Amyloves さん プロフィール

  •  
Amylovesさん: Life in Berlin
ハンドル名Amyloves さん
ブログタイトルLife in Berlin
ブログURLhttp://amorestaaqui.blogspot.de
サイト紹介文2013年ベルリンに引っ越しました。 今まで見てきたものを忘れずに生きていけますように。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/10/06 04:19

Amyloves さんのブログ記事

  • 新しいブログを始めました。
  • またしばらく更新をしておりませんでした。日本からベルリンに戻ってはや2週間が過ぎました。やることが多くて、なんだかいっぱいいっぱいでしたよ。常にそうなんですが。ところで、タイトル通り新しいブログを始めました。「女子の押し売り」 http://joshiuri.com今まで書いてきたこのブログとはがらっと雰囲気を変えてみています。ベルリン情報、移住、海外生活のあれこれ、どちらかと言えば、ドイツ→日本へという目線で書いて [続きを読む]
  • 動物の誇りを取り戻して欲しい。
  • 犬を飼っている。正確に言うと、両親の住んでいる家で両親が犬を飼っている。もっと正確に言うと、私は犬を飼っていた。6年ほど前、私はその家で暮らしていたので、私も犬と暮らしていた。彼の名前はサンちゃん。太陽のサンちゃん。 うちの犬が我が家にやって来た経緯は以前書いたので省くけれど、こちらに書いている。→http://amorestaaqui.blogspot.jp/2015/10/blog-post_16.html今回私は1年ぶりに彼と再会したのだけれど、 [続きを読む]
  • やっぱり本が好き!ベルリンにどの本を持って帰ろう? 
  • いろいろと書くべきことがあるのに、今日は何を書いてもだめで、そんな文章を人の目にさらすわけにはいかないので、今日書いた文章はお蔵入り。でもそんな文章たちはドラフトに入れておく。時間が経って読み返してみると、この視点はいいなと思って、敗者復活することも珍しくないので、なるべく消さないようにしている。 でもやっぱり何か書きたいので、何も考えずにこのブログを書いてみている。 さて、今日は読書のこと。本は [続きを読む]
  • きみのまちははれてるかな?  
  • 先日20年以上一緒にいる友達が「あさになったのでまどをあけますよ」という絵本をくれた。「この本を見つけて、絵美ちゃんを思い出して!」と言って、わざわざ買ってくれたのだ。それだけで、泣けると言うのに、絵本の内容がまたいい。世界中のどこかに住んでる人が、朝起きて窓を開ける。そこからは、大好きな風景が見える。ある人は、自然に溢れる山。ある人は賑やかな街の中。またある人は晴れているのに、雨が降っている風景。 [続きを読む]
  • 佐賀で過ごすレトロな1日
  • 先日の投稿とは、日付が前後するのだけれど、1月4日に着物を着て、初詣へ行ってきた。着物が大好きで、小さい頃は「毎日着物を着てすごす大人になりたい!」というのが夢だった。何を間違ってか外国に行ってしまったので、その夢は1年に一回の帰国の時に存分に堪能することにしている。今回私は紫の着物を選んだ。姉がヴィンテージの着物屋(昨日投稿したところではなく)で買ったもので、帯は骨董市(蚤の市のようなもの。たいて [続きを読む]
  • 佐賀で過ごす1日。
  • 今日本へ一時帰国の真っただ中である(6年ぶりのお正月だった!)。実家は知名度のまったくない九州の佐賀県にある。昔なんという番組名か忘れたけれど、うっちゃんなんちゃんのコメディーを見ていると、熊本出身のうっちゃんが佐賀県のことをネタにしていた。「ヨーロッパで言えば、ルクセンブルク的存在」と言っていたのだけれど、まさにその通りの地味〜な県です(ルクセンブルクに失礼)  そんな地味な県・佐賀県の魅力を伝 [続きを読む]
  • 旅の始まり。
  • 約1年ぶりに実家に帰ってきている。九州地方はお正月から驚くほどの快晴で毎日ぽかぽかと暖かい日が続いている。ベルリンは−7度、体感温度−11度と聞いているから、今から帰るのが恐ろしい。実家のお座敷の縁側には暖かい日差しが惜しみなく入ってくる。母がインテリアに、と置いた地球儀が太陽の光を浴びて少しだけ色が剥げかかっている。  その地球儀は、私が10歳の時の誕生日プレゼントに買ってもらったものだ。その頃我が家 [続きを読む]
  • 金曜に思い出した雨の日のドーナツの味 
  • ベルリン郊外の森で切ってきたモミの木にクリスマスの飾りつけ。 わざわざ森まで行くところがなんとも。金曜日になると、私のフラットメイトのセリーナ(イタリア人)は彼女の子どもとその友達のためにパンケーキを焼く。私もまるで彼女の子どもであるかのように、横から“Ummm, Yummy!”とパンケーキの香りを大げさに鼻で吸い込む仕草をすると、「エミの分もあるよ!」と彼女は焼き立てのパンケーキを一枚くれた。ごめんね、欲し [続きを読む]
  • 午後4時の作家のお酒。
  • もう亡くなってずいぶん経つけれど、今でも大好きな作家の森瑤子さんは生前、午後4時になると家族も誰もいないリビングで一人でジントニックを飲むのが好きだったらしい。午前中に家事をすべて片付けて、昼から取り掛かった執筆を午後3時までに目途をつけて、すべて片付いたリビングで一人でよく冷えたジントニックを飲む時、「生きていてよかった」と思うのだと、同じく作家の山田詠美さんが女性誌のエッセイで書いていた。まだ [続きを読む]
  • ドイツの冬が好き。
  • ドイツの冬が好きだ、とドイツ人たちに言うと、彼らは一斉に眉をしかめる。「こんなに毎日曇り空なのに、どこがいいのさ!僕は嫌いだね」と彼らは口を揃える。ドイツ人とこの手の話をしていておもしろいな、と思うのは、彼らにとっては寒さはそこまで苦ではないらしいということ。彼らの口から出るのはとにかく天気、日照時間のこと。日光を浴びれないことは彼らの精神状態にどこまでも悪影響を及ぼすらしい。私はと言えば、寒さに [続きを読む]
  • 秋の湖とベルリンの音
  • 2012年から細々とずっと続けてきたブログだったのに、なんと更新が約5ヶ月もあいてしまった。書くことがなかったわけではないけれど、なんとなくこのブログときちんと向き合えないまま、時だけが流れてしまった、という感じだ。とても時間が経ってしまったけれど、今やっとまたこちらでも書きたいなと思えるので、今日からまた再開することにします。美しいドイツとベルリンのことをちょっとずつ書いていけたらいいな。 さて、週 [続きを読む]
  • ベルリン・フリーランスビザ備忘録
  • 海外で暮らしたいと思いながらも、ワーキングホリデーや留学以外では外国に長期滞在するのは難しいと思っている方も多いですよね。私もそうでした。実際に私はスペイン→留学、オーストラリア→ワーホリ、シンガポール→就職、ドイツ→ワーホリ、就職を経て今年の6月に無事にフリーランスビザが取れました。  今回は自身の記録も兼ねて、フリーランスビザの取得準備について書いてみたいと思います。ドイツでビザ問題を抱える誰 [続きを読む]
  • ベルリン・フリーランスビザ備忘録
  • 海外で暮らしたいと思いながらも、ワーキングホリデーや留学以外では外国に長期滞在するのは難しいと思っている方も多いですよね。私もそうでした。実際に私はスペイン→留学、オーストラリア→ワーホリ、シンガポール→就職、ドイツ→ワーホリ、就職を経て今年の6月に無事にフリーランスビザが取れました。  今回は自身の記録も兼ねて、フリーランスビザの取得準備について書いてみたいと思います。ドイツでビザ問題を抱える誰 [続きを読む]
  • 森の名残
  • 先日イタリアへのバケーションから帰ってきた。数日前は燦々と輝く太陽の下で肌をこんがり焼いていたのに(毎年毎年、お肌に悪いので今年こそやめなければ、と思うのだけれど、毎年結局やめられない)、今日は曇り空の下にいる。昨日の夕方、雨が降りだして、散歩からの道のりをずぶ濡れになって帰ってきた。天気予報を見ていない私が悪いので、私には不平を言う資格がない。それに、私は雨が好きだ。特に7月の雨は日本の梅雨を思 [続きを読む]
  • あの日飛行機に乗ってよかった。
  • 少し前のことになるけれど、6月15日晴れてドイツでのフリーランスのビザが取れた。去年の9月にその頃勤めていた会社から「翌年の契約更新は出来ない」と告げられ、当時は本当に打ちひしがれた気持ちだった。2012年から2014年にかけて本当に嫌なことばかりあって、2015年は「やっと暗闇から抜け出せた!今後はもう楽しいことが待っている!」ととてもポジティブに物事を捉えられるようになった時期だっただけに、契約解除には本当に [続きを読む]
  • #Berlin #Summer
  • 日曜日仕事を終えて一息ついていると、「アイスクリーム食べに行こうよ!」と呑気な誘いの電話が入る。「ビールの方がいいな」と言うと、「いや、アイスクリーム」と彼は譲らない。  身支度をして外に出ると、あまりの眩しさに目を細める。日本よりも日差しが強いと感じる。冬場は何日も太陽の光なんて見ないのに、今の季節のベルリンは光に満ちている。長い間待ち続けた光。それでも、北国の夏はあまりにも一瞬だ。 ポツダマー [続きを読む]
  • ドイツ終戦記念日
  •          71 years ago today WWII end here in Germany. 昨日今日とベルリンは信じられないくらいの快晴で、5月もまだ半ばだと言うのに夏日だった。午後shöeneberg を歩いていたら、つまづきの石の側に白い薔薇が手向けてあるのを見つけた。後から気づいたけれど、今日はドイツの終戦記念日だった。この金色の石はつまづきの石と呼ばれていて、ナチによって迫害された人たちの情報が刻まれている。一人一人の名前 [続きを読む]
  • ロジック命!ドイツでの問題対処
  • 今日、銀行口座の振込や残高などをチェックしていた時のこと。何やら不審な引き落としが!!!そんなにたいした額ではないけれど、私の口座からお金をむしり取ろうとする不届き者は誰!!??とよくよく調べて見ると・・・泣く子も黙る Google であった・・・・Googleからなぜお金を引かれる理由があるのだ! いや、ない!まずは即刻取引先銀行に電話をして、これがなんなのか調べてもらったけど、さっぱり心当たりがなく。次は [続きを読む]
  • Raining Berlin...
  • I like rain. When I am waiting for rain stop, lot of memories recall Suddenly. I like these nostalgic feelings. Not bad.#Berlin #Germany 雨が好きだ。街角で雨が止むのを待っていると、いろんな思い出が蘇ってくるから不思議だ。大昔に行ったベトナムの街角で雨宿りをしていた時のこととか、生まれた街の雨上がりのアスファルトの匂いとか。 悪くない。#ベルリン#ドイツ Emi Ogataさん(@emiinberlin)が投稿した写真 [続きを読む]
  • 星座別限界突破力ランキングにて思ったこと
  • 12星座【限界突破力】ランキング 蠍座はギリギリ命の瀬戸際で驚異的なパワーを発揮! | i無料占い先日なにげなく見つけたこの12星座にまつわる記事。その名も「12星座限界突破ランキング」、12星座の中で最も試練に立ち向かう星座をランキングしたもの。私はその結果があまりにもその通りで大爆笑(個人的に) 自分の星座・蠍座は堂々の一位!まぁ蠍座ってこういう立ち位置だよね・・・と自分でも納得。しかしそれ以上にと [続きを読む]
  • 祖母の形見の時計を無くして思ったこと。
  • 土曜から日曜にかけてとても天気がよかったベルリン市内。天気がいいと、「外に出なくては!光を浴びなくては!」というほとんど強迫観念にも似た衝動に駆られて、公園でピクニック。皆同じことを思うのだろう。こういう日のベルリンは「人が涌く」。 ピクニックの予定だったけれど、最終的に曇ってきたので近くのカフェへ場所を移そうとしたところ、気がついた。「時計がない!!」しかもその時計、7年前に亡くなったおばあちゃ [続きを読む]
  • 臥薪嘗胆とレバーの悲劇 
  • 私は昔から貧血なんだけど、ここ1年ほど生活にも影響するほどひどいので昨年の夏にベジタリアン生活をやめ、肉食に戻った。貧血の人は早く老けるというので、これは治療しないと!ということで、病院に行き、さらには料理も貧血改善メニューに。ホウレンソウは普通のスーパーにはなかなか置いていないので、クレソンだとかビーツだとかを多く摂取するように心がけるようにしていた。そこで、勢い余ってレバーを購入してみた。悲劇 [続きを読む]
  • Adelが嫌いだ。 
  • 最近、もはやアデルが嫌いだ。 去年なんてHelloが至るところで流れていた。もうさ、やめてくれないかな〜アデルはこの曲で何人の人を泣かせたんだろう。男性が未練たらしい曲を歌うのは想定の範囲内だけど、女性はいかん。あんな悲しいHow are you?ってある?中学1年生で習うようなこんな一文、今まで死ぬ程口にしてきたけど、このhow are youはいかん。 元気かな、元気だといいな、でも今はもうそれさえ聞くことはない、とでも [続きを読む]
  • シンガポール冤罪事件
  • 以前暮らしたことのあるシンガポールのことを仕事で使うので調べていたら、驚くべきことが。まったく、なーーーんにも覚えていない!!自分がシンガポールの時に使っていた銀行のことを調べる必要があったんだけど、そもそもどこの銀行かすら覚えていない。というか、誰が口座開設したの?私??という具合に記憶に空白が・・・。人の記憶ってこんなにいい加減なんだろうか。人間とは自分に不都合なことはバンバン忘れていくのね・ [続きを読む]