napualani さん プロフィール

  •  
napualaniさん: 我が家は天才を飼っている
ハンドル名napualani さん
ブログタイトル我が家は天才を飼っている
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/napualanijp/
サイト紹介文ぶっ飛んだ子供を育てる母の苦労と葛藤、楽しみや学びについて綴っています。
自由文小さい頃から、ぶっ飛んだ行動を連発してくる息子に翻弄されつつも、自分は天才を育ててるんだと自分に言い聞かせ、日々の子育てを楽しもうと務めている母親の記録です。
失敗だらけの子育てですが、同じように難しい子供を抱えるお母さん達に、自分だけじゃないんだと、少しでも勇気を持てるきっかけになってくれることを願って更新しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供137回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2015/10/01 22:25

napualani さんのブログ記事

  • 突然の登校
  • 昨日突然学校に行った息子。いつぶりだ?みんながいる時間に学校に行くのは久々すぎて、いつぶりか思い出せない。ま、多分きっかけは妹が春から幼稚園を登園拒否していて、私たち親が大変なのを見て気を遣った。「僕、別にもう学校行っても平気だよ〜」とか言い出して。「いや、別に無理して行かなくてもいいけど」って答えたら、「あのねー、ママ。今回は今までとは違うんだ。無理して行くんじゃない。気分転換に行くんだ。」と [続きを読む]
  • 揺れまくりの私
  • 春から登園拒否してる娘。最近は毎日、大泣きしながら幼稚園に行っている。ようやく少し慣れてきたかと思ったのに、昨日はまた絶対行かないと意思は固く。「じゃ、森に鳥さん探しに行かない?」と誘ってみると、暗かった娘の顔がパッと明るくなり、目が輝いた。幼稚園は昼から行くという約束で、近くにある森へ出発。森には気持ちのいいそよ風が吹いていて、鳥のさえずりがあちらこちらから聞こえてくる。鳥さんを見つけては、図 [続きを読む]
  • 選択と責任
  • 春から年長になった娘の登園イヤイヤバトルが日々繰り広げられる中、娘や幼稚園とのやり取りにも疲れきった私は、そこへもって息子の学校とのやり取りまでするパワーが残っておらず、学校に行ってない息子に、自分で放課後、集金のお金を届けてくれない?と投げてみた。これまた春から担任の先生とのコンタクトを全面拒否している息子に、ありえない投げかけだった訳だけど(笑)、私が疲れきってるのを見て知ってる息子は、「え〜 [続きを読む]
  • 母が頑張りを手放した先に起きた事
  • 毎月、素敵なカウンセラーさんからカウンセリングを受けていて、毎回ほんとに新しい気づきがあってとても楽しいです。そして、前回のカウンセリングでも色んな事がわかり、スッキリしたのですが、それとは裏腹に身体に違和感を感じて帰ってきました。魂が身体から抜けたみたいな感覚。身体が気持ちについて来ず、置いてきぼりになってるような、だるくて、初めて味わう変な感覚でした。そしたら次の日の朝、仕事に行こうと思った [続きを読む]
  • 寝る時間が惜しい息子
  • 「ねぇママ、人間ってさー、人生の1/3は寝てるんだよ!勿体無くない?僕、そんなに寝たくないよ〜」学校に行ってない息子がこんな事を言うから驚く。だって、時間が死ぬ程あって好きな事を好きなだけやる時間があるのに、それでも時間が足りないなんて。それ程までに打ち込めるモノを持っている彼は幸せだなぁと思う。彼が打ち込んでいるモノの技術的なレベルは大した事ないかもしれないけれど、好きな事をとことんやり続けられ [続きを読む]
  • モヤモヤした気持ち
  • モヤモヤした気持ちがここ一週間ずっと消えなかった息子。「僕の気持ちを例えるとねー、台風でゴミ袋が飛ばされたんだけど、電柱に引っかかってずっとそこにあるって感じ。」なんか分かるわ〜その感じ(笑)早く風で飛ばされていってくれよずっとそこに引っかかって風になびいてると気になって仕方ないんだよ絶対そう思うもん(笑)。そしてねー、なんとかそのゴミ袋が視界から消えるように必死こいて何かするよね。でもね…ふと思っ [続きを読む]
  • 幼稚園ボイコット中
  • 最近、5歳の娘が幼稚園ボイコット中でして…まぁ、お兄ちゃんが学校行ってないからいつか娘も「行かない〜」って言ってくる日が来るだろうとは思ってましたが…早くないっ??まだ幼稚園ですし…でも、めちゃくちゃ意思が固くて必死であれこれ説得してもテコでも動かない??もともとものすご〜く怖がりで 未来への不安と過去のトラウマにめちゃくちゃ支配されやすいタイプなのですが…。そんな娘が、毎日こんな質問を投げ [続きを読む]
  • 勇気を出して伝えて良かった
  • 前回の記事の続きになりますが、悩んで悩んで悩んだ末に自分の思いを相手にメールで伝えた息子。納得がいってない悔しいんだ悲しいんだそういう思いを相手に伝える事は、息子にとっての大きな大きな一歩でした。それに対するハッキリとした返答がないまま2日が経ち、息子はモヤモヤした気持ちを抱えたまま(伝えなかったらもっとモヤモヤしてたでしょうが)、新たな作品作りに没頭する事で、なんとかその事を忘れようとしている息子 [続きを読む]
  • マイクラ養成塾3日目
  • マイクラ養成塾3日目は今回みんなで集まる最終日でした。全国各地からメンバーが集まっているので、これからはオンライン上で繋がり、チームとして活動していくことになります。3日目のスケジュールはROCKETディレクター中邑教授からの心のプログラムと、これから活動するための役割分担の発表でした。そこで息子にまさかの試練が…どうやら息子には、チーム内でのはっきりとした役割が与えられなかったみたいなのです。今はもっ [続きを読む]
  • マイクラ養成塾2日目
  • マイクラ養成塾2日目は、東大先端研の教室で、朝から夕方までみっちりお勉強だった様子。建築のプロから受ける建築についての講義、建築に必要な数学の勉強など 。めちゃくちゃ難しくて頭の中がGAME OVERになってたらしい。息子の頭に残ったことは、「地震には三角の建物が一番強い」だそう。ま、いっか…一つでも学べたなら。今日学んだことが、いつか何かの時に思い出せたらいいな…と願います。普段はほぼ一日中PCの前に座って [続きを読む]
  • ROCKET マイクラ養成塾 1日目
  • ついに息子が待ちに待っていた東大異才発掘プロジェクトROCKETの「SIGマインクラフト」プログラムがスタートしました。第一日目の開校式は、応募する時にみんなが作った六本木ヒルズ森ビルの最上階で行われました。2カ月前に下見に行き、途方に暮れて気分が悪くなった場所。今回はなんとも清々しい気分で足を踏み入れる事ができました。集まった子ども達は20人。学校に行ってない子や、行ってるけど馴染めない子がほとんど。みん [続きを読む]
  • 新学期という節目
  • 新学期というのは、学校に行ってない息子にとってどういうものなんだろう。新学期(特に新学年)が始まる数日前から、息子は荒れていた。「あ〜あ、学校始まっちゃうよ〜」と何度も言っていた。友達がみんな、また学校へ行ってしまうことが淋しいらしい。それは、春休みみたいにお友達と遊べなくなってしまうという、それだけのことではないのだと思う。大きな船にみんなが乗り込んでいく。そんな感覚なのではないかな…と想像した [続きを読む]
  • 子ども達から学んだ言葉
  • 昨日、息子の伸びきった髪を切ってもらうために、いつもの美容室を予約しました。よりによって雷のなる中??、子ども達を引き連れて美容室に行き、「こんにちは〜」と店に入ると、いつもお世話になってる店長さんが、きょっとーんとした顔で私たちを見るんですよ。そして一言。「今日って…予約してませんよね??」と。「え??予約してますけど」って張り切って答えたのですが、向こうもずっと首かしげてて、証拠を見せようと [続きを読む]
  • 6年生になる息子の気持ち
  • 4月。また新しい年度の始まり。学校に行かなくなって丸2年。 それでもやっぱりこの時期は、落ち着かない気持ちを感じている息子。この4月から6年生になる息子。昨晩は、落ち着かない気持ちでなかなか寝付けなかった。「あ〜あ、僕もついに6年生になっちゃうんだな…。嫌だな…。」そんな事を何度もつぶやきながら、ため息ばかり。「あ〜あ、学校であんなに嫌な思いしたのに、なんで行きたくなっちゃうんだろうな…やっぱりそ [続きを読む]
  • 違うからこそ輝ける
  • 昨日は息子の幼稚園の時のママ友仲間で飲み会でした。4人集まったのですが、2人の家の子どもはオールマイティーになんでもこなしてる系、あとの2人の家の子ども(うちも含む)は不器用でみんなと同じようにはできないけど、狭い興味を極める系(オタク系)。私たちから見れば、問題なく学校に通い、与えられた勉強をこなしていけるのはなんて素晴らしいのだろうと思うのですが、オールマイティになんでもこなせる子どもを育てる親とし [続きを読む]
  • 5年生最後の日
  • 今日は息子の学校の終業式でした。三学期は一度も登校することなく息子の5年生は終わりました。放課後、教室に荷物を取りに行った息子が担任の先生にこんなことを話していました。「学校来れそうな気もするんだよな〜。でも問題は、行きたいって思わない。」(笑)そこ、大切なとこね(笑)。息子の本音だよね。家に帰ってから、あらためて息子に聞いたんです。「今日学校行ってみて、ちょっとは学校行きたいなって思った?」って。そ [続きを読む]
  • 人生は冒険だ
  • 自分の好きなことって何だろう息子を見ているとそう思う。朝目覚めてから夜寝るまで大好きな建築ゲームにハマり、自分の世界をそこで作り続ける息子。学校も行かずものすごい時間があるはずなのに、それでも時間が足りない息子を見ると。夜布団に入った時に、「ヤバイっ、どうしようっ、いいアイデアが思い浮かんじゃった…早く明日の朝にならないかな。時間が100倍速で経ってほしい。」と呟く息子を見ると。普通に学校に行けてい [続きを読む]
  • 満たされたら離れていくのね
  • 息子が学校に行かなくなって、それまで以上に私への依存が強くなった気がしてた。私が仕事や用事で出かけようとすると、「ひどい」とか「行かないで」とか文句を言っては引き止めてきてた。ママ、ママの甘えん坊で。だけど最近ちょっと様子が変。時々そっけない態度をとったり、反抗的な態度をとったり、これもしや噂の反抗期???そして、昨日の朝「じゃ、行ってくるね」と私が息子にハグをして出かけようとした時、「僕は今満 [続きを読む]
  • 学校に行かなくなってからの僕
  • 息子が、学校に行かなくなってからの自分を振り返ってこんな事を言っていた。「最初はさー、絶望期だったな…その後に、どうでもいいことやってた無謀期があって、その次は、チャレンジするも挫折する期、そして勉強やってみようかな期、で、大好きなマインクラフトに出逢う。それが今。すごい冒険だったな〜ここまで来るのに二年もかかったよ…。でも、これでいいんだ。いいんだって思いたい。怖いけど、幸せ。」幸せそれが一番 [続きを読む]
  • マニアックな道で出逢った面白いこと
  • 前回の記事でマニアックな道を選んだ息子の事を書いたのですがマニアックな道を道なき道を不安を抱えながら進んでいる息子だけれどみんなと同じ高速道路ではなくマニアックな下道を走っていたからこその面白い出来事が昨日ありました。息子が何度も諦めそうになりながらマインクラフトで六本木ヒルズを作り、締め切りギリギリで応募した東大異才発掘プロジェクトROCKETの「マイクラ職人募集」という企画。東大からのメールがあり [続きを読む]
  • マニアックな道を選んだ息子
  • 学校に行かない選びをしてからもうすぐ二年が経つ息子がこんな事を言っていた。「この一年はホントに充実してたな〜。好きな事を思いっきりやって…やっぱり人生は楽しまないといけないと思うんだよ。」って。でも、その後こんな事を言った。「みんなと同じように、学校に行けてたら楽だろうな…って思う。だってそうでしょ?行ってれば、やる事が与えられて、ちょっとは間違える事はあったとしても、大きく間違える事はないと思 [続きを読む]
  • トライしたからこその成長
  • 遂にっ!完成‼? 息子が約1カ月かけてマインクラフトで作った六本木ヒルズ。本物の六本木ヒルズを見に行って、(あまりの壮大さに)こんなもん作れるか〜と気分が悪くなって帰って来た日から始まり、トライするか諦めるか葛藤の日々があり、トライする事を決めたはいいが初めての四角くない建物の建築に途方に暮れ、何度も匙を投げ途中、気が遠くなるような作業に(一つ一つ地 [続きを読む]
  • 息子の衝撃的な一言
  • 先日、11歳になった息子から衝撃的な一言が…『ママってさー、前は底辺のママだったよね』って…わたくし…耳を疑いました??。「そ、それって…ど、どーいう意味?? 最低ってこと???」と聞き返したのですが、「なんてゆーかねー、世界が狭いっていうか…」とか何とか説明する息子の言葉も頭に入ってこないほど衝撃でした。そ、そんな風に見られてたんだ…あんなにママ、ママって言ってたのに…そして息子はその発言のせいで [続きを読む]
  • 好きな事なら勝手に学ぶ
  • 息子のマインクラフトブームはいまだに続いております。何でもハマると長いのが息子。どんどんのめり込んでいきます。学校行ってないから、死ぬほど時間がありそうなものですが、毎日時間が足りないくらいマインクラフトをやっています。で、最近はマインクラフトで建築をするというだけにとどまらず、マインクラフトでRPGゲームを作ると言って張り切ってます。そんな事が果たして可能なのかどうかすら私には謎ですが、スイッチが [続きを読む]
  • 違いを受け入れる
  • 息子が週に2回通っている近所の無料塾があるのですが、そこがとっても素晴らしい居場所になっています。学校に行かなくなってから集団の場所を怖がるようになっていた息子が、初めて居心地がいいと感じた家庭以外の場所かもしれません。その塾を運営されているスタッフの女性の方と以前お話しする機会があって、彼女が塾のスタッフについて、こんな話をされていました。「スタッフにはいろんな人がいますよ。以前に、子ども(生徒) [続きを読む]