懐古堂九郎 さん プロフィール

  •  
懐古堂九郎さん: じぃじ速報
ハンドル名懐古堂九郎 さん
ブログタイトルじぃじ速報
ブログURLhttp://jiiji-soku.blog.jp/
サイト紹介文還暦じぃじののほほんブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供323回 / 350日(平均6.5回/週) - 参加 2015/10/07 14:42

懐古堂九郎 さんのブログ記事

  • 紅茶に入れて3カ月飲み続けるだけで!? 「シナモン」には育毛効果があった!
  • 《 紅茶に入れて3カ月飲み続けるだけで!? 「シナモン」には育毛効果があった!》京都の銘菓「八つ橋」や「お屠蘇」の材料としても知られているスパイスの王様、シナモンは旧約聖書にもその名が出ているほどの世界最古のスパイスであり、古くから薬用としても愛用されてきた。漢方では枝(桂枝)と皮(肉桂)の両方が使用され、生薬として鎮静、鎮痛、抗菌、血圧降下、覚醒、抗ストレス、発汗、解熱、整腸などに用いられてきた。 [続きを読む]
  • 中国でポケモンGO脅威論、「非公表の軍基地探査も可能」
  • 《 中国でポケモンGO脅威論、「非公表の軍基地探査も可能」 》 [北京 15日 ロイター] - 任天堂<7974.T>のスマートフォンゲーム「ポケモンGO(ゴー)」をめぐり、世界最大のスマホゲーム、オンラインゲーム市場の中国では、米国や日本が中国を攻撃する際の「トロイの木馬」になりかねないとの懸念が浮上している。ポケモンGOはスマホの位置情報機能を使い、画面を見ながら街中に隠れているポケモンのキャラクタ [続きを読む]
  • 引きこもりを20年放置した悲劇
  • 《 引きこもりを20年放置した悲劇 》 『「かわいそう」だから引きこもりの治療を拒否する悲劇』   ・100人に1人が発症 「統合失調症」の真実【3】  あっても利用しなければ、ないのと同じです。 かつて、統合失調症には治療法がありませんでした。統合失調症になったら、悪化するばかりでした。今は有効な治療法があります。けれども治療を受けなければ、治療法がない時代と同じです。悲惨な経過をたど [続きを読む]
  • 独身男が同世代に抱く「コンプレックス」TOP10、では断トツ一位は?
  • 《 独身男が同世代に抱く「コンプレックス」TOP10、では断トツ一位は? 》 「幸せは他人と比べるものではない」と分かっていても、輝いている友人を目の前にした時などは、つい自分と比べて落ち込んでしまうこともある。 特に、ライフイベントが多い30代独身男性はなおさらかも…。世の男性はどんなことにコンプレックスを感じることが多いのか?  同世代の男友達と比べて焦ってしまうことについて、30代の独身会社員男性200人 [続きを読む]
  • 高知東生容疑者、ホステスは「愛人と思われても仕方がないが知人」
  • 《 高知東生容疑者、ホステスは「愛人と思われても仕方がないが知人」 》 覚せい剤取締法と大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕された元俳優、高知東生(たかち・のぼる)容疑者(51)が、同容疑で一緒に逮捕されたクラブホステス、五十川敦子容疑者(33)との関係について供述していることが27日、分かった。 日本テレビ系「NEWS ZERO」などによると、高知容疑者は逮捕時にラブホテルの同じ部屋で就寝してい [続きを読む]
  • 舛添さんが「公明党」に見捨てられた、本当の理由
  • 《 舛添さんが「公明党」に見捨てられた、本当の理由 》「文春砲」から1カ月以上にわたってサンドバック状態だった舛添要一東京都知事がついに辞表を提出した。【舛添さん、都庁を離れることに】 常人ならばストレスで髪の毛がすべて抜け落ちてしまいそうな壮絶なメディアリンチも都議会の追及も、馬の耳に念仏という感じで受け流し、「五輪代表選手並にメンタルが強い」とまで評された舛添さんが、なぜここにきて急に心がポキン [続きを読む]
  • 駅の電光掲示板に「喜多方ラーメン」 どんな列車?会津若松で誤表示
  • 《 駅の電光掲示板に「喜多方ラーメン」 どんな列車?会津若松で誤表示 》 福島県会津若松市のJR会津若松駅で18日、列車の発車時間や乗り場を伝える電光掲示板に「喜多方ラーメン」と誤表示された。同駅では「原因がわからない」としている。  JRによると、誤表示が確認されたのは午後3時過ぎ。国鉄時代に作られた特急車両485系の「特急あいづ」としての最終運行で、同駅を発車するのを示すため、「サヨナラ [続きを読む]
  • すでに心は離れている? 妻に不倫されやすい男性の特徴
  • 《 すでに心は離れている? 妻に不倫されやすい男性の特徴 》 【相談者:40代男性】 私はこれまでに2度離婚を経験。いずれも妻の不倫が原因でした。また、結婚する前の段階でも浮気をされことが多いです。一体に何がイケないのでしょうか。私に原因があるのだろうかと本気で悩んでいます。浮気されやすい性格とかってあるんでしょうか。●A. 妻は夫に“男”としての魅力を求めている。結婚しても男と女であることを忘れて [続きを読む]
  • 「プチ整形」でまさかの失明 「鼻を高く」未承認剤の注射後
  • 《 「プチ整形」でまさかの失明 「鼻を高く」未承認剤の注射後 》  注射だけで気軽にできる「プチ整形」の一部で、失明や皮膚の壊死(えし)といった重篤なトラブルが起きている。 専門医によると、鼻を高くすることなどに使う充塡(じゅうてん)剤(フィラー)が原因だという。詳しい調査はされておらず、現在も使っているクリニックは少なくない。 近畿地方の大学病院に2014年、体のふらつきと右目の異常を訴える2 [続きを読む]
  • 親を捨てる 自分を犠牲にして親の介護する必要あるのか!
  • 《 親を捨てる 自分を犠牲にして親の介護する必要あるのか!》  介護費用や、徘徊老人による事故の賠償責任など、老いた親を持つ子供に降りかかるコストとリスクは大きな社会問題となっている。この難題に対し、新著『もう親を捨てるしかない』(幻冬舎新書)で「親を捨てる」という衝撃的な問題提起を行なったのが、宗教学者の島田裕巳氏だ。 島田氏は著書の中で、2015年11月に起きた「利根川心中」に触れている。埼玉県 [続きを読む]
  • 65歳まで定年が延びても「老後破産リスク」は減らない
  • 《 65歳まで定年が延びても「老後破産リスク」は減らない 》  いま、大きな社会問題となっている「老後破産」。現役世代の多くが抱くリタイア後の生活は、貯蓄と退職金を少しずつ切り崩しながら、年金で足りない毎月の生活費は年齢とともに自然と掛からなくなるだろうから何とか生きていける、という甘い見積もりだ。 2015年の家計調査報告では、夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦の生活費は月約27万円。しかし、リタイアしてか [続きを読む]
  • 強制わいせつ容疑で逮捕の東大生 親戚に山谷えり子参院議員も
  • 《 強制わいせつ容疑で逮捕の東大生 親戚に山谷えり子参院議員も 》 東京大学のインカレサークル「東大誕生日研究会」に所属する5人の東大生・東大院生が強制わいせつで逮捕された事件。その中に、かつて教育再生担当の首相補佐官も務めた山谷えり子参院議員(65)の親戚がいることが、「週刊新潮」の取材により判明した。6月2日発売号が報じる。*** 主犯格の東大工学部4年の松見謙佑(22)ら5人は、5月10日から11日未明にか [続きを読む]
  • 60歳以降は厳しい!年を取ったらできなくなる10の意外な職業
  • 《 60歳以降は厳しい!年を取ったらできなくなる10の意外な職業 》 みなさんは何歳まで働きたいですか?味の素株式会社が行った調査によれば、40代、50代の61.3%が「60歳以降も働き続けたい」と回答。一方、60歳以降の就業に関しての不安では「体力的に続けられない」がトップという結果が出ています。経済的な理由などから、定年後も仕事を続けたいと希望する人は少なくありません。しかし体力や認識力を要求される職業では [続きを読む]
  • 脳科学で認められた最強の勉強法3選
  • 《 脳科学で認められた最強の勉強法3選 》高校生のみなさん、中間テストに向けて、勉強していますか?大学生のなかにも、テストの準備を始めている人はいるでしょう。「私、記憶力がなくて…」「忙しくてなかなか勉強する時間が取れなくて…」「がんばって勉強しても、なかなか身につかない…」そんなあなたに朗報です!脳科学の分野では、より効果の高い勉強法について様々な研究がされています。それを詳しく紹介しているのが、 [続きを読む]
  • 東京都美術館「若冲展」 ついに「320分待ち」に呆れる声も
  • 《 東京都美術館「若冲展」 ついに「320分待ち」に呆れる声も 》  現在、東京都美術館で開催されている「若冲展」の人気が過熱。ネットには、目を疑うような行列報告が寄せられており、何らかの改善策を求める声があがっている。 「若冲展」は、江戸時代中期の画家・伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)の生誕300年を記念して開かれている展覧会。動植物を繊細かつカラフルに描く一方、ユーモラスな表現も多い若冲は、日本より [続きを読む]
  • がんを治すために改善した「7つの習慣」
  • 《 ステージ4の大腸がんからの克服! がんを治すために改善した「7つの習慣」》  「がんは生活習慣病」と語る野中秀訓氏による書籍『がんになって、止めたこと、やったこと』は、がん患者でない私にとっても驚きと発見の連続だった。普通の会社経営者である彼が、いかにしてがんを克服したか、そのノウハウをまとめた内容だが、これはがん克服記のみならず、健康かつ快適に生きたいと願うすべての人々に贈る「自分に合った [続きを読む]
  • がんを消す 「夢の薬」 オプジーボをみんなで使えば国が持たない
  • 《 がんを消す 「夢の薬」 オプジーボをみんなで使えば国が持たない 》 長寿は万人の夢だった。だから医学の日進月歩も歓迎されたが、がんを消す「夢の薬」が高価なあまり国が亡びてしまっては、元も子もない。 命をつなぐべき医学が、命を追い詰める現状をレポートする短期集中連載の第1回。今、あるべき死生観を問う対談である。  これまでとは違う仕組みでがんを消す“夢の薬”の登場に、今、世の中が沸いている。& [続きを読む]
  • 同じ業務で定年後再雇用、賃金差別は違法 東京地裁判決
  • 《 同じ業務で定年後再雇用、賃金差別は違法 東京地裁判決 》   定年後に再雇用されたトラック運転手の男性3人が、定年前と同じ業務なのに賃金を下げられたのは違法だとして、定年前と同じ賃金を払うよう勤務先の横浜市の運送会社に求めた訴訟の判決が13日、東京地裁であった。佐々木宗啓裁判長は「業務の内容や責任が同じなのに賃金を下げるのは、労働契約法に反する」と認定。定年前の賃金規定を適用して差額分を [続きを読む]