napualani さん プロフィール

  •  
napualaniさん: 我が家は天才を飼っている
ハンドル名napualani さん
ブログタイトル我が家は天才を飼っている
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/napualanijp/
サイト紹介文ぶっ飛んだ子供を育てる母の苦労と葛藤、楽しみや学びについて綴っています。
自由文小さい頃から、ぶっ飛んだ行動を連発してくる息子に翻弄されつつも、自分は天才を育ててるんだと自分に言い聞かせ、日々の子育てを楽しもうと務めている母親の記録です。
失敗だらけの子育てですが、同じように難しい子供を抱えるお母さん達に、自分だけじゃないんだと、少しでも勇気を持てるきっかけになってくれることを願って更新しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供163回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2015/10/01 22:25

napualani さんのブログ記事

  • 5年生最後の日
  • 今日は息子の学校の終業式でした。三学期は一度も登校することなく息子の5年生は終わりました。放課後、教室に荷物を取りに行った息子が担任の先生にこんなことを話していました。「学校来れそうな気もするんだよな〜。でも問題は、行きたいって思わない。」(笑)そこ、大切なとこね(笑)。息子の本音だよね。家に帰ってから、あらためて息子に聞いたんです。「今日学校行ってみて、ちょっとは学校行きたいなって思った?」って。そ [続きを読む]
  • 人生は冒険だ
  • 自分の好きなことって何だろう息子を見ているとそう思う。朝目覚めてから夜寝るまで大好きな建築ゲームにハマり、自分の世界をそこで作り続ける息子。学校も行かずものすごい時間があるはずなのに、それでも時間が足りない息子を見ると。夜布団に入った時に、「ヤバイっ、どうしようっ、いいアイデアが思い浮かんじゃった…早く明日の朝にならないかな。時間が100倍速で経ってほしい。」と呟く息子を見ると。普通に学校に行けてい [続きを読む]
  • 満たされたら離れていくのね
  • 息子が学校に行かなくなって、それまで以上に私への依存が強くなった気がしてた。私が仕事や用事で出かけようとすると、「ひどい」とか「行かないで」とか文句を言っては引き止めてきてた。ママ、ママの甘えん坊で。だけど最近ちょっと様子が変。時々そっけない態度をとったり、反抗的な態度をとったり、これもしや噂の反抗期???そして、昨日の朝「じゃ、行ってくるね」と私が息子にハグをして出かけようとした時、「僕は今満 [続きを読む]
  • 学校に行かなくなってからの僕
  • 息子が、学校に行かなくなってからの自分を振り返ってこんな事を言っていた。「最初はさー、絶望期だったな…その後に、どうでもいいことやってた無謀期があって、その次は、チャレンジするも挫折する期、そして勉強やってみようかな期、で、大好きなマインクラフトに出逢う。それが今。すごい冒険だったな〜ここまで来るのに二年もかかったよ…。でも、これでいいんだ。いいんだって思いたい。怖いけど、幸せ。」幸せそれが一番 [続きを読む]
  • マニアックな道で出逢った面白いこと
  • 前回の記事でマニアックな道を選んだ息子の事を書いたのですがマニアックな道を道なき道を不安を抱えながら進んでいる息子だけれどみんなと同じ高速道路ではなくマニアックな下道を走っていたからこその面白い出来事が昨日ありました。息子が何度も諦めそうになりながらマインクラフトで六本木ヒルズを作り、締め切りギリギリで応募した東大異才発掘プロジェクトROCKETの「マイクラ職人募集」という企画。東大からのメールがあり [続きを読む]
  • マニアックな道を選んだ息子
  • 学校に行かない選びをしてからもうすぐ二年が経つ息子がこんな事を言っていた。「この一年はホントに充実してたな〜。好きな事を思いっきりやって…やっぱり人生は楽しまないといけないと思うんだよ。」って。でも、その後こんな事を言った。「みんなと同じように、学校に行けてたら楽だろうな…って思う。だってそうでしょ?行ってれば、やる事が与えられて、ちょっとは間違える事はあったとしても、大きく間違える事はないと思 [続きを読む]
  • トライしたからこその成長
  • 遂にっ!完成‼? 息子が約1カ月かけてマインクラフトで作った六本木ヒルズ。本物の六本木ヒルズを見に行って、(あまりの壮大さに)こんなもん作れるか〜と気分が悪くなって帰って来た日から始まり、トライするか諦めるか葛藤の日々があり、トライする事を決めたはいいが初めての四角くない建物の建築に途方に暮れ、何度も匙を投げ途中、気が遠くなるような作業に(一つ一つ地 [続きを読む]
  • 息子の衝撃的な一言
  • 先日、11歳になった息子から衝撃的な一言が…『ママってさー、前は底辺のママだったよね』って…わたくし…耳を疑いました??。「そ、それって…ど、どーいう意味?? 最低ってこと???」と聞き返したのですが、「なんてゆーかねー、世界が狭いっていうか…」とか何とか説明する息子の言葉も頭に入ってこないほど衝撃でした。そ、そんな風に見られてたんだ…あんなにママ、ママって言ってたのに…そして息子はその発言のせいで [続きを読む]
  • 好きな事なら勝手に学ぶ
  • 息子のマインクラフトブームはいまだに続いております。何でもハマると長いのが息子。どんどんのめり込んでいきます。学校行ってないから、死ぬほど時間がありそうなものですが、毎日時間が足りないくらいマインクラフトをやっています。で、最近はマインクラフトで建築をするというだけにとどまらず、マインクラフトでRPGゲームを作ると言って張り切ってます。そんな事が果たして可能なのかどうかすら私には謎ですが、スイッチが [続きを読む]
  • 違いを受け入れる
  • 息子が週に2回通っている近所の無料塾があるのですが、そこがとっても素晴らしい居場所になっています。学校に行かなくなってから集団の場所を怖がるようになっていた息子が、初めて居心地がいいと感じた家庭以外の場所かもしれません。その塾を運営されているスタッフの女性の方と以前お話しする機会があって、彼女が塾のスタッフについて、こんな話をされていました。「スタッフにはいろんな人がいますよ。以前に、子ども(生徒) [続きを読む]
  • 鍵を開ければ動き出す
  • 以前にお友達からこんな興味深い事を聞いた。そのお友達はプロの方からストレッチを学んできたらしいのだけど、今まで必死でストレッチしても柔らかくならなかった体が、ある部分の筋肉をほぐしてあげることで可動域が広がったらしく、それは鍵が開いたような感覚だと言っていて面白いなと思った。鍵がかかっている部分を力づくで動かそうとしても無理だったんだまずそこの鍵を開けなければいけなかったんだって学んだらしい。ス [続きを読む]
  • 無限ループ
  • 学校に行かないと時間がいっぱいあって、好きなゲームも好きな動画も好きなだけ熱中できるけど、一人って淋しい。息子は毎日そんな淋しい気持ちを心の奥に抱えながら過ごしている。5歳の妹が幼稚園から帰って来ると待ち構えてたかのように執拗に絡みまくる。だけど5歳半も年下の妹じゃ、さすがに遊ぶ内容が違いすぎて満たされない。そんな息子を見ているとこの子がこの子らしくお友達と遊んだり、ふざけ合ったりできる場所があれ [続きを読む]
  • 母親だって揺れている
  • チャンスがあると子どもにそれを掴みに行けと発破をかけてしまう。そして気付く。私はそうやって、いつも掴みに行く生き方をしてきたのだなって。私は私の経験値でしか子どもにアドバイスなんてできないから、自分の選ばなかった道の先には何が待っているのかなんて知らない。だから子どもに発破をかけながら、自分は間違ってるのかもしれない子どもの方が正しいのかもしれないそんな風に心がザワついたりもする。だけどいい母親 [続きを読む]
  • ついに決意
  • 「マインクラフトで六本木ヒルズ建築」のお題に、撃沈していた息子。迷って悩んでついにその、大きな壁に立ち向かう事を決意。そして、いきなり壁にぶつかるま、丸い…そう、ビルが曲線を帯びているのです…。マインクラフトは四角いブロックを積み重ねて建築するもの。曲線むっづかすぃ〜っで、息子は考える考える…ん?なんか違う…ん?これじゃぁ、四角じゃないか…なんか分かんないけど、ネットで調べたら、難しい事が出てき [続きを読む]
  • 目の前に立ちはだかる壁
  • 東大異才発掘プロジェクトROCKETの公開プログラムに参加希望の息子。応募するために出された課題はマインクラフトで六本木ヒルズの再現。息子がまずは実物を見てみたいと言うので行って来ました。そして…あまりのすごさに撃沈。う、うそだろ…。しか言えない。息子の建築能力では、途方に暮れるレベルのようです…。そして、帰りの電車で気分が悪くなってます。目の前に立ちはだかった大きな壁に立ち向かうのか諦めるのか [続きを読む]
  • 「孤独」になりたくない
  • 昨日の記事の続きになりますが、「孤独」から目をそらすために家で勉強する事をやめた息子。「僕…、勉強が嫌いなわけじゃないよ…」と言っていた。確かに、週2回通っている近所の無料塾で勉強する事は、とても楽しみにしている。「僕はね…ただ…誰かと一緒に勉強がしたいんだ。家族以外の人と…」外との繋がりを求めている。それはすごい進歩だと思う。「僕、人が好きすぎるからさ…」そう息子は人が大好き。だからこそ、傷付い [続きを読む]
  • 息子が勉強をしなくなった理由
  • 今日、仕事から帰って来て息子に勉強を教えてたパパがキレました。勉強をしなさすぎて、簡単な問題すらできなくなっている息子が、できないだけでなく、やる気を見せないのでキレました。ハイ、数日前にたまたま私もキレたので、息子はよりによって立て続けに二人から怒られるハメに…で、キレといて何ですが、さすがに2連発は可哀想だと思い、布団に入った時に、フォローしつつ息子の気持ちを聞いてたんですね。「勉強した方がい [続きを読む]
  • 息子の震えが止まらない
  • 昨日、私の外出中に、念願の!念願の!modという機能(マインクラフトという建築ゲームの中で使える機能)をパパに入れてもらった息子。私が家に帰ると、ハイテンションの息子が、お出迎え。でも、なぜかブルブル震えてて、顎がガクガクなっているんですよ。さては、ストーブ付け忘れてる?と部屋に入ると、部屋の中はめっちゃ暖かくて…「も、もしかして、君…興奮し過ぎて震えてる」って聞いたら、「うんヤバイよ〜、まじ凄すぎて [続きを読む]
  • 息子への怒りは自分への怒り
  • 昨日、久々に息子とぶつかった。というか、私がふっかけたんだけど。学校行ってない息子が、一日中くだらない(と私が勝手に思った)動画を見てたんで、「もうちょっと時間を大切にしたら?」って言っちゃって、息子がキレました。息子が学校に行かなくなって、ご飯も食べられないほど元気がなくなって、私はそれからずーっと、好きな事を好きなだけやらせてきました。だけど、ここへ来て、ハマってしまいました…落とし穴ずいぶん [続きを読む]
  • 夢の世界
  • 今日私が家事に追われてる傍で、お絵描きをし始めた5歳の娘。どうやら、将来自分が開きたいお店のアイデアを描き出してるらしく、お店の外観から、部屋に置きたい物、お店の制服、お庭に植える花…「あ〜ん?楽し過ぎてたまらないよ〜?」と、ずっと顔がニヤけてる。夢はどんどん膨らんで…どんどん描き続ける。そこに10歳の息子がやってきて、「にいにがそれをマイクラで作ってあげよう」とパソコンに向かい、あれよあれよという [続きを読む]
  • ホームスタディ ? ばあばから学ぶ
  • 「新学期はどういう学びをする?」と息子に投げかけてみたら、「うーん、僕はやりたい事しかやりたくないからな…」と。大事大事。知りたい。やってみたい。学びはそこから始まるのだと思います。そして、やりたい事を紙にいっぱい書き出した息子。その中から選んだ今日の一つは、「料理がしてみたい」という事で、今日はばあば直伝のハンバーグレシピを教えてもらってました。包丁が視界に入るだけで怖がる息子でも、フードプロ [続きを読む]
  • ハマりすぎて学んだよ
  • 相変わらず、マインクラフトにハマり中の息子。そして、modという機能の入れ方が未だに分からない息子。それを知りたくて、毎日英語の動画(外国人が説明してるやつ)を見ている息子。英語の知識は限りなく0(ゼロ)に近いけど、知識ではなく、感覚を研ぎ澄ませて聞いている(笑)。そして最近、覚えたフレーズが。「 Hey!Guys ‼? 」や、やるじゃないか…息子。英語を毛嫌いしていた息子が、意外な流れで英語に触れるというね。好き [続きを読む]
  • 息子の好きな曜日
  • 3学期が始まりました。学校に行っていない息子にとっては、学期が始まろうと、生活は変わらないのですが、心理的には影響が無いわけではなく、何となくいつも、学校の存在を感じているわけで、今朝も「ハッピー ニュー 土曜日〜!!」って起きて来たとこみると、学校の休みの日が、息子にとって本当の意味で心休まる日なのだな〜と改めて思います。学校が始まれば、自動的にやるべきことが与えられ、毎日をその流れの中で過ごして [続きを読む]
  • 夢を叶える方法
  • 10歳の息子と、やりたい事について話し合っていた時、こんな事を息子にレクチャーされました。「一番大事なことは、駄々をこねること それをやらないからママは夢が叶わないんだ」は…はい…「確かに…ママ、あんまり駄々は捏ねないよね。」と答えると、「でしょ?それだよ…。何でもね、一回駄目って言われたくらいで諦めちゃダメ!」だそうです…。あんた、しつこいもんねー。自分の手に入れたいもの、こと、に対しての執 [続きを読む]
  • 2017年の目標
  • 明けましておめでとうございます。2017年も、カウントダウン20秒前に息子を叩き起こし、なんとか新年を共に祝う事が出来ました。毎年、年越しの瞬間だけ起きて、テンション高くカウントダウンできる息子の瞬発力に驚かされます。「明けましておめでとう〜!!」のハグと共に、「今年の目標はね〜、自信を取り戻して大晦日まで生き残る事だ!」と言っていた息子。今年はどんな成長を見せてくれるのか、楽しみです。ちなみに私の目 [続きを読む]