ヤマセミ さん プロフィール

  •  
ヤマセミさん: 野鳥観察のための気になる知識
ハンドル名ヤマセミ さん
ブログタイトル野鳥観察のための気になる知識
ブログURLhttp://ameblo.jp/wild-bird-jp/
サイト紹介文野鳥が好きで野山を散歩したりして観察しております。
自由文日本国内では約350種ほどの野鳥が生息しており、運が良ければ見ることができます。地域と季節により見ることができる野鳥は異なります。身近な家の周囲では、シジュウカラ・ムクドリ・メジロ・ヒヨドリなどが見れると思います。四季を通じてあらゆる場所で野鳥を観察してみましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/10/01 07:58

ヤマセミ さんのブログ記事

  • ヤイロチョウ
  • ヤイロチョウは、見たことある人ならわかると思いますが、体の色彩がとても綺麗で、皆がみたい憧れの鳥です。全体的に個体数がすくなくあんまりみれない貴重な鳥です。私は、一度、見たことがありますが、まるで虹色の鳥という感じがしました。樹木がたくさんあるような場所の落ち葉の上を飛び跳ねながら、昆虫やミミズを探して食べております。時には、木の実も食べるみたいですよ。繁殖期になると縄張りを持つので、雄は高い木 [続きを読む]
  • アオジ
  • アオジは、山地にいくと見ることができます。体の大きさは、雀くらいの大きさで、体の下面をみると黄色くなっております。この鳥に、あんまり近づくと頭の羽毛を立てて周囲を警戒し、やがて、ヤブがあるような場所に逃げ込んでしまいます。撮影する場合は、距離をおいて、望遠レンズをしようして撮影した方が綺麗に撮れます。繁殖期になると雄は、高い木の枝にとまって鳴くので、そのころがシャッターチャンスかと思います。チョッ [続きを読む]
  • アオジ
  • アオジは、雀くらいの大きさになっております。アオジは、ヤブがある場所にいますので、ヤブがあるような所を探せば、地上を小きざみに跳ね歩いて草の実などを食べております。しかし、警戒心が強いので、人が近づくと、頭の羽毛を立てて周囲を警戒し、何かあるとすぐにヤブに逃げ込みます。あまり近づかないように双眼鏡で観察する方が良いと思います。雄は、繁殖期になると木の上の方にとまって、さえずります。つがいで縄張り [続きを読む]
  • コサギ
  • コサギは、水田にいるのを見かけることがあります。しばく遠くからみていると、ゆっくりと歩き、獲物を見つけたら素早く捕らえて食べております。水田にいる獲物なので、おそらく、カエル・ザリガニ・ドジョウなどを食べていると思います。このコサギは、鳩をひとまわり大きくしたような感じで、くちばしと脚が黒く、足指は黄色になっております。夏になると頭部に2本の長い冠羽があり、背に飾り羽があります。じっとしていると [続きを読む]
  • コアカゲラ
  • コアカゲラは、北海道の林を歩いたとに見たことがあります。枯れ木が多くある落葉広葉林がある場所なら、たいがい見かけることができると思います。この鳥の行動をよくみていると、木の幹部より、小枝や葉の周囲で採食していることが多いです。また、ツタや枯れ草の茎もつつき、昆虫の幼虫やクモやアリなどを捕らえて食べております。鳴き声は、キョッキョッキョッと鳴き、とても可愛い鳥です。 [続きを読む]
  • ホオアカ
  • ホオアカは、雀くらいの大きさで、頬が赤くなっているので、すぐにわかるかと思います。この鳥は、低い草原を好むので、そういった場所を探せばみつけることができます。繁殖期になると草原にある木の上にとまって、さえずります。昆虫などを捕らえて食べておりますが、秋にはイネ科の草の実も食べております。雀と同じくらいの大きさで、体色も雀のように茶色に黒い縦斑があります。鳴き声は、チョッチチチロチッと鳴いておりま [続きを読む]
  • ササゴイ
  • ササゴイは、尖ったくちばしが特徴的でこれを使って魚を突き刺しております。湖沼に棲息し、水辺で魚やカエルを待ち伏せ、獲物がくると急に首を伸ばして、くちばしで突き刺して捕食します。ほかのサギ類と混合コロニーは作らず、1本の木に1つがいか小集団で巣を作って棲息おります。巣は、木の枝を積み重ね、皿形の巣を作ります。くちばしは尖っており、翼が黒っぽいです。普段は猫背ぎみで歩いております。全体的に黒と灰色の [続きを読む]
  • オオアカゲラ
  • オオアカゲラは、北海道にいったときに見たことがあり、大きさはカラスより少し小さくしたような感じでした。朽ちた巨木にとまって、コツコツコツと大きな音をだしてつついておりました。観察していると、枯れ木に渡りながら、くちばしで木をほじくり返し、昆虫の幼虫やアリなどを食べておりました。この鳥の、背面の白い横斑と脇腹の黒い縦斑は目立ちます。なんとも大きいキツツキなのでいつどみたら印象に残ると思いますよ。 [続きを読む]
  • ホオジロ
  • ホオジロは、なんとなく雀にも似ている野鳥で、川原にいくとよくみかけます。春になると、雄が木のてっぺんにとまって鳴いております。この鳴き声は有名で、私は、小さい頃から、おじいちゃんに、あの鳥は、「一筆啓上つかまつりそうろう」と鳴いているといわれました。そうに言われると、そうに鳴いているように聞こえたものです。雀くらいの大きさで、体の模様もなんとなく似ております。 [続きを読む]
  • ゴイサギ
  • ゴイサギは、カラスの雰囲気をもっており、腹は白く、翼と尾は灰色になっております。木にとまっている姿を見ていると猫背みたいな感じでじっとしております。この鳥は、夜行性で、明るい昼間は、水辺の林で眠り、暗くなってくるとでてきて、カエルや魚などを捕らえて食べております。カラスくらいの大きさなので、この鳥が集団でいると怖いような気がいたします。鳴き声は、グアーグアーと鳴いております。 [続きを読む]
  • アカゲラ
  • アカゲラは、山歩きをしているときに木を叩いている音がしたので、そちらを見てみると大きな木にくっついているのを見たことがあります。黒と白の模様でお腹はちょっとオレンジ色のように見えましたが、とても可愛いキツツキです。くちばしで、樹皮をつつき、中にいる昆虫や幼虫を食べています。尾羽は、くさび形になっており、木の幹に平行にとまるときに体を支える働きをしております。鳴き声は、キョッキョッキョッと鳴いてお [続きを読む]
  • メジロ
  • メジロは、近年、かなり増えてきて、桜の木にとまって花蜜を食べているのをよくみます。木の実や柿の実などもよく食べている時もあります。体は、綺麗な緑色をしていて、目の回りが白くなっているのでメジロといわれております。鳴き声もとても可愛く、チーと鳴きながら木の枝をあっちこっちにいっている姿はすごく可愛い。繁殖期になるとつがいで縄張りをもち、木の枝に枯れ草を使って巣を作っております。メジロの行動は、だい [続きを読む]
  • サンカノゴイ
  • サンカノゴイは、湖沼周辺のアシ原をよくみていると見つけることができます。しかし、警戒心が強いので開けた場所にはあんまりでてこないので、いそうな場所を探しておいて双眼鏡などでじっとみていると姿を現します。昆虫・両生類・ヘビなどを探して捕まえて食べております。大きさは、鳩の3倍くらいはあり、ずんぐりした体で動いております。首の側面に小横斑、翼に複雑な斑があります。とても綺麗な大きな鳥ですが、見つける [続きを読む]
  • クマゲラ
  • クマゲラは、全身が黒で、頭の上の方が赤く、めったに見ることができない貴重なとりです。キツツキの中では最大になっております。私は、東北にいったときに知人とバードウォッチングにでかけたときに、このクマゲラが木にとまっているのを見たことがあります。木をコツコツ叩きながら昆虫や幼虫を探して食べております。たまに、樹液にたくさんいるアリなども捕らえて食べる習性があるみたいです。この鳥を見つけたときは、気が [続きを読む]
  • シジュウカラ
  • シジュウカラは、梅の木や桜の木をみていると、どこからかやってきて、ツーピー、ツツピーなどと可愛い声で鳴いております。大きさは雀くらいになりますが、胸は白と黒で、翼は青っぽくなっており、上の方には綺麗な濃い緑がきらきらと光っているようにも見えます。きまった時間に自分たちの縄張りの場所を飛び回り、昆虫やクモなどを捕らえて食べております。シジュウカラは、円柱形の場所を探して巣を作ることがおおく、巣の姿 [続きを読む]
  • リュウキュウヨシゴイ
  • リュウキュウヨシゴイは、あんまり見ることのできないとても貴重な鳥です。昔、小笠原諸島に何日か滞在したときに偶然見かけたことがあります。アシ原をくまなくみていると、そのなかに茶色の鳥で、首を長くしてこちらを見て警戒している鳥がリュウキュウヨシゴイでした。そのまま、みていると、ゆっくりとあるきはじめ、昆虫やカエルなどを探して食べているようでした。この鳥は、背面が赤褐色で、風切羽は黒くはなかったです。 [続きを読む]
  • ノグチゲラ
  • この鳥は、昔は、見ることができたのですが、今は、みることすらできなくなっている、とても貴重な鳥です。私が、この鳥を見たのは、だいぶ昔で、沖縄の山奥にいったときに偶然見かけました。体の色は、赤褐色になっており、翼の部分が黒く、白い斑点が少しありました。大きな巨木をコツコツと音をたててつついており、中にいる昆虫や幼虫を捕らえて食べているようでした。もう一度みたいと思いますが、沖縄の山奥なので機会があ [続きを読む]
  • マキノセンニュウ
  • マキノセンニュウは、夏になると草原に飛来して、まるで虫のように可愛く鳴いております。私がこの鳥を見たのは、長野県の菅平に行ったときで、大きさは雀より小さかった感じがいたします。草原の草の中を動き回り、昆虫などを捕らえて食べておりました。しばらく観察していると雄は、上空に舞い上がってディスプレイ飛翔をしておりました。体の色は、緑色で、鳴き声は、チリチリチリと鳴いておりました。菅平にいったときには、 [続きを読む]
  • オオヨシゴイ
  • オオヨシゴイは、夏に北海道にいくと、よくみかけた鳥ですが、最近ではめったにみられなくなった野鳥です。普通のヨシゴイと同じに、アシなどがおおいしげる湿地帯に棲息し、その場にいる昆虫などをみつけて捕らえて食べております。全体をすーっと曲げて猫背の姿勢になったり、何か気配を感じると、首をすーっと伸ばして周囲の状況を確認しております。この首を伸ばしている姿が、なんとも美しいですね。ヨシゴイと違うところは [続きを読む]
  • ヤマゲラ
  • ヤマゲラは、なかなか見ることができない野鳥ですが、北海道の山奥に行くと目にすることができます。木を飛び回り、くちばしで朽ち木をつついて、長い舌を使って樹皮のすきまにいる昆虫を捕まえて食べております。また、シロアリも好物なので、シロアリを見つけるとくちばしでつついて長い舌をつかって食べております。繁殖期になると、くちばしを激しくつつくので、どこにいるかわかります。秋には木の実も食べるので、食べてい [続きを読む]
  • シマセンニュウ
  • シマセンニュウは、夏になると草原に飛来してきます。この鳥をみつけるのは難しく、草むらに潜んでいて、なかなか鳴かないため見つけるのには苦労します。しかし、繁殖期になると枯れ草にとまって鳴いたり、空に舞い上がってディスプレイ飛翔したりします。この時を狙ってバードウォッチングをすると良いかと思います。草原の草むらを素早く動き回り昆虫を捕まえて食べております。鳴き声は、ジ゙ジチョビチョビという感じで鳴いて [続きを読む]
  • ヨシゴイ
  • ヨシゴイは、夏頃に湿地帯のアシがたくさん生えている場所でみたことありますが、アシの奥でじっと獲物を待ち伏せて、獲物を見つけると素早く捕らえております。捕らえている物を観察していると魚やカエルを食べているようでした。この鳥は、足指で茎をつかんでうまく歩いたり浮草の上を歩くことができます。繁殖期になると巣を作りますが、アシの茎葉を折り曲げて作ります。くちばしが橙黄色で脚は黄色になっております。首を縮 [続きを読む]
  • アオゲラ
  • アオゲラは、山奥にバードウォッチングにいくと、コツコツコツと木を叩いているのですぐにみつけることができます。アオゲラは、頭が赤く黄緑色の体をしております。コツコツコツと木を叩き、昆虫や幼虫をみつけると捕まえて食べております。木の実も食べるので秋になると柿の木にとまって熟した柿を食べております。また、この鳥は舌も長いので、狭い場所にいる昆虫などを舌を使って捕まえて食べております。1年中見られるので、 [続きを読む]
  • コヨシキリ
  • コヨシキリは、すずめをちょっと小さくした大きさで春になると草の高い場所にとまって鳴いております。山登りなどにいったときに高山の草原をよく探すとこの鳥をみることができます。草むらや飛んでいる昆虫を捕らえて食べております。とても美しく鳴くのでいつまでも聞いていたいような声です。鳴き声は、チリリチカッチキョッキリリというような感じで聞こえました。 [続きを読む]
  • カワウ
  • カワウは、集団で繁殖する水鳥です。水中で魚を捕らえて、水面にでてから魚を食べております。この鳥は一年中繁殖しているので、数が増えるときはものすごい数になります。ひなには口移しで吐き出した魚を与えております。飛び立つときは、水面を助走して飛び立ちます。群れでいることが多いのですぐにわかるかと思います。 [続きを読む]