タカシ さん プロフィール

  •  
タカシさん: 絶対上々!!ブログ
ハンドル名タカシ さん
ブログタイトル絶対上々!!ブログ
ブログURLhttp://motohikikoori.ldblog.jp/
サイト紹介文高校中退元ひきこもり。独学で高卒認定、同志社大学に合格。無い内定卒業。ほいで、働くことになった人。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2015/10/06 09:10

タカシ さんのブログ記事

  • 刺激のない日々は、願望を持つこと自体を難しくさせると思うハナシ
  • ここのところ、ほぼ家にこもりっきり。バイクの自賠責保険が切れたので、毎日かろうじて買い物のために1時間くらいは歩いているけど、それ以外の時間は、ずっとネットやってる。YouTubeをみたり、ブログを書いたり、英語でニュース読んだり。しかし、こういう生活には、刺激がないため、脳がだんだんとマヒしてくる。すると、何かしらの願望を持つことも難しくなってくる。「願望?・・・なにそれ?」「人見知り克服?・・・なにそ [続きを読む]
  • リアルというオープンワールドに踏み出すの怖すぎ
  • 地元を去るまで、あと1週間ちょっとしかない。いよいよだ。そう思うと、ジンワリと汗がにじみ出てくるし、スーツケースの荷造りをする手が震える。人生初だらけ人生初であるものが、破竹の勢いでなだれ込んでくる。就職、人間関係、新幹線、飛行機、海外、集団生活、英語、接待、飲み会のセッティング。オープンすぎる。やっぱり、ぼくには場違いだ。オープンすぎるワールド4月からプレイするゲーム、オープンワールドすぎ。ただで [続きを読む]
  • 大学入学祝いとやらにグチをこぼしている2015年のぼくをご覧ください
  • ここのところ過去にかいた感想文を掘り起こすばかりだ。しかし、これから新生活が始まるんだなぁなどと考えていると、なんとなくそうしたくなってくる。入社したら、こんなのんびり振り返っていられないだろうし。そんなわけで、今回は、大学の入学祝いとやらについて愚痴こぼしている、2015/04/25のぼくだ。大学の飲み会ぼくの向かいに座っている彼女の左手首には、ピンクシルバーの真新しい腕時計が光っていた。大学のとある飲み [続きを読む]
  • 4月から就職するにあたって、ぼくに忘れてほしくないこと
  • 就職が不安だ。来年のぼくは、生きているだろうか。じつに心配なので、まだこうして元気なうちに、くっさいくっさいことを、今からいっておこう。それは、来年のぼくには忘れてほしくないことだ。学生時代のぼくのマインドぼくの学生生活は、ここで何度も書いているように、とても苦しいものでした。とくに最初の2年間は。アルバイトと勉強ばかりで、1日に終わりがありませんでした。通学時間も、講義の合間の15分も勉強しました。 [続きを読む]
  • 他人のブログを見て回ったら、ぼくの進歩のなさに引いたハナシ
  • ひさびさに他の人が書いたブログを見てまわった。そしたら、みんなの進歩するスピード。はやすぎ。レイアウトセンスありすぎまずブログを訪問した時点から、光りかがやくレイアウトのセンス。ありすぎ。ちょっと前にのぞいたときは、お世辞にも見やすいとはいえなかったブログもある。しかし今回、ひさびさに再訪するといつのまにやら、プロのブロガーらしいレイアウトになっていた。レイアウトだけで訪問者の興味をキャッチしすぎ [続きを読む]
  • 貯金と出費を調べた結果、驚愕の事実が発覚したハナシ
  • これから就職するにあたって、お金の計算をした結果、ひどいことになった・・・。就職の準備と月々の出費4月から必要となるものは、いろいろある。高額なものだと腕時計、スーツケース、パソコン、コンタクトレンズ。靴下や名刺入れなど、細々としたものも、意外にも結果的にかなりの額になった。合計すると約7万円なり。月々の支払いは、主として奨学金の返済、通信費、教習所のローン。通信費と教習所のローンは、それぞれ1万円 [続きを読む]
  • 情報社会での買い物に辟易してたら、なぜか草枕を思い出したハナシ
  • Amazonでいろいろなものを買った。合計で、2万円相当。そのなかで、最も高額なものはスーツケースとなった。しかし、こいつが厄介だった。もう、きらい!!情報過多こいつのせいで、この2日間ずっと悩んでた。どれほどかっていうと、もうパソコンの画面を見すぎて気持ち悪くなってしまうほどね。しかし、これでやっと解放されたので、スッキリ。一方で、いささか情報に振り回されていた感は残る。Newspicksなどを購読して意識高く [続きを読む]
  • 小学生時代から「無表情オトコ」と呼ばれてたぼくの喋り方がひどかった
  • もし自分が、他人として存在していたら、仲良くなりたいと思うだろうか。そんなことを想像していると、身体の中が恥ずかしさで熱くなってきて、こう思う。「絶対に仲良くなりたくねぇわ」第一印象は、怖い人ぼくが他人としての自分に出会ったとしたら、まず怖いと思うに違いない。というのも、ぼくは会話をするときに、相手の目を見ないどころか、顔すらも向けないことがあるからだ。例えば、アルバイトへ出勤したときのこと。ぼく [続きを読む]
  • 学費を自分で払っていた大学生のぼくは、土日をこう過ごしていた
  • 長くつづけているわりには、記事数が少ないぼくのブログ。その理由は、じつは何度か、いくつかの記事を非公開にしているからなのだ。なぜ非公開にしたのかは、そのつど色々とあるけど、それはこの際、置いておきましょう。で、その非公開にした記事をパラパラと読み返していると、以下のような学生時代の記事をみつけた。その中でぼくは、当時働いていた飲食店アルバイトについて、とくに土日のシフトについて言及している。まるま [続きを読む]
  • 京都小旅行のまとめ。15時間の体験で感想文4つ。旅行ってイイネ!
  • 先日いった京都小旅行。大まかな流れは、以下の通り。20時半頃に京都について一泊。そして、翌日の昼過ぎには帰阪。時間にして約15時間ちょっと。ち〜ん。それだけ。にしても、たったそれだけの滞在で、4つもの感想文を楽しく書けた。改めて時系列にまとめる。1日目の夜初めての一人飲みを体験してみた。この経験以来、大阪でもまた一人飲みしたくてウズウズしてる。みしり@motohikky0taka絶対上々!!ブログ : 人生初の一人Barデ [続きを読む]
  • 調子こいて京都の鴨川沿いを11.4kmも歩いたら腰を痛めたハナシ
  • 一人Barデビュー後、例によってルーマプラザへ。みしり@motohikky0taka過去に書いたことがあるカプセルホテルに、また泊まったwどんなけ好きやねんw 絶対上々!!ブログ : 人生初めてのカプセルホテル。京都祇園『ルーマプラザ』に宿泊してみた https://t.co/7NacU58OAS2017/02/28 16:06:55とりあえず温泉に入ったら、カプセルに入って道中で買った汚くて古い本を読む。僕が大好きな作曲家の伝記だ。うとうとと眠気に耐えなが [続きを読む]
  • 人生初の一人Barデビューしたときの僕の悪戦苦闘っぷり
  • 人生初の一人Barデビュー。かなり緊張した。夜の街を歩くのが怖い 21時頃、京都に到着。僕はいい歳をして、夜の街を歩くことが怖い。そこにいると、明かりがたくさん灯っていようが、人がたくさん歩いていようが、焦りのような不安に囚われて、安全なシェルターを求め、喚きながら走り逃げたくなる。芥川龍之介の『トロッコ』の読後感、まさにアレ。ツルッツルな子どものまま、大人になってしまった部分だ。だから、本当はす [続きを読む]
  • 高校中退ひきニートが受けた侮辱は、こんな感じ。負けるな中卒!
  • 高校中退の中卒。ただの中卒以上に低い学歴。日本の教育制度上、最も低い学歴だ。この最低学歴でアルバイトを探していたときや、やっと採用してもらって働きだしたとき、それはそれはとても悔しい思いをした。中卒は電話の時点で断られる本気で大学進学に向けて行動を始めた頃のこと。受験費用や学費を貯めるために、僕は週5でアルバイトを始めたかった。だから毎週、わざわざ人が少なくなる深夜を待っては、それから1時間かけて歩 [続きを読む]
  • 偏差値よりも自分が頑張れるフィールドで大学を選ぼう
  • 大学を選ぶにあたって、受験生が最も重視する点は、偏差値かもしれない。しかし、本当にそれだけで大学を選んじゃっていいの?高い偏差値は確かにスゴイ 大学の偏差値は、高ければ高いほどスゴイ。確かにそうだと思う。だって偏差値とはつまり、基本的にはどんな人でもできる勉強という行為を、日本全国の受験生が一斉に競争して得た結果だから。何万人で行う競争でトップレベルって、それはもう本当にスゴイことだ。でも偏差 [続きを読む]
  • FF15をこれからプレイする人は、何も情報を耳に入れるな!!
  • FF15をクリアした。レビューはしないけど、書きたいと思ったのでどうしても書く。やる気と感動を半減させる事前の情報自分が気になるゲームがあるとする。だいたいの人は、ネットでそのゲームについて調べてしまうだろう。僕もそうだ。しかし経験上、それで得た情報は、どんなに悪いものでも良いものでも、全く有益にならないどころか害でしかない。プレイする前から「クソゲー」とバッシングされているレビューを見ると、なんかや [続きを読む]
  • 母が左肩の激痛を訴えたので、慌てて救急車を呼んだハナシ
  • 15時頃に寝落ちをしたときの、目覚めの悪さ。身体も心も溶けたアスファルトのようにべったりとしている。あぁ・・・気持ち悪い。なぜこんな、中途半端な時間に寝てしまったかというと、こんなことがあったからだ。「イタイ・・・イタイ・・・」そもそも23時頃にぐっすりと就寝したはずである。しかし、徐々に何者が無意識下から僕を引き寄せていく感覚があって、ふと目が覚めた。時計をみると、3時過ぎ。「なぜこんな時間に目が覚 [続きを読む]