ゴロ さん プロフィール

  •  
ゴロさん: メンドクサイけどお得な家づくりの話
ハンドル名ゴロ さん
ブログタイトルメンドクサイけどお得な家づくりの話
ブログURLhttp://collabo56.blogspot.jp/
サイト紹介文愛媛県の住宅会社に務める筆者が、快適な家の作り方や設備の選び方、考え方を思いつくままに綴ります。
自由文沖縄の大学、北海道の大学院で地球環境科学を学んだ後にコンピュータのハードウェアエンジニアとして6年働き、なぜか今住宅の温熱の専門家として働いている筆者が、家づくりについて思うことを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2015/10/08 13:02

ゴロ さんのブログ記事

  • 高垣家の光熱費[10月]
  • 家を建て、ずっと気になっていた光熱費。8月はテンヤワンヤでまったくまともなデータは取れず。9月は料理が本調子ではなく、エコワンの使い方もこなれておらず、10月からはやっと安定してきたので、発表します。 電気代:5200円(222kWh) ガス代:5200円(8?)---------------------------------------- 合計:10400円内訳はこんな感じ。電気、ガス合わせて、給湯に 1,200円。安い!と思いますが、さて、冬はどうなるか。そ [続きを読む]
  • 結露発生?!
  • 最低気温が10℃近くになってきました。愛媛。朝、窓を開けたら冷たい空気が気持ち良いです。そんなある日の朝、驚きの光景が、、、結露!結露!結露!ひゃー!まあひとまず落ち着いてください。確かにしてました。結露。ただコレ、室内ではありません。外側なんです。なにがどうなっているのか、説明します。まず、【条件その1】この日はあまり雲が無く、放射冷却で外壁側は熱を奪われていた。【条件その2】高垣邸のマドはAPW430 [続きを読む]
  • 続・輻射冷暖房のウソ?ホント?
  • 前回の続きです。単純に「輻射」だけでは家中を快適にすることができない、というのが前回の話でした。そりゃそうです。輻射冷暖房のパネルが見えない場所には、輻射熱は到達しませんから。じゃあどうするか?と言えば「対流」をデザインするんです。間取りで気流そのものをコントロールしたり、何らかの装置で空気を巡らせることも必要になるでしょう。ここ、読み間違えないで欲しいのは、「輻射冷暖房では家中を快適にすることが [続きを読む]
  • 輻射冷暖房のウソ?ホント?
  • 輻射式の冷暖房器、というものがあります。こういう物です。※PSグループWebサイトより転載この写真は「PS」と呼ばれるもので、金属製のフィンに温水や冷水を通して、輻射熱で暖めたり冷やしたりすることを目指した冷暖房機です。なぜ突然「輻射冷暖房」の話題か?!というと、実は、お問い合わせ頂いたから、です。輻射冷暖房を導入された方が、家を建てて2年経過した今、思っていたような快適な空間にはなっていないが何故?と [続きを読む]
  • 省エネ住宅 基本の「き」
  • ブログのアクセス解析をしていると、訪問者の半分が、初めて訪問してくださった方のようです。ということは、以前に書いたアレやコレを読むこと無く、唐突に読んでみたら突然断熱やら気密やらの話が書いてあることになるんですね。ということで、本当に基本的な話を今一度書いてみようと思います。以前書いたことから、何か進歩してるかも。最初に、本当の基本。熱の伝わり方は、3つしかありません。 伝導 放射 対流の3つです [続きを読む]
  • エコワンを使った感想
  • わが家の給湯器はエコワンです。ネットを徘徊してもなかなか情報が無く、良いのか悪いのか、ハッキリしないなーと思う人も多いようで、県内・県外からチラホラと質問を頂くことがあります。断熱性能の高いわが家では、暖房はあまり必要ないので、床暖房は設置していません。エコワンの仕事はもっぱら給湯です。今のところ、エコワン、良いです。以前住んでいた賃貸(ガス給湯器で給湯)での給湯費に比べ、非常に安くなりそうです。 [続きを読む]
  • 衣類乾燥機便利かも
  • 今日は熱の話では無いです。新居で導入してよかったことです。突然ですが、洗濯物の話。1.花粉症がひどく、洗濯物を外に干すと大変なことになる。2.梅雨時、洗濯物が乾かなくて参る3.急いで乾かしたい服があるが、コインランドリーが家から遠いわが家は1,2,3全てに当てはまります。困ります。特に1番。家族全員花粉症の高垣家です。その解決策が、ガス乾燥機&部屋干し、です!室内干しは時々見かけますが、ガス乾燥機 [続きを読む]
  • 気になる上下温度差
  • 「吹き抜けって熱環境悪いのでは?」多くの人が持っているイメージのようで、お客さんにもよく聞かれます。結論としては「断熱性能が高ければ大丈夫」です。20年前に、吹き抜けと天窓が流行った時期がありました。そして20年前にもなれば、断熱性能はほとんど重視されていない時代なので、十分な性能を持っていることは非常に稀です。そんな家の吹き抜けがどのような温度状況になるのか?夏の場合を考えてみます。そもそも、断熱性 [続きを読む]
  • わが家の床下事情
  • わが家は「床下エアコン」を採用しています。床下エアコンといっても、特別な機械を入れているわけではありません。普通のエアコンを、床下に冷気・暖気を吹き込むように設置しているだけです。断面はこんな感じ。夏の間は床下の湿気が嫌なので、ドライ運転中です。灰色の部分、コンクリートでできた基礎の部分は、室内側、室外側、両面に断熱材を貼り付けています。さらに、基礎の底の部分、土と接している箇所にも、全面に断熱材 [続きを読む]
  • 大空間のエアコン設定
  • 新居生活が始まって1週間経ちました。快適です。快適ですが、実は当初2〜3日の間はエアコンの設定に苦慮しました。エアコンに対する昔の感覚が抜けないままに操作していたために、狙った室温にできず、右往左往したんです。というのも、今まで住んでいた賃貸アパートは、たかだか20畳程度の空間(76?)を冷やすだけでした。今は、冷やすべき空間も340?と、これまでの4.5倍。吹き抜けを介して1階と2階が全てつながっているの [続きを読む]
  • 引っ越し
  • 8年前。当時住んでいた賃貸マンションが鉄筋コンクリート打ちっぱなしということもあり、夏、モウレツに暑く、冬、非常に寒い家でした。エアコンをガンガンに動かしても暑さ寒さは解消されず。暑い沖縄でも、寒い北海道でも経験したことないような環境に、どうしたものかと考え始めたのが、高垣の家づくりへの第一歩でした。紆余曲折あって、前職を辞めコラボハウスで働き始めたのが4年前。考えたり悩んだりを続けて(転職までし [続きを読む]
  • 高垣邸の室温(工事中)
  • まだ工事中ですが、先日、わが家の室温を測りました。外気温が32℃。太陽はよく出てましたが、足場にかかったシートが日射遮蔽しているので、室内に入ってくる太陽の熱はかなり限られています。換気システムは未導入。昨夜から窓は閉めっぱなし。という状況での室温。測定ポイントは以下。吹抜の上と下、という感じ。熱が入り続けている環境であれば、暖かい空気が作られ続けるので、2階は暑くて1階はそれよりは涼しい環境ができ [続きを読む]
  • もうすぐ完成
  • しばらく更新のないまま一ヶ月が経ちましたが、自宅は着々と進んでいます。気づけばもうすぐ8月!実は完成間近です。まだ足場に囲まれているので全貌は見えませんが、外壁は張り終わっていて、焼杉の黒い箱が出来上がってます。ところで焼杉板、あんまり黒いのは妻的にNGとのことで色々考えて、「うすずみ」というモノを選んでいました。※共栄木材さんHPより転載http://www.kyoei-lumber.co.jp/site/example/yakisugi-seko-usuzu [続きを読む]
  • 高垣邸のオーバーヒート対策案
  • 夏は涼しいけども、冬にアツい(かもしれない)わが家。夏の陽の光を防ぐためには、一般的に、  ・軒/庇を十分に出す ・外付けブラインドやアウターシェード等々の、日射遮蔽部材を設置する ・そもそも窓を小さくする ・グリーンカーテンを作るといった方法があります。グリーンカーテンは、賃貸のわが家でも2年間くらいやってみました。ゴーヤを作りましたが、青々しい臭いがすることと、蚊が寄ってきたので、サンシェード [続きを読む]
  • エアコンの機種選び
  • エアコンの容量は6畳用(2.2kW)が2台で十分と結論づけてますが、機種は何にするか?が課題です。メーカーは色々あります。超ザッとした特徴を書くと、 ● DAIKIN[うるさら]  最上位機種に限って唯一加湿機能が付いている ● Panasonic[ナノイー]  ナノイーで清潔 ● 東芝 大清快[エナジーセーブコンプレッサー][PM2.5除去]  実消費電力が最も抑えられる  PM2.5を除去できる ● 日立 白くま [続きを読む]
  • 窓から入る熱はいかほど?!
  • 思った以上に大きい窓でした。今の賃貸の窓は、幅が1.65m、高さが1.8mくらい。高垣邸で採用している窓は、幅が2.56m、高さが2.4m(1F)と2m(2F)。性能が高いので、逃げていく熱量は抑えられますが、窓が大きいので、入ってくる熱量(特に冬の日射)が大きいです。冬、オーバーヒートするかもしれない、、と言い続けてますが、実際どのくらいの熱が入ってくるのか?計算してみると、、、〜〜(以下メンドウな話なのでスルーして頂いて [続きを読む]
  • 涼しい現場
  • 断熱材施工後の現場がどうしても見たくて行ってみると、電気工事の職人さんNさんが作業中でした。 ※写真とるからポーズとってくれとお願いしたら快諾してくれたNさん室内、かなり涼しいとの感想を頂きました。確かに、涼しい。断熱材施工前は暑くて汗だくだったのを思い返しながら、やっぱり夏はどうにかなりそうな気がしました。問題は冬だな。わが家は勾配天井で、2階の窓の上端からロフトまで、天井が続きます。こんな感じで [続きを読む]
  • 吹付け完了!
  • 高垣邸の断熱は、現場発泡ウレタンを120mm充填、外側にフェノバボード60mmを貼り付ける予定です。今日は現場発泡ウレタン120mmの吹付け作業してました。朝イチの現場の様子。吹付けのトラック来てます。ちなみに、壁は120mmで、天井は300mmです。なぜ天井の断熱材を厚くするのか?それは、上からの熱が大きいからです。太陽の光が降り注ぐ屋根。屋根は気温とは桁違いに高温になります。70℃程度になることも。もちろん外壁も高温に [続きを読む]
  • 断熱材吹付け前夜
  • 現場が職場と自宅のちょうど間にあるもので、スキあらば毎日行ってます。明日は、現場発泡ウレタンの吹付け工事です。今日も現場に行ったところ、窓という窓が内側から養生されていました。こんな風に。明日には、現場発泡ウレタンの吹付けです。TV番組の「ビフォーアフター」でよく見る、アレです。 ※アクアフォームHPより転載この現場発泡ウレタン、時々、グラスウールよりも断熱性能が高い、なんて説明をされることがあります [続きを読む]
  • 今日の現場
  • エアコンのメーカー選びは難航中。気を取り直して、今日は現場を見に行きました。窓が入って南面のブルーシートが外れてる!思った以上に窓大きいです。。1階の窓のAPW431は高さが2.4mもあって大きいのに、開け閉めが軽くて驚きました。明日から、吹付け断熱の工事が始まるとのこと。今週中には終わるようなので、終わったら気密測定してみようと思います。窓と玄関ドア、近くで写真撮っておけばよかった、、、玄関ドアは、新製品 [続きを読む]
  • 高垣邸のエアコン選び
  • わが家は、床下エアコンにしようと目論んでいます。床下エアコンは、冬の暖房には向いていると思いますが、夏の冷房には足が冷えるので、やや懐疑的です。これは試してみるしかありません。というわけで、夏の冷房用には、2階の和室にエアコンを一台設置しようと思っています。床下に設置するエアコン、和室に設置するエアコン、どちらもその容量を決めなければなりません。さて、どう考えるか?今回は計算ばっかりなのでスルーし [続きを読む]
  • 高垣邸の通風計画
  • 昨日、卓越風だの海風山風だの、いろいろと見たり検討したりしましたが、結局、通風計画を立てる上で大切なのは、 1) どの方角から風が吹いても、室内に風を取り込めるようにすること 2) 風がない日でも室内に風が起きるようにすることの2点です。1)は、東西南北の風を想定して、どの風も取り込めるように窓の種類や吊元を調整することで実現します。ざっとした手描きですが、高垣邸の1階の間取りに、東西南北の風が吹い [続きを読む]
  • 高垣邸の通風計画のための準備
  • 高断熱なわが家なので、室温のコントロールは比較的容易です。ちょっと熱を加えれば室内は温まるし、ちょっと熱を除けば、室内は冷えます。でも、外の環境が程よい時期、春や秋には、機械による室温調節ではなく、おもいっきり外気を取り込みたいです。その時に大切なのが、通風計画です。今回は、高垣邸では通風計画をどう立ててるか?の話です。よくあるのは、卓越風に対応させて窓配置を考える、というやつです。「卓越風」とい [続きを読む]
  • Sketchupで陽当たり確認
  • こんなアプリが無料なの?!なんてもはや日常茶飯事ですが、これはもう凄いです。「Sketchup」無料でも使える3Dモデリングソフトです。何ができるのか?というと、こんな風に3Dでいろんなカタチが作れるんです。これはわが家と、わが家周辺の地形と家。なんでこんなの作ったかといえば、太陽の光がどんなふうになるかを事前に知りたかったから。このツール、超スグレモノで、方角を合わせてモデルを作れば、太陽の光を受けてどんな [続きを読む]
  • 窓は熱の通り道
  • 断熱性能向上の大きなウェイトを占めているのが「窓」壁に比べてずっと熱が逃げやすいため、この「窓」を手始めに高性能化することが、費用対効果の大きい高性能化の方法と言われています。どのくらい熱が逃げやすいものか、ということを示すために、「熱貫流率」という数字を使って説明します。熱貫流率、というのは、ウチとソトに温度差が1度あるとき、温度の高い方から低い方へ流れる熱は1?あたり何ワット?を示すものです。 [続きを読む]