緊張えもん さん プロフィール

  •  
緊張えもんさん: 人前で緊張しないで話す方法|緊張えもん
ハンドル名緊張えもん さん
ブログタイトル人前で緊張しないで話す方法|緊張えもん
ブログURLhttp://agari-syo.com/
サイト紹介文面接・発表・プレゼン・スピーチからもう逃げない。私があがり症を克服した戦いの記録です。
自由文面接・発表・プレゼン・スピーチからもう逃げない。私があがり症を克服した戦いの記録です。人前で緊張せず話せるように1日前、1週間前、長期の対策を集めました。あがり症や社会不安障害、パニック障害と戦ってきた人たちの体験談もご紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 353日(平均0.6回/週) - 参加 2015/10/05 22:07

緊張えもん さんのブログ記事

  • 就職活動を機に対人恐怖症を克服した話(女性会社員)
  • 私の対人恐怖症の症状について小学生の頃からイジメに合っていた事、元々細かい事が気になりがちな性格でもあった事から、いつしか対人恐怖症になってしまいました。例えば学校のクラス替え、授業中に先生から問題を当てられた際に発言する時、体育祭等人の注目を浴びる事が怖かったのです。仲良く話しかけてくれる人がいてもその人を信じられない、孤立感がある、翌日の事を気にし過ぎて不眠症になる、赤面・発汗してしまう、体が [続きを読む]
  • ボイストレーニングに通ってあがり症を克服した話
  • 私があがり症になった経緯小学生の頃に国語の授業で音読をすることがあり、その時に上手く読めず皆が見ている中、先生に怒られたことで恥ずかしくなり、それがきっかけで人前で話をすとあがってしまうようになってしまいました。それは大人になってからも変わらず、会社のミーティングなどで自分の企画を発表する時にあがってしまい、上手く伝えられず困っていました。友人の紹介でボイストレーニング教室に通い始めるこのまま一生 [続きを読む]
  • 就活前に話し方教室に通って成功した体験談(女性会社員)
  • 私が話し方教室に通い始めたきっかけ私が話し方教室に通うきっかけとなったのは、就活に失敗してしまった先輩の経験談からです。私達後輩にはハキハキと話してくれる人なのですが、面接となるとどうしてもあがってしまってうまく話せなかったそうで、結局内定は取れませんでした。その後はフリーターをしながら資格を取得していましたが、他にも何人か同じような先輩がいました。私自身結構なあがり症で、大学でも発表の時はうまく [続きを読む]
  • 突然のコメントにも対応。人前に出る経験からのあがり症対策(主婦
  • 突然のコメントにも対応。人前に出る経験からのあがり症対策(主婦)私は中学、高校と吹奏楽部で部長と学生指揮という人前に多く出る立場を経験してきました。部長時代は、全校生徒の前で部の目標や決意を語る場があったり、老人ホームや養護学校などであいさつをする場面もたくさんありました。学生指揮時代は、ホールで一人で指揮をして演奏指導をしたり、文化祭やその他のイベントなど不特定多数の人の前にたつことがたくさんあ [続きを読む]
  • 突然のコメントにも対応。人前に出る経験からのあがり症対策(主婦
  • 突然のコメントにも対応。人前に出る経験からのあがり症対策(主婦)私は中学、高校と吹奏楽部で部長と学生指揮という人前に多く出る立場を経験してきました。部長時代は、全校生徒の前で部の目標や決意を語る場があったり、老人ホームや養護学校などであいさつをする場面もたくさんありました。学生指揮時代は、ホールで一人で指揮をして演奏指導をしたり、文化祭やその他のイベントなど不特定多数の人の前にたつことがたくさんあ [続きを読む]
  • 冷えピタでリラックス!イメトレ、深呼吸も併用して緊張を乗り越える方法
  • あがり症であるとはじめて気付いた中学生時代自分が極度のあがり症であると気づいたのは、中学1年になった年の文化祭の練習をしていた時です。各学年ごとに決められたお題に沿った劇を行うのですが、私のクラスでは桃太郎をする事に決まり、私はキジ役になりました。少し引っ込み思案な私は正直舞台に立つ事が嫌で、でもなりたい人が居なかった為にくじびきで決まってしまい止めるに止められなかったのです。しかし練習で台本を読 [続きを読む]
  • 緊張をエネルギーに変えれば、それは成功につながる!(男性会社員)
  • 以前はトイレに駆けこむほど緊張していた人前で話したり何かを行うということは、大変緊張しますよね。まして大勢の人の前では、パニック。せっかく覚えた原稿も、頭が真っ白になってまったく話せなくなってしまったという経験は誰にでもあるのではないのでしょうか?筆者も以前は大変な緊張するタイプで、直前までしっかり行えていたことも人の前に立った瞬間にまったく動けなくなってしまって、しまいには腹痛を起こしトイレに駆 [続きを読む]
  • 人前に出ても、自分のペースを崩さない3つの方法
  • 人前に出ても、自分のペースを崩さない3つの方法人前に出て緊張したりあがったりする人は、自分のペースが崩されてしまっているので普段の自分を意識する必要があります。あがり症の人は、「自分は見られている」という意識が強いのですが、人の意識というのは散漫としているので、一人の人がずーっと見続けているのではありません。そこで、普段のペースを維持するために私が実践してきた3つの方法を記します。複雑な呼吸法は現 [続きを読む]
  • 人前に出ても、自分のペースを崩さない3つの方法
  • 人前に出ても、自分のペースを崩さない3つの方法人前に出て緊張したりあがったりする人は、自分のペースが崩されてしまっているので普段の自分を意識する必要があります。あがり症の人は、「自分は見られている」という意識が強いのですが、人の意識というのは散漫としているので、一人の人がずーっと見続けているのではありません。そこで、普段のペースを維持するために私が実践してきた3つの方法を記します。複雑な呼吸法は現 [続きを読む]
  • 簡単に実践できるあがり症克服の3手法。深呼吸、笑顔、適当さ
  • 簡単に実践できるあがり症克服方法。手軽さも重要「うわぁ、どうしよう。次は私の番だ」と緊張して心臓がバクバクする経験をしたことがない人って、いったいこの世の中にどれだけいるのでしょう。おそらく大半の人がこのような緊張感をもちながらも今まで事を成してきたのではないかと思います。でも、この緊張感があまりにも長期間続くと、挙句の果てには人前に出るのが苦痛でストレス度が高まりますよね。これは決してあなたの心 [続きを読む]
  • 3つの思考で脳をコントロールする。人前で緊張しないで話す方法とは
  • 脳の思考をコントロールする3つの方法世の中には生まれつき緊張しやすい人やあがり症の人、なにか幼い時にトラウマなど経験して緊張しやすくなった人などいると思います。学校や社会に出ると人と接する事が多くなり、そのたびに緊張し、顔が赤くなったり手汗をかいたりする人も多いと思います。それが嫌で引きこもったり、学校や会社にいくことが嫌になったりおっくうになったりする人も少なからずいることでしょう。緊張しやすい [続きを読む]
  • 他人はそんなに気にしていない。あがり症克服の3つの方法
  • 失敗からの成功。人前で話し人の話しを聞くことでわかったこと小さい頃よりあがり症の私。でも人前に出ることは嫌いではなかったため良く人前に出ていました。そんな私のあがり症克服方法について話していきます。他人を「じゃがいも」だと思う他人はそんなに気にしていない。あがり症克服の3つの方法まず最初に試してみたのは「他人をじゃがいもに思え!」これは両親に言われた言葉です。これがなかなか効果的でした。あ、じゃが [続きを読む]
  • 他人はそんなに気にしていない。あがり症克服の3つの方法
  • 失敗からの成功。人前で話し人の話しを聞くことでわかったこと小さい頃よりあがり症の私。でも人前に出ることは嫌いではなかったため良く人前に出ていました。そんな私のあがり症克服方法について話していきます。他人を「じゃがいも」だと思うまず最初に試してみたのは「他人をじゃがいもに思え!」これは両親に言われた言葉です。これがなかなか効果的でした。あ、じゃがいもか・・・と思うと気が楽になって緊張せずに人前に出る [続きを読む]
  • 人前で話すコツ。結論をまとめたフローチャートの作り方とは
  • スピーチや講師役で頭が真っ白になる私の場合人前で話をするということはなかなか難しいものです。何の準備もせずにいきなり話し出す人はいないと思いますが、事前に言いたいことを準備しておいたとしてもいわゆる「頭が真っ白」になった状態になってしまい、自分が何を言っているのか分からなくなってしまうこともよくあることです。私も人後に落ちずあがり症で、話しているうちに内容があっちに飛び、こっちに飛び、挙句は結局何 [続きを読む]
  • 全ては準備。繰り返すことが一番効果的だった(男性会社員)
  • 人前で頭が真っ白になり声が震えた私の場合一言に「あがり症」といっても個人で色々な症状があります。冷や汗をかいたり、心臓のドキドキが止まらなかったりと場面場面で正常ではいられないあがり症。そこで私の実体験をもとに、実践した克服方法についてご紹介します。私の場合、人前で注目を浴びると顔に熱が集まるのを感じ、発言するときには緊張で頭が真っ白になってしまって声も震えてしまうことに悩んでいました。特に感想発 [続きを読む]
  • 書道で心を整える。あがり症対策は続けることも重要(女性)
  • 人前で大声を出し続けていると改善していった私は小さい頃からあがり症の為に人前で話す事が苦手でした。特に小学校や中学校の時などの自己紹介の時になると自分の発表の時に声と体が震えて、熱くなって頬っぺたが真っ赤になり大変でした。他の子は私みたいに酷いあがり症の人はいなくて、私は自分があがり症なのがコンプレックスでした。初めての人と目を合わせて話すのも苦手なので、どうにかそんな自分を変えたいと毎日思ってい [続きを読む]
  • あがり症でお医者さんの診察を受けるという選択(38歳男性)
  • 人前に立たない職種を選んでも根本的な解決にはならないはじめまして、私は38歳男性会社員です。小さな頃から人前で話す事が苦手で発表などでも困ってきた記憶があります。人前にでるととても緊張してしまい汗がでてくる程ひどかったのです。世の中にはあがり症で困っている方はたくさんおられると思います。社会人になってからは出来るだけ人前にでて話す事のない専門技術職を選びました。最初の数年はよかったのですが会社が大き [続きを読む]
  • プレゼンで緊張しないように私が気をつけていた2つのこと
  • 1対1では問題ないが、多人数だと緊張してしまう私は基本的に1対1ならば余程、立場が上の人などでもない限りあまり緊張せずに話すことはできましたが、多人数(5人ぐらい以上)がいる場で自分の意見を発表する場(いわゆるプレゼンテーション)では、非常に緊張します。その様な状況のプレゼンになる前には、はっきり言ってどれだけ綿密に順序だてて整理しても、頭の中でだけですと100%混乱します。特にプレゼンなどの意見交換などがあ [続きを読む]
  • 負けるが勝ち!?脳を味方につけた「あがり症」を克服する方法とは
  • 脳科学の観点からあがり症を克服する方法とは人前で緊張せずに話すにはどうしたらいいかとお悩みのあなたに、あがり症を克服するための方法を脳科学の観点からご紹介します。コツはズバリ!「意識的に失敗する」こと。「人前に出ていざ話そうとすると緊張でオドオドしてしまう・・」「今日のプレゼンのために何度も練習を重ねてきたのに、直前で何を話すかド忘れしてしまう・・」ビジネスシーンに限らず、人前で話すことに不慣れな [続きを読む]