Shigechan さん プロフィール

  •  
Shigechanさん: ことばとともに生きる
ハンドル名Shigechan さん
ブログタイトルことばとともに生きる
ブログURLhttps://ameblo.jp/shigechan4child/
サイト紹介文ことば育ては自分育て。多言語習得で自分らしくコミュニケーションを楽しんでいるしげちゃんの日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供99回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2015/10/04 08:02

Shigechan さんのブログ記事

  • イギリス里帰り報告ーその3ー カレンさんとレスター
  • 8月10日(木)イギリスのシティエアポートに午後5時半頃到着しました。当初1泊目はロンドンで過ごそうと市内にホテルを取ってありました。けれど生憎ロンドン周辺の友人は10日も11日も都合が悪く、会うことができませんでした。 そんな時、レスター(ロンドンから急行で1時間強の町)に住むカレンさんが10日の夜なら空いているから泊りにいらっしゃいと誘ってくれました。そこでロンドン塔着のその足で、ロンドンはスルーして地下 [続きを読む]
  • イギリス里帰り報告ーその2−
  • 今回イギリスのホストファミリーの家に里帰りしたのはホストファミリーがもうすぐ引っ越すと聞いたからでした。 私にとっては実家も同じあのパイパー家にもう帰れなくなってしまうのです。 あの3階の自分の部屋から澄んだ青空を眺め雨や雪を、そして静かな朝の鳥の声を聞き、霜の降りた庭を眺め、授業の準備に徹夜して朝焼けを眺めたことでしょう。 本当に静かで広くて温かみがあっていつでも居心地よく片付いていて何より結婚41 [続きを読む]
  • イギリス里帰り報告ーその1−
  • 私は長いこと、自分が47才で一年間イギリスにき小学校で日本語を教えるインターンをしたことを全然大したことないことだと思おうとしてきました。 だって、別に学位や修士とったわけじゃないし 賃金を得ずボランティアで働いていたし(インターンは無給でしたが、ホストファミリーや通勤交通費、食事の手当てはしてもらえました) 1年しか暮らしいないし(2008年7月から2009年7月までの1年ですが、最初の2か月は英語研修でした) [続きを読む]
  • イギリスに帰省します!
  • 今日が7月31日だということは・・・。あと10日すると私は、イギリスにいるってことです! あんなに心待ちにしていたイギリス行きがもう目と鼻の先です! ああ、なんて幸せなんだろう!(??>?<?)。?? 私は間違いなく、イギリスで空港に降り立った瞬間からきっとず〜〜っと笑ってます! 今これを書いていても、もう笑ってしまうくらいです!(笑)大好きで、そこにいるだけで身も心も緩んでしまう。イギリスは私にとって、そん [続きを読む]
  • 自分の願いを叶えたら、現実が動き出しました
  • 本当に、ほんとうに"帰り”たかった、私の第2の故郷。 イギリスのCoventryにいるホストファミリージュディとジェフに会いに行きたかった。 二人の暮らすとても居心地の良い家に 「ただいま〜」と帰っていきたかった。 でも時差8時間(冬は9時間)、直行便でも12時間かかるイギリスへいくのは どうしてもまとまった休みをとって行きたかったのです。 けれど4月から週2日大学で働き、 めでたく毎週水曜日に活動する海老名ピアザが [続きを読む]
  • パンドラの箱を開けたかも
  • 子どもの頃、初めて買ってもらった本がギリシャ神話の本だった。 小学校4年生の時、12才上の兄が 私の誕生日にプレゼントしてくれた。 誕生プレゼントをもらったのは、後にも先にもこの時だけだった。 私は小さいころから本が大好きで 小学校の図書館の本は図鑑以外全部読んだ。 友達の家に遊びに行くとその子の本棚を見て 面白そうな本を貸してもらっていた。 でも本を買ってもらった体験は初めてだったから 茶色の表紙や黒い筆 [続きを読む]
  • 『多言語教育』講演会やりますよ〜〜
  • 今週の金曜日、6月16日(金)にNPO多言語広場CELULAS(セルラス)が主催する『多言語教育』講演会ー世界に通じる力を育てるーを藤沢市で開催します。私は厚木でセルラスのコーディネーターをしています。時間は午前9時45分から11時45分まで。場所は藤沢市商工会館です。申し込み、詳細は、NPO多言語広場CELULAS(セルラス)のホームページからお願いします。私がセルラスに参加したのは2002年の夏だったでしょうか。後で聞いたらそ [続きを読む]
  • かけらを拾い集める
  • 生きるって 遠い過去に 置いてけぼりにしてきた 小さな私の欠片たちを 探して さがし歩いて 小さな声に 聴き耳を立てて そして見つけて あることに気づいて 見つめて 抱きしめて キスして もう一度拾い集めて 手のひらで温めて もう一度 一つにして そして本当の たった一人の かけがえのない私に  [続きを読む]
  • 『ことば』は人間存在そのもの-その1-
  • 『ことば』は人間存在そのものNPO多言語広場CELULAS(セルラス)の理事長、鈴木隆志さんからこの言葉を聞いた時、正直最初は意味がよくわかっていませんでした。長い間、ことばは技能や技術だと思っていました。英語を勉強したのは、英語を話し、書き、読む技術を習得したかったからだし、あらゆる学校に行っても競争やテストでもっと、もっとと学び続け評価を受け続けるのは、それが優劣のある技能だと思っていたからです。長い間 [続きを読む]
  • 何とかしようとしない
  • 人が不安そうに見えたり 不満そうに見えたり 辛そうに見えたり 悲しそうに見えたり 不機嫌そうに見えたりすると ドキドキして 何とかしなきゃって思う癖 一緒に苦しくなる癖 まだまだあるんだな こんな自分もまた 何とかしようとしないこと だって何か嫌なことや不安なことが出て来た時 慌てて何とかしようとしてきたから ちゃんと感じるこ [続きを読む]
  • メキシコのおばあちゃんと話しました
  • 一昨日メキシコのサンドラからメッセージをもらいました。 私が4年前メキシコで年末に10日間ホームステイしたホストファミリーの長女です。 そこは2人兄弟で弟がルイス君。 サンドラ27才、弟のルイスが25才の時に、私がホームステイしました。 二人のお父さんは8人兄弟の上から3番目の次男。 そしてそのお母さん、二人にとってはおばあちゃんは、当時70才でした。 「何もかも自分で作ったの。この [続きを読む]
  • 心折れない人たち!
  • 今まで自分が生きづらいのはできないことが多いからだと思っていました。 忘れ物やら、勘違いやら、間違った思い込みやらでしょっちゅう失敗して人に迷惑かけたり恥ずかしい姿をさらしているからだとそう思っていたんです! でも違うかもしれない・・・・・・。 そう思う出来事をこの数日で何回も目にしました。 これってメッセージですよね! そう、失敗しても、やらかしちゃってもそれで人に(少しば [続きを読む]
  • 『正しさ』にこだわっていたから苦しかったんだとわかりました
  • 人生変わったかも、と思える出来事がありました。 それはとても静かに、けれど内面ではとても激しく起こりました。 簡単に言うと 自分の『正しさ』にこだわって人を傷つけ そしてそれを謝ったということです。 傷付けたから謝った、 のではありません。 傷つけようとして傷つけることなど普通はないのです。 傷付いたかどうかは、本当には知りようがあり [続きを読む]
  • 出したものが還ってくる現実
  • 色んなことが起きるけど、全ては自分を知ることだなぁ。私は誰からも嫌われたくなくて、全ての人の不機嫌を直したくて、笑顔の裏でビクビク顔色を伺っていたんだな。そうして人の機嫌をコントロールしようとしていたから、人からもコントロールされていた。私をコントロールしようとする人が多いなあと思っていたけど、自分が出していたものが還ってきてたんだなあ。自分の状態が世界を作っていたんだね。 [続きを読む]
  • 成し遂げたことや幸せを感じていることも、ちゃんと見よう
  • ものすご〜く影響を受けやすい私はよく言えば素直なのですがあることに「すご〜い!その通りだ〜」と思ってしまうと 自分のやること成すこと全部「その通りだ〜」になってしまうことに気が付きました。 というより、全てをそのイメージに持って行かれてしまうのです! この恐るべき「なり切りの病」は、まるで私が自ら進んで魔法か呪にでもかかったかのように「その通りだ〜」と思い込んだようにしかできなくなっ [続きを読む]
  • パートナーの心の声(?!)が聞こえるようになりました!
  • 昨日やらかしちゃったばかりの、一夜明けた今朝のこと。 夫が「10時21分に乗っていくなら、9時50分には出た方がいいよ」と私の出かける時間についてアドバイスしてくれました。 今朝は朝食も半分は作ったし、洗濯ものも干し終わっていて、昨日よりは大分余裕がありました。 朝読もうと思った資料や書き物をしようと思ったノートなど、朝食を食べているテーブルの上に載せてありました。 「そんなことやってい [続きを読む]
  • 今日もきょうとてやらかしました!
  • 今日も今日とて、……。朝起きて、昨日もらったメールに返事をしようと(ちょっと返事に気を使う内容だったので一晩置いた)携帯を手にしました。時間確認せず。出荷から帰って来た夫が玄関で「おーい、何やってんの?雨戸も開けないで。」とこえをかけました。もう9時でした。まだパジャマのままで顔も洗ってませんでした。夫はテニスに行くのに、朝ごはんの用意もしていないのでがっかり??普段やらないんですが、昨日の朝突然 [続きを読む]
  • 留学生へのアドバイスは全部自分に言いたいことだった
  • 日曜日はNPO多言語広場CELULAS(セルラス)の、ワンデートリッププログラムでした。セルラスは、楽しく自然な形で多言語や多文化に触れることで、多様な文化や考え方、自分との違いに興味を持ってコミュニケーションできる力を大人も子どもも一緒に育てています。そんなセルラスでも、年に数回のとても楽しいプログラムが、ワンデートリッププログラム!(o^^o)日本に来てまだ間がない留学生と一緒に、1日お出かけやホームビジット [続きを読む]
  • 私は世界中の機嫌を取り、世界中の期待に応えようとしてきたのかな−その2
  • 人のため息を聞いただけで、自分に何も関係もないのに「ごめんなさい」が反射的に口に出てしまう。 改めて私の口癖が無意識に出ていることがわかりショックでした。 私は人の不機嫌にとても弱い。そして何故か人の不機嫌を自分の責任だと思ってしまうのです。誇大妄想ですね。 しかもなんでもいいから、自分のせいにして謝ってその場を収めようとするのです。 この意味のない犠牲的精神、誰にも理解できませ [続きを読む]
  • 私は世界中の機嫌を取り、世界中の期待に応えようとしてきたのかな
  • 私には口癖があるんです。初めてそれを指摘されたのは、大学2年生の時、寮の同室だった友達からでした。「しげちゃん、なんでそんなにごめんなさい、ごめんなさいっていうの?いつも謝ってるよ。卑屈だからやめて!」彼女にそう言われてとてもビビりました。なんて怖い子なんだと思いました。自覚はしていなかったけど、私が謝らなくてもいい場面ですぐに「ごめんなさい」ということに気がつきました。それが人の気を悪くさせるな [続きを読む]
  • 私の個性⁉?…不器用な脳…
  • 昨日は地域の年中行事の1つ、『お観音さん』でした。各家から1人が出て、観音堂での法要をお坊さんにしていただき、帰りに新しいお札とお供物をいただきます。お供物は紅白饅頭でした。すぐ食べたかったのですが、昨日は我慢して仏さんに上げておきました。今朝お仏壇にお線香をあげたとき、お供物に気がつき、朝ごはんの時に食べようと持って来ました。夫は朝ごはんでお腹いっぱいだから、3時に食べるといいます。それで箱のフ [続きを読む]
  • イギリスに帰りたいーホストファミリーを思い出していますー
  • この春、イースターに(日本は休暇でもなんでもないけど)イギリスに帰りたかったです。イギリスのコベントリーのホストファミリー、ジュディとジェフのところに帰りたかったんです。今回はまとまった時間が取れず断念しましたが、写真を見ていると涙が出るほど恋しくなります。 この写真は2014年の3月後半2週間我が家に二人がやって来て、九州をレンタカーで一周する旅行をしたときのもの。この日は4月1日で帰国する [続きを読む]
  • 今の当たり前が大きな変化の結果だと気づく
  • 先日体調不良の時、湘南でアロマセラピーとフラワーアレンジメントのサロン、サンクチュアリ バイザシーをされている和田恵美さんがアロマオイルの「あまてらす」とVenusというバスソルトを送ってくださいました。 「届きました!お風呂でアロマオイルを使うのが楽しみです」 とお礼のメッセージを送ったら、 「水ぶきのお掃除のときに使ってもさっぱりしますよ」とアドバイスいただきました。 我が家は8畳 [続きを読む]
  • 夫の嬉しい感想
  • 夫が今ある本を夢中になって読んでいます。 それは上橋菜穂子さんの『鹿の王』。 本屋大賞にもなった昨年のベストセラーです。 上橋菜穂子さんと言えば現在テレビ放送中の『精霊の守り人』から始まる守り人シリーズやアニメ化もされた『獣の奏者』シリーズでも有名な日本を代表する児童文学作家さんで私も大好きです。 この間「歯医者に行く時の待ち時間に読む本ない?」と聞かれて『鹿の王』を勧めました。& [続きを読む]