ゆっこ さん プロフィール

  •  
ゆっこさん: 八戸青春思い出ブログ
ハンドル名ゆっこ さん
ブログタイトル八戸青春思い出ブログ
ブログURLhttp://hachinohe1.sblo.jp/
サイト紹介文八戸で生まれ育ったのババアの青春思い出ブログです。
自由文1960年70年代、昭和45年から55年までの若かった頃のエピソードなどをつづり、もう一度八戸に活気を戻して欲しいと願う毎日です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/10/06 01:16

ゆっこ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 八戸でスーパームーン撮りました
  • 68年ぶりに最接近する大きなスーパームーンをスマホのカメラで撮りました。双眼鏡とスマホのカメラで調整しながら62歳でも頑張って撮りました。2016年11月14日八戸の午後7時頃の満月です。双眼鏡はだいぶ昔に丸光で買ったものです。友の会の商品券で買いました。2万円くらいでした。 して見てください。 [続きを読む]
  • 名も無い私にとって良い時代
  • 芸能人でも有名人でもない名も無い私にとって良い時代になったなと思うこの頃です。ここ10年20年でネットの世界は発展しつつある。有名人でもない田舎の叔母さんでもこうして言いたいことが発信できる時代になった事は驚きである。もし今自分が20代、30代だったらと思うとワクワクである。でも私は62歳の初老の女である。これまでの人生で楽しいこと、辛いこと、悲しいことなど人並みに経験して来ました。しかし今こうし [続きを読む]
  • カツ子の思い出
  • もう46年も前になるだろうか。カツ子ちゃん。克子のような。出勤バスでよく見かけたものだ。私が大好きだった会社の先輩の女の子カツ子と最後に会った場所は新長横町の銀馬車通りである。彼女が会社を辞めたので心配で会いに行ったのである。記憶を思い出せば彼女は洗濯板で洗濯をしていたのである。彼氏が出来たらしい。それも噂ではヤクザだと聞いている。心配になった私は会いに行った。何を話したかは記憶に無いが洗濯をして [続きを読む]
  • 一日乗車券「まちパス300」使ってみたよ
  • 前々から気になっていた八戸市の一日乗車券「まちパス300」使ってみました。300円で指定フリーエリア内を1日乗り放題できる乗車券です。近くのコープでもバス回数券は売っているが「まちパス300」は売っていない。街までバスで行き八戸市三日町の八戸ポータルミュージアム「はっち」1階インフォメーションで「まちパス300」300円を3枚買う。使い方を丁寧に説明してくれました。さっそく三日町からピアドゥ(イトーヨーカ [続きを読む]
  • 八戸三社大祭を見てきたよ
  • 毎年7月31日から8月4日まで開催される「八戸三社大祭」を見てきました。全ての山車を撮る事は出来ませんでしたがよろしければご覧ください。吉田産業グループ山車塩町附祭組下大工町附祭朔日町附祭十六日町山車組上組町若者連新井田山車組新荒町附祭吹上山車組鍛冶町山車組売市山車組八戸市職員互助会六日町山車組類家山車組 [続きを読む]
  • レインジャーでショッキング・ブルーそしてカルコーラ
  • かれこれ45年以上も前になるのかな。八戸市長横町八番街に喫茶「レインジャー」がありました。確かにあの頃、八戸の長横町のネオンは輝き元気があったのです。友達とによく「レインジャー」に行きました。1階はカウンターで2階はボックスや当時流行の同伴席がありました。「レンジャー」で飲んだカルコーラ、そこで初めて聴いた曲ショッキング・ブルーの「ヴィーナス(1969年)」(原題は、Venus)と「悲しき鉄道員(1970年) [続きを読む]
  • パーラータンタンの可愛い女の子
  • 昭和45年ころ八戸市八日町に「おもちゃのタンタン」がありました。赤いレンガ造りの2階建ての建物で大きな時計があり1階は「おもちゃのタンタン」で2階は喫茶店「パーラータンタン」でした。パーラーの入口はおもちゃ屋の店内からと丸光が見える側にと2ケ所の階段がありました。私はいつも丸光側からの狭い間口の階段を上ってお店に入りました。店内にはカウンターと窓際にはテーブル席が並んでいました。窓から三日町の交差 [続きを読む]
  • 十代で逝った少年
  • 私の記憶としてはかれこれ45年位前の事です。彼は17か18歳だったと思います。デーリー東北の新聞を見てショックを受け涙しショックを受け悲しかったです。この事件の年月などをネットで探したのに何も出てきません。余り古い事件なので出てたぶんH君を知ってる人の年代は私と同じく60歳70歳代と思います。私の知ってる限りでは彼は八戸市大工町のスナックで殺害されたのです。お店の名前は検索しても出てきません。殺人 [続きを読む]
  • 懐かしい緑屋と地下ジャルダンとジャガー
  • 1970年ころでしょうか八戸市三日町に緑屋デパート(1968年開店 - 1986年閉店)がありました。当時としてはおしゃれでハイカラな洋服が売ってましたね。私は緑屋で青いオーバーコートを月賦で買いました。今ならクレジットと言うでしょうね。今思えば当時は洋服は高かったです。水色のミニのワンピースを買いました。7000円くらいしたのを覚えています。それを着てゴーゴーダンスに行ったものです。その緑屋の地下には飲食 [続きを読む]
  • 八戸市ロー丁の大陸飯店の五目そば
  • 今ではすっかり人通りも少なくなった八戸市ロー丁の通りに「大陸飯店」がありました。ロー丁は昭和40年代は長横町の次に賑わっていた通りです。「大陸飯店」は会社の上司や先輩によく連れていって貰った中華料理店です。「ここが一番美味い店だよ」と皆が言ってたのを思い出します。寒い冬にお店に入ると中は暖か、中央に大きなダルマストーブがありました。ダルマストーブを囲むようにテーブルがありました。よく食べたのは五目 [続きを読む]
  • 喫茶店プランタンで朝まで
  • 昭和40年ごろ、三日町に喫茶店「プランタン」がありました。お店の中にボックスを熱帯魚の水槽で区切ってありました。熱帯魚を眺めながら待ち合わせしたものでした。朝の8時頃まで営業していましたね。土曜日のオールナイト映画の後にモーニングを食べたりもしました。コーヒー1杯で何時間も友達とおしゃべりしたものです。今はコーヒー1杯で長居できるお店はないでしょうね。当時は喫茶店は沢山ありました。古き良き時代にな [続きを読む]
  • ロー丁の歌声喫茶アルネ
  • むかし、むかし八戸市ロー丁に「アルネ」と言う山小屋風の喫茶店が喫茶店がありました。お店は階段を上がった2階にありました。中は結構広かったです。ボックステーブルが沢山ありました。会社の先輩に.誘われて初めて行った日、十数人の若者達が歌を歌っていました。手に歌本を持ち皆が声を合わせて合唱団のようでした。歌ってる曲は当時の流行歌でもなく、教科書に載ってるような歌が多かったようなきがします。歌ってる若者た [続きを読む]
  • つまらん読んでてヘドが出るブログに初コメントが付きました。
  • このブログはコメント不可にしてたつもりだったのですが、一記事だけコメント可自動表示になってました。先程気づきました。コメントしてくれた方、返事が遅くなってごめんなさいね。そんな訳でせっかく戴いたコメントはしっかり表示します。コメント可にしても良いのですが。中傷、いやがらせコメントや返事が遅くなりお叱りを受けたりしました。ブログストーカーにも遭いました。毎日10回もコメントくれるんですね。今はコメン [続きを読む]
  • ローソン八戸コンビニ強盗15歳高校生逮捕
  • 青森県八戸市六日町のコンビニ「ローソン八戸六日町店」でのコンビニ強盗事件。八戸市に住む男子高校生が強盗容疑で逮捕されました。少年は4日から家出し、保護者が捜索願を出していたそうです。家出して東京都内の宿泊施設で保護されたそうです。奪った10万円を家出資金にしたのでしょうか。防犯カメラの映像を見る限り知ってる人なら判りそうですね。防犯カメラの映像を報道で見た住民から情報が寄せられたそうですから。15 [続きを読む]
  • 蕪嶋神社全焼、残念!
  • 5日未明に八戸市鮫町鮫の蕪嶋神社が全焼した火災は誠に残念でした。子供の頃は蕪嶋神社のお祭りにはよく行きました。蕪嶋祭りの露店でお菓子やオモチャを買って貰うのが楽しみでしたね。2歳上の兄はヒヨコを買い電球で暖めて育ててましたね。立派な鶏に育ちました。ある日、父が鶏をさばいて夕食の鶏鍋にしてしまいました。何も知らない私は鶏がさばかれるのを目撃してしまい大変ショックを受けてしまいました。その晩の鶏鍋を食 [続きを読む]
  • 長崎屋の思い出
  • 長崎屋の思い出話をします。長崎屋は昭和45年11月に華々しくオープンしました。私が青春真っ只中、高校生の頃です。長崎屋の1階に「パーラー長崎」がありました。外から見えるガラス張りで明るいお店でした。メニューはナポリタンやコーヒー、パフェなど。髪が長く、目バッチリお化粧のウエートレスが働いていました。ウエートレスの女の子はトランジスタグラマーでいつもカウンターに重そうな大きな胸を乗っけていました。よ [続きを読む]
  • 板橋食堂の中華そば、うまかったな
  • 昭和45年、高校生だった私は、学校が終わるとよく食べに行った中華そば屋。八戸市鷹匠小路・ロー丁の板橋食堂です。当時、お店はロー丁の角、今の板橋ビルの場所にありました。同じロー丁、六日町寄りにもう1軒板橋食堂がありました。六日町寄りのお店の2階に上がって食べていました。いつも込んでいました。よく食べたのは中華そば、チャーシュー麺、鍋焼きうどん、いなりずし。煮干し出汁の中華そばは美味しかったです。鍋焼 [続きを読む]
  • 何も無い八戸で悪かったな
  • 2002年(平成14年)12月に東北新幹線(盛岡・八戸間)が開業したときの事です。新幹線開業を前に八戸が盛り上がってる頃、何処の局だか忘れたがかの有名なアナウンサーが司会をしていた情報番組で八戸の開業を批判しておりました。なんと批判したか。番組では「何も無い八戸に新幹線は税金の無駄」と声高々に批判しておりました。わざわざ取材に来て八戸駅(旧尻内駅)周辺をロケして回りは畑ばかりで何も無いと。こんな所に新幹線 [続きを読む]
  • クドウキチとイシオカ
  • まだ管理人が若かった10代の頃、ファッションはミニスカート全盛時代である。その当時三日町にクドウキチとイシオカという洋品店がありました。どちらも若向きのおしゃれで可愛い洋服がいっぱいでした。クドウキチの真っ赤な店の外装は当時ではとても斬新でした。そこで私はSサイズのブラウスを7000円位で買つた思い出があります。その頃の八戸あたりの高卒のお給料は2万5千円位だったと思います。7000円はとても高か [続きを読む]
  • バス停で並ばない
  • 昔からバスを利用して来た。バス停では並ばないのは八戸では当たり前なのだ。まったく自分が子供だった頃からまったく進歩していない。八戸人として恥ずかしい話をします。昔はいつもバスは込んでいた。バス停にバスが止まると皆が我先にドアの前に押し寄せる。まるで悪夢のようである。一番早くにバス停に着いても最後になる事も。押しのけ跳ね除け乗ったものだ。体の大きな人には負けてしまうのだ。よくスカートの裾を踏まれたも [続きを読む]
  • 八戸中心街、ババアばかりじゃないか
  • 昔は何をするにも八戸の中心街三日町とかに出かけたものだが、街に行かなくても近所の商店街で用が足りるようになりました。しかし役所の用事だけは街に出かけます。いつもバスで三日街で降りて市役所まで行き用を足し中心街をブラブラしてみる。自分と同じくらいかそれ以上の高齢の女性、簡単に言えばババアばかりです。自分もババアの一人ですが。空き店舗が多く活気がありません。若者が少なければ当然です。まあ仕方なく行って [続きを読む]
  • 過去の記事 …