話して頂きました。そして、講師兼カリキュラムコーディネーターのJasonさんにこのコースの特徴と目的を話して頂きました。10代半ばで長期留学するということは、非常にチャ [続きを読む]
  • 帰国生大学入試講演会 4/8(土)東京にて開催!
  • 先月のオセアニア地区に引き続き、明日4/8(土)に、東京・お茶の水の駿台国際教育センターにて帰国生大学入試講演会を実施いたします。3月の国立大入試結果を踏まえた帰国生大学入試の最新動向、現地にいる間に準備しておきたい事柄などについて、2時間たっぷりとお話しいたします。また、ご参加いただいた方全員に、「アドバイスブック①&②」を進呈いたします。講演会後は、大学受験専門のカウンセラーが個別相談にも対応いた [続きを読む]
  • 南半球からの中学・高校入試
  • 駿台国際教育センターでは、南半球にお住いの小中学生、日本と長期休みの期間が異なる小中学生に向けて、「南半球特別入試対策コース」をご用意しています。一時帰国の時期に合わせて日本の塾に通おうとしても、休みの期間が合わず季節講習に参加できないというお悩みを多くうかがいます。「南半球特別入試対策コース」では、それぞれのお休みの期間を利用して、季節講習の内容を取り扱ったり、苦手科目のフォローアップを行ったり [続きを読む]
  • 2017合格者の声 (一橋大学商学部編)
  • 2017年度帰国生入試を終えた駿台生より、合格体験記が続々と届いています。本日のブログでは、合格した帰国生から後輩へ向けたアドバイスをご紹介します。■合格者の声 ・Yさん(一橋大学商学部 合格)小論文は、最後の最後まで諦めずに書ききってください!面接はとっても緊張しましたが、面接官が優しかったのと、駿台での模擬面接で練習したことと似たことを聞かれたので、落ち着いて臨むことができました。特に一次試験後の [続きを読む]
  • 慶應大推薦状リリース
  • 既にBirdsやメールマガジンではお知らせしておりますが、慶應義塾大学帰国生入試の推薦状の書式が公開されています。慶應義塾大学のページ今夏の入試のためには、この書式を用いて推薦状を作成する必要があります。慶應義塾大学帰国生入試では併願が可能となり、受験する学部毎に推薦状が求められます。早めに先生に依頼をし、スムーズな出願準備を心掛けましょう。「まだどの学部を受けるか迷っている・・・」という方も、受ける [続きを読む]