常々むぎょ さん プロフィール

  •  
常々むぎょさん: むぎょっていこう
ハンドル名常々むぎょ さん
ブログタイトルむぎょっていこう
ブログURLhttp://www.alwaysmugyo.com/
サイト紹介文日常と遊戯王と腐女子ネタの長文を書いてる
自由文twitter:https://twitter.com/alwaysmugyo
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/10/08 11:34

常々むぎょ さんのブログ記事

  • 「#うつ病川柳」kindle出版プロジェクト  始めます
  • どうも、むぎょです。自身の体験をもとに、「#うつ病川柳」という本を出すことにしました。出版するにあたって盛り上がれる話題がほしいので、クラウドファンディングで表紙のデザイン料を集めます。camp-fire.jp一口3000円からとやや高いですが、よろしければご支援をお願いいたします。拡散だけでも嬉しいです。#うつ病川柳 Kindle出版プロジェクトのクラウドファンディングが始まりました。みなさん宜しくお願いいたします [続きを読む]
  • 近況
  • 薬を増やしつつ職場に復帰した。現在は週三日で三時まで働かせてもらっている。周りの気遣いに押しつぶされそうになりながらも、なんとか働けている。つらくはないのだろう。多分。思ったより身体は動く。ただ、心の内側に巣くった虚無感はいまだ癒えずにそこにある。「しんどい」と言うのが怖い。今度こそ完全に止まってしまいそうで。一日中ベッドの中で世を恨みながら死んだように生きてしまいそうで。文章で稼ぐ金はひと [続きを読む]
  • メンがヘラっている
  • 誰かに委ねてしまうクセがある。大事なことは一人で何も決められない。中身がなんにもないからだ。ただ純粋に好きなものなどなく、あるのはただただ汚い執着心のみである。物語や小説といった文字の娯楽に対する、「私にも何かかけるはず」という無礼千万極まりない心である。16000文字の短編ですら執筆できない、週に一度3000文字の駄文を綴り人様から金をまきあげている詐欺師である。自分の綴る小説(と呼びたくないが便宜上呼 [続きを読む]
  • 三ヶ月の休職
  • 社会人になって半年。ある金曜日に出勤しようとするとどうにも気分が暗く、悪い予感ばかりし、自死を考える。休むことにする。月曜日に出勤しようとすると、メイクまですんだ時点で涙が止まらなくなる。会社に連絡し、一週間の休養をもらう。病院に行くと、薬の量を増やすよりまず休めとのお達し。三ヶ月間休むべきとの診断書をもらう。休職が決まってから会社にもう一度行って、産業医に見てもらったら「オーバーワーク」とのこと [続きを読む]
  • 死ぬという選択肢
  • これがうつ病の人間の標準的な思考なのか、私固有の思考なのかわからないけれど。日常のささいな問題に対する選択肢に「死ぬ」が入る。例えば、会社行きたくねーなと思ったときは「がんばって行く」「ずる休みしちゃう」の二択のはずが、いつの間にやら「死ぬ」が入っている。休日に何をしようと考えていても、「本を読む」「アニメを見る」などワクワクするような多様な選択肢の中に「死ぬ」という二文字が紛れ込んでいる [続きを読む]
  • 自分のファン暦3年の女の子に会ってきた話
  •  生きている間に、顔も名前も知らない人から「あなたのファンです!」と言われる確率はどれくらいあるのだろうか。有名人ならともかくとして、小さなブログを運営していただけの人間にファンというものはいるのだろうか? 私には、いた。せっかくなので会ってきた。 始まりは本当に突然だった。 就職したてでひいこらいってた時期に、後輩から突然リプが送られてきた。後輩「むぎょさんの三年来のファンがサークルにき [続きを読む]
  • 生活保護を叩きたくない、むしろバンバン受け取ってくれ
  • 生活保護を叩きたくない。受け取った金でパチンコに行こうが競馬に行こうが、はっきり言ってどうでもいい。私も、受けとることになっても漫画は買うだろうし。依存性はともかくとして、おんなじ「娯楽」のくぐりだよね。生活保護を叩く人たちの考えがわからない。もし将来勤め先が倒産して、失業保険もなくなって、頼れる人間もいなくなったとしたら?生活保護以外に頼れるとこなんてない。まさか、「自分は絶対にそうならない」と [続きを読む]
  • メンタル壊して早稲田中退、IT会社に入って1ヶ月の女の現況
  • 〜これまでのあらすじ〜早稲田の理系に入る↓勉強嫌いのため成績不振、4年で卒業できなくなる↓就職活動もうまくいかず、将来の希望をなくす↓精神を病み、大学内のカウンセリングや心療内科で投薬治療↓棚ぼたで就職先が見つかり(IT)、著しい回復を見せる↓3月に退学、4月から入社 薬は飲み続けている←今ココあらすじ終わり。回復してから友達や先輩後輩に何度か会ったけど、誰も私の精神的状況を尋ねてこない。そりゃ当然だ、 [続きを読む]
  • 遊戯王カフェ単騎特攻レポ
  • 決闘者達よ! サ店に行こうぜ!というわけで、念願の遊戯王カフェに行ってきた。すごいよね〜〜池袋でイベント開催なんて、まるで流行の大規模メジャージャンルみたい!ゼアルから入った遊戯王ファン歴5年の常々むぎょがお送りいたします。三週目の抽選でようやく枠ゲットして、アニプラカフェへ単騎特攻。王様のでっかい看板がお出迎え!エレベーターも遊戯王ナイズ。入場より早く来すぎて余裕の一番乗り。あああああ主 [続きを読む]
  • 「世の中結局カネ」ってむちゃくちゃ最高じゃん?
  •  むぎょだよ。初任給まだかな。 世の中結局カネなんだよね。 どれくらいかっていうと、超弩級のめんどくさがりな私が労働に従事するくらいにはお金って大切なんだよね。 何をするにもカネが要る。三大欲求から始まり、少なくとも日本という国ではどんなサービスを受けるにもカネがいる。 無料のサービスもたくさんあるって? いやいや、それはあくまでまともな人向け、「まともに見えるくらいの身だしなみが整えられるく [続きを読む]
  • もうすぐ新社会人、いのちだいじに
  •  むぎょだよ。もうすぐ社会人。 会社に行くまで一週間をきった。新入社員なんて使えないのが当たり前なんだ、不安があって当たり前、などと空元気を出してみてもやはり心にさざなみは立つ。 時間が経てば自動的に大人になれるなんてことはなく、今までの自分と地続きなまま場所と人間ががらりと入れ替わる。醜態をさらしながら、新しい秩序に適応すべく奔走することになる。環境の変化というものには、いつまでたっても慣れない [続きを読む]
  • 全人類は麻薬のために生きてる
  • 小6男児宅から大麻草 兄を逮捕 入手ルート捜査 NHKニュース「小学生が大麻を吸った」というわりかし衝撃的なニュースを知らされる。なんでも、中学生や高校生ならまだしも小学生の大麻使用というのはここ10年間で1度もなかったらしい。 ドラッグの有害性は学校で習うけど、小学生の時点で習ったかどうかはいまいち覚えていない。後の人生を壊さないためにも、小学1年生の時点で教えてもいいくらいなんじゃないかな。 ニュ [続きを読む]
  • 何故いじめられっ子は黙って学校に通い続けるのか
  •  むぎょだよ。スクールカーストは低いほうだったよ。 いじめの件数、調査をやり直したら3万件増えた 過去最多に 調査をやり直せば3万のケースが明るみに出てくる。いじめは一向になくならない。 少なくとも被害者だけで解決できない問題だからこそいじめが続くのであって、外部からの介入は必須条件だ。しかし、いくら陰湿な行為をされていても周りが気付けないようじゃ話にならない。 世間の注目が集まり、ようやっと支援 [続きを読む]
  • ハガキ塗れの年末年始【即興小説トレーニング】
  • 即興小説トレーニングで書いた作品を手直ししたものです。 ハガキ塗れの年末年始 冷たい空気をかきわけて、門の裏まで歩く数秒が億劫だ。ぶかぶかのサンダルから飛び出る足先が凍ってしまいそうで、私は急ぎ足でポストに向かう。 蓋を開ければ、紙の塊がギチギチに詰まっていた。輪ゴムで束ねられた大量のハガキは、使いづらい辞書のようだった。 うちの血筋は、やたらめったら兄弟姉妹が多い。おじさん五人、おばさん [続きを読む]
  • 作家志望は「即興小説」で量産すべし これで書けなきゃさっさと働け!
  •  むぎょだよ。隠れワナビ。 世の中に作家志望はごまんといる。小説という媒体の魅力にとり憑かれた者から、夢追い人の姿に憧れた逃避者まで。かく言う私もどちらかは知れず。……いやむしろ、両方の要素を併せ持っているのだろう。 しかし、作家志望を名乗るくらいであれば作品の一つもなければ格好がつかない。確かに小説家「志望」であれば作品がなくとも名乗ることはできるが、実際に物書きで生計を立てることを目指している [続きを読む]
  • 畜生婚儀【即興小説トレーニング】
  • 即興小説トレーニングで書いた作品を手直ししたものです。 畜生婚儀 祝福の鐘が鳴る。柔らかい日差しに包まれた教会には、主役の親族や友人たちがたくさん集まった。皆一様にハッハッと舌を出し、辺りは獣臭さに満ちている。ダックスフンドの司会と長毛種の神父が現れると、白く眩しい構内は静寂に包まれた。 遅れて、マルチーズの新郎が拍手で迎え入れられる。ふわふわの毛並みと小柄な体躯は愛くるしい姿だが、堂々と [続きを読む]
  • 受け入れてほしいなら暴言をやめてくれ
  •  むぎょだよ。穏健派だよ。 インターネットには様々な主張が溢れている。食べ物の好みからゲームのハード、便座の種類から政治的なものまで、あらゆるフィールドで区別と対立がある。 ぶつかり合いは時に過熱し、罵詈雑言が飛び交うひどい喧嘩にもなる。自らの正当性を声高に掲げる一方で、相手を全否定し人格をズタズタに傷つける暴言を吐き続ける。 それがいけない。 ウェブの冷たいところに少し潜れば、口に出すのもはばか [続きを読む]