シロバナタンポポ さん プロフィール

  •  
シロバナタンポポさん: 自然の野山に咲く山野草
ハンドル名シロバナタンポポ さん
ブログタイトル自然の野山に咲く山野草
ブログURLhttp://sanyasou523.blog.fc2.com/
サイト紹介文山野草のブログへようこそ!山里や草原に咲く可愛いお花たちを紹介していきます。
自由文山野草のブログへようこそ!山里を歩くと道端や草原に咲く可愛いお花があります。自然のままの美しさは、私たち山野草が好きな人にとってはとても癒されます。私なりに山野草の素晴らしさを紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/10/03 08:04

シロバナタンポポ さんのブログ記事

  • オオビランジ
  • オオビランジは、夏に高山帯の山を歩いたことのある人なら見たことがあると思いますが、岩場に紅紫色の可愛い花を咲かせております。この花は、2cmくらいで、茎は細く伸長して地を這うように垂れ下がっております。花びらは、5枚でガクや花柄に毛はないです。8月頃に高山帯を歩き、岩場を見てみれば、紅紫色の花があれば、おそらくオオビランジだと思います。これから山を歩く人は、岩場も気にしてみるようにしてください。この [続きを読む]
  • タカネ
  • タカネは、展示されているのを見たことがありますが、エビネとキエビネの自然交配種群になっており、色や形の組み合わせは千変万化になっております。30cmくらいの花茎上に10個以上の花をつけます。もし、このお花を手に入れたら、鉢植えにするといいかもしれませんね。この花をよく知っている人に聞いたら、昔、四国の方にたくさんあったという話しを聞いたことがあります。一度でいいから、この花が自然の世界で咲いているの [続きを読む]
  • エビネ
  • エビネは、母が大事に育てているので、毎年、5月頃に白い綺麗な花を見ております。芽から伸び出した花茎に25個くらいの花をつけます。花は、1枚の下向きの唇弁と5枚の花弁からなり、唇弁の後ろには距が伸びます。うちに遊びに来る人達は、必ず、このエビネをみて、「エビネだ!春が来た」と言ってくれて、楽しまれてくれます。山野草好きな方なら、ほとんどの人が持っているかと思いますが、それぞれ花の色が違うので、やってみた [続きを読む]
  • キキョウソウ
  • キキョウソウは、6月頃になると、日当たりが良い場所に紫色の可愛い花を咲かせております。花がキキョウに似ているためにつけられたと言われております。この花は、もともと北アメリカが原産になっているそうです。とても繁殖力が強いので、各地で野生化したみたいですね。この花の茎は、枝分かれせずに立ち上がり、数稜があります。葉は、円形になっており、長さ2cmくらいで、葉柄はなく茎を抱くようについております。かなり [続きを読む]
  • キショウブ
  • キショウブは、湿地帯にいくと見られますが、ほとんどが野生化しているので場所をしっていれば見ることができます。個人的には、この黄色いショウブが大好きで、いつまで見ていられるくらいです。このキショウブのウサギの耳状の内花被片は小形で目立ちません。雨上がりに、キショウブを見に行くと、花の色が黄色なので、太陽の光があたると、美しい黄色の色をだしているので、ものすごく綺麗です。いつまでも見られることを心から [続きを読む]
  • オキナグサ
  • オキナグサは、キンポウゲ科で春になると紫色の可愛い花を咲かせるので人気の種類になっております。昔は、田舎にいくとたくさん生えており、比較的、日当たりの良い野原に生えておりました。オキナグサは、全体的に白い毛が密生し独特の雰囲気をもっているのでこれを庭に植えておき、自慢話にしたい人はなかり多いはずです。オキナグサの名前の由来は、花後に長く伸びた花柱を白い長毛が伸びた老人の白髪に見立てたものです。これ [続きを読む]
  • ゼニバサイシン
  • ゼニバサイシンは、観葉植物として持っている人が多く、人気のお花となっております。この植物の葉は、円形でよくみると銭形になっております。花は、落ち葉に似ていて、ぱっと見たのではわからなく、よく見てみると花だとわかります。花は花びらがなく、3枚のガク片がプロペラ状についており、株元に咲いております。私は、山を歩いているときに偶然、たくさんのゼニバサイシンをみたことがありますが、一面に咲いているととても [続きを読む]
  • オカトラノオ
  • オカトラノオは、夏になると日当たりが良い草原に白い花を咲かせ、その姿は猫の尻尾みたいになっておりとても可愛いです。茎の下部は、すこし赤みを帯びております。葉は、10cmくらいでレモン型で先がとがっております。花びらをよくみると先が5つに深く裂けております。花は密集して長さ10cmくらいになっており、花房の先は細くなり垂れ下がっております。家の庭などにこの花があると良い感じがしますね。 [続きを読む]
  • キクバクワガタ
  • キクバクワガタは、北海道の高山を歩いているときに見たことがありますが、紫色の花をいくつも咲かせておりました。夏に咲く花で、ゴマノハグサ科クワガタソウ属になっております。名前の由来は、果実と2枚のガクが戦国武将の兜の鍬形に似ていることからつけられたみたいです。果実は、三角状の扁平な扇形で、独特の形状となります。私がこの花を見たときは、あたり一面に咲いていたので、とても綺麗な花風景をみることができまし [続きを読む]
  • キエビネ
  • キエビネは、春になると芽から伸び出した花茎にたくさんの花をつけます。花をよくみると、1枚の下向きの唇弁と5枚の花弁からなっており、唇弁の後ろには距が伸びます。柑橘系の香りがあり、花は花弁、唇弁ともに黄色でエビネよりも大型になっております。私の庭にもキエビネは毎年咲いておりますが、50cmくらいの花茎を伸ばし、黄色の大きな花を10個くらいつけております。幸せを呼ぶ黄色の花なので大切に育てております。 [続きを読む]
  • イワカラクサ
  • イワカラクサは、日本にあるものではなく、ヨーロッパのアルプスなどの高山の岩場に生えております。この花をみたことのある人の話によれば、岩場に群生しているイワカラクサは、まるで唐草模様のようになっていたといっておりました。そんな話を聞くといつか実際にいって自分の目でみたくなります。日本では園芸ショップで販売されているので春になると紅紫色や白色やピンクの可愛い花を育てることができます。この花の栽培は容易 [続きを読む]
  • ジュズダマ
  • ジュズダマは、面白い形をしており、実がつぼ形になっており、それが糸でつなぎ数珠になっているように見えます。イネ科の植物で川原のしめった場所に生えております。8月頃に花を咲かせ、草丈は1mくらいになり、長さ25cmくらいの大きな葉をつけております。茎上部が分枝し花を形成し、緑色の雄小穂と雌小穂が入った長さ5mmくらいの苞鞘をつけております。川原にいけば簡単にみつけることができるので、興味のある方は、 [続きを読む]
  • イワヒゲ
  • イワヒゲは、山登りにいったときに、かなり標高が高い高山帯の岩場に生えてるのを見たことがあります。ちょうど、夏の時期だったため、白くて可愛い花がいくつも咲いておりました。場所をよく確認してみると、この岩場も日当たりが良く岩に亀裂が入っているような場所をこのんで生えているようです。葉は、緑色のヒモのような形で分裂していて、岩にはりつくような感じで伸びております。葉をさわってみると卵形で厚みもあり、密接 [続きを読む]
  • オニバス
  • オニバスは、夏に池をみると紫色の綺麗な花を咲かせております。池から出ている部分をよく見てみると、鋭く尖ったトゲがたくさん生えておりますので、直接は触れないような気がいたします。あちらこちらに葉が浮かんでおりますが、円形になっており、直径は、だいたい15cm〜50cmくらいなものがあります。中には巨大な葉になるものもあるみたいです。この花は、日が出ているときは咲いておりますが、夜になると閉じてしまい [続きを読む]
  • キジムシロ
  • キジムシロは、春に山を歩いているとみることができますが、比較的、日当たりの良い場所に生えております。茎も葉も根元から伸びていて、地面にそって広がっていき、よくみると全体に細かい毛が生えております。葉は、先端に3枚の大きな葉があり、基部の方には、小葉が集まってついております。春になると目立つ黄色い花をさかせ、5枚のガクからなっております。この花が咲き終わると、葉が大きく広がっていきます。名前の由来は [続きを読む]
  • イワギリソウ
  • イワギリソウは、よく渓流釣りにいくと、山奥にどうしてもはいってしまうので、そのときに、ふと、岩壁をみるとイワギリソウの花が綺麗に咲いているのを見かけます。ピンク色の小さな花で、どこか桐のような雰囲気をだしております。イワギリソウは、全体に軟毛がついていて、葉の形は卵形になっております。葉のふちをよくみるとギザギザしております。花は初夏に咲くので、渓流釣りにでもでかけて、岩場がでてきたらよくみると見 [続きを読む]
  • ザゼンソウ
  • ザゼンソウは、春になると綺麗な杉林で小川が流れているような場所に咲いております。しかし、花が咲く場所が綺麗になっていないと絶えてしまうので風通しをよくしておいてあげることが必要です。昔から、この花の咲く姿が、達磨が座禅をしている姿に見えることから仏の花としてあつかわれてきました。春に花が咲き、あとから葉が伸びてきます。花のにおいはあんまりよい香りとはいえませんが、たいへん珍しいお花になってきている [続きを読む]
  • ウスユキソウ
  • ウスユキソウは、夏に山登りをしているとみかけることがあります。全体をよくみてみると、薄く雪がかかったような包葉になっております。茎は、細長く銀白色の毛がたくさん生えております。葉は、5cmくらいの長さで上からみると緑色で裏は灰白色になっております。茎の先には、かわいい小さな白い花を咲かせており、登山者の心を癒していると思います。花も葉も雪解けにでてきたような雰囲気をだしておりますので、夏にこの花を [続きを読む]
  • オヤマノエンドウ
  • オヤマノエンドウは、7月頃に山登りにいったときに、高山帯にたくさん生えているのを見たことがあります。その場所は、風通しが良く、乾燥しているような状態でした。葉は、細かいとがった葉がいくつもあり長さは7cmくらいでした。花は綺麗な紫色でたくさん咲いておりました。高山に生えるエンドウマメの仲間みたいなので、豆がなるかは確認できませんでしたが、いつか見てみたいものです。 [続きを読む]
  • オトギリソウ
  • オトギリソウは、夏に野山を歩いているとよく目にする山野草です。葉は、5cmくらいで花は綺麗な黄色で花びらは5枚ついております。夏にこのお花をたくさんみると摘み取って花瓶にいれてかざっておくととても綺麗です。この花の名前の由来は、鷹の傷を治す秘薬を他人に漏らした弟が、兄に斬り殺されたという話が平安時代にありますが、まことに恐ろしいお話です。恐ろしい伝説をもっているお花にしては、とても美しいですね。 [続きを読む]
  • イワチドリ
  • イワチドリは、まるで千鳥を想像させるような可愛いお花で人気です。名前の由来は、岩壁に見られ、花がやはり千鳥に似ていることからつけられたと言われております。葉は、長楕円形で、よくみると笹の葉に似ておりとても美しいです。茎の先には、約1cmくらいの薄いピンク色の花が数個つきます。私の知り合いでも、このイワチドリを持っていて、鉢植えにして楽しまれております。春にさくお花ですが、まだ、山でみつけたことはな [続きを読む]
  • サルメンエビネ
  • サルメンエビネは、だいたい40cmくらいの花茎の上の方に約3cmくらいの花をたくさんつけます。花の唇弁は垂れ下がって3つにさけております。私はたまにブナ林をあるくので、この花を見る機会がたまにありますが、変わった色の花なのでとても印象が深いです。葉も茎も花も野生だと大きいのでランの風格はかなりある花かと思います。 [続きを読む]
  • ウバユリ
  • ウバユリは、綺麗な杉林に群れているのをよく見かけます。大型で花の数がたくさんついているので通常のユリと違うのがすぐにわかるかと思います。花の季節は夏で白色の花を咲かせております。名前の由来は、花期には根元の葉が枯れてなくなるため、歯がない姥にたとえられたといわれております。ウバユリは群れていることが多いので一つ見つけたら辺りをさがせば見つかります。 [続きを読む]
  • カキツバタ
  • カキツバタは、アヤメにも似ております。どこで見分けるかといいますと、カキツバタの外側に垂れる花びらに白色の筋が入っています。葉は、幅が広いのでわかりやすいかと思います。一度、カキツバタを実際に見て、それからアヤメも見れば違いがわかるかと思います。花をしばらくみていると、まるで、うさぎの耳が垂れているような感じにも見えますよ。 [続きを読む]
  • オミナエシ
  • オミナエシは、秋の七草でも有名で、代表種に女朗花がございます。9月頃に日当たりの良い場所に生えており、上部に分裂した花茎の先に、小さな黄色い花をいくつもつけます。オミナエシは、群生しているので、一つ一つが小さな花でも集まっているのでかなりの見応えがあります。私がいつもいっている場所では、この花の撮影をしている人がかならずいます。ちなみに、オトコエシは男朗花といいますが、こちらの花は白色です。 [続きを読む]