高1男子 さん プロフィール

  •  
高1男子さん: 高1男子オーストラリアでホームステイ
ハンドル名高1男子 さん
ブログタイトル高1男子オーストラリアでホームステイ
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/i15600518y/
サイト紹介文オーストラリアのシドニーへホームステイ ホストファミリーへのお土産、持ち物
自由文自由な靴たち、ピラフはフォークで、食前のアーメンがオススメです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2015/10/05 03:43

高1男子 さんのブログ記事

  • Uのホームスティ ①
  • ここ最近思っていること模試で理Ⅲトップの人ってどんな人なんやろ(思ってるだけ!理Ⅲ受験しません できません!)何をしていても受験が頭から離れない高3受験生・・・今回から少しNの話は休んでUの話を・・・。**********Uは語学研修仲間の1人で、背も高くなく(今は165くらい?)肩幅も厚みも筋肉もない。Uは運動神経は非常に残念レベルだが、勉強はまあまあ できる。性格は多分きっと人見知り?(僕よりヒドイ)そして、物 [続きを読む]
  • N、デジマイトを食べる
  • 僕のホストマザーはデジマイト大好き。でもお母さん以外は皆、デジマイトが大嫌い。お母さんのことを変人呼ばわりするホストファミリー。詳しくはテーマ『食べたもの』のどっかに書いた記憶があるが、確認するのが面倒いので、話は被るが少し書いておく。朝食時、お母さんが「ベジマイトを食べてみない?」と持ってきた。すでに語学研修仲間からベジマイトがとても不味いとの情報を入手していた。コワイくらいに超イケメンのお父 [続きを読む]
  • Nの、『体育祭』と『シドニーで遊ぶ日々』
  • 体育祭でのN・・・Nは達筆だ。『うわぁ、字めっちゃ上手やな。』ってレベルではない。『これって達筆の人が書いた字をコピーした?』って本気で聞かれるほどの見事さ。サラサラと殴り書きしててもめっちゃ上手。そんなNは体育祭で団の旗などで、絵の他に大きな筆字で書きたいときに実力を発揮しまくる。そんなNは今年も応援団に入った。僕とクラスは違う。団も違う。それなのに、「Hー!応援団入るやろ? 団長立候補しいや。 [続きを読む]
  • 最後の体育祭2
  • 体育祭で僕が参加した競技はリレーと騎馬戦、そしてスプーン競走!まず、スプーン競走!これは想定外にムズい!!ってか、僕が不器用とも言う。スプーン競走やけど、味噌汁とか入れるお玉で運ぶからお玉競走?お玉に乗せたそばからピンポン玉がポーンポンポンポンコロコロコロ〜って転がる。前屈みになりながら追っかける。拾おうとしてウッカリ蹴ってしまう。そして又もやコロコロコロ〜!これは楽しかった!ビリかと思ってたけ [続きを読む]
  • 最後の体育祭
  • 今回も又々Nの話ではない。先日、高校生最後の体育祭が終わった。僕は小1まで体操を習っていた。小1のときには側転も倒立もできるようになっていた。バク転は小5位のときに自力でマスターした。その後、たまに『まだバク転や側転できるかな?』と試す程度。それが高3体育祭応援団で3回連続バク転を披露することになった。応援団のダンスはダンス部が振り付けする。確かにだいぶ前に聞かれた。『Hって、側転とかバク転とかできる [続きを読む]
  • 『々』と、22時間爆睡
  • 今回も又々Nの話ではない。そして、話しが飛び飛びになってるのも承知している・・・。そのうえ 『又々』と変換していて、思いついたことがある。『々』って言う字、変換が難しい。僕のスマホはエクスペリア。写真がキレイに撮れるのが好き。 iPhoneにも魅力感じるんやけど、ついついエクスペリアに行ってしまう。学校のクラスの男子は2年まではエクスペリアもいたが3年の今のクラスの男子はiPhoneばっかり。クラス男子 [続きを読む]
  • 部活引退と体育祭
  • 部活引退した。友だちの学校は夏休み明けとか、夏休み前とか秋までとか色々。やはり、僕の学校は早いのか・・・。後輩たちは皆寂しがってくれている。僕の部だけでなく、どの部も先輩後輩間で仲がいい。少しばかり先輩を敬ってはくれるけど、基本年齢の違う友だち関係。楽しかったなぁ。前にも書いたが、もっともっと部活続けたかった。部活引退して寂しいので、体育祭の応援団に入った!!って、毎年入ってるけど。僕の学校は体育祭 [続きを読む]
  • アホなNと カシコいN
  • GW中に18歳になった高1男子です。僕は小学生の頃、中学生高校生の人たちを見て『なんて大人なんだろう』って思っていた。そんな僕は中学生になってもお子ちゃまのままだった。小学生の時の思いがあるので、『おかしいな、大人になれてない。高校生になったら大人になれるのか?』って思っていた。高校生になり、最高学年になり18歳になっても小学生のときと、なんら変わらん。小学生のときに思い描いた大学生なんて、大人以外の何 [続きを読む]
  • 進級と鬱々
  • Nの話の途中ですが・・・。昨年も書いていたのに、今年はうっかり書き忘れていたことがあります。いまさらですが・・・この春、無事 高3に進級できた『高1男子』です。高3になってしまった僕は受験生まっしぐら。僕の両親は偏差値70超えの国立大学を卒業している。父はコツコツ努力型。性格はマジメでおっとり。石橋を叩きまくって納得してからユッタリと渡るタイプ。スポーツは わりと どの分野もソツなくこなし、筋肉ムキムキ。母は [続きを読む]
  • N、ホストファミリーの心配をする
  • 期待外れのバーベキューと言ったら失礼かもしれないがショックは僕の心だけでなく胃袋も同じだったらしく、人間のものとは思えないほどギュルギュルグーグーといつまでも鳴っていた。初日の下校のときがきた。Nのスクールバディは同じ学年なので、廊下で待ち合わせている。Nのスクールバディはもう待っていてくれていた。N「あっ! お待たせーー!!! (日本語)」そして二人仲良く?初日だからか、まだぎこちない会 [続きを読む]
  • シドニーでウエルカムバーベキュー
  • ウエルカムランチのバーベキューのことは以前書いているので話が少し被ります。僕の中のバーベキューは肉と肉と肉!玉ねぎとかピーマンとか、コーンとか、ウインナーとか。海鮮系を入れてくれたらエビとかイカとか?でもまあ、とにかく肉ですよね?オーストラリアなのでラム肉の可能性は9割と思っていた。Nもラム肉かもなって。ラム肉苦手やったけど克服しつつある!と嬉しそうに言っていた。午前中は校内の案内とか。いよいよお [続きを読む]
  • N一心不乱にジェスチャーする
  • シドニーでの初めての登校。学校に着くと僕ら語学研修組が集められた。集合時間まで皆で情報交換。言葉が通じたかどんなホストファミリーかとにかく、この二つがメイン。N「シャワー何時からか聞いてんけど、上手く通じへんから、ジェスチャーしまくり。」僕ら「へー! どんな?」やって見せてくれた。シャワーのアレ何て言うんやろ?ノズルで合ってるかな?それか取手?(ググるのめんどい)とにかく、シャワーの手に持つと [続きを読む]
  • 朝食の量にショックを受けたN
  • 何が不思議って、シャワー何時頃にすれば良いかの確認をなぜしなかったのか。忘れてた?いやいや、大切なことやろ?散々、途方に暮れまくってそれどころでなかったのか?ちゃうな、ただ単にアホやろ。だって、僕らは長時間飛行機に乗ってきて、今朝も機内だったし歯磨きしてない。その前日の夜は飛行機乗ってたから風呂にも入ってない。関空に集合した日、朝から僕は夏とはいえシャワーでなく風呂に入ってきた。Nは入ってなかった [続きを読む]
  • N、初日最後の『途方に暮れる』
  • 初っぱなから言葉の壁で途方に暮れたNだが、数時間後には初対面の家族の中で夢中になって遊んだ。「最初は仲良くなりたいなぁって思って遊び始めたんやけど、途中でコッチがたのしくなってきてな。」うん、さすがNやな。そして弟クンが寝る時間まで、兄弟と一緒に遊んだ。弟クンが寝る時間になり「今日は疲れたのでは? もう寝て明日から楽しく過ごしましょう。」を、ホストファミリーが単語と、ジェスチャーを混じえて言って [続きを読む]
  • 才能開花させたN
  • ラム肉が苦手なNだが、わりと食べた。肉を食べなかったら、何やら野菜のボイルしたものしかない。野菜だけでは明日の朝食まで絶対に持たないと判断した。Nは濃い日本茶をこよなく愛している。ここオーストラリアで飲めないのは承知している。『濃いお茶飲みたいなぁ。』そう思いながらオレンジジュースを飲んでいた。Nが英会話苦手なのが影響してか、妙な空気で居心地の悪い最初の夕食になってしまった。食器を洗ったことのない [続きを読む]
  • 『おきあがりこぼし』のN
  • 翌日 学校で、「心配するポイント違うやろ? 我々の字読めたかな?やろ? tかiかもわからん字書いといて、 コイツ英会話だけでなく読むこともできんのか?って顔やったで!アレは! どない思う?」どないも思わんな。実際Nのホストファミリーのその様子見た訳ちゃうしな。ホームステイに行く少し前に学校経由でホストファミリーから家族のプロフィールが届いた。家族構成、年齢、趣味、ペット [続きを読む]
  • 緊張するN
  • Nのホストファミリーの家は山の近くの住宅街にあり、周りの家と同じような大きさだったそう。家に入ると犬のチャーリーが出迎えてくれた。「誰や、お前は?」と少し吠えたが、すぐに懐いてくれた。ジャックとエラい違い!!家に入ると、お母さんが何やら話しかけてきた。極度の緊張下に置かれたNには理解不能。Nによると、『聞き取る以前に耳に入って来なかった。口ばかり見てしまって『あっ、なんか言ってはる。』ちゃんと聞 [続きを読む]
  • N、大騒ぎの帰宅
  • 関空に帰ってきたN。一人で帰ると約束していたらしい。スーツケースをコロコロしながら、リュックを背負い、電車乗り継いで帰るN。すぐに後悔した。暑くて暑くてたまらん。やっぱり迎えに来て貰えば良かった。自宅の最寄り駅に着き、猛暑の中歩いて家に向かっていた。家の近くまで帰ってくると、近所の小学生たちが「あっ!Nクン!」と声を掛けてきてくれた。明るいNは近所の小学生にも友だちがいる。そして小学生相手には暴言 [続きを読む]
  • 帰国後のタイムスリップ
  • Nの話の途中ですが、日本に戻ってからのことをずっと書こうと思っていたのに、ホームステイ終了し、すぐにNの話にしてしまいました。シドニーでのホテルのことも書きたいのですが、話は前後しますが、帰国後を取りあえず先に書きます。*******************僕らを乗せた飛行機は夜中に香港に着いた。そして早朝まで四時間ほど、そこで足止め・・・。周りには僕らの他にいない。飛行機に乗りっぱなしだった僕らは [続きを読む]
  • Nホストファミリーとご対面
  • シドニーに着き、空港の建物を出た途端あまりの寒さに皆慌てて上着を出す。Nは僕と同じく、リュックに着る順番に入れていたので、すぐに着ていた。バスでブルーマウンテンが見えるとこに行き昼食。そして学校へ。学校に着くとホストファミリーたちが迎えにきてくれていた。バスから僕らが降りるのを皆ニコニコ笑顔で出迎えてくれている。一度学校のホールに皆が入る。ホストファミリーのスクールバディが集められる。スクールバ [続きを読む]
  • Nのホームステイ開始
  • 僕と違いNのシャワー時間5分特訓は余裕でクリアした。髪が五分刈り?スポーツ刈り?みたいな感じだからか、顔 身体 髪、全部洗っても2〜3分もかからなかったらしい。ホンマかい?と思うほどの早業。シドニーでのシャワーと大きく違うのは、日本では夏に向かっていたから寒くないし、シャワー後は風呂にゆったり浸かれること。家族皆にとって残る心配事はNの英語力。お兄さんも英語は苦手だったらしく、何とかなるやろと笑ってい [続きを読む]
  • Nの語学研修決定
  • 高1の夏のNの身長170cm(当時165〜166cm 今は本当に170近く身長伸びた)筋肉質でガッチリ体型。年中日に焼けて黒い。目は1重だが大きい。顔もでかい。理数に強い。短距離速い。医学部志望。志望大学は以前よりランク上を狙っている。今Nは猛烈に勉強をしていて、成績はうなぎ登り状態。(Nと僕は模試結果を見せっこしている)Nは最初ホームステイにそれほど行きたくなかった。Nのお母さんに勧められ、語学研修申し込みの決 [続きを読む]
  • バスの中で
  • ホームステイが終わりホストファミリーとお別れした僕らは、スーツケースを預けるために観光バスで一旦ホテルに向かった。バスの中でも涙の止まらない一部の女子。Nは何か言いたそうにしているので、「お前も泣いてたんやから、女子に余計なこと言いなや。」と、言っておく。N「誰が泣いてたん? それにオレは泣いてる人に対して暴言吐かんし。」ふん、そう言うと思ってたわ。「Nのとこのホストファミリー泣いてはった? [続きを読む]
  • ホストファミリーとお別れ⑥
  • 全員での写真も撮り終えた。トイレに行きたい人はトイレへ。最後の本当に最後のお別れの時間がきた。Nがどうしているか、Uが1人で何してるかとか頭の片隅にもない。お母さん 三姉妹と観光バスに向かう。三姉妹は目を真っ赤にしている。上のお姉ちゃんたちは、僕のため?末っ子ちゃんはお母さんに叱られたのが復活?それとも僕のため?次女「ずっと一緒に暮らせばいいのに。」末っ子「もうすぐリコーダーの発表会があるから来て [続きを読む]
  • ホストファミリーとお別れ⑤
  • Nの目には涙でいっぱい!瞬きしたら絶対に流れてくるで!「えっ? なんで泣いてるん?」N「泣いてへん。」いや、泣いてるし・・・。黙っている僕にN「楽しかったよな。」「うん。」N「実はオレ、ホームステイに来る前めっちゃ不安やってん。 挨拶のメール送っても返事くれへんし。 お金のためにイヤイヤ受け入れてくれてるんやろなって。」「うん。」ってか、オーストラリアに来る前にお前何回も言ってたよな [続きを読む]